転職/第二新卒 転職サイト・転職エージェント 転職ノウハウ

転職エージェント担当者との面談とは?【有効活用のためのコツを伝授】

悩んでる人
「転職エージェントの面談って一体どういうことをするんだろう?」「転職エージェントの面談のコツや面談までに何を準備すれば良いのか全くわからないな。」「転職活動なんとか成功させて良い企業に行ければいいな!」

 

転職活動で第一志望に行きたいと思っているあなた。

本記事では、転職活動での転職エージェントの面談について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職エージェント担当者との面談とは?

転職エージェントを一度利用したことがある人はわかるかもしれません。

ですが転職エージェントを一度も利用したことがない人は、

「転職エージェントの面談って何?面接?」

って思う方も中にはいるかと思います。

 

転職エージェント担当者との面談は、

エージェント担当者からキャリアのヒアリングや確認を行い、求職者に最適なキャリアプランや求人を提案するための面談です。

つまり転職エージェントと面談をすることによって、自分に合った求人を紹介してくれるだけでなく、今後のキャリアプランの提案など具体的な付加価値が与えられるということですね。

関連記事
転職エージェントの賢い使い方を伝授【転職のプロが解説】

 

転職エージェントとの面談に関しては最近は電話面談が主流になってきました。

関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

転職活動において転職エージェントを利用すべき人は、

・自分に合った求人を紹介してほしい

・良質な非公開求人を紹介してほしい

・転職すべきかどうか非常に悩んでいる

・転職の進め方とか面接対策とか全くわからない

・将来のキャリアプランが明確でなく進むべき道がわからない

上記のいずれかに当てはまる人は、転職エージェントを利用すべきですね。

関連記事
転職エージェントを使わないメリットとデメリットを徹底解説
関連記事
転職エージェントの内定率【転職サイト比較と成功のコツ公開】

 

おすすめの転職エージェントに関しては、以下の記事にて詳しく解説していますので、ぜひそちらから登録してみましょう。

転職エージェントは最初から最後まで無料で利用できるかつ5分あれば登録できるので、誰でも気軽に登録することができます。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職エージェントの面談の流れ

転職エージェントの担当者との面談の大まかな流れは以下です。

①現在の転職状況の確認

②転職理由のヒアリング

③これまでの経歴や職歴の確認

④キャリアプランの構築

⑤求人紹介(後日の可能性)

順に簡単に解説していきますね。

 

①現在の転職状況の確認

最初にお互い自己紹介をして、現在の転職状況の確認を行います。

転職活動の状況をヒアリングして、どれくらいの進み具合なのか、どれくらいの期間行うのかなどの大まかな全体像を確認します。

 

②転職理由のヒアリング

全体像を確認できたら、今回転職活動を行っている理由をヒアリングします。

転職理由のヒアリングを行い、どのような業種・業界に転職すべきかを判断します。

時には転職を進めないこともあるそうです。

 

③これまでの経歴や職歴の確認

転職理由をヒアリングしたら、具体的に本人の経歴や職歴を確認します。

求職者がどのようなスキルを持っていて、どのような仕事が向いているのかを判断します。

関連記事
向いてる仕事の見つけ方【転職したいけど適職が分からない方へ】

 

④キャリアプランの構築

現在〜過去についてヒアリングしたら、最後に将来のことについてヒアリングします。

転職活動においては、将来に向けての仕事になるわけですからここ非常に重要です。

エージェント担当者とプランの擦り合わせをして、軌道修正していきます。

 

⑤求人紹介(後日の可能性)

全てのヒアリングが終わったら、ここから求人紹介に入っていきます。

その場で企業を提案されることもありますし、後日エージェントマイページにて求人紹介される2パターンが主です。

求人を紹介されてその場で判断する必要はないので、自分自身で改めてじっくり考えましょう。

 

転職エージェントとの面談時間

転職エージェントとの面談時間は概ね30〜40分が平均です。

長いときは1時間ほどかかるケースがありますが、初回の面談時間はあまり気にしない方がいいでしょう。

初回の面談でどれだけ担当者とのすり合わせができるかが、転職の鍵をにぎります。

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職エージェントとの面談の場所

以前は転職エージェントとの面談場所は、エージェント側のオフィスで行うのが一般的でした。

しかしコロナが蔓延してきて直接対面が難しくなった結果、自宅での面談が可能になりました。

 

正直コロナ禍での面談は全て電話だけだったので、最悪外出してても面談はできます。

関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

転職エージェト面談の事前準備

転職エージェントとの面談において行っておくべき事前準備があります。

事前準備をしておかないと、信用できないキャリアアドバイザーに出会ってしまうことも。

関連記事
信用できない転職エージェントの特徴とその理由【対処法も公開】

 

以下の内容にについては確実に事前準備しておくべきです。

・自己分析

・履歴書、職務経歴書

・転職活動の条件や懸念点

順に解説していきますね。

 

自己分析

まず最初に自己分析です。

正直自己分析は転職活動を本格的に始める前に行うべき内容です。

自己分析をすることによって、自分自身の仕事に対する価値観や、何が自分に向いているのか、今後何をすべきか等の内容が明確になってきます。

関連記事
20代での転職におすすめの職種9選【未経験でもOK】

 

自己分析をしっかりと行っていれば、転職エージェントとの面談でもしっかりと自分の意志を伝えることができます。

自己分析の方法に関しては、【転職】自己分析のやり方4選「自己分析を制するものは転職を制す」で詳しく解説していますのでそちらをご覧ください。

 

履歴書、職務経歴書

履歴書と職務経歴書も事前に準備しておきましょう。

面談前に転職エージェント担当者に送付しておかないと、担当者が自分の経歴を把握できず全て口頭で説明する必要があります。

これって事前に送っておけば無くなる話なので、二度手間になりますよね。

 

また履歴書、職務経歴書がないと、何も情報が無い中で面談を行うことになりますので、担当者もどうアドバイスすべきかわからなくなります。

なので相手だけではなくて自分のためにも履歴書と職務経歴書は事前に完成して送付しておくようにしましょう。

関連記事
転職エージェントで書類選考が通らない理由【裏技体験談も公開】

 

転職活動における履歴書と職務経歴書に関しては、以下の記事にて詳しく解説しています。

関連記事
転職での履歴書の学歴・職歴欄の正しい書き方と例文
関連記事
転職での職務経歴書の書き方と例文【書類選考通過率3割上がる】

 

転職活動の条件や懸念点

面談では、転職での条件や懸念点などは確実に聞かれます。

条件:業界、職種、年収、入社時期等

懸念点:どれくらいの求人に応募すべき?、転勤無しの求人があるかどうか等

 

条件は事前にどういう条件で企業を選んでいるかをまとめておきましょう。

また、懸念点に関しては多分無いというのは嘘になるかと思います。

その場で懸念点は解消できるようにあらかじめ準備はしておきましょう。

 

転職エージェントとの面談を有効活用するためのコツ

ここからは転職エージェントとの面談を有効活用するためのコツを伝授します。

本記事では一番重要な部分になってきますので、しっかりと理解を深めていきましょう。

・本音はしっかりと伝える

・他社の選考状況を伝える

・他社のエージェント利用状況を伝える

・根拠ある実績は積極的にアピール

・履歴書、職務経歴書を事前に送付する

・面接対策も踏まえて数多く話す

・懸念点や希望条件は全て伝えること

それでは順に解説していきますね。

 

本音はしっかりと伝える

転職エージェントに対しては本音はしっかりと伝えましょう。

退職検討理由もそうですし、これまでの経験や応募したい企業についてもです。

嘘をついたところで結局求人紹介や、面接などでボロが出るので、必ず本音を伝えましょう。

 

「〇〇の業界の求人は紹介しないでください」や、「転勤なしの企業で働きたいんです」等、、

なんでもいいので、転職エージェントには本音で伝えるようにしましょう。

 

他社の選考状況を伝える

他社の選考状況は網羅的に伝えましょう。

他社の選考状況を伝えることによって、

・自分の転職の軸と他社応募企業の照らし合わせをしてくれる

・他社の第一志望群の企業との選考スケジュールを調整してくれる

上記のようなメリットがあります。

 

特に2つ目の第一志望群がいくつかあるかつ他社の転職エージェントの場合は、選考日程を他社に合わせてくれるので非常にありがたいですね。

他社の選考に合わせることによって、内定が複数出た場合同時に検討できるのでここは重視しましょう。

 

他社のエージェント利用状況を伝える

他社のエージェント利用状況も伝えてください。

その人がどんな思考でどのような理由で他社のエージェントを使っているかを知るためですね。

 

また他社のエージェントを使っていることをアピールすることで、エージェントも他社に負けじとスピード感を持って動いてくれます。

なるべく早く転職先を決めたいのであれば、他社エージェント利用状況も話すべきですね。

 

根拠ある実績は積極的にアピール

根拠ある実績はしっかりとアピールしましょう。

転職エージェント側も数多くの求職者を抱えており、全員に同じ対応をするのは無理難題です。

そんな中で優先的に対応するのはどういう人かというと、年収が高いかつ優秀な人です。

 

ビジネス的な内部事情になってきてしまいますが、エージェントは紹介先が決まれば求職者の年収のだいたい30パーセント前後が売り上げになります。

なので求職者の年収が高ければ高いほど売り上げも高くなるわけですね。

 

そうした背景から、転職エージェントが優先的に対応するのは年収が高いかつ優秀な人なんです。

優先的に対応してくれるように根拠ある実績はしっかりとアピールしてたとえ年収が低くても優秀さをアピールしましょう。

 

履歴書、職務経歴書を事前に送付する

上記にも記載していますが、履歴書と職務経歴書は事前に作成して送付しておきましょう。

履歴書と職務経歴書を事前に送付しておけば、担当者が自分の職歴等を把握しているので話が進みますし、具体的な提案もその場でもらえることが多いです。

求人紹介に関しても、基本的には履歴書や職務経歴書を見て、判断するので事前に履歴書や職務経歴書を送付しておいて損はないと思います。

 

転職活動における履歴書と職務経歴書に関しては、以下の記事にて詳しく解説しています。

関連記事
転職活動での履歴書の手書きは時代遅れ【パソコン作成一択】
関連記事
転職活動での履歴書の志望動機の書き方【2つのポイントが重要】

 

面接対策も踏まえて数多く話す

転職エージェントと数多く話すことによって面接対策にもなります。

ただ話す回数を多くするだけではなく、話すことによって自分自身の考えややりたいことが次第に明確になってきます。

要は考えていることを整理するためにアウトプットをしろということですね。

 

また数多く話すことによって、担当者からもより具体的なキャリアプランの提示や、応募企業に求職者の人柄のプッシュもできます。

エージェント担当者との会話はめんどくさく思うかもしれませんが、回数を重ねることによって転職成功率も格段にアップします。

 

懸念点や希望条件は全て伝えること

転職エージェントには懸念点や希望条件は全て伝えるようにしましょう。

よく聞く話が、「希望していない求人ばかり紹介してくる」と言った求職者側の悩みです。

これってよくよく考えてみると、自分の希望条件を明確に伝えていないからじゃないですかね。

 

転職エージェント側もさすがに嫌がらせみたいなことは絶対にしません。

上記のような悩みがあれば、エージェント側のせいにせず、自分で即伝えて解決できるようにしましょう。

 

転職エージェントとの面談での注意点

転職エージェントとの面談での注意点も合わせて解説しますね。

基本的な注意点は以下です。

・他社エージェントの批判はしない

・不平、不満ばかり言わない

・とりあえず聞きにきましたはNG

・経歴やスキルの嘘はつかない

それでは順に解説していきますね。

 

他社エージェントの批判はしない

他社のエージェントの批判は絶対にしないようにしましょう。

批判をしていては他の求職者が優先されるばかりで、マイナス要素でしかないです。

 

他社のエージェントを批判していて誰得なの?って話ですよね。

他社のエージェントが不満なのであれば担当変更してもらいましょう。

 

不平、不満ばかり言わない

不平、不満ばかり言っていては、転職エージェントも相手にしないでしょう。

面接でも不平、不満ばかり並べて多分落ちるだろうからですね。

 

前向きな発言をする人or後ろ向きな発言をする人

どっちを転職サポートしたいかというと確実に後者ですよね。

いくらアドバイスをくれるからといって相手にされない発言は控えましょう。

 

とりあえず聞きにきましたはNG

転職エージェントに頼ると言っても何も考えてないのはNGです。

転職エージェント側もどうアドバイスや提案すべきか全くわからないですからね。

 

そういった受け身姿勢では、転職先もおそらく決まらないでしょう。

最低志望職種や転職理由は答えられるようにしておきましょう。

 

経歴やスキルの嘘はつかない

経歴やスキルは絶対に嘘をつかないようにしましょう。

嘘をついたところで結局面接でボロが出てお見送りになってしまうケースが多発します。

 

また経歴に嘘をついた場合は、経歴詐称となって仮に内定が出たとしても内定取り消しになってしまう可能性があります。

なので経歴やスキルの嘘は絶対につかないようにしましょう。

 

転職エージェントとの面談に関するQ&A

ここからは転職エージェントとの面談に関するQ&Aについて解説していきますね。

 

面談はいつでもどこでも対応してくれる?

面談はいつでもどこでもできます。
これまでエージェントのオフィスでやっていましたが、コロナが蔓延してからは電話面談になりました。
基本的には電話対応なので、エージェント側と時間を相談して決めます。

 

面談のキャンセルはできる?

面談のキャンセルは直前でなければできます。
現職での急な打ち合わせが入った場合であれば日程を変更することができます。

 

面談に遅刻しそうになった時はどうする?

面談に遅刻しそうになった場合は、その旨をエージェント担当者に連絡してください。
遅れても数分であれば対応可能なエージェントが多いです。

 

面談の回数ってどれくらい?

ガッツリ面談するのは1回です。
ですが、面接対策や面接後のヒアリングなどでの電話面談は頻繁に発生してきます。

 

言いにくい転職理由はどうすべき?

言いにくい転職理由も言いましょう。
転職のプロが改善策を提案してくれます。

 

面談当日の服装ってどうすべき?

面談当日の服装は常識をわきまえた服装であればOKです。
スーツでなくてもいいので、オフィスカジュアルが無難かと思います。

 

自分に合った転職エージェントと面談をしよう

ネクタイ

転職エージェントの担当者には当たり外れが正直のところあります。

そんな中で複数の転職エージェントに登録することで自分に合った転職エージェントを選びましょう。

関連記事
転職エージェントは複数利用すべき理由を暴露【機会損失になります】

 

また、転職エージェントの担当者が合わなければ担当変更を申し出ることも可能です。

自分自身の転職活動を成功させるためにも柔軟に対応していきましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

-転職/第二新卒, 転職サイト・転職エージェント, 転職ノウハウ
-,

© 2021 TsumuBlog