転職/第二新卒 転職サイト・転職エージェント

転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

転職エージェントの電話面談って何を話すんだろう?電話面談とかめんどくさいな。面談して良いこととかあるのかな。そもそも面談って電話で済ませちゃっても良いのかな?

上記のような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

・転職エージェントとの電話面談で話す内容がわかる

・転職エージェントとの電話面談をするメリットがわかる

・転職エージェントと電話面談を活用するコツがわかる

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

これまで第二新卒の転職含めて転職歴2回。コロナ禍の転職活動ではわずか1ヶ月間で5社内定獲得し、未上場企業から東証一部上場企業に転職成功の経験があります。

 

転職エージェントの電話面談で話す内容

転職エージェントとの電話面談は転職エージェントを利用した際には必ず行うことです。

コロナの影響もあり、直接面談から電話面談に切り替える転職エージェントも増えてきました。

 

では転職エージェントとの電話面談では一体どのような内容を話すのでしょうか?

今回は初回面談と2回目以降の面談に分けて解説して行きます。

 

〜初回面談〜

初回面談は以下の4つの内容をメインに面談を実施します。

ざっくりと40分〜1時間くらいは話をしますね。

①現在の転職状況の確認

②これまでの経歴と実績の確認

③転職で叶えたいことのすり合わせ

④業界・職種軸の選定&求人紹介

それでは順に解説していきますね。

 

①現在の転職状況の確認

まず最初に現在の転職の状況についてヒアリングされます。

 

担当のキャリアアドバイザーから登録の翌日前後に連絡があり、挨拶を済ませたあと、

「現在の転職の状況についてお聞かせください」との質問があります。

 

なので転職希望者としては、

転職活動を始めたばかりなのか、それとも転職活動でもうすでに何社か応募しているのか等

具体的な転職エージェント名と応募社数を交えながら話をしていきましょう。

 

②これまでの経歴と実績の確認

現在の状況のヒアリングが終わったら、これまでの経歴と実績の確認を行います。

これは担当のキャリアアドバイザーからの求人紹介の参考情報にするためですね。

嘘はいけないので、これまでの過去を包み隠さず正直に言いましょう。

 

具体的には以下のような質問がくるのでそれに対して回答していきます。

「これまでの職歴をざっくりでも良いので教えてくれませんか?」

「仕事の実績としてはどのような実績を残しましたか?」

「具体的にご自身の強みはなんだと思われますか?」

上記のような質問になります。

 

面接調の質問ですが、別に面接ではないので本音をそのまま言ってOKです。

 

③転職で叶えたいことのすり合わせ

求職者の過去と現在についてヒアリングが終わったら、将来についての質問です。

「今回どのような業界・職種を希望されていますか?」

「〇〇職を希望されているのはどうしてですか?」

「将来のキャリアプランについても少し教えてくれませんか?」

上記のような質問になります。

 

自身の今回での転職で叶えたいことを伝えて、それが実現できるのかどうか、はたまた違う方向に行ってしまっているのかをキャリアアドバイザーが判断します。

 

④業界・職種軸の選定&求人紹介

過去・現在・将来のお話を聞いた上で、キャリアアドバイザーから求職者にあった求人の紹介があります。

「〇〇の強みを生かせてなおかつ将来の目標を叶えられるのは〇〇職ですよ」

と話をされて、求職者の要望になるべく近しい求人の紹介が行われます。

 

ここで具体的に応募してみたい求人があれば応募します。

この時点で大体1つの転職エージェントにつき3〜4社ほどの応募が無難でしょう。

あまり社数が多すぎても管理できなくなっては本末転倒ですからね。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職エージェントとの面談についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

関連記事
転職エージェント担当者との面談とは?【有効活用のためのコツを伝授】

 

〜2回目以降〜

2回目以降の電話面談は主に面接前日と面接後ですね。

 

具体的にどのような内容を話するのかというと以下の3つがメインの内容になります。

大体30分くらいが電話面談時間の目処になるでしょう。

①面接対策

②面接後連絡

③現在の応募状況連絡

それでは順に解説していきますね。

 

①面接対策

まずは面接前日に担当のキャリアアドバイザーから連絡がきます。

面接前日に主に話す内容は以下です。

・面接で想定される質問

・面接官の印象や特徴

・どうしたら面接通過できるかの対策を練る

上記のような内容を担当のキャリアアドバイザーと相談します。

 

実際に面接の練習をするわけではありませんのでそこはご安心ください。

ここで面接前に不安に思っていることをぶつければOKです。

関連記事
転職エージェントの内定率【転職サイト比較と成功のコツ公開】
関連記事
転職エージェントの賢い使い方を伝授【転職のプロが解説】

 

②面接後連絡

面接後連絡は面接が終わった後求職者の方から連絡を行います。

面接の感想だったりとか、どういう風に改善すべきだったかという、質問&回答というよりはざっくばらんな会話ですね。

 

面接後の不安な点を払拭するためにはもってこいの機会です。

最後に今後の応募に関してもすり合わせを行います。

時間としては大体10分〜20分程度ですね。

 

③現在の応募状況連絡

3つ目は現在の応募状況についての確認・連絡です。

応募状況に関しては不定期に連絡がありますが大体20〜30分程度の時間になります。

 

他社の応募状況の共有であったりとか、改めて志望職種等が変わってないかとかの確認ですね。

他エージェントの進捗状況も伝えることで、面接の進むスピードも合わせてくれます。

 

基本的には相談型なので自ら疑問に思っていることをぶつけていきましょう。

関連記事
信用できない転職エージェントの特徴とその理由【対処法も公開】

 

転職エージェントと電話面談をするメリット

ここまで転職エージェントとの電話面談の内容について解説してきました。

では転職エージェントと電話面談をするメリットは一体何なんでしょうか。

 

以下の4つが大きなメリットとなってきます。

・自分の強みと向いている職種のアドバイスを受けることができる

・今後のキャリアプランについて相談できる

・業界・職種の内部事情を知ることができる

・面接前にアドバイスをしてくれる

それでは順に解説していきますね。

 

自分の強みと向いている職種のアドバイスを受けることができる

初回の電話面談によって、自分の強みが明確になります。

強みが明確になった結果、向いている職種も明確になりますので、自分の中でもやもやとしていた部分が分かり、転職活動の方針も固まってきます。

 

自分一人ではなかなかわからなかったことも、担当のキャリアアドバイザーとの話で内容をすり合わせしていくことによって、方向性が明確になるのは非常にありがたいですよね。

ぜひ転職のプロ目線でのアドバイスを受けてみましょう。

 

関連記事
転職エージェントは複数利用すべき理由を暴露【機会損失になります】
関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】
関連記事
転職エージェントの賢い使い方を伝授【転職のプロが解説】

 

今後のキャリアプランについて相談できる

「今後のキャリアに関してどうすべきだろう」

そんなざっくりとした疑問に関しても電話面談で解決することができます。

 

将来に関してお伝えして、将来から逆算してどうすべきなのかを担当のキャリアアドバイザーからアドバイスを頂けます。

自分の考えが間違っていれば修正してくれますし、あっていればそのまま進みましょう!と背中を押してくれます。

 

自分一人ではなかなか解決できないので、転職のプロの力を借りましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

業界・職種・企業の内部事情を知ることができる

正直これが転職エージェントの電話面談を利用する一番のメリットだろうと。

業界・職種・企業の内部事情は一見ネット上に載っていると思いますよね。

 

ですが、転職エージェントから頂く情報は非常に細かい情報が多く、ネットには載っていない情報ばかりです。

例えばですが、職種の実態であったりとか、面接官の印象やくる質問内容とかですね。

 

こうした事前に押さえておくべき情報を提供してくれるのは非常にありがたいです。

僕自身も過去2回の転職活動では、面接での想定質問内容にかなり助けられました。

関連記事
転職エージェントは複数利用すべき理由を暴露【機会損失になります】

 

面接前にアドバイスをしてくれる

上記の内容に若干被りますが、面接前の対策はめちゃめちゃありがたいです。

・面接官の特徴や見られる点

・過去面接官からされた質問

・今回の求人の求める人物像

上記のような内容を事前に情報としてくれます。

 

特に過去面接官からされた質問とかは、転職エージェントだからこそですね。

これまた積み上げられた蓄積情報があるからこそできる話です。

関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】

 

転職エージェントとの面談は電話面談がいい理由

転職エージェントとの面談はこれまで直接面談が主流でした。

ですが、コロナの影響が出始めてからはほぼ全てが電話面談。

 

そんな電話面談にも様々なメリットがあります。

・時間を節約することができる

・お金を節約することができる

・いつでもどこでも対応することができる

順に解説していきますね。

 

時間を節約することができる

電話面談であれば時間を節約することができます。

 

転職エージェントとはこれまで直接面談だったので毎回オフィスに行かないといけない。

というめんどくさい事象が発生していましたが、電話面談であれば移動が一切なくなります。

 

移動がなくなった結果、移動時間がなくなるので時間の節約につながります。

移動時間を削減できるのはかなり大きいですよね。

 

お金を節約することができる

移動時間の削減に加えて、お金も節約することができます。

 

転職エージェントとの電話面談であれば、そもそも移動の必要がありません。

つまりは移動するための電車賃やバス代がいらなくなるということですね。

 

実際1回目の転職はコロナ前だったので頻繁に転職エージェントのオフィスに行っていました。

ざっと計算すると転職活動の3ヶ月間で2万弱の交通費がかかっていました。

交通費がなくなるのはかなり大きいですよね。

 

いつでもどこでも対応することができる

転職エージェントとの電話での面談であれば、いつでもどこでも対応することができます。

なぜならお分かりの通り直接オフィスに行かなくても良いからですね。

 

時間も場所も気にせず、好きな時に好きな場所で転職エージェントと電話面談をすることができます。

直接面談の時と比べると非常に効率良くなりましたね。

 

転職エージェントとの面談は全て電話で済ませてOK

結論転職エージェントとの面談は全て電話で済ませてOKです。

別に直接オフィスに向かう必要はありません。

 

面接でもないので、別に評価がどうこうとかの話もありませんし、直接面談しなかったからといって、失敗も成功もありません。

もちろんのこと電話面談でも失敗も成功もありませんけどね。

 

ぜひ今後の転職活動では転職エージェントを利用していきましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

-転職/第二新卒, 転職サイト・転職エージェント
-, ,

© 2021 TsumuBlog