転職/第二新卒 転職サイト・転職エージェント

信用できない転職エージェントの特徴とその理由【対処法も公開】

悩んでる人
転職エージェントってなんだか信用できないな。口コミとかネット上では転職エージェントについてあまり良い噂ないし実際どうなのかな?信用できる転職エージェントに出会って転職成功させたいな。

上記のような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

・信用できない転職エージェントの特徴がわかる

・信用できない転職エージェントへの対処法がわかる

・転職エージェントをうまく活用するコツがわかる

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

これまで第二新卒の転職含めて転職歴2回。コロナ禍の転職活動ではわずか1ヶ月間で5社内定獲得し、未上場企業から東証一部上場企業に転職成功の経験があります。

 

信用できない転職エージェントの特徴とその理由

転職エージェントは「転職のプロ」とも言われています。

なので転職エージェントに登録しておけば大丈夫と思っている人もいるかと思います。

 

ですが、転職エージェントの中にも当たり外れがあります。

以下が信用できない転職エージェントの特徴です。

・とにかく連絡が遅い

・大量の求人を紹介してくる

・結論出すのを急かしてくる

・企業側と意思疎通が出来ていない

それでは理由も含めて順に解説しますね。

 

とにかく連絡が遅い

連絡が遅い転職エージェントは本当に連絡が遅いです。

こちら側から連絡しても2,3日返答が来ないなんてざらです。

 

一体何が理由なんですかね。

確かに転職エージェントはあなた以外にも数十人もの求職者を抱えているので、

対応漏れも中には発生してくるでしょう。

 

ただ転職エージェント側の状況なんて知ったこっちゃありませんよね。

なので連絡が遅いと、信用できないとなってしまいます。

 

大量の求人を紹介してくる

大量の求人を紹介してくるエージェントたまにいますよね。

ようは求職者の転職希望や軸が全く把握出来ていないからです。

 

こういった転職エージェントは信用できませんよね。

「本当に私の希望に合った求人なの?」と疑問だらけです。

 

希望職種や希望業界外の求人紹介が、「業界は違いますが」と前置きなく送られてきたら、これはマズイと思いましょう。

自分で求人探したほうがいい求人が見つかるかもですね。

 

結論出すのを急かしてくる

転職エージェントの中には「〇〇日までに絶対に連絡ください」

内定が出た場合の返答を急かしてくる転職エージェントも中にはあります。

 

転職エージェントも自分の売上を追いかけているからですね。

ボランティアではなくビジネスでやっているので、急かしてくることもあるでしょう。

 

もしかしたら急かす理由が上司の指示かもしれません。

急かされても自分のペースで進めるべきです。

 

企業側と意思疎通が出来ていない

企業側と意思疎通が取れていない転職エージェントも中にはいます。

理由としては、企業担当と求職者担当が異なるからですね。

 

双方がうまく連絡取れていないと、連絡の行き違いが発生します。

例えばですが、エージェントから「明日10時から面接です」と言っていたのに、今日企業側からのメールでの提示日程が明日の11時からだったとか。

たまにあるので、転職エージェントを信じすぎないことですね。

 

信用できない転職エージェントへの対処法

信用できない転職エージェントに当たってしまった場合。

どのように対応すべきか以下にご紹介します。

・担当のキャリアアドバイザーを変えてもらう

・他の転職エージェントも並行して利用する

・自分自身で転職先の軸を持つ

それでは順に解説しますね。

 

担当のキャリアアドバイザーを変えてもらう

一番簡単な方法が担当のキャリアアドバイザーを変えてもらうことです。

エージェント側に担当変更のお願いを伝えれば簡単に変更してくれます。

 

方法としては、担当のキャリアアドバイザーの上司から初期のタイミングでアンケートのメールがきます。

その時もしくはその後に担当変更希望依頼をメールで送ればOKです。

 

そのまま担当変わらずの状態でもお互いよろしくないです。

なので信用できないと思ったら担当変更しましょう。

 

他の転職エージェントも並行して利用する

転職エージェント1つであるとリスクありですね。

上記にも記載しましたが担当者にも当たりハズレがあります。

 

いくら転職のプロとはいえども、信用できないキャリアアドバイザーも中にはいますので、自分の目で判断しましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職エージェントを複数利用すべき理由については以下の記事で解説しています。

関連記事
転職エージェントは複数利用すべき理由を暴露【機会損失になります】

 

自分自身で転職先の軸を持つ

他人が信用できないなら自分で転職の軸を持ちましょう。

自分で転職の軸を持っていればある程度はうまく行くはずです。

 

転職の軸というのは、希望職種、希望業界、転職の理由などですね。

あらかじめこれらを考えておけば、転職エージェントのキャリアアドバイザーが仮に信用できなくても自分で進めることができます。

関連記事
向いてる仕事の見つけ方【転職したいけど適職が分からない方へ】

 

転職エージェントをうまく活用するコツ

ここまで信用できない転職エージェントの特徴と対処方法に関して解説しました。

結局は自分自身が転職エージェントをうまく活用できるかどうかですね。

・電話面談を積極的に行う

・複数の転職エージェントに登録する

・事前に書類作成・転職の軸を決めておく

それでは順に解説しますね。

関連記事
転職エージェントの賢い使い方を伝授【転職のプロが解説】

 

電話面談を積極的に行う

電話面談は積極的に活用しましょう。

せっかく転職のプロのアドバイスを聞けるタイミングなのにもったいないですね。

 

無料で有効活用できるものは有効活用しようという話です。

信用できない転職エージェントでも自らメールで連絡して、電話面談を希望してみてください。

 

さすがにこちら側からの依頼なら応えてくれるはずです。

関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

複数の転職エージェントに登録する

上記にも記載の通り、複数の転職エージェントに登録しましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

複数の転職エージェントに登録することによって、

・色んなキャリアアドバイザーのアドバイスが聞ける

・信用できないキャリアアドバイザーに当たった時の代替策

上記のような活用方法があります。

 

転職エージェントを複数利用すべき理由については以下の記事で解説しています。

関連記事
転職エージェントは複数利用すべき理由を暴露【機会損失になります】

 

事前に書類作成・転職の軸を決めておく

事前にあらかじめ準備しておくのが重要ですね。

 

キャリアアドバイザー側からしてもあらかじめ自己分析や書類作成をしてもらっていたら、アドバイスしやすいです。

転職への意欲も高くみられるので、準備しておいて悪いことはありません。

 

自己分析や書類作成に関しては以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
転職の履歴書・職務経歴書の書き方マニュアル【通過率3割上がる】
関連記事
転職の自己分析
【転職】自己分析のやり方4選「自己分析を制するものは転職を制す」
関連記事
転職エージェントで書類選考が通らない理由【裏技体験談も公開】

 

信用できない転職エージェントに当たった体験談

僕自身これまで2回の転職経験があります。

正直申し上げますと、2回とも信用できない転職エージェントに当たりました。

 

さすがにどことはいえないですが、中にはいるもんですね。

例えばの例ですが、

・求人を初回に紹介してくれて依頼1回も紹介がない

・キャリアアドバイザーからの連絡がほとんどない

・電話面談の際のアドバイスが抽象的すぎる

上記のような状況です。

 

そんな中で過去2回の転職はいずれもうまくいきました。

うまくいった理由は以下かなと思います。

・事前準備の徹底を心がけた

・複数の転職エージェントを利用した

・こいつはできそうだなと思わせた

 

要は担当者に「転職できそうだな」と思わせることが大事ですね。

思わせることができれば優先的に対応してくれます。

 

転職エージェントも営業の一種とみることが大事

転職エージェントのキャリアアドバイザーも営業の一種です。

なぜならビジネスで行っているからですね。

 

さすがにボランティアで行っているわけではありませんね。

なので内定を急かしてくることも、転職できなさそうな求職者の対応を後回しにしたりなどは少なからず発生してくるでしょう。

 

上記のような視点で、

どのようにすればキャリアアドバイザーが優先的に対応してくれるのか

を考えて転職活動に臨みましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

-転職/第二新卒, 転職サイト・転職エージェント
-, ,

© 2021 TsumuBlog