ビジネスマインド 仕事ができるようになりたい 転職/第二新卒

仕事がうまくいかない人の12つの原因と特徴【5つの解決方法も伝授】

悩んでる人
「仕事がうまくいかないんだけど何が原因なんだろう?」「仕事がうまくいかないんだけど解決方法とかあるのかな?」「仕事がうまくいかないんだけどこれって転職した方がいいのかな?」

 

仕事がうまくいかなくてどうすればいいんだろうと迷っているあなた。

本記事では、仕事がうまくいかない人の原因と特徴、解決方法について徹底解説。

仕事ができるようになりたい方は必見です。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

 

仕事がうまくいかない人の原因

「仕事がうまくいかないんだけど何が原因なんだろう?」

原因があるのはわかっていても、何が原因なのか分からないケースが多いですよね。

 

仕事がうまくいかない原因は主に以下の5つに集約されます。

・知識不足

・経験不足

・人間関係

・仕事が遅い

・思考が浅い

それでは順に解説していきますね。

 

知識不足

そもそも知識不足であることが多いです。

入社して間もない人であればこれが該当するでしょう。

 

先輩や同期に頻繁に質問したり、会議の内容が全く分からない。

このようなケースが多ければ知識不足が該当します。

 

正直業界や会社ごとで扱っている専門用語であったりの知識面は欠かせません。

なぜなら言葉を知らないと仕事が進められないですからね。

 

経験不足

就業年数1年未満である人は、経験年数が足を引っ張っている可能性大です。

人それぞれですが、仕事において経験は非常に大事です。

 

経験を積み重ねて次第に仕事がうまくいくようになっていくこともザラです。

なのでこれといった原因がわからないのであれば、経験不足が該当するでしょう。

 

経験不足に関しては、時間の経過が解決してくれるでしょう。

もちろんのこと仕事がうまくいかない時期もあります。

 

人間関係

サラリーマンは総力戦です。

つまりは人間関係が非常に重要になってくるということですね。

 

人間関係がうまくいかないと、仕事もうまくいきません。

報連相ができない、先輩に相談ができない、同期とうまくいっていない等、、

 

人間関係がうまくいかないと職場にかなり居づらいです。

チームワーク戦が自分一人で進めることになるのでそりゃうまくいきません。

 

仕事が遅い

仕事が遅いと仕事ができないと思いがちです。

 

まあ仕事が遅いということはそれなりに理由があります。

・二度手間作業をしている

・何度もミスをして進まない

・エクセル操作が遅い

まあいくつか挙げればこんな感じですね。

 

どの仕事に時間がかかっているかの仕事が遅くなる原因分析をすべきですね。

 

思考が浅い

思考が浅いと先輩にゲキ詰です。

「これなんで聞かんかったん?」

「〇〇はどうなってんの?」

「それに対して何かした?」

思考が浅いと仕事の先のことを考えられないので上記のような質問攻めです。

 

結果答えられず、「思考が浅いね」となります。

思考が浅い人の特徴としては、気合いで仕事を乗り切ろうとする人が多いです。

 

仕事がうまくいかない人の特徴

仕事がうまくいかない人には原因のほかいくつかの特徴があります。

自分がどの特徴に当てはまってしまっているのかを考えて見ましょう。

 

仕事がうまくいかない人の特徴は以下の7つです。

・すぐサボる

・他責思考である

・行動量が少ない

・報連相をしていない

・自己流で進めてしまう

・同じミスを何度もする

・言われたことをメモしない

それでは順に解説していきますね。

 

すぐサボる

仕事ができない人はサボりがちです。

常にいつサボれるかを考えてしまいます。

 

そういう思考であると仕事も本腰入れられません。

よって仕事も進まないので経験も積めないです。

 

最終的には上司からゲキ詰されます。

 

他責思考である

他責思考は最悪です。

仕事の失敗を他人のせいにするということですね。

 

「〇〇は客先に言われてできませんでした。」

「このミスは〇〇さんに記入してもらったんですけど、、」

上記のような考えは最悪ですね。

 

他人のせいにすることによって自分の改善には繋がらないです。

よって仕事ができない状態が続いたままになります。

 

行動量が少ない

そもそも行動量が少ないことも特徴です。

その人の基準値が低いことですね。

 

野球の練習で言うと、1日の素振りを周囲が300回してたとしましょう。

ですが本人は素振りを100回しただけでやった気分になっている。

 

自己の基準でやったと思うことは一番いけないです。

周囲の基準と照らし合わせて同じ数をこなせているかを考えましょう。

 

報連相をしていない

報連相をしていない=一人で仕事を進めてしまっている

ということでビジネスマンとしてはNGです。

 

報連相をしないと、上司からしたら進捗状況がわからないし、

もし自分の進め方が間違っていると間違ったまま仕事を進めてしまいます。

 

つまりは自分が仕事をしたと思っていても内容違えばすべて台無しです。

 

自己流で進めてしまう

頑固な性格の人に多いですね。

成功している人の助言を無視して自分独自の思考で進めてしまう。

上記のようなことが発生してしまえばもう終わりです。

 

最初は先輩から教えてもらったことを実践するのが当たり前ですから、

自ら成功から遠回りしているようなものですね。

 

素直さが欠けていてはいつまで経っても成功しません。

 

同じミスを何度もする

何度も同じミスをする人は仕事ができない人の典型例です。

つまりは改善が全くできていないということですね。

 

2回までならOKですが、さすがに3回以上の同じ失敗はダメですね。

確実に仕事ができない社員と思われてしまいます。

 

学習能力のない人間なので非常に辛いですね。

 

言われたことをメモしない

メモしないとまた同じ過ちをしてしまいます。

人間は忘れる生き物です。

 

一度言われたことは一生記憶に残っているなんてそんなのありません。

めちゃめちゃ重要なことでないと記憶に残っていません。

なので忘れた時のためにメモをすることがめちゃめちゃ重要です。

 

 

仕事がうまくいかない人の為の解決方法

仕事がうまくいかない時はどうすればいいのでしょうか。

 

以下の5つが仕事がうまくいかない人の為の解決方法です。

・PDCAを回す

・報連相の徹底

・必ずメモを取る

・完璧主義をやめる

・まずは言われたことをする

それでは順に解説していきますね。

 

PDCAを回す

これよく言われますよね。

要は「計画→行動→確認→改善」していきましょうということです。

 

起こした計画に対して行動をする。

おそらく一度で成功する人はまあいないでしょう。

 

行動をして失敗をしたら、なぜ失敗をしたのかを考えます。

失敗の原因がわかったら、原因を改善する為の方法を考えて行動に移せばOKです。

このような感じで失敗を成功のもとにすることが重要です。

 

報連相の徹底

初心者の頃は特に報連相を徹底しましょう。

 

報連相のメリットは以下です。

・先輩や上司から評価が上がる

・自分では気付かなかったミスに気付く

・途中で軌道修正することができる

上記のようなメリットがあるので報連相は徹底しましょう。

 

報連相は社会人の基本中の基本です。

これができないと一生仕事ができないと思って下さい。

 

必ずメモを取る

人間は忘れる生き物なので必ずメモ取りましょう。

 

メモを取ることのメリットは以下です。

・2度同じことを聞く必要がない

・いつでも予習・復習ができる

・仕事に一生懸命だと思われる

最後のはおまけですね。

 

ただサラリーマンとして働いていく上では重要です。

結局上司の判断で自分の良し悪しが決まるわけですからね。

 

完璧主義をやめる

完璧主義は一見すごいと思いますが非効率です。

例えば資料提出ですが、完璧主義の人は内容もレイアウトもすべて整えてから上司に提出します。

一発で修正なしでいけば問題ないですが、そんなはずもないでしょう。

内容が違えば手間暇かけて調整したレイアウトも台無しです。

 

つまりどういうことかというと、内容だけ完成したら一度提出です。

7割〜8割程度完成したら一度提出して見てもらうのが成功への一番の近道です。

 

まずは言われたことをする

最初から自己流はNGです。

失敗している人に共通するのが、我流でやっていること。

 

まずは成功している人の言うことに耳を傾けて言われたことをして下さい。

無視=自ら成功から遠回りしてる

と同じ意味です。

 

仕事がうまくいかない時は考え方も大事

あまり深刻に考えないようにしましょう。

人生100年時代、仕事も40年です。

 

40年間今後仕事をするって考えたら最初の5年くらいはうまくいかなくても当然です。

・こういう時もある

・伸びしろしかない

・1回の成功の裏には99回の失敗

というような感じで気楽に構えて取り組んでいくことも大事ですね。

 

要は変にストレスを抱えすぎないことが大事です。

失敗したとしても、ポジティブ思考で進めていきましょう。

 

仕事がうまくいかないなら思い切って転職もあり

令和に入って「転職時代」とも言われるようになってきました。

昔と比べて転職して当たり前の時代です。

 

仕事がどうしてもうまくいかないのであれば思い切って転職してみましょう。

転職は基本的には転職エージェントに登録すればあとは任せておけばOKです。

転職エージェントへの登録は無料なので是非利用して見ましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選
関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】

 

転職のノウハウについては以下の記事でまとめていますのでぜひ。

僕自身2回の転職経験があり、なおかつ2回目の転職は1ヶ月間で内定を5つ獲得しましたので参考になるかと。

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

-ビジネスマインド, 仕事ができるようになりたい, 転職/第二新卒
-, ,

© 2021 TsumuBlog