ビジネスマインド 仕事ができるようになりたい 転職/第二新卒

仕事ができない人の特徴10選【辞めたいなら今すぐ辞めよう】

仕事ができない
悩んでる人
「仕事が上手くできないな…辛いし辞めたいな…。」「仕事辞めたいけど、辞めてもどうせ仕事ができないのと辛いのは変わらないだろうな…。」「いっそのこと転職したいけど、転職の仕方がわからないな…。」

 

本記事では上記のお悩みについて解決できるよう詳しく伝授します。

仕事ができる人になりたい方は必見です。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

仕事辞めたい…向いてないと思うのは甘えではないので仕事を変えましょう。

関連記事
仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?【甘えじゃない】

 

仕事ができない人の特徴10選【辞めたいなら今すぐ辞めよう】

「仕事が上手くできないな…辛いし辞めたいな…。」って思っている人。

仕事ができない人には共通する特徴があるはご存知ですか?

以下が仕事ができない人に共通する特徴です。順に解説していきますね。

 

仕事ができる人の特徴についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事
仕事ができる人の特徴10選【マネをし続けることが大事です】

 

失敗を人のせいにする

失敗を人のせいにしてしまうと、自己改善が全くありません。

なので人のせいにしてしまう人は、

ミスに対して全く改善をすることができず、また同じミスを繰り返してしまいます。

 

たとえミスの理由が100%自分でないとしても、自分事として捉えないと、ひたすら仕事ができない人のままです。

関連記事
仕事がうまくいかない人の12つの原因と特徴【5つの解決方法も伝授】

 

行動量が少ない

仕事ができない人は行動量が伴っていないことが多いです。

人それぞれには基準値というものがあり、仕事ができる人はその基準値を会社の基準値に合わせることができます。

 

例えばテレアポが1日に100件が会社の基準値だとしましょう。

だけどその人のアポの基準値が1日に50件で、会社の基準の半分の量なのに「自分としては結構頑張ったんだけど成果でないな…やり方が違うのかな?」と思い込んでいるとアウトです。

 

そもそも最低限の行動量には到底及んでいないので成果が出ないのは当たり前ですよね。

ここ認識できてない人は仕事ができない人に多いです。

関連記事
仕事がうまくいかない時期は入社後半年間【転職も視野に入れてOK】

 

すぐサボってしまう

仕事ができない人は、やる気を失ってすぐサボりがちです。

1日を振り返って、「今日何してたん?」と聞かれて即座に回答できない人はそれサボっています。

 

自分でサボっていないと思っても、周囲がサボっていると判断したらサボってるになります。

もう少し密度の濃い仕事をしてくれって話です。

 

口だけで行動しない

口頭で「わかりました。すぐやります。」と言って結局確認したらできてない人。

これ仕事ができない人の典型例です。

 

口だけで行動しないのは、信用を失うことにも繋がるので非常に辛い思いをします。

口だけで行動しないのは、結局仕事やっていないのと一緒なのでそりゃ成果出ないです。

 

言われたことをメモらない

言われたことをメモらない人も結構多いですね。

 

言われたことはほとんど忘れてしまいますので、メモしておかないと再び同じ指摘を受けることになります。

メモをせず、言われたことをしないようであれば成長など絶対にあり得ませんよね。

 

タスク管理ができていない

仕事はマルチタスクが基本なのに、タスク管理をしない人が多いです。

 

タスク管理をしないと、仕事の優先順位が付けられず、重要で急を要する仕事を後回しにしてしまって周囲に迷惑をかけることになります。

タスク管理ができていない人は、自分が今何をすべきなのかもわからないので、仕事も納期通りに全然進まないはずです。

関連記事
仕事が終わらない原因と対処法【ストレス軽減できます】

 

同じミスを何度もする

同じミスを何度もすることも仕事ができない人の典型歴です。

同じミスを何度もするということは、上記にも記載の通り、

「言われたことをメモらない」

「失敗を人のせいにする」

が主な原因であることが多いです。

 

同じミスを何度もしてしまうと、仕事が与えられなくなってきますので、次第に存在価値も薄れていくでしょう。

 

最初から自己流でやってしまう

仕事ができない人は、最初から自己流でやってしまう人が多いです。

上司や先輩に「こうやれ!」と言われたけど、「自分としてはこっちのやり方の方がいいな」と思って自分のやり方で進めてしまう人。

これマジでやってはいけません。

 

言われたことをせず、自己流でやってしまうということは、自ら遠回りしているようなものなので、確実に仕事できない人になってしまいます。

自分よりも経験が長い人の方がほぼほぼ正しいに決まっているので、そこは素直にまずは言われたことをすべきです。

 

上司への報連相ができていない

上司への報連相がないと、仕事の進捗や改善すべき箇所などが全く見えてきません。

つまり間違った方向に進んでしまっているとひたすら間違った方向に進んでしまいます。

 

自分の行っている仕事を方向転換するためにも、上司への報連相を欠かしていては、仕事ができない人のままですね。

 

コミュニケーションがうまく取れない

コミュニケーションは仕事においては一番大事です。

 

どの仕事でも人との関わりは避けることができませんので、コミュニケーションがうまく取れない人は、仕事がなかなかうまく進められないでしょう。

自分の意見も言えず、相談もできずでは多分何も進歩がなく、仕事ができない人認定されてしまいます。

 

仕事ができない人にならない為のコツ

仕事ができない人にならないためには、仕事ができない人がやりがちな特徴を避けることができればOKです。

その中でも特に重要なコツを伝授しますね。

・スケジュール管理の徹底

・上司への報連相の徹底

・ミスは全て自分の責任と思う

・言われたことは確実にメモする

・言われたことは素直にやってみる

それでは順に解説していきますね。

 

スケジュール管理の徹底

自分のやるべきことのスケジュール管理を徹底しましょう。

 

スケジュール管理を徹底することで、自分が今すべき仕事、後回しにしてもいい仕事の把握ができ、効率よく仕事を進めることができます。

仕事は時間との勝負でもありますので、勤務時間内でなるべく仕事を終わらせるのが仕事ができる人になるためのコツでもあります。

 

上司への報連相の徹底

上司への報連相は徹底しましょう。

報連相を徹底することで以下のメリットがあります。

・自分の仕事の現状が把握できる

・アウトプット能力を高めることができる

・上司からのフィードバックがあり軌道修正できる

 

インプットで終わる仕事などこの世にないので、しっかりとアウトプットの練習の意味で報連相を行いましょう。

上司からのアドバイスで軌道修正できるので、正しい方向で仕事を進めることができます。

 

ミスは全て自分の責任と思う

ミスはどんな状況であれ自分の責任であると思ってください。

 

全て自分の責任と思うことによって、どんな業務に対しても改善策を立てることができます。

自分で改善策を立てて改善することができれば自身の成長にもつながるので、どんなミスもまずは自分事として捉えましょう。

 

言われたことは確実にメモする

言われたことは確実にメモしましょう。

メモをすることで以下のメリットがあります。

・後で内容を見返せる

・言われたことを忘れなくなる

・仕事頑張ってるぜの意欲を見せられる

 

メモすることは後で忘れた際に、もう一度聞かなくてもいいので相手にも迷惑がかからずに済みます。

またメモをすることによって、相手に仕事への意欲を見せることもできます。

 

言われたことは素直にやってみる

言われたことはまずは素直にやってみましょう。

上記にも記載しましたが、言われたことをせず自己流でやってしまうと、自ら遠回りしているのと同義です。

 

現職でも先輩に言われたことをそのままやらず、自己流の要素を加えてしまって成果が出ていない人がたくさんいます。

こんなことにならないためにも言われたことはまずは素直にやってみましょう。

 

上記のほか、仕事ができる人の習慣化された行動と考え方については以下の記事にてご覧ください。

関連記事
仕事ができる人
仕事ができる人の習慣化された行動と思考法【真似するだけ】
関連記事
仕事ができる人とできない人の考え方の違いを解説【常にポジティブ】

 

仕事ができない…辞めたいと思った場合は転職しよう

仕事ができない…辞めたいと思った場合は、会社を辞めて転職するのがいいかもですね。

転職したら仕事内容や周囲の環境もガラッと変わるので、自分の仕事の良し悪しも変わってきます。

 

僕自身も転職で「仕事できない」から「仕事できる」に変わりました。

転職前はモチベーションが最低で仕事でもミスしまくってました。

ですが気持ち改めて転職して職種も業界も変えた結果、入社半年で支店長になるなど雲泥の差ぐらいのレベル感で変わりました。

 

なので迷っていたらもういっそのこと転職してしまうのが一番の解決策ですね。辞めたいのなら今すぐ辞めましょう。

関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

-ビジネスマインド, 仕事ができるようになりたい, 転職/第二新卒
-,

© 2021 TsumuBlog