仮想通貨

【初心者向け】仮想通貨の儲け方を徹底解説「ゼロから資産構築」

悩んでる人
「仮想通貨で儲けたいけど、儲け方のコツとかってあるのかな?」「仮想通貨に投資してみたいけど、仮想通貨って本当に儲かるのかな?」「短期投資と長期投資だとどちらがいいんだろう?」

 

仮想通貨投資をしたいと思っているあなた。

本記事では、仮想通貨の儲け方について徹底解説します。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

仮想通貨の儲け方を徹底解説

ここ最近で仮想通貨のブームがやってきましたね。

投資といえば仮想通貨とも言われるようになってきました。

 

これほど仮想通貨が注目されるようになってきた理由としては、「価格の爆発的な上昇」ですね。

価格が爆発的に上昇したことで、今後も爆発的な上昇があるのではないかということで非常に注目されています。

 

そんな中で、「仮想通貨って本当に儲かるの?」「仮想通貨ってどう取引するのが一番儲かるんだろう?」と疑問に思っている方も多いと思います。

関連記事
仮想通貨はもうオワコンなのか?【海外だけ熱狂、日本はこれから】

なので今回は初心者向けに仮想通貨の儲け方について徹底解説していきます。

 

仮想通貨の概要と特徴

まず最初に簡単に仮想通貨について解説しますね。

仮想通貨は、インタネット上のデータとして存在する通貨で、「暗号通貨」とも言われています。

 

仮想通貨の最大の特徴は、金融機関のような公的は管理者が不在であるということですね。

管理者がいないことで、ユーザーどうして管理して、いつでもどこでも簡単に取引することができます。

 

仮想通貨の概要については、仮想通貨の種類一覧【将来性のある穴場の仮想通貨も紹介】で詳しく解説しています。

 

仮想通貨の基本的な儲け方の考え

仮想通貨の基本的な考えとしては、「安く買って高く売る」

もうこれに尽きます。

いかに安い価格で買って、高い価格で売却するかが勝敗を分けます。

 

ただ、もう一つだけ重要なことがあります。

それは「長期保有」つまりガチホすることです。

 

以下に解説しますが、仮想通貨は非常に価格変動が激しいです。

皆さんご存知かと思いますが、仮想通貨の代名詞とも言えるビットコインは一時期1BTC=200万円まで上がりました。

ですが例のハッキング事件があったことで一瞬にして1BTC=30万円前後まで下落しました。

 

これほど急激な価格変動があると短期トレードでは利益を出すことが、初心者では非常に難しいです。

なので、「安く買って売らずに長期保有する」

これが仮想通貨で儲けるための鉄則です。

関連記事
【初心者向け】仮想通貨/ビットコイン投資で儲かる方法と始め方

 

初心者におすすめの仮想通貨の儲け方

ここからは投資初心者におすすめの仮想通貨の儲け方について解説していきます。

以下が仮想通貨のおすすめの投資法です。

・現物取引

・レバレッジ取引

・積立投資

順に解説していきますね。

 

現物取引

現物取引は、仮想通貨の最も基本的な取引方法です。

簡単に言えば、仮想通貨を売買し、その差額で儲けるという方法です。

 

現物取引の特徴としては、

・取引所に入金した金額でのみ購入が可能

・売りからではなく購入から取引が始まる

・長期保有での日毎の管理手数料がかからない

上記のような特徴があります。

 

現物取引は、レバレッジのような倍率で賭け金を増やすことができないので「投資資金分の投資ができる」

つまりローリスク、ローリターンの取引になります。

ですが、価格の急上昇に伴ってハイリターンでの稼ぎ方も全然可能です。

 

また、現物取引では売りからではなく、購入から取引が始まります。

なので初心者とすれば、価格が上がると予想して購入する選択肢しかないので、投資としては非常にやりやすいはずです。

 

さらに現物取引は、レバレッジ取引のように日毎の管理手数料がかからないので、長期保有にはもってこいです。

長期保有は数ヶ月から長くて何年も売却をせずに保有を続ける方法です。

長期保有は短期的な値動きを気にする必要がないので、普段仕事が忙しいサラリーマンや投資初心者には非常におすすめです。

 

おすすめの仮想通貨取引所については、【厳選】仮想通貨/ビットコイン投資のおすすめ国内取引所3選で詳しく解説しています。

 

レバレッジ取引

レバレッジ取引は、てこの原理の言い換えで、投資資金以上の金額で投資することができる取引方法です。

つまり取引所の口座に入金した金額以上に大きな金額で投資をすることができます。

 

レバレッジ取引の特徴としては、

・取引所に入金した金額以上の取引が可能

・購入と売却どちらからでも取引ができる

・追加入金をすることができる

上記のような特徴が挙げられます。

 

レバレッジ取引の一番の大きな特徴としては上記にも解説したように、取引所に入金した金額以上の取引が可能であることですね。

資金が例えば1万円でも、レバレッジを10倍にすれば、10万円で取引をすることができます。

資金が少額しかないけど、一発逆転で稼ぎたいという方にはおすすめです。

 

また、レバレッジ取引は、購入だけではなくで売却から始めることができます。

なので価格の上昇だけではなく、価格の下降を狙って投資をすることもできます。

 

その他、仮想通貨のレバレッジ取引については、仮想通貨のレバレッジ取引とは?【メリットとデメリットも解説】で詳しく解説しています。

 

積立投資

積立投資は、ドルコスト平均法とも言われ、定期的に一定額の買い増しを行う方法です。

積立投資の特徴としては、

・定期的に一定額の投資を行う

・平均購入価格を低く抑えることができる

・投資のタイミングを判断する必要がない

上記のような特徴が挙げられます。

 

積立投資は、定期的に一定額の投資を行うことで、平均購入価格を下げることができます。

つまり長期的に価格が上昇することが予想できる市場では、積立投資が非常に有効になってきます。

 

基本的に積立投資は、将来の値上がりを狙って継続して購入するので、現物取引で行うのが基本です。

なので初心者は、現物取引×積立投資の組み合わせで投資するのがベストですね。

 

現在積み立て投資設定ができるのは、国内取引所のコインチェックのみです。

「ドルコスト平均法」を用いた積み立て投資で、1万円の少額から積立を行うことができます。

ビットコインだけでなく、合計で8種類の通貨の積み立て投資に対応していますので、積立投資でやってみたい方はコインチェックがおすすめです。

関連記事
仮想通貨の積立投資とは?【サラリーマンには最適です】

 

初心者におすすめの仮想通貨2選

ここから初心者におすすめの仮想通貨2選について紹介していきます。

以下が初心者におすすめの仮想通貨です。

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

順に解説していきますね。

 

ビットコイン(BTC)

まずはビットコインへの投資が一番のおすすめでしょう。

ビットコインは仮想通貨の代表格とも言われており、全ての仮想通貨の価格はビットコインに左右されていると言っても過言ではありません。

 

また、ビットコインは世界有数の金融機関や投資家が特に注目して投資をしている仮想通貨です。

今後の非常に伸びしろがある仮想通貨なので、まずはビットコインに投資しておけば間違い無いでしょう。

 

ビットコインについては、仮想通貨の種類一覧【将来性のある穴場の仮想通貨も紹介】で詳しく解説しています。

 

イーサリアム(ETH)

ビットコインに次いでおすすめなのがイーサリアムです。

イーサリアムがおすすめな理由としては、

・分散型金融市場の拡大

・ETF上場の可能性がある

・大型アップデートによる進化

上記のような特徴があり、今後イーサリアムの需要がますます伸びていくと予想されています。

 

イーサリアムに関しては、仮想通貨イーサリアム(ETH)の今後はどうなる?【バブります】で詳しく解説しています。

 

仮想通貨がこれからも儲かる理由

綺麗

仮想通貨は現在投資対象としての側面が非常に強いです。

しかし仮想通貨は投資に限らず、今後法定通貨の代わりとしての実用化が大きな注目の的となっています。

仮想通貨が国際送金や決済、システム管理など幅広い分野で利用されると、価格の高騰が見込めるでしょう。

 

仮想通貨がこれからも儲かる理由について以下に具体的に解説しますね。

・仮想通貨の実用化

・仮想通貨のETF

それでは順に解説していきますね。

 

仮想通貨の実用化

上記にも記載しましたが、仮想通貨の実用化が進めばこれまで以上の価格の高騰が見込めます。

具体的な例を挙げますと、

・国際送金サービス

・店舗での支払い決済

・ゲームアプリのシステム管理

上記のような実用化が進むと予想されています。

 

現在はただの投資目的で購入している人が多いですが、仮想通貨の本来の目的は、

「Web決済をより便利にするために開発された通貨」

なんですよね。

なので、今後世の中に仮想通貨が浸透していけば一つの金融商品としての地位を築いていけるでしょう。

 

仮想通貨のETF

ETFとは、「上場投資信託」のことを指します。

仮想通貨はETFに承認されれば、価格の大幅な上昇が見込めます。

 

仮想通貨がETFに承認されるということは、資金をプロトレーダーに預けることで仮想通貨を運用してもらうことになります。

上記が現実化すれば、仮想通貨が投資商品として認められる事になる。

つまり機関投資家の資金が大量に仮想通貨に流入すると期待されています。

関連記事
仮想通貨の今後はどうなる?【未来が明るい理由を大暴露】
関連記事
仮想通貨の将来性を左右する要因とは?【8つのポイントを紹介】

 

仮想通貨で儲ける時の注意点

仮想通貨ではリスクが全くないわけではありません。

投資ではあるのでいくらかリスクは発生してきますので、事前にしっかりと把握して投資しましょう。

 

仮想通貨で儲ける時の注意点は以下です。

・余剰資金で行うこと

・価格変動に気を付ける

・仮想通貨の手数料を把握する

・仮想通貨の税金を把握する

それでは順に解説していきますね。

 

余剰資金で行うこと

仮想通貨投資は、まずは余剰資金で行いましょう。

仮想通貨は元本が保障されているわけではありません。

仮想通貨の投資商品の一種でありなおかつギャンブルの一種であるので、元本以下になることもザラにあります。

 

「確実に儲かるはずだから全財産を注ぎ込もう」という無茶な投資はやめた方がいいですね。

2018年に発生したハッキング事件などが発生すれば、全て水の泡ですからね。

 

また、資金に余裕がなくなると、冷静な判断ができなくなってしまう初心者も非常に多いです。

なので初心者こそ、必ず余剰資金で仮想通貨投資をしましょう。

 

価格変動に気を付ける

仮想通貨は比較的新しい投資対象の通貨です。

そのせいもあってか値動きがめちゃくちゃ激しいです。

前日比+10%とか当たり前ですね。

 

もちろんその反対に一日に大きく価格が下落する可能性もありますので、投資する際は価格変動に十分に注意しましょう。

価格変動が大きい場合には、短期投資よりは長期投資の方が心に余裕が持てます。

 

仮想通貨の手数料を把握する

仮想通貨は入出金手数料やレバレッジ手数料などの手数料が発生してきます。

・日本円の入出金手数料

・仮想通貨の送金手数料

・レバレッジ手数料

・口座管理手数料

・販売所取引手数料

概ね上記のような手数料が発生してしまいます。

関連記事
仮想通貨にかかる4つの手数料【把握しないと痛い目見ます】

 

仮想通貨の税金を把握する

仮想通貨投資は利益分に「税金」がかかってきます。

なぜかというと仮想通貨投資で得た利益は「雑所得」に分類されるからです。

 

雑所得は「給与所得」などと合算した金額に基づいて課税が行われます。

さらに合計の所得が多くなるほど納税額も多くなる「累進課税」が用いられています。

なので仮想通貨で大きく儲けた場合も、税金分は保持しておくようにしましょう。

関連記事
仮想通貨の利益分にかかる税金の種類と確定申告
関連記事
知らないと損をする仮想通貨の税金対策一覧【法人化が最強】

 

仮想通貨の儲け方「仮想通貨の始め方」

仮想通貨投資初心者の方はおそらく仮想通貨投資の始め方について、詳しくわからないかと思います。

ここでは仮想通貨投資を始めるための取引の始め方について詳しく解説していきます。

 

仮想通貨投資の始め方の大まかな流れは以下となります。

①仮想通貨取引所口座開設

②日本円の入金

③仮想通貨の購入

④仮想通貨の売却

⑤日本円の出金

順に解説していきますね。

 

①仮想通貨取引所口座開設

まずは仮想通貨取引所での口座解説をしましょう。

口座開設の際には本人確認も必要になってきますので、投資する前にあらかじめ登録しておくのがベストです。

関連記事
【初心者必見】仮想通貨の始め方と失敗しない5つのポイント

 

②日本円の入金

口座開設が完了したら、日本円を仮想通貨取引所に入金します。

入金方法としては、銀行入金とクイック入金があります。

 

銀行振り込みだと入金金額の反映まで10分少々時間がかかりますが、インターネットバンキング等を用いたクイック入金では即時反映されます。

いずれにしても振り込み手数料はかかるので、注意が必要ですね。

 

③仮想通貨の購入

仮想通貨取引所に入金したら、金額範囲内で仮想通貨を購入します。

購入する銘柄を選び、銘柄につきどれだけ購入するかの数量を自分自身で決めて取引を行います。

関連記事
【初心者必見】仮想通貨の始め方と失敗しない5つのポイント

 

④仮想通貨の売却

仮想通貨である程度利益が出て、「これくらいでOKかな」と思ったら売却をしましょう。

取引所では、どの仮想通貨をどのくらい売却するかを入力することで、売却は完了します。

現物取引では全く無いですが、レバレッジ取引であると含み損が大きくなりすぎると、強制ロスカットと呼ばれるルールが適用されるので注意しましょう。

 

⑤日本円の出金

仮想通貨の決済が終わったら、仮想通貨取引所の口座から銀行口座に出金しましょう。

この出金の際にも入金と同様に手数料がかかってきますので、出金するならなるべくまとめて出金するのがいいでしょう。

出金すれば、そのまま日本円として利用することができます。

 

初心者におすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨投資をするのであれば、仮想通貨取引所を利用するのがおすすめです。

仮想通貨初心者におすすめの仮想通貨取引所について紹介しますね。

コインチェック

・BitFlyer

・DMM Bitcoin

それでは順に解説していきますね。

 

コインチェック

コインチェック

コインチェックは、マネックス証券などを手掛ける一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持つ取引所です。

・取引手数料や入金手数料が無料

・スマホアプリが使いやすくダウンロード数260万突破

・取り扱い通貨数は国内最大の12種類を誇る

上記のような特徴があります。

仮想通貨を始めるのであればまずはコインチェックでの口座開設を進めましょう。

 

BitFlyer

2014年からサービスを運営している、国内でも抜群の知名度を誇る仮想通貨取引所です。

・合計で8種類もの仮想通貨を取り扱っている

・bitFlyer Lightningの機能を使えばビットコインのレバレッジ取引もできる

・買い物やサービス利用でおトクにビットコインがもらえる

 

bitFlyerは仮想通貨サービスのビットコイン利用率で国内No.1の実績を誇ります。

アプリも非常に使いやすいのが魅力ですね。

 

DMM Bitcoin

DMM FXなどの取引サービスを展開するDMM.comグループによって運営されている仮想通貨取引所です。

・取引手数料や入金手数料だけでなく、出金手数料や送金手数料まで無料 ※BitMatch取引手数料を除く

・レバレッジ取引に特化していて、合計で9種類もの通貨のレバレッジ取引に対応

・初心者の方でも安心して取引が可能

大手企業が運営なおかつセキュリティ対策もバッチリなので安心して取引ができます。

 

-仮想通貨
-,

© 2021 TsumuBlog