仮想通貨

仮想通貨の半減期とは?【ビットコインの半減期も解説】

半減期
悩んでる人
「仮想通貨の半減期ってよく聞くけどいったい何なんだろう?」「半減期が設定されている仮想通貨に投資すべきかな?それとも設定されていない仮想通貨に投資すべきかな?」「仮想通貨の半減期に投資すると損失になってしまうのかな?」

本記事では上記のようなお悩みについて解決します。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

仮想通貨の半減期とは?

仮想通貨の半減期とは言葉の通り、

マイニング(採掘)時に報酬として貰える仮想通貨量が半分になってしまう時期のことです。

 

具体的な用語解説に関しては以下の通りです。

マイニング

ブロックチェーンと新しいブロック(新規送金者の取引記録)を繋ぎ合わせ、その報酬として仮想通貨を手に入れること。上記を繋ぎ合わせることで送金履歴が承認される。

 

ブロックチェーン

仮想通貨を取引したデータを繋いだもの。銀行のように取引履歴を残しておく場所がないため、取引に参加している人間のネットワークにデータを残す仕組みを持っています。

 

つまり上記をまとめて簡単に要約すると、

これまでの取引データと新規の取引データをネットワーク上で繋ぎ合わせる作業。作業を行ってその報酬としてもらえる仮想通貨量が半分になってしまう期間のことをいいます。

関連記事
仮想通貨のマイニングとは?【初心者も参加できるけど禁物】

 

通貨としての仮想通貨は、採掘(マイニング)を通じてしか生まれません。

そのため、仮想通貨の発展を信じる人達が、次々とマイニング活動(=1つの大きな取引台帳の追記・更新作業)に力を注いで仮想通貨を生み出しています。

 

そうして新しく発行された仮想通貨をもらえる量は、一定期間ごとに半減するように作られており、おおよそ「4年に1度」の頻度で半減期を迎えることが多いです。

これは「ブロックが○回発生したらマイニング報酬は半減する」というプログラムが、仮想通貨の中に予め組み込まれているので大体の期間を想定することができるわけです。

 

4年に1度というペースについて

4年という期間で定められているわけではありません。ビットコインの発行上限は2,100万枚で、ビットコイン1ブロックが生成されるのに約10分かかるため、10分x2,100万ブロックで約4年となります。

 

仮想通貨の半減期がある理由

高い希少価値を維持し、価格の安定を図ることです。

 

以下にビットコインを例に挙げます。

ビットコインの発行上限枚数は2100万枚で、金をモデルに作られていると言われています。

金は埋蔵量が有限で、世界定期にも希少価値の高い鉱物なのは皆さんもご存知だと思います。

 

金もビットコイン同様価格の変動があり、

年々採掘量が減っていく→希少価値が高まってくる

というように、ビットコインも金同様に半減期を設けることで、年々発行量を減少させ、高い希少価値を維持できるように設定されています。

 

また、通貨の発行量は基本銀行がコントロールしていますのは皆さんもご存知だと思います。

ですが仮想通貨は銀行がないため、この方法がとれません。

 

なので「半減期」を設定することによりマイニングの報酬を減らすことで、通貨の過剰発生とインフレを防ぐ。

つまりは高い希少価値を維持し、価格の安定を図っていることが言えます。

 

仮想通貨の半減期のメリット

仮想通貨の半減期にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

半減期の一つのメリットとして挙げられるのが、

仮想通貨の価格が高騰しやすくなるということです。

 

マイニング報酬が半減することで、単純に考えてマイニングを行う人数が減ります。

つまり仮想通貨の発行量が今までよりも減り、買い手の数が変わらなければ需要と供給の関係で希少価値が高まり、価格が高騰すると言われています。

 

半減期のタイミングを狙って、投資する投資家も出てきたりするので、その時は大幅な価格上昇が期待されます。

関連記事
【初心者向け】仮想通貨の儲け方を徹底解説「ゼロから資産構築」

 

仮想通貨の半減期のデメリット

逆に半減期のデメリットとしては、

マイニング(採掘)を行う人=マイナーに発生してきます。

マイニングを行うために、PCの電気代やPCの設備費用にかかる金額が変わらないかつ報酬が半減するので、手元に残る利益が少なくなります。

 

上記のようにマイニングを行う人にとっては、仮想通貨の半減期は非常にデメリットが大きいです。

ですが、一般の仮想通貨に投資している人にとってはデメリットはそこまでありませんね。

 

強いて言うとすれば、半減期直後に投資をするとマイナスになりやすい点です。

半減期に価格が上昇するので、その後は価格の下落が起こります。この上昇し切った後に投資をすると下落分の損失を被ることになります。

関連記事
【初心者向け】仮想通貨取引におけるリスクと対応策

 

半減期を設定している仮想通貨

半減期を設定している主な仮想通貨は以下の4つです。

・ビットコイン(BTC)

・モナコイン(MONA)

・ライトコイン(LTC)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

 

それぞれ2020年を含む前後の年で半減期を迎えるために、大幅な価格の変動が見受けられるでしょう。

半減期が設定されているからといって、投資するものからすると大きなリスクを伴うということはないですが、上記にも記載の通り、投資タイミングの一つの指標になりそうですね。

 

その他仮想通貨の種類とそれぞれの特徴については以下の記事にて詳しく解説しておりますのでぜひご覧ください。

関連記事
種類
仮想通貨の種類一覧【将来性のある穴場の仮想通貨も紹介】

 

ビットコインの半減期

ビットコインは過去に3度半減期を迎えています。

2012年11月と2016年7月、それから2020年5月ですね。

2012年11月:マイニング報酬が50BTC→25BTC

2016年7月:マイニング報酬が25BTC→12.5BTC

2020年5月:マイニング報酬が12.5BTC→6.25BTC

いずれのタイミングでも、半減期の前半で大幅に上昇し、後半に一度暴落した後、次の半減期に向かって緩やかな右肩上がりになっていきました。

 

1回目の半減期では1BTC=1,000円程度でしたが、現在はなんと1BTC=2,000,000円まで上昇しており、投資の増大と半減期の影響を受けて上昇してきています。

次回の半減期は4年後の2024年ごろと言われており、現在の価格からさらに上昇するであろうと考えられます。

 

半減期を設定していない仮想通貨

半減期を設定していない仮想通貨は以下の2つです。

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XRP)

双方半減期は設定されていません。

 

ですが希少価値を維持するために、マイニング報酬に調整が入ったり、取引手数料分減少したりなどの仕組みが設定されています。

半減期が設定されていなくても、流通量を調整するための仕組みをそれぞれ持っているということですね。

 

仮想通貨の半減期が及ぼす影響とは?

「半減期」ということで仮想通貨の価格の下落が起こりやすいと想像する方もいるでしょう。

実際には、半減期が訪れることで仮想通貨の価格が上がりやすい状況になります。

しかも半減期がきてからではなく、半減期が訪れる数ヶ月前からの話です。

 

ビットコインの半減期と価格の例

ビットコインは2012年11月と2016年7月に過去に2回半減期がありました。2回目の半減期では、7月から価格が上昇したのではなく、実際は5月中旬くらいから上昇したそうです。

つまり仮想通貨の半減期は、投資をする人たちにとっては利益を得るためのビッグチャンスといっても過言ではないでしょう。

関連記事
ビットコイン(BTC)の今後と将来性を徹底解説【未来は明るいです】

 

-仮想通貨
-,

© 2021 TsumuBlog