仮想通貨

【初心者必見】仮想通貨/ビットコインの仕組みを徹底解説

悩んでる人
「仮想通貨って一体どういう仕組みなんだろう?」「法定通貨と仮想通貨は全然違うと言われてるけど、何がどう違うのか全く分からないな。」「仮想通貨に投資して稼いでみたいな!」

 

仮想通貨に投資して稼ぎたいと思っているあなた。

本記事では、仮想通貨の仕組みについて初心者向けに徹底解説。

※当サイトで使用している「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

仮想通貨の仕組み

本記事では、仮想通貨の仕組みについて初心者向けに徹底解説していきます。

ところで皆さん仮想通貨って言葉は聞いたことがあるでしょうか?

仮想通貨とは、一言で言えば電子上で取引される通貨です。

 

仮想通貨の基本的な知識に関しては、仮想通貨とは何なのか?【仕組みや特徴を初心者に分かりやすく解説】で詳しく解説していますので、ぜひそちらの記事にも目を通してみてください。

 

仮想通貨で何ができるか

仮想通貨を用いることで、個人間もしくは企業間を問わず、物やサービスの対価として支払うことができます。

仮想通貨は単なる投資商品ではなくて、通貨としての役割もきっちりと果たします。

つまり仮想通貨は法定通貨と同じように利用できるお金の一種と思ってOKです。

 

法定通貨と異なる点

法定通貨と異なる点に関しては、仮想通貨だと現物の紙幣や硬貨がないので電子上で支払いを行う必要があります。

インターネットが繋がっていない環境では支払いができない面もあります。

ですが、インターネットに繋がっている環境であればいつでもどこでも短時間で送金や決済が簡単にできます。

 

仮想通貨と法定通貨の違い

仮想通貨の最大の違いは、通貨を管理する「中央管理者」が存在しないことです。

つまりよりわかりやすい例で例えると、通貨を管理する銀行等の金融機関が存在しないことです。

 

仮想通貨は国家や企業が運営しているわけではありません。

法定通貨と同じような通貨なのに、どの国も企業も仮想通貨の発行・流通には全く関与していないんですね。

この概念は仮想通貨の登場以降、人々の常識的な概念を打ち破る内容で注目を集めました。

 

仮想通貨の管理者は誰か?

上記のように仮想通貨は、どの国も企業も管理していません。

管理者がいないということは、つまりリスクの塊ですね。リスクしかありません。

 

見知らぬ人が勝手に通貨を大量に発行し、その通貨の大量保有者になることができれば、通貨の信用性は激下がりです。

では一体誰がどのように管理して運用しているのでしょうか?

 

全てがインターネット上のネットワークで管理

仮想通貨の新規発行や取引情報に関しては、全てインターネットのネットワーク上に分散され保存されているのですね。

イメージ的には、仮想通貨で行われた全ての取引記録を記載した一つの大きな取引台帳が存在しているイメージでOKです。

 

上記のような取引台帳が存在するおかげで、通貨の偽装発行や二重払いなどを防止することができるわけですね。

仮想通貨取引における全ての取引記録は残りますが、個人情報に関しては含まれませんのでその点はご安心を。

 

記録の保持に関しては、あくまでも仮想通貨の流通の整合性を保つために存在します。

 

仮想通貨の特徴

仮想通貨の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

・中央管理者が存在しない

・発行上限が存在する

・換金が可能

それでは順に解説していきますね。

 

中央管理者が存在しない

上記にも記載した通り、仮想通貨には中央管理者が存在しません。

仮想通貨にはブロックチェーンと呼ばれる参加者で管理する仕組みが取られています。

この仕組みから中央銀行の持つ信用が価値を保証する法定通貨とは異なる方法で価値を担保しているのですね。

 

発行上限が存在する

仮想通貨には、種類によりますが基本的には発行上限が存在します。

中央銀行が発行する法定通貨の場合、各国の経済状況に応じて発行枚数を変更することができます。

 

しかし仮想通貨は中央管理者が存在せず、発行枚数を変更することは基本的には不可能です。

例えばビットコインであれば発行上限数は2,100万枚に設定されています。

 

換金が可能

仮想通貨は換金が可能です。

電子マネーの場合は日本円などの法定通貨に換金することができない仕組みになっています。

それに対して仮想通貨は、仮想通貨同士の換金や日本円やドルへの法定通貨への換金が可能です。

 

仮想通貨の利用用途

銀河

仮想通貨の利用用途としては、主に以下の2つが挙げられます。

・投資&投機

・送金&決済

それでは順に解説していきますね。

 

投資&投機

仮想通貨は価格が法定通貨のように固定されていないので投資の対象になってきます。

なので将来的に価値が上がってくると思われる仮想通貨の価格上昇ないしは下落を見込んで投資を行い、利益を得ることができます。

 

仮想通貨投資での儲け方については、【初心者向け】仮想通貨の儲け方を徹底解説「ゼロから資産構築」で詳しく解説していますのでぜひそちらをご覧ください。

また、おすすめの仮想通貨取引所については、【厳選】仮想通貨/ビットコイン投資のおすすめ国内取引所3選で詳しく解説しています。

 

送金&決済

仮想通貨は管理者が存在しないため所有権の移転が可能かつ決済に利用できます。

仮想通貨での決済に対応した店舗やウェブサイト等では、仮想通貨を利用したショッピングが可能です。

また仮想通貨を利用することで海外送金を割安な手数料で行うこともできます。

 

仮想通貨の技術構成要素

アルプス

仮想通貨の技術的な構成要素としては以下の3つが挙げられます。

・公開鍵暗号方式

・ブロックチェーン

・マイニング

それでは順に解説していきますね。

 

公開鍵暗号方式

公開鍵暗号方式とは、暗号化と復合化に別々の鍵を用いて暗号化の鍵を公開できるようにした暗号方式です。

「公開鍵」と「秘密鍵」というペアとなる鍵を発行します。

公開鍵は秘密鍵から発行されますが、その逆を行うことは不可能です。

 

また、公開鍵は誰でも自由に使うことができますが、秘密鍵はその鍵の所有者だけが使うことができます。

公開鍵暗号方式を利用することにより、第三者によるなりすましを防止しています。

 

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、ビットコインの開発過程で生まれた技術的要素です。

仮想通貨の取引を記録する分散型台帳を実現するための新しいテクノロジーですね。

 

取引データは、「トランザクション」と呼ばれ、複数のトランザクションをまとめたものは「ブロック」と呼ばれます。

このブロックが鎖状になったデータ構造が、「ブロックチェーン」と呼ばれる名前の由来ですね。

 

 

ブロックチェーン技術の場合、ネットワーク内の不特定多数の参加者によって取引データが監視されています。

なので当事者による二重支払が発生した場合でも、不正を即座に見つけ、無効なデータとして破棄されます。

 

マイニング

仮想通貨のマイニングは、ブロックチェーンにブロックを追加する作業のことを言います。

仮想通貨におけるマイニングは誰でも行うことができ、マイニング作業が完了した者に対しては、報酬として仮想通貨を受け取ることができます。

 

仮想通貨のマイニングについては、仮想通貨のマイニングとは?【初心者も参加できるけど禁物】で詳しく記載していますのでぜひそちらをご覧ください。

 

仮想通貨のメリットとデメリット

ビル群

ここまで仮想通貨の仕組みや特徴について解説してきました。

ですが仮想通貨にもメリットがある一方でデメリットもあります。

 

仮想通貨のメリットとデメリットに関しては、仮想通貨のメリットとデメリットとは?【電子マネーとの違いも解説】で詳しく解説していますのでぜひそちらをご覧ください。

 

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類に関しては、現在も増え続けており、世界中で4,000種類以上もの仮想通貨があります。

世界的に有名なビットコインをはじめとして、

・イーサリアム

・リップル

・ライトコイン

・ネム etc…

上記のようにビットコイン以外のアルトコインもたくさんあります。

 

仮想通貨の種類とそれぞれの特徴に関しては、仮想通貨の種類一覧【将来性のある穴場の仮想通貨も紹介】で詳しく解説していますので、ぜひそちらをご覧ください。

 

仮想通貨の今後

綺麗

仮想通貨は今後熱を増してきて、価格も次第に上昇していくでしょう。

仮想通貨の中でもビットコインは、金と同じレベルの価値を持つとも言われていますので、今後の仮想通貨市場に期待大ですね。

 

仮想通貨の今後については、仮想通貨の今後はどうなる?【未来が明るい理由を大暴露】で詳しく解説していますので、ぜひそちらをご覧ください。

また、仮想通貨の将来性に関しても、仮想通貨の将来性を左右する要因とは?【8つのポイントを紹介】で詳しく解説しています。

-仮想通貨
-,

© 2021 TsumuBlog