仮想通貨

仮想通貨のメリットとデメリットとは?【電子マネーとの違いも解説】

悩んでる人
「仮想通貨結構盛り上がっているみたいだけど、メリットとかってあるのかな?」「反対に仮想通貨のデメリットも知りたいな。デメリットを知ってやっても良さそうだったらやろうかな」

 

仮想通貨に投資したいあなたは、仮想通貨のメリットやデメリットが何なのか分からないと思います。

本記事では、初心者向けに仮想通貨のメリットとデメリット、さらには電子マネーとの違いについても伝授します。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

仮想通貨のメリットとは?

これから仮想通貨に投資しようと思っているけどなかなか踏み出せない人もいるかと思います。

仮想通貨は投資の一種なのでリスクもありますが、その反面メリットもたくさんあります。

 

投資だけではなくて、日常で利用するに当たってのメリットもありますので、その辺りも解説していきますね。

・少額から投資ができる

・24時間365日いつでも取引が可能

・個人間で直接送金ができる

・海外への送金・決済が手軽で早いかつ安価

上記が仮想通貨のメリットになります。

それでは順に解説していきますね。

 

少額から投資ができる

「投資なんてある程度資金がないとできないよ」と思っている方も少なくないはずです。

実は仮想通貨は少額から投資ができます。

ビットコインを例に言うと、「0.001BTC=現在の価格で200円」から投資ができます。

200円から投資ができるってなると、けっこうハードル下がるので投資しやすくなりますよね。

 

FX:5000円〜

株式投資:1〜数十万円

仮想通貨:200円〜

という感じで投資のしやすさつまりは少額投資で言うと一目瞭然でしょう。

リスク少なく少額から投資したいのであれば仮想通貨がベストです。

 

24時間365日いつでも取引が可能

仮想通貨は、法定通貨のように金融機関に属していないので、24時間365日いつでも取引ができます。

自分のライフスタイルに合わせて投資をしていきたい方にとってはベストな投資ですね。

 

もちろんのこと、投資だけではなく、購入・換金・送金全てにおいて、いつでも好きな時にやりとりができます。

具体例を出しますと、

FX:平日の24時間

株式投資:平日の9〜15時

仮想通貨:24時間365日

上記の通り、いつでもどこでも取引できるのは仮想通貨だけです。

平日仕事をしているサラリーマンにとってはめちゃめちゃありがたいですよね。

 

個人間で直接送金ができる

一般的な法定通貨であれば、銀行などの金融機関を経由しないと送金等ができません。

それに対して、仮想通貨であれば、銀行などの仲介業者を通さなくてもいいので、直接個人間で送金できます。

 

ネットワーク上で個人同士でやりとりができるなんて、非常に画期的ですよね。

個人間でやりとりをする方法としては、

・相手の仮想通貨アドレス(ビットコインアドレス)を入力する

・相手のウォレットに表示されているQRコードを読み取る

上記のような方法があります。

 

海外への送金・決済が手軽で早いかつ安価

仮想通貨は、インターネット上で取引する電子通貨です。

なので、いつでもどこでも瞬時に海外へ送金・決済ができます。

 

また法定通貨のように金融機関を通さず、送金・決済が行えるので、

・着金が早く手数料が安い

・24時間365日送金ができる

・世界各国どこへでも送金できる

上記のように法定通貨にはないメリットがあります。

 

法定通貨の場合、国を超えて送金する場合は銀行を利用して送金することが多いです。

・送金〜着金まで2〜7日ほどかかってしまう

・手数料が数千円になることがある

・金融機関の営業時間内(9〜15時)に送金する必要がある

上記のように法定通貨ではデメリットだらけです。

その反面仮想通貨だと法定通貨のデメリットを全て払拭できるので非常にありがたい通貨ですよね。

 

仮想通貨のデメリットとは?

逆に仮想通貨のデメリットは何なんでしょうか?

以下4つが仮想通貨を利用する際のデメリットです。

・ハッキングされる可能性がある

・値動きが激しいので投資信託よりリスク大

・ネットにアクセスできないと取引できない

・税率が他の投資商品より高い可能性がある

それでは順に解説していきますね。

 

ハッキングされる可能性がある

仮想通貨はインターネット上で取引されるので、もちろんのことハッキングされる恐れがあります。

【初心者向け】仮想通貨取引におけるリスクと対応策でも解説していますが、コインチェック事件ですよ。

 

2018年1月、日本最大手の仮想通貨取引所であるCoincheck(コインチェック)が、ハッキングによって約580億円の損失を被る。

上記のようなハッキング事件が起こることがあります。

 

ハッキングされてしまうと、取引所は仮想通貨を失うので、手元に戻ってくる金額も水の泡です。

今現在は、ハッキング事件もあったことから徐々にハッキングリスクは減少してきているみたいです。

関連記事
仮想通貨はもうオワコンなのか?【海外だけ熱狂、日本はこれから】

 

値動きが激しいので投資信託よりリスク大

仮想通貨は値動きが非常に激しいです。

なので投資信託に比べたらリスクは大きくなります。

 

実際に2018年1月にコインチェック事件が起こったときは、1BTC=200万円台だったのが、1BTC=30万円台まで下落するなど、過去何度が値動きの激しくなる出来事がありました。

仮想通貨投資をする際には、そうした突然の大幅な下落には気をつけなければなりませんね。

 

ネットにアクセスできないと取引できない

仮想通貨はネットワーク上で取引をする電子通貨です。

つまりオンライン状態でないと、取引・決済をすることができません。

 

スマホやPCの電池が切れてしまっては、または山奥の電波状況が悪いところにいては取引をすることができません。

飛行機に乗っていたり、海外などの電波状況が悪いところももちろんのこと取引できません。

株式投資やFXは一部で電話注文も受け付けているらしく、ネットワーク不良により取引が全くできないのは仮想通貨だけです。

 

税率が他の投資商品より高い可能性がある

仮想通貨を投資商品としてみた場合、得られた利益は「雑所得」の扱いを受けます。

雑所得に関しては、国税庁で解説されていますが、所得税の一種なので「累進課税」が適用されます。

つまり得られた利益に対して10%から多くて55%分まで引かれてしまうんですね。

 

その一方で、株式投資やFXの利益に対する税率は一律で20%です。

なので330万円以上の利益が出てしまうと、株式投資やFXよりは損をしてしまうという結果になります。

うまい具合で330万円以内で売却するのが一つのコツかもしれませんね。

 

仮想通貨の特徴

上記を踏まえた仮想通貨の特徴としては、以下のようにまとめられます。

・24時間365日いつでも取引が可能で海外への送金

・決済が手軽で早いかつ安価 ・手数料が安い反面、税率が他の投資商品より高くなる可能性がある

・少額から投資できるが、インターネット接続がないと投資できない

 

こうした仮想通貨の特徴を踏まえて、仮想通貨投資をすべきかどうか一度自分で考えてみましょう。

正直言って、今後は伸びしろがめちゃめちゃある投資手段なので、迷ったら少額でもいいのでしておくべきでしょう。

関連記事
【初心者必見】仮想通貨の始め方と失敗しない5つのポイント

 

電子マネーのメリットとは?

ここまで仮想通貨について解説してきましたが、「仮想通貨って電子マネーと一緒なんじゃないの?」と感じている人も少なくないはず。

ここからは仮想通貨と対比される電子マネーのメリットについて解説していきます。

・支払いがスピーディーに行える

・決済ごとにポイントが貯まる

・現金を持ち歩く必要がない

上記について順番に解説していきますね。

 

支払いがスピーディーに行える

電子マネーは仮想通貨同等に支払いがスピーディーに行うことができます。

電子マネーで支払うことにより、いちいち財布から現金を取り出してお釣りをもらったりなどの手間が省けます。

つまり現金決済よりもさらにスムーズに取引ができるということですね。

 

例えば、QRコード決済サービスの楽天payを用いると、スマホアプリに表示されているバーコードをレジで読み取ってもらうだけで支払いが完了します。

このご時世に電子マネーでの支払いを利用していない人はけっこう損だと思いますね。

 

決済ごとにポイントが貯まる

電子マネーは、決済ごとにポイントが貯まるのが非常にありがたいですね。

ポイントが貯まるように設定されているのは、消費者だけでなく、店舗側にも大きなメリットがあります。

 

・現金以外の支払い方法の提示により集客にも役立つ

・「キャッシュレス決済で5%還元」などのキャンペーンを利用することができる

上記のように店舗側にもメリットがあるので、電子マネー支払いはどんどん進んでいるのでしょう。

電子マネー支払いは確実に利用するのがおすすめです。

 

現金を持ち歩く必要がない

電子マネー支払いを利用していると、現金を持ち歩く必要がありません。

現金ってけっこう重たいもんですよね。

 

それがカード一枚もしくは携帯だけで収まると考えるとこれほど便利なものはないでしょう。

電子マネーの利用者は、電子マネーで支払いが完結することにより、財布から現金を取り出す時間やお釣りをもらう手間が省ける。

つまり決済をよりスムーズに行うことができるのです。

 

電子マネーのデメリットとは?

反対に電子マネーのデメリットは何なのでしょうか?

以下が電子マネーを利用した際のデメリットです。

・電子マネー加盟店でしか利用できない

・プリペイド型はチャージ分しか利用できない

・QRコード読み取りはインターネット接続がないとできない

それでは順に解説していきますね。

 

電子マネー加盟店でしか利用できない

電子マネーは電子マネー支払いに加盟している店舗でしか利用できません。

今現在としては電子マネーで支払うことができない店舗はほとんどなくなりましたが、まだ種類によっては一部支払えない電子マネーもあるようです。

 

電子マネーで支払えないと、現金で支払う必要がありますので、現金を持っていないと大変ですね。

僕自身も何度かありました。コンビニにおろしにいきました。

このご時世なのに、電子マネーに加盟しとけよって話ですよね。

 

プリペイド型はチャージ分しか利用できない

電子マネーのプリペイド型はチャージ分でしか利用できません。

チャージ分しか利用できないと、お金が足りなくなってきた時にいちいちチャージしないといけないので一苦労です。

チャージしなくてもできる電子マネーがいいのであれば、クレジットカードから引き落とし式の電子マネーを使ったりなどひと工夫が必要です。

 

僕自身はドコモのDカードや楽天Payなどをメインに利用しています。

いずれもクレジットカード引き落とし式で利用できるので、チャージする必要はありません。

チャージする必要がないっていうのは非常にありがたいですよね。

 

QRコード読み取りはインターネット接続がないとできない

楽天PayのようにQRコードを読み取る式である場合は、インターネット接続がないとできません。

また、スマホの電池切れなどの場合も電子マネー決済ができません。

 

やむをえず現金で支払うことになってしまいます。

インターネット接続がないのは多分ほぼほぼないかと思うので、電子マネーを使う際は、充電は確実にしておきましょう。

 

電子マネーの特徴

上記を踏まえた電子マネーの特徴としては、以下のようにまとめられます。

・支払いがスピーディーに行えるが、加盟店でしか利用できない

・現金を持ち歩く必要がなくなるが、スマホの充電が切れると現金が必要になる

・基本は現金無しで決済できるが、プリペイドカードの場合は事前チャージが必要

 

電子マネーは今後も全国的に普及してきて一般的なお金の支払い方法になってくるでしょう。

そのうちビットコイン等の仮想通貨も電子マネーの支払い通貨になるかもしれません。

 

仮想通貨と電子マネーの違い

銀河

仮想通貨と電子マネーは全くの別物です。

通貨の使い方や発行元、それから利用できる場所やポイント等まで全てにおいて異なります。

仮想通貨:インターネット上で使える暗号化されたデジタル通貨

電子マネー:電子データのやり取りで決済を行う決済サービス

 

上記のように電子マネーはそもそも通貨ではなく、決済サービスなので仮想通貨とは大きく異なります。

・法定通貨を基準としているか

・中央集権があるかないか

・価格変動があるかないか

・利用できる場所が異なる

・ポイントが貯まるか貯まらないか

その他上記のような項目に関しては全て仮想通貨と電子マネーは異なりますので、全く違うものと断定してもいいでしょう。

仮想通貨はあくまでも電子データ上の通貨なのです。

-仮想通貨
-,

© 2021 TsumuBlog