仮想通貨

仮想通貨はサラリーマンの副業におすすめな理由を徹底解説

悩んでる人
「会社員が副業で仮想通貨はありなのかな?」「仮想通貨をしても副業禁止の会社にバレないかな?バレないようにする方法とかあるのかな?」「今の給料じゃ足りないし、何か副業でも始めて稼ぎたいな。」

 

仮想通貨に投資して稼ぎたいと思っているあなた。

本記事では、仮想通貨投資はサラリーマンの副業におすすめな理由について徹底解説。

※当サイトで使用している「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

仮想通貨はサラリーマンの副業におすすめな理由

結論から申し上げると、仮想通貨はサラリーマンの副業には非常におすすめです。

 

なぜ仮想通貨はサラリーマンの副業におすすめなのか?

その理由については以下の3つが挙げられます。

・少額から投資できる

・体力を使わずに済む

・多くの時間を費やさなくても済む

それでは順に解説してきますね。

 

少額から投資できる

仮想通貨の一つの特徴としては、少額から始めることができます。

例えばビットコインだと現在1BTC=400万円を超えました。

皆さんビットコインだと1BTCからしか取引できないとしか思っていませんか?

 

実はビットコインは1BTC以下の投資額で取引することができ、主な仮想通貨取引所でいうと最低0.001BTCから取引を行うことができます。

つまり最低4000円から投資できるということですね。

4000円だと、積立投資感覚で投資できますので少額投資から始めたいサラリーマンにとっては非常におすすめです。

 

体力を使わずに済む

仮想通貨は体力を使わずに投資することができます。

これは長期投資を目的として場合のみですが、仮想通貨は基本的に長期投資向けです。

仮想通貨は値動きが激しく、短期売買をするに当たっては非常にリスクが高いです。

 

長期投資となると、一度買えば上がってくるまでずっと待っていればいいわけで、常にチャートを確認する必要がありません。

なのでチャートを短時間に何度もみて取引をする必要がないわけですね。

 

これ自体は人にはよりますが、短期投資をする方にとってはあまり参考にはならないかなと思います。

ただ長期投資をするにあたっては仮想通貨は非常におすすめですね。

 

多くの時間を費やさなくても済む

仮想通貨は上記の通り、主に長期投資向けの副業です。

長期投資目的で投資をすることにより、短時間に何度もチャートをみて売買する必要がありません。

なので単純にチャートを見る時間と売買する時間がなくなるわけですね。

 

仮想通貨は長期投資で行い、買ってから数年放置して売るのがベストです。

なので正直売り買いはそれぞれ1回ずつで完結するので時間も全く必要ありません。

買うに関しては分散投資という形で何度か行う必要はあるかもしれませんが、売る時に比べたらかかる時間はしれています。

 

副業禁止の民間企業や公務員は問題ない?

結論から言うと問題ないことはありません。

民間企業も公務員は原則として副業は禁止されており、過去には副業がバレて懲戒処分を受けた公務員がたくさんいます。

また公務員の副業禁止は就業規則ではなく、国家公務員法の規定により副業が禁止されています。

 

民間企業に関しては、一部副業を認めてる会社はありますが、基本的には禁止されています。

ちなみに公務員の副業禁止規定は以下のような内容があります。

 

私企業からの隔離

職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

 

他の事業又は事務の関与制限

職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。

 

営利企業等の従事制限

職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

 

副業での仮想通貨に関する税金

実際に副業で仮想通貨を行い、得た利益に対する税金はどのようになっているのでしょうか?

 

仮想通貨では基本的に以下内容に該当する場合、利益が税金に関わってきます。

・仮想通貨の売却で利益を得た場合

・仮想通貨で商品を購入した場合

・仮想通貨と仮想通貨の交換で利益を得た場合

・マイニングで仮想通貨を手に入れた場合

 

仮想通貨にかかる税金は、所得税の中の雑所得に分類されます。

雑所得は全額課税対象になるので、税金を納める必要がありますよね。

 

仮想通貨の税金に関しては、知らないと損をする仮想通貨の税金対策一覧【法人化が最強】仮想通貨の利益分にかかる税金の種類と確定申告で詳しく解説していますのでぜひこちらをご覧ください。

 

副業での仮想通貨投資は確定申告で納税が必要

仮想通貨投資で20万円以上の利益を出した場合は、確定申告で納税が必要です。

20万円以上の利益は1月1日〜12月31日の期間での合算になります。

 

なお、確定申告に関しては、利益を得た翌年の2月中旬〜3月15日の間に行う必要があります。

この期間を過ぎて確定申告すると、遅れたペナルティとして無申告加算税が課せられますので気をつけてくださいね。

 

その他仮想通貨の確定申告に関しては、知らないと困る仮想通貨における確定申告方法【基礎知識も解説】で詳しく解説していますのでぜひそちらをご覧ください。

 

副業禁止の会社でもバレずに仮想通貨投資を行う方法

副業禁止の会社でバレずに仮想通貨投資を行う方法はズバリ「誰にも言わないこと」です。

これは当たり前のことで、そもそも自分の仮想通貨口座を他の人に見られることは絶対ないので、あとは自分の口から言わないことです。

 

儲かり過ぎて思わずポロッと口からこぼれそうになってもそこは、気持ちを抑えてください。

バレてしまえば全て水の泡です。

 

あと、上記にも記載しましたが、「確定申告」は必ず行いましょう。

確定申告を行わないと、会社の内部で確実にバレてしまいます。

 

これは、所得を申告せず納税しないと「脱税」扱いになるためですね。

なので確定申告は確実に行いましょう。

 

副業での仮想通貨投資の始め方

副業での仮想通貨の始め方は非常に簡単です。

仮想通貨の始め方として大まかな流れは以下の通りです。

①仮想通貨取引所での口座開設

②仮想通貨取引所口座への入金

③日本円から仮想通貨へのトレード

④仮想通貨の売買

上記のような流れで仮想通貨取引を行います。

関連記事
【初心者必見】仮想通貨の始め方と失敗しない5つのポイント
関連記事
【厳選】仮想通貨/ビットコイン投資のおすすめ国内取引所3選

 

おすすめの仮想通貨を選ぶ際のポイント

最後になりますが、おすすめの仮想通貨を選ぶ際のポイントについて伝授しますね。

以下のポイントを参考に仮想通貨を選べばOKです。

・知名度があるかどうか

・将来性があるかどうか

それでは順に解説していきますね。

 

知名度があるかどうか

皆さん仮想通貨に初めて投資するのであれば、知名度がある方か知名度がない方かでいうと確実に知名度のある方ですよね。

知名度のない方が、みんなが目をつけていないタイミングで投資すれば一攫千金だ!と思うかもしれませんが確率が低過ぎます。

それよりは知名度のある仮想通貨の方がみんなが投資に走りやすいですし、みんながこぞって投資をするので価格も上がりやすいです。

 

仮想通貨であればまずはビットコインですよね。

ビットコインは仮想通貨の代名詞とも言えるくらい知名度があるのでまずはビットコインに投資しておけば間違いないでしょう。

 

将来性があるかどうか

仮想通貨にもこれから価格が上昇するかどうかの将来性が非常に大事です。

知名度があって投資したとしても、価格が上がらなければ結局投資した意味ないですもんね。

 

なので将来性もしっかりと見ながら投資する仮想通貨を決めていきましょう。

関連記事
仮想通貨の将来性を左右する要因とは?【8つのポイントを紹介】

 

副業での仮想通貨投資もリスクありきで行おう

副業での仮想通貨投資も他の投資商品と同様にリスクありきです。

リスクがない投資なんてありません。

リスクを背負ってこそ投資で稼ぐ価値を見出すと僕は思っています。

 

なのでリスクを恐れず、価格は必ず上がると信じて仮想通貨投資を行っていきましょう。

挑戦したものだけに微笑みが生み出されます。

関連記事
【初心者向け】仮想通貨/ビットコイン投資で儲かる方法と始め方

-仮想通貨
-,

© 2021 TsumuBlog