仮想通貨

仮想通貨の種類一覧【将来性のある穴場の仮想通貨も紹介】

種類
悩んでる人
「ビットコインとかよく聞くけど、仮想通貨の種類ってどれだけあるんだろう?」「仮想通貨やってみたいけど種類が多すぎてどれから投資すればいいのかわからないな…」「将来性のある穴場の銘柄とかあるのかな?」

本記事では上記のようなお悩みについて伝授します。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

おすすめの仮想通貨取引所に関する記事はこちら

関連記事
【厳選】仮想通貨/ビットコイン投資のおすすめ国内取引所3選

 

仮想通貨の種類一覧【将来性のある穴場の仮想通貨も紹介】

仮想通貨に投資してみようと思っても、「種類が多すぎてどれに投資すればいいの?」と迷ってしまう方も多いと思います。

本記事では仮想通貨の種類についてそれぞれ解説し、将来伸びしろのある穴場の仮想通貨についても解説していきます。

 

本題に入る前に、まずは仮想通貨について簡単に解説しますね。

仮想通貨はデジタル通貨の一種で、インターネット上を通じて、不特定多数の人や企業の間で使用でき、かつドルやユーロなど法定通貨と交換することもできるまさに近未来を表現した通貨です。

 

仮想通貨は電子データのみでやり取りされ、法定通貨のように国家の強制通用力がないので、全世界で共通して使用できる優れものです。

関連記事
仮想通貨とは何なのか?【仕組みや特徴を初心者に分かりやすく解説】
関連記事
【初心者必見】仮想通貨/ビットコインの仕組みを徹底解説

 

仮想通貨の種類は4,000種類を超える

驚きなのですが、仮想通貨は今現在全世界でなんと4,000種類以上もの仮想通貨があると言われています。

しかも今現在も仮想通貨の種類が増え続けているんだとか。

 

ワクワクなのか恐ろしさなのかよくわからないですが、それだけ今後の伸びしろはあるんでしょう。

関連記事
仮想通貨はもうオワコンなのか?【海外だけ熱狂、日本はこれから】

 

こちらCoinMarketCap(コインマーケットキャップ)には全種類の仮想通貨を参照できます。

改めて見ると恐ろしいですよね。

 

これだけあると仮想通貨に投資しようにも絶対に迷ってしまいますよね。

そんなあなたにここからは日本で買うことのできる仮想通貨の種類について紹介していきます。

また記事後半では、おすすめの穴場の仮想通貨についてもご紹介します。

 

日本で買える仮想通貨の種類一覧【将来性のある穴場通貨もあり】

日本で買える仮想通貨の種類一覧はこちらです。

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ネム(XEM)
・モナコイン(MONA)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)

それでは順に解説していきますね。

 

ビットコイン(BTC)

ビットコインはサトシ・ナカモトと呼ばれる人物によって2008年に世界で最初に開発された仮想通貨です。

開発は2008年ですが、実際に稼働が始まったのが2009年となります。

 

ビットコインは中央機関や仲介業者を必要としないのが特徴の一つとして挙げられます。

また、ビットコインはデジタルゴールドとも言われており、

・金のように有限かつ希少性があること(総発行数がMAX2100万枚)

・金と同じく偽造ができないこと

上記のように金同等に存在価値が非常に高い仮想通貨でもあります。

 

ビットコインは、金融機関のような仲介者が存在せずに、個人間で取引できる決済システムを構築したのが、画期的ですよね。

日本でもビッグカメラがビットコインでの支払いを導入しており、今後もこうした決済システムの導入が進むはずです。

関連記事
ビットコイン(BTC)の今後と将来性を徹底解説【未来は明るいです】

 

リップル(XRP)

リップルは、決済システムに特化したプラットフォームで、2012年より発行が開始されている仮想通貨です。

ビットコインと異なりリップル社という企業によって運営されています。

 

リップルの最も大きな特徴としては、決済の処理速度の早さです。

ビットコインの場合、決済処理時間は最短でも10分ほどかかってしまいますが、リップルの場合は最短で4秒で決済が完了する仕組みを構築しています。

 

こうした仕組みから、リップルにはドルやユーロなど異なる通貨同士を接続する「ブリッジ通貨」としての国際送金の役割が期待されています。

実際に数々の銀行と提携することに成功しており、日本でも三井住友信託銀行や三菱UFJ銀行といった大手銀行との提携もすでに行われています。

関連記事
仮想通貨リップル(XRP)の今後は爆上げの予感【国際送金が鍵】

 

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは2015年に誕生したビットコインに次ぐメジャーな仮想通貨です。

 

イーサリアムの特徴としは、発行上限と半減期がないことが挙げられます。

ビットコインなどの仮想通貨は、上記にも記載しているとおり、発行上限が限られており、希少価値が出るように初期から設定されています。

またマイニング(採掘)にも半減期が設けられており、採掘される仮想通貨の量が制限されています。

 

一方でイーサリアムは、発行上限がなく、半減期もないので、今後イーサリアムが採掘され続け、今後も安定して供給されることが期待できる仮想通貨です。

また、イーサリアムはビットコインと異なり、ブロックチェーンの中に、「いつ、誰が、誰に、いくら支払った」の取引情報やアプリケーションプログラムを記録・実行できます。

 

つまり企業間の重要な書面契約やサービスの売り買いなども行えるので、拡張性のあるシステムとして期待されています。

関連記事
仮想通貨イーサリアム(ETH)の今後はどうなる?【バブります】

 

ネム(XEM)

ネムは2015年に開発が始まった後発の仮想通貨で、イーサリアムような分散型アプリ用プラットフォームです。

ネムもビットコインやリップル同様発行上限が89億9999万9999枚に設定されており、有限な仮想通貨になります。

 

ネムの特徴としては、処理速度が早く、スピーディーな取引が可能な点です。

処理速度はビットコインが10分程度かかるのに対して、ネムはわずか1分で完了します。

そうした高額送金における処理速度の速さには定評があります。

 

また、ネムは2021年1月に大型アップデートが行われるため、セキュリティ強化、処理速度の向上、実用性アップが期待できます。

併せてネットワーク決済やトークン発行なども行うことができるので、今後の需要も増加していくでしょう。

 

モナコイン(MONA)

モナコインは、インターネット上で使用できる日本初の仮想通貨として、2013年に開発が始まり2014年にリリースされました。

 

モナコインの特徴といえば、世界で初めてSegwit(セグウィット)を実装したことでしょう。

Segwit(セグウィット)を実装したことによって、より多くのデータを短時間で処理でき、取引に要する時間を短縮できるようになりました。

 

また、モナコインは取引スピードが速いので、海外送金やネットショップでの決済に利用されており、そのほか一般の店舗でも利用されています。

2019年から金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckでもモナコインの取り扱いを開始し、今後は海外ユーザーからも注目を集める仮想通貨になっていくでしょう。

 

ライトコイン(LTC)

ライトコインは、2011年にビットコインをベースに開発された仮想通貨です。

ライトコインの特徴としては、ビットコインの発行上限が2100万枚なのに対して、8400万枚と4倍に設定されている点。

また、ブロック生成時間がビットコインでは約10分かかるのに対して、ライトコインは約2.5分に調整されている点です。

 

つまり、ビットコインで問題視されていた決済をはじめとするトランザクションにまで対応できるように設計されています。

「ビットコインは金、ライトコインは銀」と呼ばれるように、ビットコイン同様価値の高い仮想通貨として今後も需要が伸びていく可能性が大いにありそうです。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、2017年にビットコインのハードフォーク(アップグレード)によって誕生した仮想通貨です。

 

基本的な仕様はビットコインと似ており、最大の特徴としては、

ブロックチェーンのブロックを大きくしたことによって、ビットコインが抱えていたスケーラビリティ問題の解消を図ろうとしている点です。

※スケーラビリティ問題:トランザクション(取引データ)の数が限られていることにより引き起こされる障害の問題

 

ビットコインのブロックサイズの上限は1MBですが、ビットコインキャッシュでは上限を8MBにすることによって、スケーラビリティ問題の解消を図っています。

 

リスク(LSK)

リスクは分散型ネットワークで構成されるブロックチェーンのプラットフォームを目指して、2016年に開発された仮想通貨です。

リスクの特徴としては、

開発プログラミングに、JavaScriptが採用されているため、汎用性が高い点が挙げられます。

 

また、サイドチェーンと呼ばれるメインのブロックチェーンとは別のサイドチェーンと呼ばれる機能で取引データ処理を行うことで、スケーラビリティ問題の解消を図っているのも特徴の一つとして挙げられます。

 

将来的には、イーサリアム同様の分散型アプリケーションプラットフォームとして機能する可能性があります。

スマートコントラクト機能を使うことができれば、仲介者なしで安全・公正な取引を自動的に行うことができるようになるでしょう。

 

ファクトム(FCT)

ファクトムは、2015年にアメリカに本社を置くFactom社が開発した仮想通貨です。

ファクトムは、あらゆる電子データを記録・保管するための分散管理型プラットフォームを志向しており、住民票や、貸付記録、証券などの重要書類を第三者機関なしで証明することができます。

 

現在、国内の取引所ではCoincheckのみと扱う取引所が限られています。

ですが、ファクトムはビットコインやイーサリアムと記録をシェアできることから、それぞれの仮想通貨の負担を減らせるため、扱う取引所も増えていくでしょう。

 

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシックは、2016年にイーサリアムの分裂により誕生した仮想通貨です。

イーサリアムとスマートコントラクトなどの基本的な仕様は大差ないですが、イーサリアムのアップグレード版のため、イーサリアムとはシステム的な互換性は保たれていません。

 

イーサリアムクラシックは現在、ブロックチェーン技術とIoT技術との融合させたシステムの構築が行われています。

加えて、現在サイドチェーンの実装を目指しており、実装されればこれまで以上にスマートコントラクトをスムーズに使用することができるようになるでしょう。

 

ステラルーメン(XLM)

ステラルーメンは、2014年にリップル社の元開発者・共同創業者であるジェド・マケーレブ氏によって開発されたステラ財団が運営する仮想通貨です。

リップルが企業間向けに開発されたのに対して、ステラルーメンは個人間の送金・決済向けに開発された経緯があります。

リップルは決済スピードが速いのも特徴の一つで、2〜5秒とリップルと同等の送金スピードを誇ります。

送金手数料も0.00001XLM(約100万分の1ドル)であり、非常に安価な水準となっているのが特徴です。

 

高速かつ安価な国際送金を実現するために独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しており、国際送金ネットワークとして今後も一定の存在感を示してくるでしょう。

国内ではDMM Bitcoinが唯一取引できる仮想通貨取引所です。

 

クアンタム(QTUM)

クアンタムは、2016年に誕生したオープンソースブロックチェーンによる仮想通貨です。

ビットコインの通過機能とイーサリアムのスマートコントラクトを兼ね備えたプラットフォームで、双方の長所を盛り込みかつ課題も解決しています。

 

ビットコインの高いシステム安全性と、イーサリアムのスマートコントラクト機能を兼ね備えた設計をしておおり、非常に人気を集めています。

GoogleやAmazonといった世界的に有名な企業からも注目されており、両社とはパートナーシップを締結しているといったことから、今後の人気も徐々に上昇してきそうですね。

 

ベーシックアテンショントークン(BAT)

ベーシックアテンショントークンは、2017年にBrave Software社によって開発された仮想通貨です。

ベーシックアテンショントークンはWebブラウザの「Brave」に紐づく仮想通貨で、従来のWeb広告におけるユーザー・メディア・広告主それぞれの持つ課題を解消する目的で開発されました。

 

Braveを利用するユーザーはWeb広告をブロックできるやめ、快適なブラウジングが可能となります。ページの読み込み速度も上がり、広告に仕込まれたマルウェアに感染するリスク軽減ができるなどのメリットがあります。

ベーシックアテンショントークン、は将来的にプレミアムコンテンツ利用やサービス料金の支払いに活用できるようになるでしょう。

 

将来性のある穴場の仮想通貨の種類とは?

ここまで13種類の仮想通貨について解説してきましたが、13種類も正直多くて、投資する仮想通貨をなかなか決め切れないですよね。

そんなあなたに将来性のある穴場の仮想通貨について解説していきます。

 

将来性のある穴場の仮想通貨は以下の3種類です。

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XRP)

それでは順に解説していきますね。

 

ビットコイン(BTC)

ビットコインは仮想通貨の中でも、中心的な存在であり真っ先に投資対象として検討すべき銘柄です。

ビットコインは現在基軸通貨としての役割を果たしており、アルトコインの価格を左右しているといっても過言ではありません。

また、ビットコインから分裂したり、派生した通貨も少ないため、真っ先に投資対象として検討すべき銘柄になります。

 

米金融大手シティバンク(Citibank)によると、

ビットコインの2010〜2011年の「指数関数的な動き」を、1970年のゴールド市場と類似しているとしており、論理的には2021年12月までに31万8000ドル(約3300万円)になる可能性があるとしています。

 

イーサリアム(ETH)

イーサリアムはビットコインに次ぐメジャーな仮想通貨と言われており、今後も伸びしろがある仮想通貨として注目されています。

 

イーサリアムは、上記にも記載の通り、発行上限がなく、半減期もないので、今後イーサリアムが採掘され続け、今後も安定して供給されることが期待できる仮想通貨です。

2020年4月に公開された、120銘柄以上を評価対象とするWeiss Ratings社による仮想通貨ランキングでは、イーサリアムは総合2位に選出されています。

 

リップル(XRP)

リップルは、決済の処理速度の速さとブリッジ通貨の仕組みがあり、今後の伸びしろのある仮想通貨として選出しています。

リップルは、「ブリッジ通貨」としての国際送金の役割が期待され、実際に数々の銀行と提携することに成功しており、日本でも三井住友信託銀行や三菱UFJ銀行といった大手銀行との提携もすでに行われています。

 

ブリッジ通貨として利用されている仮想通貨はそうそうないことからもリップルは今後も需要が伸び続ける、期待値の高い仮想通貨です。

 

仮想通貨を購入する際の注意点

仮想通貨を購入するにあたっては、いくつか注意点があるので、事前に把握して取引を始めてみましょう。

・購入したい仮想通貨を取り扱っている取引所で口座開設を行う

・最小注文量を確認する

・レバレッジではなく、現物取引を選択する

上記の通りです。

 

仮想通貨は取引所によっては扱っている仮想通貨が異なりますので、口座開設する前に必ず確認しておきましょう。

また、仮想通貨は価格が高いからといって購入できないわけではありません。

例えばビットコインであれば1BTC=約200万円(2020年12月現在)ですが、最小注文数量が0.0001BTCなので、200円から購入可能です。

 

さらに仮想通貨初心者は、まずは現物取引から始めてみましょう。

レバレッジ取引であると、証拠金の倍額以上で取引できますが、その分リスクも高くなりますので最初はまず現物取引から始めるのが無難です。

関連記事
【厳選】仮想通貨/ビットコイン投資のおすすめ国内取引所3選

 

 

仮想通貨の種類別の特徴を把握して投資先を決めよう

ビル群

投資先はビットコインが一番おすすめでしょう。

仮想通貨はビットコインが有名ですが、ビットコインだけではなくてアルトコインにも目を向けてもいいかもしれません。

 

ビットコインへの集中投資はリスクを伴うので、アルトコインも投資対象とすることで分散投資、つまりリスク回避になります。

アルトコインもたくさん種類があるので、それぞれの特徴を把握して、現在の時価総額を見るのではなく「今後需要が高まるか」という視点を持って選んでみましょう。

関連記事
【初心者必見】仮想通貨の始め方と失敗しない5つのポイント
関連記事
仮想通貨の今後はどうなる?【未来が明るい理由を大暴露】

 

国内における主な仮想通貨取引所

国内だけでも20社を超える仮想通貨取引所があります。

その中でもメインどころのおすすめの仮想通貨取引所は以下の3つです。

それでは順に解説してきますね。

 

コインチェック

コインチェック

コインチェックは国内最多となる14通貨に対応している仮想通貨取引所です。

サービスの使いやすさに定評があり、多くの仮想通貨投資家が利用しています。

 

取引手数料が無料なのも安心材料で、国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1を誇ります。

>>コインチェックで口座を開設する

 

ビットフライヤー

ビットフライヤーは国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所です。

スマホアプリが非常に使いやすく、仮想通貨だけではなくてFX取引も行うことが可能です。

 

売買手数料や入金手数料などさまざまな手数料が無料のも魅力の一つですね。

>>ビットフライヤーで口座開設をする

 

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さが売りの仮想通貨取引所です。

スマホアプリでも利用でき、スピード注文などさまざまな注文方法に対応しています。

 

DMMグループによる安心・安全のセキュリティ体制が強みです。

>>DMM Bitcoinで口座解説をする

 

仮想通貨投資の始め方に関する記事はこちら

関連記事
【初心者必見】仮想通貨の始め方と失敗しない5つのポイント

-仮想通貨
-,

© 2021 TsumuBlog