第二新卒 第二新卒の転職エージェント 転職/第二新卒

【比較】第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント5選

第二新卒エージェント
悩んでる人
「第二新卒におすすめの転職サイトと転職エージェント比較したけど一体どれが一番良いんだろう?」「種類いっぱいあるし、第二新卒に合った転職サイトと転職エージェントがどれか比較できないな..。」

本記事では、第二新卒におすすめの転職サイト転職エージェント5選の徹底比較と活用方法を伝授。

さらには転職サイト・転職エージェントを使った転職の流れについても伝授します。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】

 

【比較】第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント5選

今回は、第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント5選について徹底比較します。

「第二新卒向けのおすすめの転職サイト・転職エージェントなんか存在するの?」

と思っている方。

 

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェントは存在します。

僕自身、第二新卒として大手企業からベンチャー企業に転職をしました。

その際に7,8つほどの転職サイトと転職エージェントを比較もしくは登録して使ってみたりしました。

 

その経験から実際に第二新卒で圧倒的に使える転職サイト・転職エージェント5選について比較表を紹介します。

以下に第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェントを比較形式で比較しています。

番号 エージェント 求人数 求人の質 サポート力
1 リクルートエージェント
2 doda(デューダ)
3 マイナビジョブ20's
4 ウズキャリ第二新卒
5 パソナキャリア

それでは順に解説していきますね。

 

リクルートエージェント

・転職支援実績業界No.1

・第二新卒を含む転職者向け非公開求人数が10万件以上

・転職支援実績累計41万1,000名以上

 

リクルートエージェント」は転職支援実績業界NO.1の誰もが知る転職エージェント。

一般公開している求人のほか、厳選された10万件以上の非公開求人から第二新卒に適した求人を紹介してくれます。

さらに各業界・各業種に精通した専任のキャリアアドバイザーが、 第二新卒の求職者の希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

 

転職エージェントからしか得ることができない業界・企業の情報や、志望企業へのエージェントからの推薦など様々な場面で、第二新卒の転職サポートを行ってもらえます。

どの転職エージェントか迷ったら、まずは最初にリクルートエージェントに登録することをおすすめします。

>>リクルートエージェントへの無料相談はこちら

 

リクルートエージェントに関する評判・口コミはこちら

関連記事
リクルートエージェントの評判と口コミ【使ってみた感想も公開】

 

doda(デューダ)

・転職者の満足度業界No.1

・リクルートエージェントに匹敵する約10万件の求人数

・専門スタッフの徹底サポート

 

doda(デューダ)」は大手人材会社パーソルキャリアが運営する日本最大級の転職エージェント。

非公開求人を含む約10万件の求人の中から、第二新卒の求職者に合った求人を紹介できるのが大きな特徴です。

 

求人数とサポート力は業界トップレベルで、担当のキャリアアドバイザーが、求職者に現状をヒアリングして、希望や適性に合った求人の紹介や、 転職活動のサポートをメインに行なっています。

面接前後のきめ細かいフォローも徹底されているのも特徴の一つですね。

 

実際に使ってみたんですが、担当者の当たり外れが少ないエージェントとして第二新卒におすすめできる転職エージェントです。

>> doda(デューダ)への無料相談はこちら

 

doda(デューダ)に関する評判・口コミはこちら

関連記事
doda(デューダ)の評判と口コミはどうなの?【利用してみた感想も公開】

マイナビジョブ20's

・20代・第二新卒・既卒に特化した転職エージェント

・非公開求人が全体のうち80~90%

・年間4万5千人以上の登録者数を誇る

 

マイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)」は第二新卒に特化した転職エージェント。

第二新卒の転職を一からフルサポートし、キャリアカウンセリング、求人紹介、面接対策、履歴書・職務経歴書の添削、企業とのやり取り等のサービスを全て無料で行ってくれます。

 

第二新卒に特化した充実したサポート体制が強みで、求職者の転職活動を手厚くサポートしています。

またマイナビジョブ20’sは、通常の転職サイトでは掲載されていない”非公開求人”が全体のうち80~90%を占めています。

 

大手人材会社のマイナビの情報網を活かしつつ、第二新卒に合った企業に転職するにはおすすめです。

>> マイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)への無料相談はこちら

 

ウズキャリ第二新卒

・書類通過率87%超え

・内定率83%以上

・キャリアカウンセラーの9割が元第二新卒

 

ウズキャリ第二新卒」は第二新卒や既卒の就職サポートを完全無料で行っている転職エージェントです。

日本で唯一、キャリアカウンセラーのなんと9割が元既卒・第二新卒のアドバイザーです。

 

また、扱っている求人は、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設けています。

つまりブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率も93%以上と非常に高いのが魅力です。

 

選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を、無制限に実施してくれるのも一つの特徴ですね。

>>ウズキャリ第二新卒への無料相談はこちら

 

パソナキャリア

・合わせて4万件以上の豊富な求人数

・転職支援実績が25万人以上

・親身で丁寧なサポートが評判

 

大手総合型転職エージェント「パソナキャリア」の転職支援です。

第二新卒にはなかなか難しいかもしれませんが、リーダーやマネージャークラス~部長まで豊富な求人を取り扱っています。

 

担当のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリングから、応募書類の添削・面接対策・年収交渉まで、第二新卒のキャリアをトータルサポートしてくれます。

現職の方にも配慮してくれており、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能なのが大きな魅力の一つですね。

 

第二新卒の求職者に向けたキャリアアドバイザーの「親身で丁寧なサポート」と顧客満足度の高さが魅力の転職エージェントです。

>> パソナキャリアへの無料相談はこちら

 

パソナキャリアに関する評判・口コミはこちら

関連記事
パソナキャリアの評判と口コミを解説【安定感のあるエージェント】

 

 

第二新卒向け転職サイトと転職エージェントの比較と違い

第二新卒向け転職サイトと転職エージェントの違いはお分かりですよね。

転職のプロに頼るか頼らないかです。

 

転職サイトと転職エージェントをごっちゃになって使っている人もいるので、下記を参考に今一度整理してみましょう。

第二新卒向け転職サイトと転職エージェントの比較と違いについては以下の通りです。

転職サイト 転職エージェント
料金 無料 無料
求人数 求人数が豊富 非公開求人も応募可能
進め方 全て自分で進める キャリアアドバイザーと進める
転職相談 × ◎(キャリアアドバイザーが行う)
面接日程調整 × ◎(キャリアアドバイザーが行う)
面接対策 × ◎(キャリアアドバイザーが行う)
応募書類添削 × ◎(キャリアアドバイザーが行う)

という感じで結構違いがありますよね。

 

まとめると以下です。

・とにかく求人を探したい、転職活動が2回目以降で進め方が分かる、転職活動を一人で進めたい

→転職サイト

・転職活動が初めてで進め方が分からない、転職活動を支援して欲しい、転職活動を効率的に行いたい

→転職エージェント

 

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェントを使った転職の進め方

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェントを使った転職の進め方は以下の流れです。

 

 ①転職エージェントに登録

転職エージェントに登録しましょう。登録は5分程度で終わります。

登録すると、後日担当になるキャリアアドバイザーから、直接連絡がきて面談の日程調整をすることになります。

 

転職エージェントは同時に3つほどの転職エージェントに登録するのが成功の鍵です。

理由は以下です。

転職エージェントによって掲載されている求人や求人数が違います。

さらには転職エージェントによっては、アドバイザーの対応がかなり異なってきます。

なので機会損失にならないように3つほど登録しておきましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】

 

②書類(履歴書・職務経歴書)作成

転職エージェントに登録したら、面談当日までに履歴書と職務経歴書の作成が必要です。

作成したら転職エージェントの登録フォームに登録、もしくはキャリアアドバイザー宛に送ればOKです。

 

履歴書と職務経歴書は何度もやり直しが効くので、7割程度完成したらとりあえず登録しましょう。

また、企業への応募する時には、履歴書・職務経歴書ともに完璧に仕上げておきましょう。

 

 ③キャリアアドバイザーと面談

転職エージェントの面談ルームにて、キャリアアドバイザーと面談を行いながら、自身のキャリアカウンセリングや希望条件の認識合わせを行います。

 

本人の希望と適職を総合的に判断し、その場で数件求人をご紹介してくれます。

また、履歴書や職務経歴書の添削もその場で行ってくれることもあります。

 

面談については、近年Web上で完結できる、Web面談も増えてきましたので、直接オフィスに行かなくても対応してくれるエージェントもありますので心配無用です。

 

 ④企業への応募・面接

企業への応募は面談の場だけではありません。

面談の場で企業に応募する場合と、転職エージェントのアプリ上で応募する2通りがあります。

面談の場で全て応募しなければならない訳ではないのでその点は安心してください。

 

企業への応募はご自身で求人内容をよく吟味してから応募しましょう。

また応募から面接までの日程調整等は、キャリアアドバイザーが全てサポートしてくれます。

面接の日程と場所の連絡もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

 ⑤内定通知・退職要請

企業との面接を数回行い、無事企業側から内定を貰えれば、担当アドバイザーに内定承諾の意思を伝えます。

それと並行して、現職の上司に退職の旨を伝えれば、転職活動無事終了です。

お疲れ様でした。

 

第二新卒向け転職サイト・転職エージェントの活用方法

ビル群

第二新卒向け転職サイト・転職エージェントの活用方法は、

初めての転職活動を正しい方法で、正しい手段で効率的に行うために活用します。

 

第二新卒であると、転職活動が初めてである方も多いかと思います。

つまりいきなり転職活動をしようにも、どのように進めれば良いかわからない方が多いのです。

 

人生一度きり。

転職活動は確実に成功させたいですよね。

転職サイトを使って闇雲に転職活動をするのではなく、転職エージェントを利用して専任のアドバイザーと二人三脚で進めましょう。

 

第二新卒は転職サイトよりも転職エージェントを使うべき

ネクタイ

ここまで第二新卒におすすめの転職エージェントについて解説してきました。

第二新卒は転職サイトよりも転職エージェントを使うべきです。

 

上記にも記載しましたが、第二新卒はおそらく転職が初めてだという方も多いかと思います。

つまり第二新卒は、転職が初めてでそもそも転職の流れがわからない人が多いからなんです。

 

なので第二新卒はいきなり転職サイトを使うのではなく、転職エージェントを利用するのが成功の鍵です。

転職エージェントは完全無料で登録&利用できるので、3サイト程まずは登録するのがおすすめです。

番号 エージェント 求人数 求人の質 サポート力
1 リクルートエージェント
2 doda(デューダ)
3 マイナビジョブ20's
4 ウズキャリ第二新卒
5 パソナキャリア

-第二新卒, 第二新卒の転職エージェント, 転職/第二新卒
-, ,

© 2021 TsumuBlog