第二新卒 第二新卒の基礎知識 転職/第二新卒

第二新卒の厳しい現実と成功のコツを伝授【経験者が語る】

悩んでる人
「第二新卒での転職思いのほか厳しいな..これが現実か…」「第二新卒の厳しい現実を乗り越える方法とかないかな?」「第二新卒としてなんとか転職成功させたいな!」

 

第二新卒として転職を成功させたいと思っているあなた。

本記事では、第二新卒はいつまでなのか?について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

第二新卒で転職を成功させる極意はこちら

関連記事
第二新卒で転職を成功させる為の極意【経験者がノウハウを伝授】

 

第二新卒の厳しい現実

結論から言いますが、第二新卒の現実は非常に厳しいです。

キャリアチェンジとしては絶好の機会ですがそんなに甘くはありません。

 

第二新卒は若い分色々メリットはありますが、その反面厳しい現実を突き付けられるだけの理由があります。

以下が第二新卒の転職が厳しい理由です。

・経験がとにかく浅い

・仕事をすぐに辞めた事実

・面接で喋れなければアウト

それでは順に解説していきますね。

 

経験がとにかく浅い

第二新卒はとにかく経験が浅いです。

経験があったとしても、3年未満の社会人経験だけです。

 

キャリアチェンジとなると、ほぼ新卒扱いになるので、中途市場で戦っていくのはけっこうきついです。

即戦力採用メインの中途採用では、第二新卒は不利になりがちです。

関連記事
第二新卒はいつまでなのか?【転職しやすいは本当です】
関連記事
第二新卒の職務経歴書の書き方【選考する側の本音も暴露】

 

仕事をすぐに辞めた事実

第二新卒は基本的には新卒入社した会社を3年未満で辞めている人がほとんどです。

つまり、世間一般的には、「仕事が続かない人」として認識されることもしばしば。

 

キャリアチェンジとしては良いですが、勤続年数が長い大手企業では毛嫌いされる傾向があります。

関連記事
大手企業
第二新卒が大手企業に転職は無理?【転職のコツあります】

 

なので転職市場では、辞めるべき正当な理由を述べるべきです。

関連記事
未経験
第二新卒で未経験の業界・職種に転職できる?【体験談あり】
関連記事
転職がうまくいかないと感じる20代の原因と対策を徹底解説

 

 

面接で喋れなければアウト

第二新卒は転職活動自体が初めてという事もあり、面接苦手な人が多いです。

面接苦手な人が多いことに加え、就活気分で面接を受けてくる求職者もちらほら。

 

即戦力メインの中途市場で、ほぼ未経験の第二新卒が経験を評価されるわけがありません。

つまり面接でどれだけ面接官とうまくコミュニケーションを取れるかが鍵です。

関連記事
第二新卒の面接での自己紹介はこれで完璧【簡潔 is the Best】
関連記事
第二新卒の面接でよく聞かれる質問と回答例10選【経験者が厳選】
関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

実際に僕自身も、第二新卒での転職活動時は身を持って体感しました。

関連記事
第二新卒で答えるべき転職理由はこれだ【ぶっちゃけ一番重要です】

 

第二新卒での転職が厳しい人の特徴

ここまで第二新卒の厳しい現実について話してきました。

では一体どのような人が第二新卒の転職が厳しいに当てはまるのでしょうか?

逆を言えばこれから解説する特徴を避けることができれば、内定にぐっと近づきます。

 

第二新卒での転職が厳しい人の特徴は以下のような特徴があげられます。

・1年未満の転職

・思考が浅はか

・前職の悪口を言う

・転職理由がネガティブ

・自己分析をしていない

・面接対策が不十分

・転職の軸がずれている

それでは順に解説していきますね。

 

1年未満の転職

新卒入社した会社を1年未満で退職する人です。

いくら転職市場が活発になってきたとはいえ、1年未満での転職はさすがにまずいなという気がします。

 

1年未満での転職はおそらく実績などは全く残せていないとは思いますし、何かしらのネガティブ要素を抱えているんだろうと考えられます。

企業側も1年も続かない人材を採用しようとは思いません。

 

中途採用人材、特に第二新卒のような若手社員に対しては、長期的な就業を目的に採用している企業が大半だからですね。

入社1年目が辛くても耐えるべきです。

関連記事
一年目
新卒入社一年目で辛い場合転職すべきか?【あなたはどうする?】

 

思考が浅はか

思考が非常に浅はかであることも第二新卒での転職が厳しい人の特徴です。

思考が浅はかというのは、基本的に面接での対話で判断されます。

 

「深掘りしたけど、抽象的な言葉しか返ってこなかった」

「転職理由があいまいかつ会社のせいになっている」

上記のようにマイナスに捉えられてしまいがちです。

 

面接では深堀りされたことに対して具体的な回答ができないと非常に厳しいですね。

関連記事
第二新卒の転職で陥りがちな失敗パターンとダメな思考法

 

前職の悪口を言う

前職の悪口ばかり言うと、職場の雰囲気を乱してしまうとみられます。

また前職の悪口ばかり言う人は、基本的にネガティブ思考なので周囲に良い影響は与えません。

ネガティブ思考が高まる分、何でもかんでもマイナス面で捉えたり、周囲のせいにしたりします。

 

そのような人は転職市場でもかなり厳しい思いをするでしょう。

マイナス面で捉えたり、周囲のせいにすると言うことは、そもそもの視点が悪いところしか見れないからですね。

関連記事
第二新卒の志望動機の書き方・伝え方【2つの観点だけでOK】

 

転職理由がネガティブ

前職の悪口に繋がりますが、転職理由がネガティブな人は厳しいです。

「残業が非常に多くてきつかった」

「仕事で成果が出せなかったのでキャリアチェンジしたかった」

 

こんなネガティブな思考では、いくら人柄がよかろうと採用してくれません。

多分転職しても同じ理由で辞めていくだろうと考えるからですね。

 

自己分析をしていない

自分のことについて全然知らないのに転職市場で戦おうとする人。

これはめちゃめちゃ間違っていますね。

 

まずは自分についてしっかりと知らないと、人柄やポテンシャル重視の面接では勝負できません。

転職で失敗する人は、たいてい自分が何に向いていて、何をしたいのかを具体化できていない人です。

 

具体化できていないが故に、転職の軸がブレブレ。

最終的には転職できても、当初全然希望していなかった職種・業界に転職してしまいます。

 

面接対策が不十分

面接対策が不十分な人がめちゃめちゃ多いです。

経験のある中途に勝とうとするのであれば、経験以外の部分で勝負しなければなりません。

 

つまり冒頭でも述べましたが、面接でどれだけコミュニケーションが取れるかをアピールする必要があります。

面接対策が不十分では、コミュニケーション能力が全くアピールできず勝ち目無しです。

 

ただ喋れてもいいってわけではありません。

転職市場では、企業側の欲している人材像から逆算して、自分をアピールする必要があります。

関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】
関連記事
転職エージェントの賢い使い方を伝授【転職のプロが解説】

 

転職の軸がずれている

第二新卒として転職しようと思っている人は、転職の軸がぶれぶれですね。

というか転職の軸というものを全く決めずに転職活動に臨んでいる人がめちゃめちゃ多いです。

 

何のために転職するのかを全く考えられていないということですね。

ネガティブ発進で転職活動始める第二新卒は、転職の軸がぶれぶれです。

 

転職の軸は、転職理由の回答にも繋がってきますので、どんな質問がきてもブレない回答を心掛けましょう。

逆に転職の軸がしっかりしていれば、面接も楽々通ります。

関連記事
第二新卒におすすめの企業の特徴を徹底解説【企業選定基準も紹介】

 

第二新卒の転職成功のコツ

第二新卒として転職を成功させたいと思う人はたくさんいると思います。

そんな転職を成功させるためにどうすべきなのか、どのようなコツが必要なのかを解説します。

 

第二新卒として転職を成功させるためのコツは以下です。

・入社1年以上働いてから

・自己分析を徹底的に行う

・面接対策を徹底的に行う

・転職エージェントを利用する

それでは順に解説していきますね。

 

入社1年以上働いてから

新卒入社した会社は最低1年以上は働きましょう。

1年勤務すれば、ある程度のビジネスマナーが身につきますし、基本的は業務も覚えてくるはずです。

 

1年未満と1年以上の勤務違いは転職活動では割と響いてきます。

見方は会社によりけりですが、最低でも1年以上は勤務した方がいいでしょう。

関連記事
一年目
新卒入社一年目で辛い場合転職すべきか?【あなたはどうする?】

 

自己分析を徹底的に行う

上記のも記載しましたが、自己分析は徹底して行いましょう。

自己分析をしないと、何がしたいのか、何が得意なのか自分で全然分かりません。

 

自己分析をしないと、面接でもバックグラウンド関係はほぼ答えられないはずです。

転職の軸を決める為にも大事ですが、面接対策にも必須なので必ず行うようにしましょう。

 

自己分析を制する者は転職活動を制します。

関連記事
自己分析
第二新卒の転職は自己分析が超重要「自己分析を制するものは転職を制す」

 

面接対策を徹底的に行う

第二新卒ほど面接対策は徹底して行いましょう。

話すのは得意だからと面接練習しないのは一番の失敗例です。

話すのは得意だけど、順序立ててとか具体的に話す能力は皆そろってあるかというとそうではないですね。

 

転職活動の面接でされる質問内容は、ある程度固定化されています。

よくある質問に対しては、根拠を交えて簡潔話せるように努力しましょう。

 

転職エージェントを利用する

第二新卒は転職エージェントを利用すべきです。

なぜなら転職活動が初めてで右も左も分からない人が多いから。

 

転職エージェントを利用することで、転職活動の進め方だけではなくて、

・企業ごとの面接対策ができる

・キャリアカウンセリングによって転職の軸が定まる

 

上記のようなメリットがあるので、まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。

関連記事
第二新卒エージェント
【比較】第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント5選
関連記事
転職エージェントの内定率【転職サイト比較と成功のコツ公開】

 

第二新卒は厳しい現実を受けめてこそ一人前

第二新卒での転職はそう簡単ではありません。

内定がなかなかでなくても、諦めずに自分の希望を叶えるために取り組みましょう。

数々の失敗を乗り越えてこそが一人前です。

 

僕自身も、第二新卒の転職活動はめちゃめちゃ苦労しました。

書類で落とされるのは当たり前で、面接でもめちゃめちゃ落とされました。

でも諦めずに自分の希望を叶えるために、転職エージェントと二人三脚で頑張って内定を勝ち取りました。

 

転職活動はそう甘くないことを心に刻んで臨んでいきましょう。

関連記事
未経験
第二新卒で未経験の業界・職種に転職できる?【体験談あり】

-第二新卒, 第二新卒の基礎知識, 転職/第二新卒
-,

© 2021 TsumuBlog