第二新卒 第二新卒の面接攻略 転職/第二新卒

第二新卒で答えるべき転職理由はこれだ【ぶっちゃけ一番重要です】

悩んでる人
「第二新卒の転職理由ってどう伝えるべきだろう?」「ぶっちゃけ第二新卒の転職理由って本音で伝えてもいいのかな?」「第二新卒の転職なんとか成功させたいな!」

 

第二新卒として転職を成功させたいと思っているあなた。

本記事では、第二新卒で答えるべき転職理由はこれだ!について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

転職理由に関するまとめ記事はこちら

関連記事
転職の面接で聞かれる転職理由は超重要です【回答法を徹底解説】

 

第二新卒の面接対策に関しての記事はこちら

関連記事
第二新卒の面接での自己紹介はこれで完璧【簡潔 is the Best】
関連記事
第二新卒の志望動機の書き方・伝え方【2つの観点だけでOK】

 

第二新卒で答えるべき転職理由はこれだ

第二新卒も中途採用同様、転職理由は面接で一番大事な内容です。

どの企業でも面接で必ず聞いてくる質問ですので、ここは注力して考えていきましょう。

 

第二新卒の転職理由は以下の3ステップで考えて行きましょう。

①なぜ転職しようと思ったのかを洗い出す

②洗い出した転職理由が他責か自責かを考える

③転職理由をポジティブな内容に変換する

それでは順に解説していきますね。

 

①なぜ転職しようと思ったのかを洗い出す

まず最初に転職しようと思ったきっかけを洗い出しましょう。

残業が多い、人間関係が辛い、社内体制がえぐい、評価制度が曖昧、、

なんでもOKです。

人それぞれ思うことはたくさんあるので、まずは思ったこと全てを洗い出してみてください。

 

洗い出した転職しようと思ったきっかけの中で、

「これは転職しようと思ったきっかけの中で一番影響が大きい」

というきっかけを片手に収まる程度に選定しましょう。

関連記事
第二新卒の転職で陥りがちな失敗パターンとダメな思考法

 

仕事辞めたい…向いてないと思うのは甘えではないので仕事を変えましょう。

関連記事
仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?【甘えじゃない】

 

②洗い出した転職理由が他責か自責かを考える

洗い出した転職のきっかけについて他責か自責かを考えましょう。

具体的にどういうことかというと、

・社内で解決できる問題かどうか

・自分が変われば解決できる問題かどうか

ということです。

 

社内で解決できるのであれば、そもそも転職する必要はないし、頑張ったら解決できる問題なのであれば自分が変わろうという話です。

特に、社内で解決できるかどうかは面接でも必ず聞かれるので、まずは社内で解決できるかどうかを考えてみてください。

関連記事
転職がうまくいかないと感じる20代の原因と対策を徹底解説

 

最終的に転職理由としての残すのは、

社内で解決できないかつ自分ではどうしようもない問題

となります。

 

僕が第二新卒の時の社内で解決できないかつ自分ではどうしようもない問題は、

福岡に行きたいけど拠点がない&営業したいけどジョブローテーションがほぼない

でした。

 

拠点を新たに新設するとか、雑魚の権力では到底無理です。

ぜひ参考にしてみてください。

 

③転職理由をポジティブな内容に変換する

洗い出した現職で解決できない問題をできるだけポジティブな内容に変換しましょう。

簡単な例で解説すると、

現職を辞めたいきっかけが「年功序列でモチベーションが上がらない」とします。

 

これをポジティブな内容に変換すると、

「自分を試すために実力主義の環境で働いていきたい」

というポジティブな内容に変換することができます。

このように出てきた転職のきっかけをできるだけポジティブな内容に変換しましょう。

 

第二新卒の転職理由の例文

上記内容を踏まえて、第二新卒の転職理由の例文としては以下になります。

今回転職活動を行っている理由としては、勤務地と業務内容の2点がございます。1点目の勤務地に関しましては、〇〇の理由から〇〇県を勤務地として希望しておりまして、〇〇県に腰を据えて長期的に今後は働いていきたいと考えております。2点目の業務内容に関しましては、現在行っております営業職は〇〇のような手法であり、〇〇の要素が少ないと考えております。今後は〇〇できるような営業手法に取り組み、〇〇の提案をして自己成長に繋げていきたいと考えているために、転職活動させて頂いております。

 

転職理由については条件面だけではなく、

・条件面

・仕事面

と二軸で考えられるようにしましょう。

 

条件面だけだと、どうしても転職理由としては弱くなってしまいます。

仕事面の熱意を伝えるためにも、仕事の内容に関しても伝えるようにしましょう。

関連記事
面接で転職理由を聞かれた時の正しい書き方・伝え方【2軸で考えよう】

 

第二新卒の転職理由は一番重要な面接質問です

転職理由は第二新卒の面接でされる質問の中で一番重要な質問です。

第二新卒で転職するということは、それなりの確固たる理由があるからでしょう。

面接官を納得させるだけの転職理由にしないと通過しません。

 

転職理由はネガティブな理由は絶対にNGです。

・転職理由が会社のせい

・転職理由があいまい

・仕事内容など自分のミスが原因で転職してる

・転職理由が志望動機と繋がっていない

 

上記のようなネガティブな理由ばかりつらつらと述べていると、

「考えが浅はかで他責すぎる」

「転職してもまた同じ理由で辞めそうだな」

とマイナスな印象しか持たれません。

なので、転職理由は必ずポジティブな理由を述べるようにしてください。

 

第二新卒で転職を成功させる極意はこちら

関連記事
第二新卒で転職を成功させる為の極意【経験者がノウハウを伝授】
関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

第二新卒の転職理由は選考書類に書く必要なし

履歴書・職務経歴書に転職理由を書く必要はありません。

理由としては、

内容が後向になりがちかつ限られた文章量で伝えきれない内容

になるからです。

 

どのみに面接で必ず聞かれるので、そこで答えることができればOKです。

関連記事
第二新卒の職務経歴書の書き方【選考する側の本音も暴露】

 

ちなみに履歴書には以下のいずれかのテンプレで退職理由を記載すればいいです。

・一身上の都合により退職

・会社都合により退職

・契約期間満了につき退職

まあ「一身上の都合により退職」が一番無難でしょう。

関連記事
第二新卒の履歴書の書き方完全講座【本音暴露していい?】

 

第二新卒の転職理由のぶっちゃけ

転職理由で落とされる人の典型的な例を紹介していきます。

ぶっちゃけ以下の内容は絶対に言わない方がいいです。

 

本音だとしてもですね。

・転職理由と志望動機に一貫性がない

・前職までの企業選定理由が浅はかなまま

・よくよく考えてみれば転職する必要がない

それでは順に解説していきますね。

 

転職理由と志望動機に一貫性がない

転職理由と志望動機に一貫性がない人、確実にお見送りになります。

なぜなら、

転職理由=現職での不満解消や自身の目的を達成したい理由

志望動機=現職での不満払拭や自身の目的を達成できる企業だから

として志望動機を言うのに、転職理由の内容を払拭できないと転職の意味ないですよね。

それだったら「うちじゃないよ」という話です。

 

前職までの企業選定理由が浅はかなまま

前職までの企業選定理由が「興味本位で」とかで仕方ないで終わらせている人。

過去の事実だし、過去は変えようがないからそのまま言っている浅はかな人間。

これ確実にお見送りとなります。

 

つまりは、「これまでの経歴に一貫性がない」ということですね。

いくら正直に言おうとも、これまでのキャリアに一貫性がないのなら、建前の理由をつけるべきです。

 

建前の理由をつけるか、

「当時は考えが甘かったので」

という前置きを付けるべきです。

 

よくよく考えてみれば転職する必要がない

転職理由を聞いてみると、

「それって転職する必要ないんじゃない?」

って人多すぎます。

 

○年経過したからとか、この仕事面白くなくなったからとか、周りに知り合いがいないからとか、、

それって多分転職したとしても、早期離職につながる内容ですよね。

明らかマイナス要素でしかないです。

 

このような場合は、もう一度転職すべき正当な理由があるのかどうかを考えるべきです。

関連記事
一年目
新卒入社一年目で辛い場合転職すべきか?【あなたはどうする?】

 

第二新卒向け場面別転職理由の答え方

第二新卒向けに場面別の転職理由の答え方について解説します。

今回は特に重要なものをいくつかピックアップして解説しますね。

 

第二新卒の転職理由でスキルアップはあり?

第二新卒の転職理由でスキルアップはありっちゃありです。

ですが、しっかりと実績を残しておかないと矛盾が発生します。

実績残してないのに、「スキルアップしたいから転職する」は意味不明ですよね。

 

スキルアップが理由で転職する場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
転職理由でスキルアップはあり?【答え方やまとめるコツも徹底解説】

 

第二新卒の転職理由で会社の将来性が心配な場合

「新卒で入社した会社が倒産しそうで危ない。。」

そんなことを思ったことがある求職者は絶対にいるはずです。

 

会社の将来が心配で転職しようと思ったら、そのまま伝えるのはNGです。

「安定しか求めていない」と面接官に思われてしまうからですね。

 

じゃあどのように答えるべきか、以下の記事にて解説しています。

関連記事
将来性
転職理由が「会社の将来性が心配」な場合の答え方【例文あり】

 

第二新卒の転職理由が思いつかない時はどうすべき?

転職理由がなかなか思いつかない時は以下を参考にしてみてください。

転職理由が思いつかないというのはそもそも論外ですが、最終手段です。

・思考転換してみる

・転職理由の本音と建前ランキングを参考にしてみる

・転職エージェントに相談してみる

それでは順に解説しますね。

 

思考転換してみる

ネガティブ要素→ポジティブ要素

に思考転換してみることです。

 

つまりは、

「ネガティブ要素が多い=他責にしがち」

「ポジティブ要素が多い=自責思考」

になりますので非常におすすめです。

 

以下の記事を参考にして思考転換してみましょう。

関連記事
思いつかない
転職の面接で退職理由が思いつかない時の対処法【思考転換すること】

 

転職理由の本音と建前ランキングを参考にしてみる

転職理由には本音と建前があります。

建前がある理由としては、本音をそのまま言っても良くないからですね。

馬鹿正直に言いすぎても、逆効果で面接通過とはなりません。

 

転職理由の本音と建前ランキングについては、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
本音
転職理由は本音?建前?どちらがいいの?【ランキングも掲載】

 

転職エージェントに相談してみる

転職理由が思いつかない時は、転職エージェントに相談してみましょう。

自分自身の中で、

「本音ではこう思ってるんだけど、実際はどういう言い回しがいいのかわからない」

「転職理由が思いつかないんだけどどうしよう」

上記のような悩みに寄り添って解決してくれます。

 

第二新卒の面接対策そのほかの記事はこちら

関連記事
第二新卒の面接でよく聞かれる質問と回答例10選【経験者が厳選】
関連記事
第二新卒エージェント
【比較】第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント5選

-第二新卒, 第二新卒の面接攻略, 転職/第二新卒
-, , ,

© 2021 TsumuBlog