第二新卒 第二新卒の基礎知識 転職/第二新卒

第二新卒で転職を成功させる為の極意【経験者がノウハウを伝授】

悩んでる人
「第二新卒で転職を成功させるにはどうすべきだろう?」「第二新卒の転職成功率が高いって本当なの?」「第二新卒として転職を成功させたいな!」

第二新卒として転職を成功させたいと思っているあなた。

本記事では、第二新卒で転職を成功させる為の極意について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

仕事辞めたい…向いてないと思うのは甘えではないので仕事を変えましょう。

関連記事
仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?【甘えじゃない】

 

第二新卒で転職を成功させる為の極意

新卒で入社した会社を3年以内で転職する場合は「第二新卒」と呼ばれています。

そんな第二新卒の転職、初めて転職をするという方がほとんどだと思います。

 

初めての転職、絶対に失敗はしたくないですよね。

関連記事
第二新卒の転職で陥りがちな失敗パターンとダメな思考法

 

そんな第二新卒での転職を成功させるために、第二新卒転職経験者がその極意を伝授します。

以下の5つを徹底して行うことによって、第二新卒の転職を成功へと導くことができます。

・徹底した自己分析

・徹底した書類作成

・徹底した転職理由考察

・徹底した面接対策

・転職エージェントの活用

それでは順に解説していきますね。

 

徹底した自己分析

就活の時に誰もが一度はやったことがあるとは思います。

そうです、転職活動の時も自己分析は超重要なんです。

 

自己分析とは、自分自身の過去の経験や学びを洗い出すことによって、

「自分自身の価値観」を見出す方法です。

 

自分自身の価値観を洗い出すことによって、

・何を基準に仕事を選べばいいのか

・どういう仕事が自分自身に向いているのか

を見つけ出すことができます。

関連記事
20代での転職におすすめの職種9選【未経験でもOK】

 

自己分析にも1つポイントがあって、転職活動開始前に終わらせましょう。

転職活動を開始してから自己分析ははっきり言って遅いです。

 

転職活動を始めて企業に応募する段階である程度の方向性を定めないといけないからですね。

第二新卒の自己分析に関しては以下の記事にて詳しく解説しています。

関連記事
自己分析
第二新卒の転職は自己分析が超重要「自己分析を制するものは転職を制す」

 

徹底した書類作成

自己分析が完了したら、次は書類作成です。

就活の時は、ESという名のエントリシートと履歴書の作成がメインだったかと思います。

 

ですが転職活動は書類の名称がちょっと変わって、

・履歴書・・・基本的な個人情報や学歴・職歴を記載した書類

・職務経歴書・・・職歴やビジネススキルをさらに詳しく記載した書類

が転職活動では書類として必要になってきます。

特に職務経歴書は、自分自身のビジネススキルをアピールする上で非常に重要な書類になってきます。

 

企業側から指定がなくとも、履歴書と職務経歴書は必ず事前に作成しておくようにしましょう。

理由は以下です。

関連記事
信用できない転職エージェントの特徴とその理由【対処法も公開】

 

履歴書の作成については以下の記事を参考に作成してみてください。

関連記事
第二新卒の履歴書の書き方完全講座【本音暴露していい?】

 

職務経歴書に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
第二新卒の職務経歴書の書き方【選考する側の本音も暴露】

 

徹底した転職理由考察

第二新卒においては、転職理由は非常に重要です。

企業側も、なぜこの早いタイミングで転職しようとしているのかは非常に気になります。

 

転職しようと思った気持ちは買いますが、改めて転職しようと思った気持ちを考えてみてください。

「人間関係が嫌で転職したいな、、」

「残業が多すぎて転職したいな、、」

こんな軽はずみな気持ちで転職しようと思っていませんか?

関連記事
転職がうまくいかないと感じる20代の原因と対策を徹底解説

 

 

いくら第二新卒の転職とはいえ、軽はずみな理由で転職していては絶対に後悔します。

・なぜこのタイミングで転職しようと思ったのか

・転職しようと思った理由が社内で解決できないのか

上記のような内容を再度考察してみましょう。

関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

案外転職しなくても解決できるケースもあります。

それでも転職すべき理由があれば、転職に踏み切ってもいいでしょう。

関連記事
第二新卒で答えるべき転職理由はこれだ【ぶっちゃけ一番重要です】

 

徹底した面接対策

「第二新卒の転職面接なんて余裕でしょ?」

就活と同様に転職の面接を甘く考えている方。

第二新卒の面接はそんなに甘くはありませんよ。

 

どの企業も聞かれることは大体同じですが、深堀りがすごいところはすごいです。

何で?何で?何で?

と一つの質問に対して何度も深堀りしてきます。

深堀りで一つでも答えられなければ「思考が浅い人」として見られ、お見送りとなってしまいます。

 

また、面接が得意な人も面接対策をせずに本番に臨んでしまうとアウトです。

第二新卒とはいえ転職活動の面接はそう甘くはありません。

 

自己紹介を始めとして、自己PRや転職理由は何度も練習をしましょう。

練習無くしては転職活動の成功などあり得ません。

僕自身も自己紹介に関しては30回〜40回ほど練習して完璧に仕上げました。

 

転職活動における質問&回答方法については以下の記事にてご覧ください。

関連記事
第二新卒の面接でよく聞かれる質問と回答例10選【経験者が厳選】
関連記事
第二新卒の志望動機の書き方・伝え方【2つの観点だけでOK】

 

転職エージェントの活用

面接対策にも繋がりますが、転職エージェントを活用することが転職成功への近道です。

転職エージェントについては以下の記事をご覧ください。

関連記事
転職エージェント担当者との面談とは?【有効活用のためのコツを伝授】

 

最初の面談が転職エージェントを有効活用するため鍵になります。

転職エージェントを利用することによって以下のメリットが得られます。

・キャリアカウンセリングをしてくれ、自分にあった転職方法を教えてくれる

・非公開求人に応募することができる

・事前に企業側の質問内容な面接官の特徴を教えてくれる

・企業側の特徴や面接練習対策などをしてくれる

上記のように、一人で転職活動するよりは、転職エージェントを利用して進めた方が絶対に良いです。

関連記事
転職エージェントの賢い使い方を伝授【転職のプロが解説】

 

自分に合った転職エージェントと使って転職活動を進めましょう。

関連記事
第二新卒エージェント
【比較】第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント5選

 

また、転職エージェントは複数の転職エージェントを使うことをおすすめします。

複数の転職エージェントを利用するメリットについては以下の記事にて詳しく解説しています。

関連記事
転職エージェントは複数利用すべき理由を暴露【機会損失になります】

 

第二新卒で転職を成功させるために避けるべき失敗例

第二新卒は上記の極意を行うだけでなく、避けるべき失敗もあります。

第二新卒の経験者かつ前職で採用担当も行なっていた経験から、第二新卒で転職を成功させるために避けるべき失敗例について紹介します。

 

以下の失敗例は確実に避けるべきですね。

・転職先を決める前に退職をしてしまう

・ネガティブな理由で転職をしてしまう

・退職理由を他人や環境のせいにしている

・就活と同じような難易度だと考えている

 

それでは順に解説していきますね。

 

転職先を決める前に退職をしてしまう

これ一番やってはいけませんね。

確かに先に退職した方が転職活動に集中できます。

しかしやはりデメリットの方が大きいです。

 

転職先を決める前に退職をしてしまうデメリットは以下の2つです。

・職歴に空白期間ができてしまう

・転職先が決まらないと一時的に収入が無くなり不安が募る

 

職歴に空白期間ができてしまうと、次の転職に大きな悪影響を及ぼします。

1ヶ月や2ヶ月ならまだ大丈夫ですが、3ヶ月以上空白期間ができると最悪です。

 

また、退職してから転職先がなかなか決まらないと、焦ってブラック企業に入社してしまう可能性だってあります。

正直転職先を選ばなければ誰でも転職先は決まります。

 

ですが、数ヶ月もかけて転職活動をするのは転職したい条件に合致した企業にしか応募していないからですね。

焦ってブラック企業に入社しないためにも、現職中に転職活動を行うことをおすすめします。

 

ネガティブな理由で転職をしてしまう

第二新卒では特に多いですが、ネガティブな理由で転職をしてしまう人がめっちゃ多いですね。

「実際に働いてみたけど、思ったのと違った」

「残業時間が多すぎてもう少しワークライフバランス重視したかった」

上記のように入社前と入社後のギャップを感じて転職を希望している求職者が特に多いです。

 

ですがそんな理由で転職しようとしてもどの企業も採用してくれません。

だって、ギャップや残業時間はどんなに良い企業でも発生してくるからです。

関連記事
第二新卒におすすめの企業の特徴を徹底解説【企業選定基準も紹介】

 

その他の理由を含めても全てが完璧な企業なんてありません。

ネガティブな理由で転職してもまた同じような理由で転職を繰り返すだけです。

 

退職理由を他人や環境のせいにしている

退職理由を他人や環境のせいにして転職している人は結構多いですね。

例えばの例ですが、

「人間関係に嫌気がさして転職活動を始めた」

「商材の機能が他社に劣っており、商材を変えたかった」

上記のような理由は完全に他人や環境のせいにしています。

 

そんな理由で転職する人は、自分の過ちを周囲の環境のせいにしますので、成長など全くありません。

転職先でも同じような問題を再度抱えて転職してしまいます。

つまり自分自身が変わろうとしないので、一生問題は消えないのです。

 

仕事辞めたい…向いてないと思うのは甘えではないので仕事を変えましょう。

関連記事
仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?【甘えじゃない】

 

就活と同じような難易度だと考えている

第二新卒で転職活動をしようと思っているあなた。

転職活動は就職活動ほど簡単ではありません。

第二新卒とはいえども中途採用なので、即戦力人材の採用がメインです。

 

即戦力人材採用をメインとする戦場に出て、若手の第二新卒が簡単に内定をもらえるかと言ったら大間違いです。

転職活動は就職活動とは全く難易度が異なることを頭の片隅に置いておくべきです。

 

第二新卒で転職を成功させる際の注意点

第二新卒で転職活動はぜひ挑戦してください。

でも挑戦する際はいくつか注意点があります。

以下の注意点は必ず守って転職活動に臨んでください。

 

入社1年未満の転職は禁物

新卒で入社した会社を1年以内で辞めて転職活動するのはやめましょう。

いくら転職理由が前向きであろうと、1年以内で決断するのは早合点であると思われるためです。

 

誰しも1年以内で仕事ができるようになるのは正直難しいです。

そんな中で1年以内で割り切って判断しても、考えが甘いと思われるだけです。

関連記事
一年目
新卒入社一年目で辛い場合転職すべきか?【あなたはどうする?】

 

職歴が浅くとも面接では問われる

職歴が浅くとも、中途採用なので面接では職歴に関して問われます。

なのでこれまでの職歴を踏まえてどういう学びがあったのか、どういう経験をしたのかを洗い出してください。

 

面接で職歴に関してどのような質問が来ても話せるようにしましょう。

特にスキルアップで転職を考えている人は、職歴の振り返りを徹底して行なってください。

 

第二新卒が転職を成功させる確率は年々上がっている

第二新卒が転職を成功させる確率は年々上がってきています。

理由は以下の通りです。

・少子高齢化に伴う若手の現象

・リーマンショック時に採用できなかった優秀層の確保

・終身雇用制度が崩壊して転職が当たり前の時代になってきた

 

転職がより容易い時代となってきましたが、企業を選ぶと難易度は高いままです。

なので確率は上がっていようとも、自己分析〜面接対策は徹底して行なってください。

 

優秀層ほどより優れた企業に転職しようとしているので、優良企業は激戦区です。

心して臨んでください。

関連記事
第二新卒の厳しい現実と成功のコツを伝授【経験者が語る】

 

第二新卒で転職を成功させる人の一番の特徴とは?

ネクタイ

転職の軸が定まっている人です。

転職をするにはやはり確固とした転職の理由が必要です。

 

面接官を納得させるかつどんな質問がきてもぶれない転職の軸を持つようにしましょう。

転職の軸=志望動機

となれば一番良いですね。

 

転職の軸(転職理由)を定める方法については以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
転職の面接で聞かれる転職理由は超重要です【回答法を徹底解説】

-第二新卒, 第二新卒の基礎知識, 転職/第二新卒
-,

© 2021 TsumuBlog