第二新卒 第二新卒の面接攻略 転職/第二新卒

第二新卒の志望動機の書き方・伝え方【2つの観点だけでOK】

悩んでる人
「第二新卒の志望動機ってどのような内容で伝えればいいんだろう?」「第二新卒の志望動機って就活の時と企業側の求める内容が違うってどういうこと?」「第二新卒で第一志望の企業に入社したいな!」

 

第二新卒として転職を成功させたいと思っているあなた。

本記事では、第二新卒の志望動機の書き方・伝え方について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

第二新卒のその他面接対策の記事はこちら

関連記事
第二新卒の面接でよく聞かれる質問と回答例10選【経験者が厳選】
関連記事
第二新卒の面接での自己紹介はこれで完璧【簡潔 is the Best】

 

第二新卒で転職を成功させる極意はこちら

関連記事
第二新卒で転職を成功させる為の極意【経験者がノウハウを伝授】

 

第二新卒の志望動機の書き方・伝え方

「志望動機ってマジで考えるのめんどくさいんだけど、、」

転職が初めての方は、志望動機を企業ごとに考えるのにめちゃめちゃ苦労すると思います。

関連記事
転職がうまくいかないと感じる20代の原因と対策を徹底解説

 

ですが第二新卒の志望動機は2つの観点だけでOKです。

2つの観点に絞って志望動機を伝えることで、説得力のある志望動機が完成します。

 

2つの観点は以下です。

・やりたいことorできること

・会社のビジョンと自身のビジョンの一致

これだけ押さえればOKです。

それではそれぞれについて詳しく解説していきますね。

 

やりたいことorできること

やりたいことorできることは、転職の軸に繋がってきます。

過去〜現在についての志望動機になります。

 

ステップとしては、

①転職の軸を固める

②自分自身の経験・実績を洗い出す

③経験・実績を踏まえた転職の軸を決める

以下の順で考えていきます。

関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

まずは、今回なぜ転職しようと思ったのかを考えていきましょう。

転職は現在の転職しようと思っている理由を満たすもしくは払拭するために転職するものです。

上記理由を満たすもしくは払拭できないと「転職の意味」がなくなってしまいます。

 

ちなみに転職の理由はネガティブな内容でもポジティブな内容に変換してください。

ネガティブな内容ではただの愚痴になってしまいます。

 

その次に自分自身の経験と実績を洗い出してみましょう。

転職の軸はこれまでの経験からきているので、転職の軸が固まっていれば洗い出せるはずです。

加えてこれまで生み出してきた実績や学びも洗い出してみましょう。

 

会社のビジョンと自身のビジョンの一致

2つ目は将来に向けた志望動機の内容を構成します。

会社のビジョンと自身のビジョンを一致させましょう。

 

企業側は、自社のビジョンに共感してくれる社員を募集しています。

自社のビジョンに共感してくれる=同じ目標を持ってくれる

ということです。

 

自分のチームに自分と同じ目標を持ってくれる人がいるとかなり助かりますよね。

その人と一緒に頑張りたいという気持ちになるはずです。

 

会社のビジョンは企業のHPに記載されています。

例えばですが、

・企業理念、ミッション

・社長のメッセージ

上記のようなページですね。

 

まずは応募企業のビジョンを確認しましょう。

ビジョンを確認したら、無理矢理でもいいから、自分のビジョンを会社のビジョンに一致させるのです。

ただし、全く共感できないのであれば応募しない方がいいです。

 

少しでもいいので、共感できる部分があればOKです。

「貴社は〇〇というビジョンを掲げており、自身も△△の経験から〇〇のビジョンを目標としている」

という感じで同じベクトルを向いていることを伝えればOKです。

 

第二新卒の志望動機のパターン別例文

第二新卒の志望動機を未経験職種と経験職種別に紹介しますね。

 

第二新卒で未経験職種に転職する場合の志望動機

今回貴社を志望させて頂く理由としては2点ございます。1点目は、営業職に挑戦してみたいということです。これまでの事務職では、社内サポートがメインであり、自分自身が世の中にどのように貢献できているのかが分かりづらい状況です。今回の転職を機に営業職に挑戦し、数字として目に見える成果を追い求めていきたいと考えております。2つ目は貴社の「日本一やりがいのある会社にする」というビジョンに共感したことです。仕事は人生の大半を占めるものであり、自分自身も仕事にひたむきにやりがいを持って取り組むことを心掛けております。貴社の「日本一やりがいのある会社」を自分自身も実現したいと考え、貴社を志望させて頂いております。

 

第二新卒で経験職種に転職する場合の志望動機

今回貴社を志望させて頂く理由としては2点ございます。1点目は、企画提案営業に挑戦してみたいということ。これまでの営業はビジネスモデル上企画要素が少ないのが現状でマッチングビジネスと呼ばれています。貴社の営業は企画提案営業であり、サービス自体に加えて、自身の付加価値を提案でき、営業職としてのスキルを高めていけると考えております。2つ目は貴社の「世界一のサービスを提供する企業になる」という企業理念に共感したことです。自分自身のキャリアビジョンは、「世の中に大きな功績を残すこと」だと考えております。世界一のサービスを提供する企業を目指し、かつ自身も世の中にインパクトを残せる人材になっていきたいと考え、貴社を志望させて頂いております。

 

第二新卒の志望動機で企業側の評価ポイント

第二新卒の志望動機では企業側はどのようなポイントで評価しているのでしょうか?

自身がこれまで2度の転職経験を経てここが評価されているなと感じたポイントは以下です。

・自分の言葉で自分なりの考えを持てているか

・物事をポジティブかつ自責に捉えているか

・長期的に就業できるイメージを持てているか

それでは順に解説していきますね。

 

自分の言葉で自分なりの考えを持てているか

これは誰でも言えるありきたりなことを言っていないかですね。

ありきたりなことは誰でも言えるので、他者との差別化にはなりません。

 

やはり他者と差別化して自分をうまくアピールできる人は、

自分なりの言葉で自分なりの考えを伝えています。

 

ただただ「企業のビジョンに共感しています」よりも、

「〇〇の経験があったからこそ貴社の〇〇というビジョンを私も目標にして取り組んでいきたいです」

と伝える方が説得力がありますよね。

なのでどの内容を伝える時も、自分なりの考えや経験と一緒に伝えるようにしましょう。

 

物事をポジティブかつ自責に捉えているか

「現職では上司との相性が悪く…」

「現職では雑務が多く…」

後ろ向きな志望動機を言っている人なんて誰も採用してくれません。

 

志望動機はどれだけポジティブかつ自責に捉えて話せるかが重要です。

上記の自分自身の例のように、

「〇〇にチャレンジしていきたい」

「〇〇を目標に取り組んでいきたい」

のように前向きな気持ちが前面に押し出るように話しましょう。

 

また、現職でネガティブなことがあろうと、他責思考の考え方は絶対に伝えないようにしましょう。

他責か自責かどうかは自分自身では判断できない部分もあります。

そういう時は、僕は転職エージェントに随時確認していました。

 

転職エージェントに指摘してもらうことで自分の考えも改めることができるので非常におすすめです。

関連記事
第二新卒エージェント
【比較】第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント5選

 

長期的に就業できるイメージを持てているか

第二新卒として採用する企業はどの企業も長期的に就業してもらいたいと思っています。

なので志望動機では、「貴社のビジョンを叶えたい」ように、

「僕は長期的に就業することができますよ」ということをアピールしましょう。

 

たまに、「将来的には独立してフリーランスとして働いていきたいです」と述べる人いますが、

企業側からすると踏み台にされている感MAXです。

 

そんな人を採用しようとは思いません。

なので、独立心は分かりますが、面接の場では長期的就業の観点を中心に伝えましょう。

 

第二新卒の志望動機を考える上で注意すべきこと

現職の批判にならないようにすべきです。

これ実は転職市場ではあるあるなんですよね。

 

本人では気付いていないのですが、面接官側からするとめちゃ分かります。

「社内制度が整っていなかったから」

「現職での○○のような仕事は向いていなかったから」

「紹介できる商品に限りがあり提案の幅が狭かったから」

上記は全部現職の批判になります。

 

自分の考えでは、「そんなつもりなかったのに」と思いますが、聞いている側からすると、現職の批判にしか聞こえません。

内容を判断するのはあくまでも面接官なので、面接官からみて現職の批判になるような内容は避けましょう。

 

こちらも複数の転職エージェントに相談してブラッシュアップしていきました。

関連記事
転職エージェントは複数利用すべき理由を暴露【機会損失になります】

 

第二新卒における志望動機NG例

第二新卒でよくある志望動機のNG例は以下の4つです。

NG例1:「貴社の〇〇という理念に共感しました」

NG例2:「貴社の〇〇という製品は素晴らしく…」

NG例3:「貴社の福利厚生が充実しており…」

NG例4:「貴社の研修制度が充実しており…」

 

NG例1と2は、ただ会社の良い点を褒めているだけでこのパターン一番多いですね。

一番多い理由は誰でも言える内容だからです。

 

企業側からすると「だから何なんだよ」って話で、「志望するの動機」にはなりません。

褒めるのは良いですが、褒める+自分だからこそ言える内容を併せて伝えましょう。

 

NG例3と4も企業側の制度を褒めていますが、こちらも全く効果なしです。

むしろ逆効果ですね。

「受け身の姿勢+仕事には興味がない」と捉えられてしまう可能性が大いにあるからです。

志望動機では、研修内容や福利厚生には決して触れないようにしましょう。

 

第二新卒での転職者に企業側が求めていること

第二新卒に求めることは何なんでしょうか?

第二新卒に求める要素としては以下の2つが挙げられます。

・長期就業しくれる意志があること

・社会人としてのバイタリティとポテンシャル

それでは順に解説していきますね。

 

長期就業しくれる意志があること

第二新卒には、まずは長期的に就業してくれることを望んでいます。

若さもそうですが、前職の経験が少ないので自社色に染めやすいからですね。

 

「ビジネスマナーを兼ね備えた新卒」

的な扱いになるので、企業側も非常に育てやすいです。

若さゆえに長期的に自社で活躍してくれそうなイメージが持てますので、第二新卒には長期的就業を求めています。

 

社会人としてのバイタリティとポテンシャル

第二新卒は若さゆえに社会人としてのバイタリティとポテンシャルがあります。

若いので年配の方に比べたら行動量もさながら仕事のスピードも早いので、早期吸収が見込めます。

早期吸収が見込める分、成長してくれるスピードも早くなるわけですね。

 

また若い分、将来的なポテンシャルも兼ね備えています。

将来的なポテンシャル面から言うと、コンサル業界なども注目しています。

関連記事
コンサル
【未経験歓迎】第二新卒でのコンサルティング業界への転職は穴場

 

第二新卒のその他面接対策の記事はこちら

関連記事
第二新卒の面接でよく聞かれる質問と回答例10選【経験者が厳選】
関連記事
第二新卒の面接での自己紹介はこれで完璧【簡潔 is the Best】
関連記事
第二新卒で答えるべき転職理由はこれだ【ぶっちゃけ一番重要です】

 

-第二新卒, 第二新卒の面接攻略, 転職/第二新卒
-, ,

© 2021 TsumuBlog