第二新卒 第二新卒の面接攻略 転職/第二新卒

第二新卒の面接での自己紹介はこれで完璧【簡潔 is the Best】

悩んでる人
「第二新卒での面接の自己紹介ってどういう風に話せばいいんだろう?」「第二新卒での面接の自己紹介ってコツとかあるのかな?」「第二新卒での転職無事成功させたいな!」

 

第二新卒として転職を成功させたいと思っているあなた。

本記事では、第二新卒の面接での自己紹介について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

第二新卒の面接対策に関しての記事はこちら

関連記事
第二新卒の面接でよく聞かれる質問と回答例10選【経験者が厳選】
関連記事
第二新卒で答えるべき転職理由はこれだ【ぶっちゃけ一番重要です】

 

第二新卒の面接での自己紹介はこれで完璧

第二新卒の面接で最初の難関が自己紹介。

どの企業でも必ず聞かれる質問内容です。

 

「自己紹介なんて楽勝でしょ」

と軽んじている求職者もいますが、甘くみてはいけません。

 

第二新卒に限らず、面接での自己紹介は答え方によっては合否を大きく左右します。

出だしが肝心ってよく聞きますよね。

 

そうです、自己紹介が上手くいかないと、自分のペースで面接を進められません。

逆に自己紹介がうまくいくと、心に余裕ができて自分のペースで進めることができます。

 

転職の面接における自己紹介に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

これさえ読めば、もう自己紹介は完璧です。

関連記事
転職の面接での正しい自己紹介の仕方【最初が勝負の決め手です】

 

第一印象は第二新卒の面接での自己紹介で決まります

書類の第一印象は、証明写真。

では面接での第一印象はというと、自己紹介です。

自己紹介で全てが決まると言っても過言ではありません。

 

自己紹介の良し悪しでは、その後の面接官の見方も大きく変わってきます。

最初の簡単な質問だと軽んじていては痛い目に遭います。

面接は第二新卒も中途採用も、最初で合否がほぼ決まります。

 

もちろん、その後の質問に対する回答も重要ですが、自己紹介での印象は最後まで残り続けます。

脅しているようで申し訳ないですが、それくらい自己紹介には一球入魂で臨みましょう。

 

第二新卒で転職を成功させる極意はこちら

関連記事
第二新卒で転職を成功させる為の極意【経験者がノウハウを伝授】
関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

第二新卒の面接で自己紹介をする際のポイント

では第二新卒の面接で自己紹介をする際はどのようなポイントに気をつければいいでしょうか?

以下の4つが自己紹介においては非常に重要はポイントになります。

・姿勢を良くする

・笑顔で明るく話す

・ゆっくり喋ること

・棒読みしないこと

それでは順に解説していきますね。

 

姿勢を良くする

第一印象に徹底してまずは姿勢を良くしましょう。

直接対面での面接に限らず、オンライン面接でもです。

オンラインでも姿勢が悪ければ、意外とわかります。

 

姿勢を良くすることによって、

・堂々としている

・たくましく見える

弱々しく見えるよりは絶対に上記の方が印象いいですよね。

姿勢を正しくすることによって、第一印象が非常に良くなります。

 

笑顔で明るく話す

自己紹介は笑顔で明るく話すことを心がけましょう。

これ意外とできていない人が多いです。

 

面接なので当然緊張はしてしまいます。

緊張のあまり、顔が強張ってしまい真顔に近いような感じで自己紹介をしてしまいます。

これ非常にもったいないですよね。

いくら内容が良くても、第一印象という点では良くありません。

 

笑顔で明るく話すことによって、

面接官から「一緒に働きたい」と思ってもらうことができます。

一緒に働きたいと思ってもらえればしめたものです。

 

それくらい、自己紹介を笑顔で明るく話すことは重要です。

ぜひ面接の前に鏡を見て自分の顔を確認しながら練習してみてください。

 

ゆっくり喋ること

自己紹介は絶対にゆっくり喋りましょう。

緊張&内容を忘れてはならないと早口になってしまう第二新卒生が多いです。

 

実際に僕も第二新卒の転職の時はそうでした。

面接で意識して喋っても、自分が思っている以上に早口になっています。

練習していないとこれは誰しもなります。

 

早口になってしまうと、面接官にも自己紹介の内容が全く伝わりません。

逆に「うまく喋れるかな?」と心配されてしまいます。

なので、面接ではゆっくり喋ることを心がけて臨みましょう。

 

棒読みしないこと

自己紹介を暗記するのは悪いことではありません。

ですが暗記に頼って棒読みしてしまっては元も子もないです。

棒読みは面接官にも一瞬で伝わってしまいます。

 

僕も前職で面接官を経験したことありますが、棒読みは一瞬でわかります。

それくら棒読みは第一印象においては悪い意味で印象を残してしまいます。

 

自己紹介は面接で最初に喋ることなので、緊張してしまう気持ちはわかります。

暗記して話してもいいですが、できるだけ棒読みにならないように練習しましょう。

関連記事
第二新卒の厳しい現実と成功のコツを伝授【経験者が語る】

 

第二新卒の面接の自己紹介で一番やってはいけないこと

質問に対して内容を盛り込みすぎることです。

これめちゃめちゃ勿体無いですね。

知らぬうちにやってしまっている人たくさんいます。

 

第二新卒の面接でよくある自己紹介の質問が、

「簡単にこれまでの経歴を踏まえて自己紹介をお願いします」

これが一番オーソドックスなパターンだと思います。

 

よく聞いてください。

「経歴を踏まえて」と言っていますが、その前に「簡単に」と言っています。

ここ意識して話せている人めちゃめちゃ少ないですね。

 

簡単にと言われているのに、経歴で2分以上も話してしまう人。

非常に残念です。面接お見送りです。

 

「簡潔に」と言われれば、いくら長くても1分半以内に収めましょう。

経歴を踏まえてと言われても、ここで長く話す必要はありません。

 

自己紹介で見られているのは、内容ではなく

「基本的なコミュニケーションスキル」

だからです。

 

第二新卒の面接での自己紹介の特異なパターン

これまで第二新卒、中途採用と2度の転職を経験してきました。

経験してきた中で、自己紹介の特異なパターンもいくつかありました。

 

特異なパターンの代表例を挙げると、

「自己紹介を5分でお願いします」

「これまでの人生について30分で話してください」

簡単に自己紹介をしてくださいだけではなくて、様々なパターンがあります。

企業によっては、どういう風に聞かれるかはその時になってみないと分かりません。

 

大事なことは、焦らず落ち着いて自己紹介をすることです。

5分とかであれば、直近の話だけしてはもたないと思うので、おい立ちから話すのもOKです。

 

自己紹介は、自分のキャリアだけではなくて、どういう人物なのかを表現することが大切です。

人間としての人柄や特徴も話せるようにすればベストです。

 

第二新卒の面接での自己紹介と自己PRの違い

自己紹介と自己PRは混同しがちです。

ですが実際は全然違うんですね。

自己紹介:自分のこれまでの経歴を簡単に紹介する

自己PR:自分の強みをアピールする

こう見ると全く別物であることが分かりますよね。

 

逆にどうやったら混同してしまうの?という感じです。

自己紹介で自分の強みや実務での学びを話す必要は一切ありません。

自己紹介≠自己PR=長所=強み

と考えればOKです。

 

自己PRについては以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事
第二新卒の自己PRの書き方・伝え方【求める人物像に合わせる】

 

第二新卒のオンライン面接で注意すべきこと

ここ最近オンライン面接が急速に普及してきました。

第二新卒での転職活動の時もオンライン面接はありましたが、全てが全てオンラインではありませんでした。

ですが2度目の転職活動では全てがオンラインで、県外に一度も出ず転職活動を進めることができました。

 

そんな主流になってきつつあるオンライン面接で注意すべきことは以下の3つです。

・背景を調整すること

・バックライトを付けること

・画面ではなくカメラを見ること

それでは順に解説していきますね。

 

背景を調整すること

背景はできるだけ何も映らないようにしましょう。

どういうことかというと、まっさらな壁を背景にすることです。

生活感のある背景は悪くはないですが、よろしくもないです。

 

面接はビジネスの場でもあるので、できるだけ生活感の出ないようにしたいですね。

まっさらな壁を背景にすることが難しいようであれば、バーチャル背景も使ってみてください。

Zoomとかであれば、バーチャル背景を設定できます。

 

照明を付けること

オンライン面接では必ず照明をつけましょう。

室内の照明だけで明るいと思っている人もいるかとは思いますが、思いのほか暗いです。

暗くなると印象が悪くなってしまい、出だしでマイナススタートとなってしまいます。

 

オンライン面接では仕草や表情が直接対面ほどわからないので、画面上に見えるものが全てです。

その画面上に見えるものの良し悪しは、照明が左右していると言っても過言ではありません。

 

照明は比較的リーズナブルな価格で販売していますので、ぜひこの機会に購入しておきましょう。


画面ではなくカメラを見ること

オンライン面接でやりがちなのが、画面をみてしまうこと。

自分の目線は画面ではなく、画面上方に付いているカメラです。

カメラを見ながら話すことで、しっかり相手と同じ目線で話すことができます。

 

カメラを見て話すことは最初は違和感があるかもしれません。

ですが、カメラを見ながら話すと確実に印象が良くなりますので、意識して面接に臨みましょう。

 

第二新卒の面接での自己紹介はひたすら練習するのみ

自己紹介はひたすら練習するのみです。

対策はこれに尽きます。

 

自己紹介がめちゃめちゃうまい人も、裏ではとんでもない量の練習をこなしています。

僕自身も自己紹介に関しては、めちゃくちゃ練習しました。

「暗記できるようになる」かつ「棒読みならない」かつ笑顔でゆっくりと話せるようになるまでです。

細かくは数えていないですが、40回以上は自己紹介を一人で黙々と練習した記憶があります。

 

練習すればするほど、本番では堂々と話すことができます。

緊張してしまうであったり、棒読みになってしまうなどの現象は練習不足からです。

 

練習することで全てが解決できます。

本番前には鬼のように練習することをおすすめします。

 

第二新卒の面接対策に関しての記事はこちら

関連記事
第二新卒の面接でよく聞かれる質問と回答例10選【経験者が厳選】
関連記事
第二新卒で答えるべき転職理由はこれだ【ぶっちゃけ一番重要です】

 

-第二新卒, 第二新卒の面接攻略, 転職/第二新卒
-, ,

© 2021 TsumuBlog