転職/第二新卒 転職サイト・転職エージェント

doda(デューダ)の評判と口コミはどうなの?【利用してみた感想も公開】

悩んでる人
転職活動でdoda(デューダ)に登録しようと思ってるんだけど評判ってどうだろう?doda(デューダ)ってCMでよくやってるけど本当に良いの?doda(デューダ)を使って無事転職成功させたいな!

上記のような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

・doda(デューダ)の良い評判と悪い評判がわかる

・doda(デューダ)の良い口コミと悪い口コミがわかる

・doda(デューダ)を利用するメリットと注意点がわかる

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

これまで第二新卒の転職含めて転職歴2回。コロナ禍の転職活動ではわずか1ヶ月間で5社内定獲得し、未上場企業から東証一部上場企業に転職成功の経験があります。

 

doda(デューダ)の良い評判と悪い評判

doda(デューダ)は、リクルートエージェントやdoda(デューダ)同様、国内最大手の転職エージェントです。

そんなdoda(デューダ)の評判についてまずはご紹介していきます。

 

良い評判:サポートが親切で手厚い

担当のキャリアアドバイザーの対応が非常に親身でサポートが充実している評判が多いですね。

実際僕自身も利用してみてサポート力は非常に高いなという印象を受けました。

 

良い評判:求人の質がいい

求人数が多いこともそうですが、求人の質も良いですね。

ある程度的を得てくる求人紹介がメインですね。

 

悪い評判:担当者が複数人いる

メールの種類別で担当者が異なるので少し混乱してしまうかもです。

ややこしいようであればマイページだけ見ていればOKですね。

 

悪い評判:スカウトメールがしつこい

スカウトメールがしつこいのは重々承知です。

あまりにもうざいようであれば通知設定で通知なしに変更をしましょう。

 

doda(デューダ)の良い口コミと悪い口コミ

続いてdoda(デューダ)の口コミについて解説していきます。

 

良い口コミ:担当者の親身な対応

・在職中で、電話に出られないことが多かったのですが昼休みや就業後など連絡をくれる時間帯に配慮して頂きました。
・希望職種で福利厚生の充実している企業から内定を頂けましたが、おそらく自己応募だと通過しなかったかもしれないと思います。
・面接予定日に職場で急な会議が入り、参加できなくなった際も日程変更に応じてもらえました

引用:みん評(https://minhyo.jp/doda)

担当が良い人だったこともあり、面接前にはきちんと対策をしてくれた。特に、自分のような傷だらけの経歴で言い回しに困るようなことに対しても上手く言い換えてアピールに繋がるような良いアドバイスをもらうことができた。

引用:みん評(https://minhyo.jp/doda)

 

良い評判:求人の質がいい

とにかく求人の質が良い。企業情報(業績)や、就業条件がどんなにブラックでもきちんと記載がある。(R社などはその辺が曖昧)自分でしっかり確認さえすれば問題ない。(こちらも誠実に報連相など対応している前提だが)キャリア以外にも人物像で評価してもらえれば、企業側にプッシュしてくれる。

引用:みん評(https://minhyo.jp/doda)

 

悪い口コミ:スカウトメールが良くない

採用担当の方の電話でわかる雰囲気は明るく、一生懸命転職活動を応援して下さる雰囲気でした。が、しかし、送られてくるスカウトメールの中にはブラック殿堂入り企業も多く、その数も同企業から1日1回ペース。不採用になった企業まで重複してスカウトしてくるなど様々。担当者との連絡はなかなかとれず、仕方なくカスタマー連絡するとカスタマーはメールで2日以上経過後の連絡。

引用:みん評(https://minhyo.jp/doda)

 

悪い口コミ:手当たり次第に求人を送ってくる

求人提案に関する電話やメールが多すぎる。希望とかなり逸れた求人もどんどん提案され、ネタが切れたからとりあえず出すみたいな感じ。毎回面接するかしないか送らなきゃいけない上、希望と逸れた求人のため毎度断るのも気持ちが申し訳なくなる。

引用:みん評(https://minhyo.jp/doda?page=2) 

 

実際にdoda(デューダ)を使ってみた感想

僕自身過去2回の転職いずれもdoda(デューダ)を利用しました。

正直なこと話すと、2回とも担当者の対応は非常に良かった印象があります。

 

上記の口コミにも記載の通り、スカウトメールや別担当者から求人紹介などメール的には少し多いですね。

ですが通知を消しておけば特に問題ないので、メールがうざいと思う方は「通知を外す」or「紹介を無しにする」のどちらか選択しておけばOKです。

 

求人数に関しても2回とも申し分なく、転職活動が終わりに近づこうとしている中でも、まだまだ応募できる求人は残っていたので求人数は非常に満足でした。

結局1回目はリクルートエージェント、2回目はマイナビエージェントで決まりましたが、総じて良かったのがdoda(デューダ)でしたね。

 

なので迷ったらdoda(デューダ)には登録しても全然損はないです。

>>doda(デューダ)への無料登録はこちら

 

doda(デューダ)を利用するメリット

doda(デューダ)を利用するメリットについては以下が該当します。

・求人数が圧倒的に多い

・サポートが充実している

・転職サイトと一体化している

それでは順に解説しますね。

 

求人数が圧倒的に多い

doda(デューダ)は非公開求人を含めて求人数が圧倒的に多いです。

応募しても応募しても求人が尽きないのが1つの大きな特徴ですね。

 

なので当たって砕けろ思考の求職者にはおすすめかもしれません。

仮に落ちたとしても代わりはいくらでもあるので求人が尽きない安心感があります。

 

サポートが充実している

doda(デューダ)は非常にサポートが充実しています。

上記にも記載したとおり、最初から最後までサポートが非常に手厚かった印象があります。

 

正直dodaでキャリアアドバイザーの対応が悪かったなとは一度も思ったことがありません。

それくらいサポートは信用しててOKでしょう。

 

転職サイトと一体化している

doda(デューダ)は転職サイトと一体化しているので、転職サイトに掲載されている求人にも並行して応募が可能です。

つまりは1つのサイトで転職サイトと転職エージェント両方の求人を見ることができます。

 

いちいち見るサイトを変える手間も省けますのでその点についてはありがたいですよね。

転職サイトと一体化しているのはdodaくらいですので、注目すべきポイントでもあります。

 

doda(デューダ)を利用する際の注意点

doda(デューダ)を利用する際の注意点としては以下の2点が挙げられます。

・求人の質に差がある

・スカウトメールが多いかつ微妙

順に解説していきますね。

 

求人の質に差がある

dodaは求人数が多い分、求人の質に差があります。

大手の優良求人もあれば、中小企業のこれどこの企業?という求人まで様々です。

 

求人内容の良し悪しにも差がありますので、しっかりと自分の目で確かめましょう。

ただ良い求人が全くないというわけではありませんのでそこはご安心してください。

 

スカウトメールが多いかつ微妙

dodaは企業側から自動的に送信されてくるスカウトメールと呼ばれる機能があります。

ようは自分の職務履歴書を見て、合ってそうな求人情報が送られてくるという内容ですね。

 

そのスカウトメールの頻度が1日何回もあるのでそりゃ若干うざいでしょう。

かつ内容も本当に合っているのか微妙な情報が多いのでスルーしてOKです。

 

doda(デューダ)への登録方法と内定までの流れ

doda(デューダ)を利用する際の登録方法~内定までの流れを以下に解説します。

登録~内定までの一通りの転職活動の流れを知っていれば進めやすいのは間違いないですね。

 

1.doda(デューダ)のHPから会員登録

まずはdoda(デューダ)から会員登録を行いましょう。

dodaは転職エージェントも転職サイトも同じサイトになります。

 

なので本サイト登録画面から「転職エージェントを利用する」にチェックを入れて登録しましょう。

※会員登録は完全無料です。

 

2.初回面談日程の調整

初回の会員登録が完了したら、doda(デューダ)のキャリアアドバイザーから電話がきます。

電話の内容としては、現状の転職活動状況のヒアリングと電話面談日程調整ですね。

電話面談の日程が決まったら、一旦初回面談日程調整は完了です。

 

3.面談

以前は転職エージェントのオフィスに出向いて面談が多かったです。

ですが現在は昨今の情勢もあり電話面談がメインになっています。

 

dodaのキャリアアドバイザーから電話がありますので、電話面談を実施しましょう。

面談内容としては、現状ヒアリング、希望業種・職種、求人紹介というような内容です。

面談では相互の認識齟齬が生じないように、本音で話すことを心がけましょう。

 

4.求人紹介

面談が一通り終わると、求職者に合った求人紹介が行われます。

求人紹介は面談時に紹介されたり、面談後doda(デューダ)のマイページに公開されます。

 

基本的には後日doda(デューダ)のマイページに表示されるのがメインですので、希望の求人があったら応募してみましょう。

1社内定を得るのにだいたい22~23社応募が必要ですが、スケジュールの兼ね合いもあるので最初は大体5~6社応募でいいです。

 

5.書類添削・面接対策

履歴書と職務経歴書を事前に書き終えたら、キャリアアドバイザーに添削してもらいましょう。

書類選考が通過した企業に関しては、次に一次面接の段階に進みます。

 

doda(デューダ)を利用していれば、面接の日程はこちら側から複数日提示すればキャリアアドバイザー側で調整してくれます。

面接の日程調整が終わったら実際に面接対策ですね。

 

面接の練習は基本的に自身で行いますが、対策としては想定質問がメインです。

担当のキャリアアドバイザーから想定質問と面接官等の企業内部情報の連絡が来るので、来た内容をもとに面接対策をしましょう。

 

6.応募企業と面接

面接対策を行って、いざ応募先の企業と面接です。

面接が終わったら、dodaのキャリアアドバイザーに一報入れましょう。

 

doda(デューダ)を利用していれば面接先の企業に直接こちらからお礼の連絡などは必要ありません。

全て担当のキャリアアドバイザーが代理で行ってくれますのでその点は安心ください。

 

7.内定後の退職サポート

dodaのキャリアアドバイザーから内定の連絡が来たら、内定承諾の意思を伝えましょう。

内定承諾の意思を伝えたら、次に現職に対して退職交渉を行いましょう。

※内定承諾の意思を伝える=その企業に転職すると同義です。

 

退職交渉に関しても、キャリアアドバイザーからアドバイスを頂けますので参考に進めましょう。

 

doda(デューダ)と併用すべき転職エージェント

以下大手転職エージェントの併用がおすすめです。

上記大手の転職エージェントは、これまで多数の転職支援実績があります。

かつ他の転職エージェントよりも非公開求人数が圧倒的に多いのが特徴です。

 

doda(デューダ)は、特に保有求人数が多いので1つでも申し分ない量ですが、自分に合った求人探しをするためにも他の転職エージェントの併用をおすすめします。

上記doda(デューダ)以外の転職エージェントに関しては以下の記事をご覧ください。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

doda(デューダ)に関するQ&A

doda(デューダ)に関するよくある質問を以下にまとめてみました。

それでは順に解説していきますね。

 

利用の際はどのくらい費用がかかりますか?

利用時は費用は全くかかりません。

登録から内定まで完全無料で利用できます。

費用が発生するのは企業間での話なので、お金の面はどれだけ期間がかかろうとも1円もかかりません。

 

doda(デューダ)はどの年齢層に強いですか?

メインとしては20代〜30代ですが、幅広い年齢層に適しています。

なので自分の年代に合っている転職エージェントが分からない場合は、doddに登録しておけば間違い無いでしょう。

自分自身も過去2回の転職で2回ともdodaに登録をしました。

 

doda(デューダ)は電話で面談とか可能ですか?

電話面談は可能です。

むしろ昨今のご時世では電話面談が主流です。

僕自身も2回目の転職時(コロナ蔓延後)は電話面談しかしませんでした。

よって移動費なども全くかかりませんでした。

 

応募を急かされた場合はどうすれば良いですか?

応募を急かされた場合は、素直に「もう少し考えさせてください」と伝えましょう。

人生を左右する転職という一大イベントで急かされたままに行動するのはNGです。

「考えさせてください」を伝えたらさすがにそれ以上急かされることはないでしょう。

 

悪いキャリアアドバイザーに当たった場合はどうすべきですか?

悪いキャリアアドバイザーに当たった場合は、担当変更してもらいましょう。

担当は現在担当してもらっているキャリアアドバイザーに直接伝えるのではありません。

転職エージェント事務局等に伝えるようにしましょう。

 

まとめ

doda(デューダ)は国内最高峰の転職エージェントとして多くの実績があります。

転職活動においては「どの転職エージェントを利用すべきか分からない」とのことであれば、まずはdodaへの登録がおすすめなのでぜひこの機会に登録して転職活動を進めましょう。

>>doda(デューダ)への無料登録はこちら

 

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

-転職/第二新卒, 転職サイト・転職エージェント
-, ,

© 2021 TsumuBlog