転職/第二新卒 転職ノウハウ 転職基礎知識

転職を繰り返すジョブホッパーの末路とは...【目的を明確にすればOK】

ジョブホッパー
悩んでる人
「転職を繰り返す人の末路ってどうなるんだろう?」「転職を繰り返すジョブホッパーって悪いことしか聞かないけどどうなんだろう?」「また転職しようと思ってるけど、本当に大丈夫なのかな…。」

本記事では上記のようなお悩みについて解決できるよう詳しく伝授します。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職を繰り返すジョブホッパーの末路とは...

ジョブホッパーとは、転職を繰り返す人のことです。

近年、第二新卒という言葉も出てきたように、転職が当たり前の時代になってきました。

 

そうした中で、転職を繰り返すジョブホッパーの哀れな末路は以下の通りです。

・ブラックな業界・職種にしか相手にされない

・気づけば同年代と比較して著しい給料の低下

・結局辛い現実から逃げているだけだと悲観的な感情になる

・「あの時もう少し続けていれば」とひたすら後悔する毎日

という感じでえぐいですよね。

 

転職を繰り返すとは言えども、現実から逃げたくて無意味な転職を繰り返すと上記のように超哀れな末路を歩むことになります。

関連記事
転職のベストなタイミングはいつか?【プランニングが超重要】
関連記事
転職を後悔してしまう3つの理由と乗り越え方【現状打破しかない】

 

ただ、記載の通り「転職」自体を非難しているわけではありません。

転職を繰り返して成功している人もいるわけですから、市場価値を自ら落とす「無意味な転職」はしない方がいいということですね。

関連記事
転職で年収が下がる人と上がる人の特徴【ジョブ型雇用を意識】

 

市場価値を自ら落とす「無意味な転職」

・仕事が辛かったから転職した

・人間関係が嫌だったから転職した

・思っていたのと全然違ったから転職した

・固定給から歩合制に変わったから転職した

・なんとなく違うことをしてみたかったから転職した

上記のような方が無意味な転職に当てはまります。

つまり転職理由が後ろ向きな方です。

関連記事
ストレスで仕事を辞めたい...場合は転職すべき理由を暴露

 

なんとなくや、辛かったから、理想と違ったからなど、比較的安易な理由での転職を繰り返すことは哀れな末路を招いてしまいます。

要するに上記のような安易な転職理由は避けるべきということですね。

関連記事
後悔
転職失敗を後悔する理由は?成功する人と失敗する人の違いも伝授

 

転職を繰り返すジョブホッパーが哀れな末路を歩む理由

転職を繰り返すジョブホッパーが哀れな末路を歩む理由は以下の通りです。

・転職の選択肢が狭まる

・継続力を示すことができない

・中途半端なスキルや経験しか身に付かない

それでは順に解説していきますね。

 

転職の選択肢が狭まる

短期間に複数回転職している人は、転職の選択肢が狭まります。

理由は2点あって、

・転職回数で求職者を足切りしている

・職種の最低経験年数で足切りしている

上記2点が各企業の応募要件で大体の場合記載されていますので、書類選考の時点で要件を満たさないと不採用となります。

関連記事
転職エージェントで書類選考が通らない理由【裏技体験談も公開】

 

つまり、無意味な転職を短期間にいろんな職種で繰り返していると、そもそも応募できる企業が限られてくるということですね。

自分で自分の首を絞めているのと同義です。

関連記事
転職活動の不安の解消方法を徹底解説【二人三脚で進めよう】

 

継続力を示すことができない

転職を繰り返していると継続力を示すことができません。

理由は簡単で、何か辛いことがあるとすぐ辞めると思われるからです。

 

たとえ「学生時代に野球を10年継続していました」とアピールしても、それは学生時代の話なので、転職市場ではほぼ無関係とみなされます。

なので社会人になって何か継続できている実績がないと、継続力を示すことができません。

 

中途半端なスキルや経験しか身に付かない

転職を繰り返すと、中途半端なスキルや経験しか身に付きません。

短期間で色んな企業を渡り歩いているので、「ようやくここから本番だ」って時に辞めてしまうことが多くなってきます。

 

特に職種を転々としている人にとっては致命傷ですね。

中途採用は基本的に即戦力を求めていますので、中途半端なスキルや経験しか身に付いていなようであれば、転職できる幅も狭まってしまいます。

 

転職とジョブホッパー【目的の有無がポイント】

ここまで「転職を繰り返すジョブホッパーは悪」みたいな解説をしてきましたが、全てが全てそういうわけではないということを改めて伝えておきますね。

 

転職の目的の内容によっては、転職を繰り返しても成功する可能性は高くなります。

以下に詳しく解説しますね。

 

転職を繰り返す目的が明確な場合

転職を繰り返す目的が明確な場合は、転職を繰り返しても成功する可能性は大いにあります。

自分自身のなりたい姿が明確でそれに近づくために転職を繰り返しているからです。

 

要は転職目的が前向きで根拠ある内容であれば、転職を繰り返しても成功する可能性は大いにあるということです。

 

ご自身で将来設計(キャリアプラン)を立てて、そのゴールに近づく為に転職すべきなのであれば転職すべきです。

逆にキャリアプランを立てて、ゴールと関係ない理由で転職しようとしているのであれば控えるべきです。

 

転職を繰り返す目的が曖昧な場合

転職を繰り返す目的が曖昧な場合は、哀れなジョブホッパーと同じ末路を歩むことになります。

目的がないのに転職を繰り返していては、採用側からしても「ああまた多分すぐに辞めてしまうわ」と思われてしまいます。

 

転職は「辛い仕事から楽な仕事に就く」為の手段ではありません。

あくまで自分のキャリアプランから逆算してそれに近づく為の手段です。

 

なので、ジョブホッパーと同じ末路を歩みたくない場合は、転職理由を明確かつ前向きな理由にすることです。

関連記事
迷う理由
20代が転職に迷う理由と決断方法【転職成功の体験談あり】

 

転職を繰り返すジョブホッパーと同じ末路にならない為の方法

「また転職しようと思ってるけど、本当に大丈夫なのかな…。」

こんな場合は一人で転職活動を行うことではなく、転職エージェントに相談が何よりも解決策です。

 

転職エージェントに相談することでで以下のメリットが享受できます。

関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】

 

転職しようか迷った時や、転職で失敗したくない時は、転職エージェントに相談が先決です。

転職エージェントに相談したからといって、必ず転職しなければならないわけではありませんので、そこは心配無用です。

関連記事
転職エージェントを使わないメリットとデメリットを徹底解説

 

転職エージェントは登録利用全て無料なおかつ5分程度で登録できるので、この機会に二人三脚で転職について考えてみましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

-転職/第二新卒, 転職ノウハウ, 転職基礎知識
-

© 2021 TsumuBlog