転職/第二新卒 転職ノウハウ 転職基礎知識

20代が転職に迷う理由と決断方法【転職成功の体験談あり】

迷う理由
悩んでる人
「20代で転職しようか迷うんだけどどうしようかな?転職した方がいいのかな?」「正直20代での転職はリスクもあるかもしれないし、このまま今の仕事続けるべきかな、迷うなあ。」

本記事では上記のようなお悩みについて伝授します。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職を失敗しないためのノウハウに関しては以下の記事をご覧ください。

関連記事
転職を失敗する典型例と成功のコツを伝授【情報収集が命運を握ります】

 

20代が転職に迷う理由と決断方法

20代で転職すべきかどうか迷っている人非常に多いですよね。

実際に僕自身もそのうちの一人でした。

 

転職を経験して思ったことは、

20代で転職に迷うのは早いどころか、むしろベストタイミングだということです。

「20代で転職は早いかもな」と悩んでいるあなたは絶好のチャンスを逃さないためにも行動すべきですね。

関連記事
転職のベストなタイミングはいつか?【プランニングが超重要】

 

20代が転職に迷う理由

20代の転職ってめちゃめちゃ迷いますよね。特に大手企業に勤めている方。

先輩社員は何十年も同じ会社にずっと勤めているので、「20代での転職は早いかな」と思ってしまうのもよくわかります。

・転職したい理由がそこまで明確でない

・やりたい仕事がなかなか見つからない

・最悪今の仕事でも当面はいいと思っている

上記の通りです。

 

転職すべきか迷っている人は、目的があいまいで、別に無理に転職する必要はないと思っている人が多いでしょう。

いわゆるなんとなく感が強い人です。

 

なんとなくの考えを持っている人は、やはりなかなか転職に踏み込めない人が多いようですね。

関連記事
後悔
転職失敗を後悔する理由は?成功する人と失敗する人の違いも伝授

 

転職に迷う20代の決断方法

ズバリ「迷ったら行動する」に尽きます。

あなたは物事を選択する時に、迷って結局やらずに後悔したことはありませんか?

後悔しないためにもまずは転職活動に踏み切ってみましょう。

関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】

 

転職活動したからといって、必ず転職しないといけないというわけではないのでそこは心配無用。

転職活動をしながら転職の目的を見出すのも一つの手です。

関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】
関連記事
転職エージェントの賢い使い方を伝授【転職のプロが解説】

 

転職に迷っているということは何かしら現状に不満があるはずなので、不満をより明確にすればOK。

そうすれば転職すべき理由も自ずと明確になってくるはずです。

関連記事
転職活動の不安の解消方法を徹底解説【二人三脚で進めよう】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職を迷う20代が転職した方がいいケース

転職を迷う20代が転職した方がいいケースとはどのようなケースでしょうか?

以下に当てはまる方は転職した方がいいと思います。

・やってみたいと思う仕事がある

・今の仕事にやりがいが見い出せない

・将来のキャリアプランから逆算すると今の業務は役立たない

それでは順に解説していきますね。

 

やってみたいと思う仕事がある

まさに転職すべきですね。

やりたくない仕事を続けるか、やってみたい仕事に挑戦するか

でいうと絶対に後者を選択した方がいいですね。

 

やりたくない仕事をして我慢しても何も良いことはありません。

我慢するよりは、自ら行動して生き生きとした生活を選ぶべきです。

関連記事
20代での転職におすすめの職種9選【未経験でもOK】

 

今の仕事にやりがいが見い出せない

仕事に対してのモチベーションはやりがいが結構左右します。

やりがいがないと仕事に対するモチベーションも下がり、業務効率も低下します。

 

それなら転職してやりがいのある仕事に就いた方が絶対に市場価値上がります。

やりがいが見いだせないならそれなりの転職理由になりますので、転職してOKです。

関連記事
生産管理
生産管理の仕事はきつい?【経験者が語る仕事の実態を公開】

 

仕事辞めたい…向いてないと思うのは甘えではないので仕事を変えましょう。

関連記事
仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?【甘えじゃない】

 

将来のキャリアプランから逆算すると今の業務は役立たない

人生で一度は自分自身のキャリアプランについて考える機会はあるかと思います。

 

自分自身のキャリアプランを考えてみて、自分の将来像に対して現在の業務が全く活かされないのであれば転職すべきです。

むしろ早い目に切り上げて、キャリアプランに沿った仕事を見つけるべきです。

 

将来役立たない仕事を続けていても意味ないですもんね。

関連記事
転職での内定保留は可能なのか?【リスクも付きまといます】

 

転職を迷う20代の中で転職すべきでない人の共通点

転職すべきでない人の特徴としては以下の2つが挙げられます。

・転職したい理由があいまいかつネガティブ

・自分自身の将来像が見えていない

それでは順に解説していきますね。

 

転職したい理由があいまいかつネガティブ

「上司が嫌だから転職しようか迷う」

「残業が多いから転職しようか迷う」

こうしたネガティブな理由で転職を考えていては、まずいですね。

関連記事
ストレスで仕事を辞めたい...場合は転職すべき理由を暴露

 

転職しても良いですが、多分失敗します。

転職先でもまた同じ悩みを抱えて、転職で解決しようとします。転職は活発になってきましたが、そう甘いものではないです。

関連記事
ジョブホッパー
転職を繰り返すジョブホッパーの末路とは...【目的を明確にすればOK】

 

自分自身の将来像が見えていない

自分自身のなりたい像が明確でないまま転職しても無意味です。

わかりやすく例えると、

ゴールが無いまま走っているようなものです。

 

ゴールが見えないまま走っていても路頭に迷うだけですので、まずは将来像を明確にしましょう。

それから転職活動すべきですね。

 

転職を迷う20代が転職を成功させるための重要なポイント

転職に迷っているあなた。

転職するのであれば、どうせなら成功させたいんですよね。

・徹底した自己分析を行う

・転職理由を明確にする

・転職エージェントを利用する

それでは順に解説していきますね。

 

徹底した自己分析を行う

これは当たり前ですが、まずは徹底した自己分析です。

自己分析をしないと多分自分に向いている仕事ややりたい仕事が明確になってこないはずです。

 

自己分析によって自分自身の将来像と就くべき仕事を固めるべきです。

また20代であれば、他の中途と異なり評価されるポイントはポテンシャルです。

自分自身のポテンシャルを面接でしっかりとアピールするためにも、自己分析は必須です。

 

転職理由を明確にする

転職理由が明確でないと、多分転職活動成功しません。

転職するかどうか迷っている人は、多分転職理由が明確になっていないはずです。

転職理由が明確になれば、自ずと「転職しなければ」という思考になります。

 

また、転職理由は明確にするだけではなくて、

「ネガティブ→ポジティブ」に変換することが大事です。

 

転職エージェントを利用する

20代は転職エージェントに登録が何よりも重要です。

20代であるとおそらく転職が初めての方も多いので、転職エージェントに登録して正しい道順を辿るべきです。

関連記事
転職エージェントを使わないメリットとデメリットを徹底解説

 

転職エージェントに相談することで以下のメリットがあります。

・キャリアアドバイザーが自身の悩みをヒアリングしてくれる

・ヒアリング内容に対して転職すべきかどうかをジャッジしてくれる

・書類選考だけでなく、面接対策もキッチリしてくれる

関連記事
転職エージェントの賢い使い方を伝授【転職のプロが解説】

 

転職エージェントは登録利用全て無料、5分程度で登録できるので、この機会に二人三脚で転職活動を進めましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

20代前半と後半で転職を悩む、ベストなタイミングとは?

転職しようか迷う時こそが転職に踏み切るタイミングです。

「転職しようか迷う」=「現状に何かしらの不満がある」

上記の理由があるからこそ、思ったそのタイミングで転職すべきです。

 

迷ったけど結局転職しないでおくと「あの時転職しておけばよかった」と後悔するでしょう。

転職活動したら必ず転職しなければいけないわけではないので、迷ったら転職活動を始めてみましょう。

 

行動することで、転職に対する考え方も明確になってくるはずです。

関連記事
時期
転職に良い時期と悪い時期はいつ?【ベストな転職時期の見極め方】

 

20代での転職成功体験談

僕自身、新卒入社の会社を2年ちょっとで迷うことなく辞めました。

もちろんのこと第二新卒として20代での転職です。

・自動車部品メーカー→技術系人材派遣会社

・生産管理→営業

 

上記の通り自分のキャリアプランを考えてやりたいことがあり、全くの未経験に挑戦しました。

前職の経験はほとんどありませんでしたが、なんとかポテンシャルを評価してもらえ、結果的に年収も上がりました。

関連記事
転職で年収が下がる人と上がる人の特徴【ジョブ型雇用を意識】

 

転職も初めてだったので、リクルートエージェントに登録して転職をサポートしてもらいました。

右も左もわからない状態だったので転職エージェントに協力してもらったからこそ転職できたのかなと思います。

-転職/第二新卒, 転職ノウハウ, 転職基礎知識
-

© 2021 TsumuBlog