転職/第二新卒 転職ノウハウ 転職基礎知識

転職を失敗する典型例と成功のコツを伝授【情報収集が命運を握ります】

悩んでる人
「転職に失敗する人ってどんな人なんだろう?」「転職に失敗しない方法とか思考法とかってあるのかな?」「転職には絶対に失敗したくないな…」

 

転職活動で第一志望に行きたいと思っているあなた。

本記事では、転職を失敗する典型例と成功のコツについて徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職を失敗してしまう典型例5選

これから転職をしようと思っている人は、絶対転職失敗したくない!と思って転職活動に取り組むことでしょう。

もちろんのこと転職をすれば全てが成功するというわけではなく、失敗もあります。

関連記事
転職がうまくいかないと感じる20代の原因と対策を徹底解説

 

転職を失敗してしまう典型例5選について解説しますね。

・安易な考えで転職をしてしまう

・転職活動が不安なまま進めてしまう

・転職が決まる前に退職してしまう

・転職すべきタイミングがずれてしまう

・希望が曖昧な状態で転職エージェントに登録

それでは順に解説していきますね。

 

安易な考えで転職をしてしまう

転職をすれば全ての問題が解決できるという考えは間違っています。

転職は不安や悩みを払拭するための手段ではありません。

将来から逆算して今自分がすべきことに取り組むための手段です。

 

なので、転職をしたら全ての問題が解決できるという安易な考えで転職活動に臨んでいる人は、確実に失敗してしまいます。

安易な転職をしてしまった結果、同じような転職を繰り返してしまい、ジョブホッパーとなってしまいます。

関連記事
ジョブホッパー
転職を繰り返すジョブホッパーの末路とは...【目的を明確にすればOK】

 

また、転職を後悔してしまう理由としては大きく3つあります。

詳しい内容に関しては、以下の記事にて解説していますのでぜひご覧ください。

関連記事
転職を後悔してしまう3つの理由と乗り越え方【現状打破しかない】

 

転職活動が不安なまま進めてしまう

転職活動が不安なまま進めてしまうと、おそらく希望している企業からの内定はもらえないでしょう。

不安なまま進めてしまうということは、

・面接対策不足

・企業の情報収集不足

・転職の軸がブレている

上記のように何かしら重要部分の欠陥要素があるはずです。

 

欠陥要素があるまま転職活動を進めてしまうとそりゃ転職活動失敗しますよね。

面接でも不安な感情はすぐに見破られるので、なるべく不安要素は事前に取り除いて臨みましょう。

関連記事
転職活動の不安の解消方法を徹底解説【二人三脚で進めよう】
関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

転職が決まる前に退職してしまう

「そんな人いるの?」と思いますが、これ結構います。

転職が決まる前に退職してしまうと何が悪いかというと、

・転職が決まらないと焦ってしまう

・給料が入らないので資金繰りが難しくなる

・社会保険から国民保険への手続きがややこしい

などのデメリットが生じてきます。

 

中には、うまくいって退職後に良い転職先に決まったという話も聞きますが、基本的にはおすすめしません。

なんといっても精神的な部分で後々負担がきてしまうのが一番失敗として影響が大きいでしょう。

 

転職すべきタイミングがずれてしまう

転職にもタイミングがめっちゃ重要です。

転職のタイミングがずれてしまうと、

・応募できる求人数が減ってしまう

・採用の難易度が高くなってしまう

上記のようなデメリットがあるので、失敗してしまう人が多いです。

 

特に転職活動開始の段階で、そもそも応募できる求人数が少ないというのは非常にもったいないですよね。

なので転職したい方は、できるだけ求人数が増えてくる時期に転職活動を始めるべきです。

 

転職すべきタイミングに関しては、転職のベストなタイミングはいつか?【プランニングが超重要】で詳しく解説しています。

 

希望が曖昧な状態で転職エージェントに登録

「とりあえず転職エージェントに登録しとこうかな」

という感じで、自分自身で転職の軸が何も固まっていないまま転職エージェントに登録してしまうと必ず失敗してしまいます。

 

というのは、転職エージェントもさまざまな求職者の対応に追われています。

当然ビジネスとして行なっているので、転職が決まりやすい人を優先的に対応します。

 

そんな中で、転職での希望があいまいな転職者に対して、優先的に対応してくれると思いますか?

転職希望があいまい=転職で苦戦する人

と捉えられてしまうので、あまり優先的に対応はしてくれないはずです。

関連記事
信用できない転職エージェントの特徴とその理由【対処法も公開】

 

なので希望があいまいな状態で転職エージェントに登録してしまうと、失敗しますということです。

転職エージェントを使うなというわけでなく、あくまでも転職エージェントに登録する前に準備しておきましょうねということです。

関連記事
転職エージェントを使わないメリットとデメリットを徹底解説

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

その他転職を失敗してしまう典型例

上記以外にも転職を失敗してしまう人の典型例が他にもあります。

以下の典型例を避けることによって、転職成功に方向転換することができます。

・新卒入社してから1年以内に転職してしまった

・条件や優先順位を決めずに転職活動してしまった

・希望給与を現職よりもかなり下げて転職活動をした

・転職の軸がぶれて、入った後に軸がぶれていたと気づく

・やりたい仕事を追い求めて、自分の適性を考えなかった

・労働環境や雇用条件に関する情報収集や確認が足りなかった

 

これから転職しようと思っている求職者は、これまでの失敗例を踏まえて、転職活動に臨んでください。

失敗例を避ければ、確実に転職活動が成功の方向に向いてくるはずです。

関連記事
仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?【甘えじゃない】

 

転職を成功させるコツ5選を伝授

ここまで転職を失敗してしまう典型例について解説してきました。

逆に転職が成功する典型例やコツはどうなのでしょうか?

 

これまで2度の転職経験を得て、学んだ転職を成功させるコツについて伝授していきますね。

・転職の軸をぶらさない

・自分の適性と適職を考える

・年収が上がる方法を考える

・うまい具合に内定保留を行う

・転職エージェントを利用する

それでは順に解説していきますね。

 

転職の軸をぶらさない

転職の軸は絶対にブラしてはいけません。

転職の軸がブレてしまうと、転職活動開始当初に思い描いていた転職が叶わなくなります。

また、転職の面接では、転職の軸は必ずと言って良いほど聞かれる内容なので、確固たる転職の軸を持ちましょう。

 

転職の軸がブレてしまうと、

・転勤なしの企業を探していたのに入社したのは転勤ありの会社

・仕事内容重視で考えていたのに大手に目が眩んで会社規模で入社

・勤務地を一番重要視していたのに年収を優先度高くしてしまい希望と違う勤務地になる

上記のようなことが実際に起こってしまいます。

なので、自分自身で転職活動まえに決めた転職の軸はブラさずに転職活動を進めていきましょう。

 

自分の適性と適職を考える

好きな仕事だからといって、成果が出るわけではありません。

やりたい仕事だからといって、成果が出るわけでもありません。

 

つまり重要なのは、やりたい&好きな仕事に加えて、適性があるかどうかが重要になってきます。

関連記事
向いてる仕事の見つけ方【転職したいけど適職が分からない方へ】

 

やりたいこととできることは全く異なってくるので、自己分析を徹底して行なって、自分にあった職種を選びましょう。

自己分析に関しては、過去の経験を通じての価値観を導き出すことが大事です。

Kindle版

単行本版

 

年収が上がる方法を考える

転職するのであれば年収は上げたいですよね。

転職に当たっても必ずしも年収が下がるわけではないので、年収が上がる方法を考えましょう。

例えばですが、同職種・同業界に転職するとかですね。

 

年収が上がれは転職成功したと堂々と言えるでしょう。

転職での年収の上げ下げに関しては、転職で年収が下がる人と上がる人の特徴【ジョブ型雇用を意識】で詳しく解説しています。

ジョブ型雇用を意識することで、転職のしやすさも圧倒的に変わってきます。

 

うまい具合に内定保留を行う

転職は複数の企業を同時進行で進めるのが、基本的な転職活動の方法です。

時には内定保留を行う必要だって出てきます。

 

焦って最初に内定が出た企業に転職を決めるのではなく、一度自分自身で深く考えてから転職先を決めるようにしましょう。

転職での内定保留に関しては、転職での内定保留は可能なのか?【リスクも付きまといます】で詳しく解説しています。

 

また、転職の内定承諾後に辞退できるのか?という質問も多くいただきます。

そちらに関しては、転職の内定承諾後に辞退はOKなのか?【結論:法的には問題ない】で詳しく解説しています。

 

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用することで、転職成功にグッと近づきます。

ただし、転職エージェントに全てを託すのではなく、自分で考えて動くことも大切です。

 

ですが、一人で転職活動をするよりは、はるかに転職成功できる可能性が高くなりますので、ぜひこの機会に利用してみましょう。

転職エージェントに関する記事は以下にて紹介しています。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職を失敗を後悔しないようにするためには

ズバリ人生を賭けるつもりで転職活動に取り組むべきです。

転職活動とはいえども、生半可な気持ちで取り組むとなれば、確実に第一志望には行くことができません。

 

「転職活動失敗したくないし、後悔もしたくない」

と心の底から思っている人は、人生を賭けるつもりで取り組んでいきましょう。

 

転職活動において成功する人と失敗する人の違いに関しては、転職失敗を後悔する理由は?成功する人と失敗する人の違いも伝授でくわしく解説しています。

 

転職を失敗しないために確認しておくべき情報

転職ではしっかりと情報収集しておくべき!

と言われるけど何をどのように情報収集すれば良いのか正直わからないですよね。

 

まずネット上の情報や求人情報から以下の情報を収集するようにしましょう。

・社風

・就業条件

・想定年収

・企業のHP

・転勤の有無

・会社の口コミ

・残業代支給体系

・業務内容、扱う商材

 

上記以外にも収集すべき情報は枚挙に遑がないですが、一旦上記を押さえていればOKです。

情報収集こそ、自分自身の身を守るための攻撃であり、防御でもあります。

関連記事
20代での転職におすすめの職種9選【未経験でもOK】

 

出戻り転職は失敗になるのか?

「転職したけど、また前の会社に戻りたい…」

そんな気持ちになっている求職者も少なからずいるでしょう。

 

出戻り転職は失敗になりません。

ストレス等で出戻り転職したいのであれば、全然してもOKです。

関連記事
ストレスで仕事を辞めたい...場合は転職すべき理由を暴露

 

転職しようかどうか迷った際は、以下の記事も参考に転職するかどうかの決断もしてみてください。

関連記事
迷う理由
20代が転職に迷う理由と決断方法【転職成功の体験談あり】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

-転職/第二新卒, 転職ノウハウ, 転職基礎知識
-

© 2021 TsumuBlog