転職/第二新卒 転職の履歴書/職務経歴書 転職の面接攻略 転職ノウハウ

転職の志望動機の書き方・伝え方【例文と攻略方法も徹底解説】

悩んでる人
「転職の志望動機の書き方とか伝え方を知りたいな!」「転職の志望動機とか全然思い浮かばないし、何か良い方法とかコツとかないのかな?」「採用担当者に意欲を伝えて無事内定を貰えたらいいな!」

 

転職活動で第一志望に行きたいと思っているあなた。

本記事では、転職の志望動機の書き方・伝え方について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職の志望動機の書き方のポイントと例文

転職活動において、志望動機は避けては通れない道です。

もちろんケースバイケースではありますが、志望動機を履歴書や職務経歴書に記入する必要だってあります。

「面接前の書類選考で志望動機なんて全然思いつかないよ…」

なんてこと言ってられる暇もありません。

 

転職活動はそんなに甘くはない世界です。

関連記事
転職エージェントの内定率【転職サイト比較と成功のコツ公開】
関連記事
転職がうまくいかないと感じる20代の原因と対策を徹底解説

 

 

そんな転職活動で重要視されている志望動機について本記事では徹底解説していきます。

それではまずは志望動機の正しい書き方について解説しますね。

 

転職の面接対策全般に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事
転職の面接対策徹底ガイド【1ヶ月で内定5社の筆者が教える】
関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

転職の志望動機の正しい書き方とポイント

転職活動における志望動機の正しい書き方とポイントについては、以下の3点が挙げられます。

・転職理由+魅力的な企業ポイント

・自分自身のスキルや実績を踏まえる

・他の誰でもないオリジナリティあふれる志望理由

 

志望動機なので、当然のこと転職理由だけではお見送りになってしまいます。

関連記事
面接で転職理由を聞かれた時の正しい書き方・伝え方【2軸で考えよう】

 

企業側は、

「転職理由はわかった。ところで競合他社が多数あるこの業界でなぜうちで働きたいと思っているんだろうか?」

と求職者に対しては必ず思うことです。

 

志望動機は、数ある中で、なぜ応募先企業なのかを詳細に伝えることが大事なんですね。

もちろんのこと数多くの求職者が皆口に出せるような理由では、考えが浅すぎるのでお見送りになってしまいます。

なので、志望動機は他者と差別化できるような根拠が必要なんですね。

 

根拠に関しては、自分自身のこれまでの実績を踏まえて言うことも全然OKなので、面接官を納得させられるような回答をしましょう。

関連記事
転職活動での履歴書の志望動機の書き方【2つのポイントが重要】

 

転職の志望動機の記入例

実際に僕自身が転職活動で履歴書・職務経歴書に記入した志望動機は以下になります。

今回貴社を志望させて頂く理由としては2点御座います。1点目は、企画提案営業にチャレンジしてみたいということです。現職での営業は企画要素が少ない営業手法であるのが現状です。それに対して貴社の営業は企画提案営業であり、サービス自体に加えて、自分だからこその付加価値を提案でき、営業マンとしてのスキルを高めていけると考えております。2つ目は貴社の「世界にインパクトを残せる企業になる」という企業理念に共感したことです。自分自身のキャリアビジョンは、「世の中に大きな功績を残すこと」だと考えております。世界中にインパクトを残せる企業を目指し、かつ自身も世の中にインパクトを残せる人材になっていきたいと考え、貴社を志望させて頂いております。

上記記入例に対しての注意点ですが、深掘りされそうな部分は事前に考えておくことですね。

 

上記の例で言うと、

「サービス自体に加えて、自分だからこその付加価値を提案でき」

「自身も世の中にインパクトを残せる人材になっていきたい」

の部分で具体的な内容を聞かれる可能性があります。

なので志望動機を一旦作成するのはOKですが、改めて面接前に深堀りされた時の対処方法も考えておきましょう。

 

転職の志望動機は履歴書に記入すべき?

転職活動での履歴書の志望動機の書き方【2つのポイントが重要】の記事でも解説していますが、基本的には履歴書に記入する必要はありません。

履歴書よりはどちらかと言うと職務経歴書ですね。

職務経歴書に記載すると言っても、企業側から事前に要望があって記入するケースが大半です。

 

なので基本的には志望動機は履歴書や職務経歴書に書く必要はないでしょう。

稀に転職エージェントから職務経歴書に記入してほしいと依頼があったりします。

その際は提出前に記入することをおすすめします。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職の履歴書は手書き?それともPC入力?

履歴書は現代ではPC入力が一般的でしょう。

人材ベンチャー時代に採用担当として活動していたことがあり、多くの求職者の履歴書を見る機会がありました。

びっくりしたのがそのほとんどが手書きで提出してきているということ。

 

「手書きで書いてもさほど評価変わらないけどな。これ応募企業全社に対して書いていると考えると大変だな…」

と言う感想しかないです。

 

正直デジタル化が主流になってきたこのご時世で、手書きは何もメリットがありません。

転職の履歴書は手書き?それともPC入力?に関しては、転職活動での履歴書の手書きは時代遅れ【パソコン作成一択】で詳しく解説しています。

 

転職の志望動機の伝え方のポイントと例文

続いて転職活動の面接における志望動機の伝え方と例文について解説していきますね。

転職活動の面接で絶対と言っていいほど聞かれるのが「志望動機」です。

 

志望動機を疎かにして、面接に臨んでしまうと確実にお見送りになってしまいます。

そんな志望動機について、面接での伝え方と企業側の視点も踏まえて解説していきますね。

 

志望動機を面接官が面接で聞く理由

自社に対する意欲や熱意を確認するためです。

いくら転職活動とはいえども、中には遊び半分で受けている人もいます。

そんな中で、あまり志望意欲が高くないのに、志望動機も聞かずに採用してしまうと、入社前辞退であったり、入社後の早期退職が懸念されます。

 

企業側として一番損失となるのが、入社後の早期退職です。

採用にも一人当たり数百万円の費用を支払っているのが現状です。

 

そんな中でせっかく採用した人材が、数ヶ月で辞めていってしまうのは、費用回収できずただの損失を被っただけになります。

なので、企業の採用担当者は面接時に、求職者に志望動機を聞いて、本当に自社で働きたいのかを確認しているわけですね。

 

転職の志望動機の正しい伝え方とポイント

転職活動のおける志望動機の正しい伝え方とポイントについて解説します。

基本的には以下の2点に注意して志望動機を考えればOKです。

・やりたいことorできること

・会社のビジョンと自身のビジョンの一致

まずは転職理由と絡めて、自分自身の転職で実現したいことを考えましょう。

 

「自分自身の転職で実現したいことが応募先企業で実現できる」

ことをまず一つ目に伝えることができればOKです。

 

ここはこれまでの経験でもいいですし、これまでの経験を得て考えたことでも構いません。

とにかく前向きな理由を考えましょう。

 

次に、会社のビジョンと自分の将来のビジョンがマッチしていることを伝えることができればOKです。

企業も企業のビジョンと同じ方向を向いて仕事してくれる人材を求めているわけですから、ここが一致していて反論されることはまずありません。

ビジョンが一致していれば、企業側からも良い評価をもらえるので面接で伝えて損はないでしょう。

 

志望動機の正しい伝え方とポイントに関しては、未経験職種・業界へ転職する時の志望動機の伝え方【例文付き】の記事でも詳しく解説しています。

 

転職の志望動機の伝え方の例

実際に僕自身が転職活動の面接で伝えた志望動機は以下になります。

貴社を志望させて頂く理由としては2点御座います。1点目は、営業職にチャレンジしてみたいということです。現職の管理職では、社内サポートがメイン業務であり、自分自身が世の中にどのように貢献できているのかが非常に見えづらい状況となっております。今回の転職活動を機に、営業職にチャレンジし、数字として目に見えるような成果を追い求めていきたいと考え、営業職を志望させて頂いております。2つ目は貴社の「世界一楽しい会社にする」というビジョンに共感したことです。仕事は人生の大半を占めるものであると考えており、自分自身も仕事を楽しむことを常々心掛けております。貴社の「世界一楽しい会社を目指す」ビジョンを自分自身も実現したいと考え、貴社を志望させて頂いております。

 

転職の志望動機の「なぜ当社なのか?」を攻略する方法

転職での志望動機は一体どのようにして攻略すべきなのでしょうか?

以下の4つが志望動機を攻略する上では重要になる方法です。

・企業のHPを熟読して情報収集する

・将来のキャリアビジョンを実現できる

・自分自身の生かせる経験を伝える

・競合他社と応募企業の違いを理解する

それでは順に解説していきますね。

 

企業のHPを熟読して情報収集する

応募企業のHPを熟読して、企業に関する情報収集を徹底的にしましょう。

徹底的に情報収集した上で、どのような内容が自分自身の志望動機に生かすことができるかを考えましょう。

 

企業のHPで志望動機に生かせる内容としては、

企業理念、行動指針、採用情報、事業内容、製品、IR情報

上記のような項目を志望動機に生かすことができます。

どうしても志望動機が浮かんでこない場合は、企業のHPを熟読してみましょう。

 

将来のキャリアビジョンを実現できる

面接では、自分自身の将来のキャリアビジョンを応募企業で実現できることを伝えましょう。

企業と自分自身の将来のビジョンの方向性が一致していれば、長期的に活躍してくれるとみられるからですね。

 

企業のビジョンと合わせるためには、企業のHPの企業理念や社長のメッセージなどをみましょう。

企業のHPの企業理念や社長のメッセージには企業のビジョンが記載されていることがほとんどなので、企業のビジョンを把握して自分のビジョンを合わせていく形で考えていきましょう。

 

自分自身の生かせる経験を伝える

志望動機では、自分自身の生かせる経験を伝えることも重要です。

企業側としては、中途採用なので即戦力として活躍してほしいと思っています。

なので志望動機で、「自分の〇〇の経験が貴社で生かせると考えている」の一言を伝えると、企業側も活躍してくれそうだなという印象を持ちます。

 

なので、企業側のビジョンに共感することも重要ですが、合わせて、自分自身のこれまでの経験をどのように生かすことができるのかも合わせて伝えられるようにしましょう。

 

競合他社と応募企業の違いを理解する

応募企業はその業界に属している企業の一部にすぎません。

なので競合他社と応募企業の違いを理解して面接で言えるようにしましょう。

 

実際に面接でも、

「〇〇や〇〇の会社もあるけど、なぜうちがいいの?」

「うちと他社の違いってどういうところ?」

という感じで、ちゃんと企業分析できているかもしっかりと確認されます。

なので応募企業のことだけではなくて、競合他社の特徴もしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

転職で採用担当者にマイナス印象を与える志望動機

転職の面接で採用担当者にマイナス印象を与えてしまう志望動機は以下です。

①転職理由と志望動機に一貫性がない

②「プライベートを充実させたいため」

③表面的な内容だけで終わる

④独立前提で話をしている

それでは順に解説していきますね。

 

①転職理由と志望動機に一貫性がない

志望動機は転職理由との一貫性が大切です。

例えばですが、

転職理由で「自分自身で自走できる環境や実力主義の環境で働きたい」と言っていても、応募企業は「年功序列の企業」であれば、めちゃめちゃ食い違ってきますよね。

 

それって「転職で負を払拭したいんではなくて、ただただネームバリューのある企業に行きたかっただけでしょ?」となります。

転職理由は志望動機と一貫性を持って話すことが非常に大事です。

 

②「プライベートを充実させたいため」

いくら前職が忙しかったとはいえ、「志望動機でプライベートを充実させたいため」を言うのはNGです。

転職市場では、本音と建前というものがあり、本音は「プライベートを充実させたい」でも面接では言わない方がいいです。

 

プライベートの話ばかりしてしまうと、

「この人本当にうちで活躍してくれるのかな?」

と仕事面で疑問を抱かれてしまう可能性があるので、プライベートの話はなるべく避けましょう。

 

③表面的な内容だけで終わる

志望動機も表面的な内容で終わってしまっていてはダメです。

例えばの例ですが、人材ベンチャーでは、

「人と人との関わりを大事にして仕事していきたいからです。」

という志望動機を言ってくる求職者がいます。

正直これってどの企業にも言えることですよね。

 

ビジネスは人と人の関わりを大事にしないと、成功しません。

なので、「人と人との関わりを大事にして仕事していきたいからです。」のより深い部分。

人と人との関わりに関して、応募企業では他社とどのような部分が違うのかを考えていくようにしましょう。

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職の面接に関するその他記事はこちら

関連記事
転職の面接での正しい自己紹介の仕方【最初が勝負の決め手です】
関連記事
実際に聞いた転職の面接での逆質問例10選【地頭力を見られます】

-転職/第二新卒, 転職の履歴書/職務経歴書, 転職の面接攻略, 転職ノウハウ
-,

© 2021 TsumuBlog