転職/第二新卒 転職の面接攻略 転職ノウハウ

転職の面接で聞かれる転職理由は超重要です【回答法を徹底解説】

悩んでる人
「転職の面接で転職理由を聞かれたらどう答えるべきだろう?そもそも転職理由って重要なのかな?」「転職理由って本音をそのまま伝えてもいいのかな?それとも建前を使うべきなのかな?」「現職に不満あるし、転職して環境変えられたらいいな。」

 

転職活動で第一志望に行きたいと思っているあなた。

本記事では、転職活動での転職理由の重要性と答え方について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職の面接で聞かれる転職理由は超重要です

結論から申し上げると、

転職の面接で必ず聞かれる「転職理由」は超重要質問項目です。

 

なぜなら、求職者の転職の目的を明確にしてくれる唯一の質問だからです。

求職者は現職に何らかの不満や将来的にやりたい・なりたい像があって転職活動をしています。

※将来的にやりたい・なりたい像がなければ転職活動を中止しましょう。

関連記事
転職がうまくいかないと感じる20代の原因と対策を徹底解説

 

企業側は、求職者に「なぜ今回転職活動をしているのか」をヒアリングします。

そして求職者の回答から、自社で解決できる問題なのかどうかを確認します。

これが自社で解決できるのであれば、企業側は前向きになります。

逆に自社で解決できないのであれば、企業側は後向きになります。

単純明快ですよね。

 

面接官は転職理由を聞くことによって、自社で採用すべきかどうかの最初の判断を下しているわけなんです。

全てが全て転職理由だけで判断しているわけではありませんが、割合的には超高いです。

ではここから「自社で解決できる問題」についてより具体的に解説していきますね。

 

面接官が転職理由を聞く理由

上記にも記載しましたが、なぜこれほど面接官は求職者に対して「転職理由」を聞くのでしょうか。

面接官が求職者に転職理由を聞く理由としては、以下の3つがメインとして挙げられます。

・早期退職しないか

・何事も他責にしていないか

・自社に入社して活躍できるか

それでは順に解説していきますね。

 

早期退職しないか

企業側からすると転職者の早期退職が一番の確認事項です。

なぜなら企業側は多額の採用広告費を支払っているのに、転職者が入社して半年以内等の早期退職をしてしまうと、完全赤字になってしまいます。

ビジネス的側面もある一方で、面接官としては採用するのであれば長期的に活躍してほしい気持ちの面もあります。

関連記事
転職エージェントの内定率【転職サイト比較と成功のコツ公開】

 

上記2つの面から早期退職しないかどうかを一つの採用基準として設けています。

正直面接の時点から早期退職しそうなのであれば、採用しても会社にとっては全く意味ないですからね。

求職者側からしても早期退職するのであれば、職歴に傷がつくので双方早期退職は避けるべきですね。

 

何事も他責にしていないか

2つ目は、求職者が何事も他責にしていないかどうかも確認しています。

求職者が以下のように他責にしていたとしましょう。

「残業が多いのは会社側が過多な業務負荷をかけているからだ」

「自分が成績を残せないのは、凝り固まった会社の制度があるからだ」

こんな思考の人材を採用しようと思っている企業は世の中に1社も存在しないはずです。

 

他責思考の人は、不運な出来事や自分のミスを他人や周囲の環境のせいにしがちです。

これでは、周囲に迷惑をかける&自己成長に繋がらないのでもう採用した先が見えてしまいます。

なので他責思考の人は基本的には採用しないです。

 

自社に入社して活躍できるか

3つ目は、自社に入社して活躍できるかどうかをみています。

企業側は当然のこと自社に入社してから活躍できそうな人材の採用を行います。

 

自社に入社して活躍できるかどうかの判断基準としては、

・自責思考である

・上昇志向かつ思考が深い

・前向きな意見が述べられている

上記のような印象を与えられるかどうかが鍵になってきます。

面接官に対しては、企業先で入社して活躍できる像を描かせることが重要になってきます。

 

転職理由を超上手に答えるポイントと答え方

転職理由を超上手に答えるポイントと答え方について解説していきます。

以下の3つが超重要なのでしっかりと頭に入れておきましょう。

・転職理由は条件と仕事の2軸で考えること

・転職理由は本音と建前をうまく使うこと

・転職理由は必ず前向きな回答をする

それでは順に解説していきますね。

 

転職理由は条件と仕事の2軸で考えること

転職理由は、条件と仕事の2軸で考えるようにしましょう。

なぜなら条件面だけだと、仕事に対する意欲が伝わらないからです。

 

転職市場では基本的に即戦力をどの企業も求めています。

転職理由として、条件面だけだと「この人うちで活躍できるの?」と仕事面において疑問を抱いてしまいます。

 

なので、転職先で活躍できることを伝えるためにも条件面だけではなくて仕事面も伝えることが大事です。

面接での転職理由の答え方については、面接で転職理由を聞かれた時の正しい書き方・伝え方【2軸で考えよう】でより詳しく解説しています。

 

転職理由は本音と建前をうまく使うこと

転職理由については、本音と建前をうまく使い分けましょう。

転職理由の本音をそのまま伝えてしまうと、基本的に後ろ向きに捉えられてしまうからですね。

本音で伝えたい気持ちもわかりますが、ケースバイケースで建前で答えることが必要です。

 

正直ここは、採用の仕組みから変えていかないといけないとは思ってはいますが、第一志望に入社したいのであれば我慢して本音と建前をうまく使うべきです。

転職理由の本音と建前については、転職理由は本音?建前?どちらがいいの?【ランキングも掲載】で詳しく解説しています。

 

転職理由は必ず前向きな回答をする

転職理由は必ず前向きな回答をするようにしましょう。

転職理由が、「会社の将来性が心配」とか「会社の制度が気に食わない」などの理由を言ってしまうと、どうしても悪い印象を与えてしまいます。

 

転職理由が、「会社の将来性が心配」な時の答え方については、転職理由が「会社の将来性が心配」な場合の答え方【例文あり】で詳しく解説しています。

 

面接官に対して良い印象を与えるためには、「スキルアップ」等の前向きな回答をするように心がけましょう。

転職理由でのスキルアップの答え方については、転職理由でスキルアップはあり?【答え方やまとめるコツも徹底解説】で詳しく解説しています。

 

TSUMUが実際に答えた転職理由例文

私自身が今回の転職活動で答えた転職理由について紹介しますね。

上記にも記載の通り、条件面+仕事面の2軸で考えました。

今回転職活動を行っている理由と致しましては、勤務地と仕事内容の2点が御座います。1点目の勤務地に関しましては、〇〇の理由から〇〇県を勤務地として希望しており、今後は〇〇に腰を据えて長期的に働いていきたいと考えております。2点目の仕事内容に関しましては、現在行っております営業職は〇〇のような営業手法がメインであり、ビジネスモデル上〇〇の要素がどうしても少ないと考えております。今後は〇〇のような営業手法に取り組み、自分だからこそできる提案を行って自己成長に繋げていきたいと考えているため、今回転職活動させて頂いております。

 

転職活動で退職理由(転職理由)が思いつかない時

銀河

転職活動で退職理由(転職理由)が思いつかないことなんてあるのでしょうか?

実は転職理由が思いつかないことがあるんですね。

前向きな気持ちで転職活動をしている人は多分わからないと思います。

 

転職理由が思いつかない理由としては、

「友人が転職活動していたから自分も始めてみた」

「特にしたいことはないけど、今の職場が嫌だから転職活動を始めた」

上記のように他者に影響されてや、転職理由が抽象的な内容だと具体的な転職理由が思いつかないんですね。

 

転職の面接で退職理由が思いつかない時の対処法としては、転職の面接で退職理由が思いつかない時の対処法【思考転換すること】で詳しく解説しています。

 

自己分析をして転職理由を明確にしよう

サンビーム

転職理由が思いつかない時は、そもそも何のために転職活動をしているのか。

上記のように転職の目的を明確にするために自己分析をしてみましょう。

自己分析をすることによって、なりたい像と自分を最大限に活かせる環境を言語化することができます。

 

自己分析のやり方については、【転職】自己分析のやり方4選「自己分析を制するものは転職を制す」で詳しく解説しています。

 

転職理由は転職エージェントとともに考えるのがベスト

ネクタイ

転職理由は転職エージェントとともに考えることがベストです。

あらかじめ大まかな転職理由を考えてから、転職エージェントに相談をしてみましょう。

転職エージェントに相談することで、転職理由の具体的な面の言語化であったり、面接での転職理由の言い方など自分一人では解決できないことを解決してくれます。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

こちらの記事も面接対策にはベストですのでぜひご参考に。

関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

-転職/第二新卒, 転職の面接攻略, 転職ノウハウ
-, ,

© 2021 TsumuBlog