転職/第二新卒 転職ノウハウ 転職基礎知識

転職のベストなタイミングはいつか?【プランニングが超重要】

悩んでる人
「転職したいけど、転職のベストなタイミングっていつなんだろう?」「転職もそうだけど、現職に退職を伝えるタイミングはいつが良いんだろう?」「転職のタイミングは失敗したくないな!」

 

転職活動で第一志望に行きたいと思っているあなた。

本記事では、転職のベストなタイミングはいつか?について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】
関連記事
転職を失敗する典型例と成功のコツを伝授【情報収集が命運を握ります】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職のベストなタイミングはいつか?【プランニングが超重要】

転職しようにも、どのタイミングで転職すれば一番良いんだろう?

と迷われている方も多いかと思います。

 

結論ですが、ケースバイケースで転職すべきベストなタイミングが存在します。

以下にケース別で詳しく解説していきますね。

 

ベストなキャリアを選択する場合

3月退職4月入社がベストタイミングです。

転職活動時期から逆算すると、上記のタイミングになるからですね。

ベストなキャリアを選択したいということは、数ある求人の中から自分に合った求人に応募したいということです。

 

求人数が最も多くなるのは1月〜2月の期間。

転職が大体平均で3月かかることを考慮すると、1月開始の3月終了がベストプランですね。

 

数多くある求人数の中から自分自身に合った求人を選びましょう。

ただしベストタイミングだけあって、求職者も非常に多くなってくる時期でもあります。

 

ちょっとしたコツがあるとすれば、12月末に転職活動を始めて年が変わる前に書類応募しておくのが良いですね。

関連記事
時期
転職に良い時期と悪い時期はいつ?【ベストな転職時期の見極め方】

 

ボーナス支給されてから転職する場合

ボーナス支給されてから転職する場合は、以下の2つの時期がベストタイミングです。

・6月退職7月転職

・12月退職1月転職

大体の企業が6月と12月にボーナスを支給します。

なのでボーナスをもらってから退職するのがもう一つのベストタイミングな転職ですね。

 

転職期間が3ヶ月かかるとすると、

・6月退職7月転職 →2月転職活動開始

・12月退職1月転職 →9月転職活動開始

のタイミングで転職活動を始めるのがベストでしょう。

ボーナスをもらえるともらえないでは大きな差がありますので、綿密な計画を立てて転職活動を進めましょう。

 

在職企業との雇用関係について知っておこう

在職企業との雇用関係についての豆知識です。

転職に関して、現職や転職先との兼ね合いがありますので、法律に絡む部分があります。

 

正規雇用者の退職は非正規雇用とは違う

正規雇用者は期間の決まっている非正規雇用とは異なり、「雇用期間に定めがない社員」として扱われます。

つまり退職の意思を表示しない限りは定年まで勤務することを前提に雇用されているわけですね。

 

企業によりけりですが、正社員が自ら退職する場合は、非正規雇用者よりも敷居が高いのは当然のことです。

退職を伝えたものの、引き止められることもしばしばあります。

関連記事
転職活動の不安の解消方法を徹底解説【二人三脚で進めよう】

 

法的に定められた退職タイミングとは?

正規雇用社員が退職するまでにはどれくらいの期間が必要なのでしょうか?

法律上「期間の定めのない場合、原則2週間前までに申し出る」ということが定められてます。

つまり退職を申し出る場合は、どんなに遅くとも退職の2週間前までには申し出る必要があるということですね。

 

また、企業によっては、退職日から1ヵ月間猶予を持って申告すると定めている会社もあります。

退職に伴っては、法律だけでなく、在籍企業の社内制度に関しても確認しておきましょう。

 

転職するなら入社何年目がベストタイミング?

ケースバイケースですが、

未経験職種・業界への転職:入社2〜3年目

経験職種・業界への転職:入社4年目以降

といったタイミングがベストでしょう。

未経験職種・業界へ転職するのであれば、現職の経験値は全く必要ありません。

この場合は、思い立ったら即行動に移しましょう。

 

逆に経験職種・業界へ転職する場合は、3年以上の経験をしてから転職しましょう。

大体の求人に3年程度の経験が必須スキルとして記載されているからですね。

関連記事
迷う理由
20代が転職に迷う理由と決断方法【転職成功の体験談あり】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

年齢別の転職のタイミングと必要スキル

続いて年齢別の転職のタイミングと必須スキルについて解説していきますね。

年齢については、20代と30代を合わせて4つの区分に分けて解説しています。

 

20代前半

転職のタイミング:入社2年目〜3年目

必要スキル:ビジネスマナー、やる気や意欲

20代前半は新卒で入社してから3年未満が大多数でしょう。

このケースは中途採用の中でも第二新卒と呼ばれる部類に含まれます。

 

第二新卒は基本的に、新卒入社3年未満の社員であるので、入社2年目〜3年目での転職がベストでしょう。

また、転職にあたっては基本的なビジネスマナーが必須となります。

 

20代後半

転職のタイミング:入社2年目〜5年目

必要スキル:ある程度の業務スキル

最低1年以上の希望職種の経験が必要になってきます。

 

企業側も、まだ若いのでそこまでのスキルは求めていません。

なので現職でどのような取り組みをしてどのような実績を出したのかを明示できるようにしましょう。

 

30代前半

転職のタイミング:入社4年目以降

必要スキル:業務スキル、マネジメントスキル

30代に入ってくると、希望職種の3年以上の経験が必要になってきます。

 

なので入社4年目以降に転職するのがタイミングとしては好ましいでしょう。

合わせてマネジメントスキルもあればなお良ですね。

 

30代後半

転職のタイミング:入社6年目以降

必要スキル:役職、マネジメントスキル

30代後半になってくると、スキルはもちろんのこと、役職やマネジメントスキルも重要視されます。

そのため、現職での5年以上の実務経験が必要になってくるでしょう。

 

30代後半での転職は役職付きで転職することをおすすめします。

 

転職したいと考えるタイミング5選

ビジネスマンが転職したいと考えるタイミングはどのようなタイミングなのでしょうか?

以下の5つのタイミングがビジネスマンが転職を考え始めるタイミングです。

・人間関係に支障をきたす

・同業種にキャリアアップを狙う

・未経験職種・業界へのチャレンジ

・現職の方針変更や評価制度に不満

・結婚や育児に合わせてたタイミング

それでは順に解説していきますね。

 

人間関係に支障をきたす

転職の一番の理由が、人間関係の問題による転職です。

人間関係に支障をきたしてしまうと、職場にいるのが非常に辛くなります。

 

辛くなった結果、仕事に行くたびにストレスが溜まり、転職して職場を変えたいと思うわけですね。

転職して人間関係が良くなったという事例もたくさん聞きます。

関連記事
ストレスで仕事を辞めたい...場合は転職すべき理由を暴露

 

同業種にキャリアアップを狙う

現職よりもさらにレベルの高い業務にチャレンジしたいと思った時も、転職のタイミングです。

仕事に対して意識の高い人は、現職の仕事以上のことをして自分の能力を高めたいと思っています。

 

なので同業種でよりレベルの高い企業や職種に転職してキャリアアップを狙う。

これも転職したいと考えるタイミングの一つになります。

関連記事
転職で年収が下がる人と上がる人の特徴【ジョブ型雇用を意識】

 

未経験職種・業界へのチャレンジ

現職の仕事に全くやりがいが見出せないと考えると、未経験職種・業界へのチャレンジしたくなります。

実際に僕自身も、管理系職種→営業職に転職しました。

 

未経験職種・業界へのチャレンジするのであれば、思い立ったら即行動ですね。

早ければ早い方がいいです。

 

現職の方針変更や評価制度に不満

現職の会社の方針や評価制度に不満を抱いている人は転職したいと思っている人が多いです。

自分の実績が正当に反映される職場は誰もが望んでいる職場です。

 

自分の出した実績に対して、正当に結果に反映されないことでモチベーションが低下。

転職して評価制度に関する不満を払拭しようとする人も多いです。

 

結婚や育児に合わせてたタイミング

結婚や育児があると、転勤族であるとなかなか厳しいですね。

そんなタイミングで、転勤族が転勤なしの会社に転職することもよくあります。

 

転勤が多いと、ライフプランも非常に立て辛いので、転職して解消する人が多いです。

また遠距離恋愛の解消のために転職する人もいます。

 

タイミング的に転職しない方が良い人とは?

ここまで転職すべきタイミングについて解説してきました。

ですが逆にタイミング的に転職しない方がいい人はいるのでしょうか?

 

以下がタイミング的に転職しない方がいい人です。

・新卒入社してからすぐに退職したい人

・転職したばかりだがすぐに転職したい人

それでは順に解説していきますね。

 

新卒入社してからすぐに退職したい人

新卒入社してから1年未満で退職したい人は、転職しない方がいいです。

転職市場が活発になっている中で、昔の考えがまだ根強く残っているのが日本。

 

新卒入社してから1年未満で転職してしまうと、

「考えが甘すぎる」

「忍耐力が全くない」

「そんな安易な気持ちで転職すべきではない」

とバッシングを浴びせられる可能性があります。

 

実際に僕自身も新卒入社してから1年未満で辞める人は、何かしら転職者個人に問題があると考えています。

正直良い目で見られることはまずないですね。

関連記事
後悔
転職失敗を後悔する理由は?成功する人と失敗する人の違いも伝授

 

転職したばかりだがすぐに転職したい人

転職したばかりだがすぐに転職したい人も、転職しない方が良いです。

転職して現職の不満を全て払拭できるかというと大間違いです。

全てが全て最高な企業なんてないので、どれかは必ず妥協すべきですね。

 

また、転職の繰り返しだけで現職のネガティブな不満を解決しようと思ったら大間違いです。

おそらくですがジョブホッパーになってしまうでしょう。

関連記事
ジョブホッパー
転職を繰り返すジョブホッパーの末路とは...【目的を明確にすればOK】

 

転職のタイミングにまつわるQ&A

転職のタイミングにはたくさんの疑問がつきまといます。

転職のタイミングにまつわるQ&Aについて解説していきますね。

 

転職したばかりだけどすぐに転職するのはあり?

転職理由にもよりますが、基本的には転職して1年以内の転職は避けた方がいいです。

1年以内に転職をしてしまうと、何もスキルを得られないまま転職。

つまりは職歴に傷が付くだけの痛い失態となります。

会社事情であれば仕方ないですが、自己都合での1年以内の転職は控えた方がいいでしょう。

 

資格の取得前と取得後、転職をするのはどのタイミング?

これも資格によりますが、資格を取得してからの方がいいです。

TOEICや簿記など実際業務に直接関わる資格であれば、取得してから転職した方が絶対にいいです。

資格があることで、資格相当のスキルを持っていると良い見方をされます。

かつ資格所持者でないと応募できない求人もありますので、ないよりはあるに越したことはないです。

 

現職で昇格してからの転職か、昇格前に転職どちらがいい?

経験上、昇格してからの転職の方が絶対にいいです。

メリットとしては以下ですね。

・昇格すれば役職が転職市場で評価される

・昇格すれば確固たる実績としてアピールできる昇格する前に転職してしまうと、実力がなかったのかな?とか後ろ向きな考え方をされることも少なくはありません。

また、昇格直前で転職してしまうと、実績として役職が付かないのでかなり勿体無いです。

なので昇格してから転職した方が、より良い企業に転職できる可能性が高まります。

 

出産の前と後ではどちらが転職するのに適している?

出産後に転職する方がいいでしょう。

産休制度があればの話ですが、産休制度があればそれを十分に活用してから転職するのがいいですね。

無駄に出産前に転職してしまうと、精神的なストレスであったり、職が決まっていない不安が募ります。

安心して出産後子育てに注力するためには、出産後に転職すべきです。

 

転職前に退職するのは基本的にNGです。

転職する前に退職してしまうと以下のデメリットが生じます。

・社会保険から国民保険への切り替え

・離職期間が発生するため職歴に傷がつく

・精神的な不安から焦ってブラック企業に入社してしまう確かに一旦離職した方が転職活動はしやすいですが、それに反してデメリットが大きすぎます。

なので転職前に退職するのは基本的にNGです。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

-転職/第二新卒, 転職ノウハウ, 転職基礎知識
-

© 2021 TsumuBlog