転職/第二新卒 転職の面接攻略 転職ノウハウ

面接で転職理由を聞かれた時の正しい書き方・伝え方【2軸で考えよう】

悩んでる人
「転職理由の書類への書き方と面接での伝え方がわからないな。」「転職理由って本音で書いたり言ったりしても大丈夫なのかな?」「転職活動で第一志望から内定をもらって成功させたいな!」

 

転職活動で第一志望に行きたいと思っているあなた。

本記事では、転職活動での転職理由の書き方と伝え方について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

面接で転職理由を聞かれた時の正しい書き方・伝え方

転職活動の面接では、転職理由は必ずと言っていいほど聞かれる質問の一つです。

また、多くの企業から聞かれる質問だけあって、転職理由次第では合否が分かれる重要な質問内容です。

 

そんな転職活動において超重要な「転職理由」について、正しい書き方と伝え方について徹底解説していきます。

転職理由が転職活動において超重要な理由としては、転職の面接で聞かれる転職理由は超重要です【回答法を徹底解説】で詳しく解説しています。

 

転職理由は職務経歴書に書く必要なし

まず最初にお伝えしておきたいのが、転職理由は職務経歴書に書く必要は全くありません。

理由としては、内容が後ろ向きになりがちかつ限られた文章量で伝えきれない内容だからです。

 

転職理由は文章化してしまうと、どうしてもネガティブかつ長くなりがちです。

長くなるということは職務経歴書に目を通す時間が増えてしまい、逆に採用担当の手間となってしまいます。

また、転職理由は内容が後ろ向きになりがちで文字で表現するとネガティブな印象を与える可能性の方が大きいからです。

 

上記の理由から、簡潔さを求められる職務経歴書に転職理由を書くのは基本的にNGです。

職務経歴書の詳しい書き方については、転職での職務経歴書の書き方と例文【書類選考通過率3割上がる】で詳しく解説しています。

 

履歴書への転職理由記載はテンプレでOK

職務経歴書には書かない方が良いとお伝えしましたが、履歴書には退職理由は書いておきましょう。

履歴書に記載する退職理由は基本的に以下の内容のいずれかです。

・一身上の都合により退職

・会社都合により退職

・契約期間満了につき退職

 

「一身上の都合により退職」が一番多いでしょう。

自己都合で退職した時は、「一身上の都合により退職」を記載でOKです。

 

会社都合や契約期間満了に関しては、ケースバイケースで書いておきましょう。

派遣社員であれば、「契約期間満了につき退職」が妥当かと思います。

 

履歴書の学歴・職歴の書き方については、転職での履歴書の学歴・職歴欄の正しい書き方と例文で詳しく解説しています。

 

実際に話した転職理由・退職理由の書き方例文

僕自身が今回の転職活動で実際に話した転職理由・退職理由について解説しますね。

転職理由・退職理由については、以下の2点を話しました。

・条件面

・仕事面

 

条件面に関しては、勤務地をけっこう重要視していたので、

〇〇の理由から〇〇県を勤務地として希望しており、腰を据えて長期的に今後は働いていきたいと考えております。

と面接では話しました。

 

仕事面に関しては、

現在の営業職は〇〇のような営業手法であり、今後は〇〇のような営業手法に取り組み、自分だからこその提案をして自己成長にげていきたい。

と面接では話しました。

 

まとめると以下のような転職理由になります。

今回転職活動を行っている理由としては勤務地と仕事内容の2点がございます。1点目の勤務地に関しまして、〇〇の理由から〇〇県を勤務地として希望しており、腰を据えて長期的に今後は働いていきたいと考えております。2点目の仕事内容に関しましては、現在行っております営業職は〇〇のような営業手法であり〇〇の要素が少ないと考えております。今後は〇〇のような営業手法に取り組み、自分だからこその提案をして自己成長に繋げていきたいと考えているため、今回転職活動させて頂いております。

 

転職理由でスキルアップを伝えたいと思っている方は、転職理由でスキルアップはあり?【答え方やまとめるコツも徹底解説】の記事も参考にしてみてください。

仕事辞めたい…向いてないと思うのは甘えではないので仕事を変えてOKです。

関連記事
仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?【甘えじゃない】

 

面接で採用担当者が転職理由を聞く理由

ここまで転職理由の書き方と答え方について解説してきました。

ではなぜ面接で企業の採用担当が求職者に対して転職理由を聞くのでしょうか。

結論から言うと、入社後同じ理由で退職しないかを確認するためです。

 

採用担当者は自社の社員として採用してから長期的に働いてもらいたいと考えています。

そんな中で入社して早期退職してしまうと会社として大きな損失を被ることになります。

上記のように、自社社員として活躍してくれるかだけではなくて、長期的に活躍してくれるかの点も確認の上聞いています。

 

例えばですが、転職理由が「人間関係が、、」や「残業が多い」などの理由で転職活動していたとしましょう。

正直人間関係や残業が多くなるなどはどの企業でも起こりうる事象なので、入社しても同じような理由で辞めてしまうかもと思われてしまいます。

 

なので、転職理由を考える際は、

「転職先で同じような理由が発生しないか」

「現職での不満を確実に払拭できるか」

上記の2点について改めて自分自身の中で考えて、転職活動にに臨むようにしましょう。

関連記事
転職がうまくいかないと感じる20代の原因と対策を徹底解説

 

転職の面接における逆質問に関しては、実際に聞いた転職の面接での逆質問例10選【地頭力を見られます】で詳しく解説しています。

また、転職の最終面接に関する逆質問に関しては、転職の最終面接ですべき逆質問例5選【俯瞰して考えよう】で詳しく解説しています。

 

転職理由をまとめる3つのステップ

転職理由は以下の3ステップに沿って考えることで、面接で上手に伝えることができます。

①なぜ転職しようと思ったのかを考える

②転職理由が他責思考になってないかを考える

③転職理由をポジティブ内容に変換

それでは順に解説していきますね。

 

①なぜ転職しようと思ったのかを考える

まず最初になぜ転職しようと思ったのかをまとめてみましょう。

残業が多い、キャリアアップしたい、実力主義の環境で働きたい等、、

思うことは人それぞれです。

 

その中で一番のきっかけとなった転職理由について洗い出していきましょう。

転職理由については1つだけではなくて2〜3つほど洗い出すのがいいかもです。

 

②転職理由が他責思考になってないかを考える

転職理由のきっかけを洗い出すことができたら、その内容が他責思考になっていないかを確認しましょう。

人間関係とか、会社の制度が、、とかの理由ですと基本的に他責思考になりますね。

他責思考のまま転職活動してしまうと、転職先でも同じ理由で再度転職してしまう可能性が大いにあります。

 

なので洗い出した転職理由のきっかけが全て他責思考なのであれば即転職活動をやめましょう。

逆に洗い出した転職理由が前向きな転職理由であれば、ぜひ次のステップに進んでください。

 

前向きな理由としては、実力主義の環境で働きたいとか、裁量権のある環境で働きたいとかになります。

上記のような感じで洗い出した転職理由のきっかけが他責思考かそうでないかを考えてみましょう。

 

③転職理由をポジティブ内容に変換

最後にですが、洗い出した転職理由のきっかけをポジティブな内容に変換しましょう。

例えばですが、「現職が年功序列でモチベーションが上がらない」の理由で転職を始めようと思ったとしましょう。

 

上記をポジティブな内容に変換すれば、「実力主義の環境で働いていきたい」と言う内容に変換すればOKです。

ポジティブな内容に変換することで、面接受けも抜群に良くなります。

 

退職理由や転職理由が思いつかない時の対処法に関しては、転職の面接で退職理由が思いつかない時の対処法【思考転換すること】で詳しく解説しています。

 

転職理由の書き方・伝え方を考える時の注意点

転職理由の書き方と伝え方においてはいくつか注意点があります。

以下の注意点を考慮したのちに転職理由について考えていきましょう。

・転職理由は本音と建前をうまく使うべき

・転職理由を答えた後のことも考える

・条件面だけではなくて仕事面も伝える

それでは順に解説していきますね。

 

転職理由は本音と建前をうまく使うべき

転職理由は本音と建前をうまく使っていきましょう。

本音を伝えたい気持ちはわかりますが、本音をそのまま言ってしまうと、ネガティブな内容であれば確実に落とされます。

 

「残業が多いから」という理由が本音だとすると、そのまま伝えてどの企業が採用してくれると思いますか?

おそらく残業が多いからという理由で話していてはどこも採用してくれないと思います。

完全な嘘はダメですが、「残業が多いから」であれば、「ワークライフバランスを重視したい」という理由に変換するなどして、本音と建前をうまく使っていきましょう。

 

転職理由の本音と建前については、転職理由は本音?建前?どちらがいいの?【ランキングも掲載】で詳しく解説しています。

 

転職理由を答えた後のことも考える

転職理由を答えた後のことも考えてから転職に臨みましょう。

なぜなら転職理由は、必ず深堀りされるからです。

 

例えば「〇〇県勤務希望&営業マンとして成長したい」という理由で転職活動しているとしましょう。

この場合、

「〇〇県勤務希望」に対しては、「例えば2〜3年後に転勤の可能性はありますがそこはどうお考えですか?」

「営業マンとして成長したい」に対しては、「ではどのように成長していきたいと考えていますか?」

上記のように一歩踏み込んで質問してくる企業がほとんどです。

なので転職理由を考えることも重要ですが、より具体的な内容をあらかじめ考えておく必要がありますね。

関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

条件面だけではなくて仕事面も伝える

転職理由は、条件面だけではダメです。

なぜなら企業側は、自社で活躍してくれる社員を採用することがメインだからです。

 

当然のこと仕事についてもこだわりがあったり、前向きに考えられる人を採用したいわけですね。

そんな中で、企業の福利厚生などの条件だけ見ていては、「うちじゃなくてもいいんじゃないか?」って思われて落とされます。

 

なので転職理由は、条件面+仕事面、最低でも仕事面だけでも伝えるようにしましょう。

転職の面接対策全般に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事
転職の面接対策徹底ガイド【1ヶ月で内定5社の筆者が教える】

 

転職理由は転職エージェントとともに考えよう

ネクタイ

転職理由については、転職エージェントと相談して考えることも一つの方法です。

僕自身も転職理由については転職エージェントと話し合って考えました。

 

「転職理由は〇〇の言い方でいこうかなと思ってるんですけど、他責思考になってませんか?」

「仕事面について、〇〇のような気持ちがあるんですけど、これって〇〇のような伝え方がいいですか?」

という感じで転職エージェントに質問すれば、一緒に考えて解決してくれます。

関連記事
転職エージェントを使わないメリットとデメリットを徹底解説

 

なので、転職理由が言語化できてない人には転職エージェントは非常におすすめです。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

-転職/第二新卒, 転職の面接攻略, 転職ノウハウ
-, ,

© 2021 TsumuBlog