転職/第二新卒 転職の面接攻略 転職ノウハウ

転職面接での長所と短所の伝え方と例文【ありのままの自分でOK】

悩んでる人
「転職の面接では長所と短所ってどのように伝えるべきだろう。」「転職の面接で言ってはいけない長所と短所とかあるのかな。」「転職の面接で言う長所と短所がなかなか思いつかないんだけどどうしよう。」

 

転職活動で第一志望に行きたいと思っているあなた。

本記事では、転職面接での長所と短所の伝え方について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職面接での長所と短所の伝え方の前提条件

転職の面接でよく聞かれる質問の一つとしてあるのが長所と短所。

長所と短所も面接の中ではけっこう重要な質問ではあるので、適当に答えていてはいけません。

 

ですが、長所と短所も人によっては、なかなか思い浮かばないって人も多いかと思います。

そんな求職者向けに転職面接での長所と短所の伝え方について本記事では徹底解説していきます。

 

っとその前に、まずは長所と短所を答える上での前提条件のお話をしますね。

転職面接で長所と短所を答える為に、以下の前提条件をしっかりと理解しておきましょう。

・結論→裏付けるエピソード

・それぞれの回答は1〜3つ

・仕事に関連した内容を伝える

それでは順に解説していきますね。

 

転職の面接対策全般に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事
転職の面接対策徹底ガイド【1ヶ月で内定5社の筆者が教える】

 

結論→裏付けるエピソード

長所と短所は必ず「結論→裏付けるエピソード」の順で記載しましょう。

結論だけ言っても、「それ本当なの?」と面接官に理解されないからですね。

逆にエピソードから話しても、「一体何が言いたいんだ?」と面接官を混乱させてしまう為です。

 

長所と短所は、まず最初に結論から話します。

「私の長所は○つありまして、一つ目の長所は〇〇です。」

という感じで、①最初に何が長所なのかを明確に示しましょう。

その後に、②長所を裏付けるエピソードを話しましょう。

 

エピソードは過去の学生時代の話よりも、現職や前職での話を持ってきた方が説得力が高まります。

自己PRや転職理由、志望動機も同じような考えで伝えましょう。

関連記事
転職活動での自己PRの書き方と伝え方【マッチ度が重要です】
関連記事
面接で転職理由を聞かれた時の正しい書き方・伝え方【2軸で考えよう】

 

それぞれの回答は1〜3つ

長所と短所はそれぞれ1〜3つほど答えるようにしましょう。

1つだけ答えてもいいですが、自分をアピールする為には少し少ないような気がします。

逆に3つ以上となってしまうと、話が長くなってしまい、逆に印象が悪くなります。

なので2つもしくは3つそれぞれ言うのがベストですね。

 

企業側からたまに「それぞれ3つずつ答えてください」という質問もきたりします。

なので3つは必ず用意しておいて問題ないでしょう。

 

3つ答えたとしても、話が長くなるからと言って、エピソード無しではダメです。

短時間の間に簡潔に「結論→裏付けるエピソード」を言えるようにしておきましょう。

 

仕事に関連した内容を伝える

長所と短所に関しては、仕事に関連した内容を伝えるようにしましょう。

これは面接官に具体的に働くイメージを持たせる為です。

 

いくら自分のとっておきの長所と短所を言っても、「それって仕事ではどう生かせるの?」となればおしまいです。

なので、結論を補足するエピソードは仕事関連のエピソードを伝えるのが一番良いでしょう。

仕事に関連した内容を伝えると、面接官もイメージしやすく、ケースバイケースですが評価も良くなるはずです。

 

転職面接での長所の伝え方と例文

前提条件を話したところで、ここからは転職面接での長所の伝え方と例文について解説していきます。

長所にもいくつか伝え方のポイントがあります。

これらのポイントを守らないとアピールしても面接官に響かない可能性がありますので、しっかりと把握した上で面接に臨みましょう。

 

転職面接での長所の伝え方のポイント

転職面接での長所の伝え方のポイントとしては以下の2点が挙げられます。

・応募企業の求める人物像に関連づける

・自己PRとイコールでもOK

順に解説していきますね。

 

応募企業の求める人物像に関連づける

長所はなるべく応募企業の求める人物像に関連づけるようにしましょう。

求職者が数多いる中で、いくらスキルがあると言っても長所がその会社で発揮されなければ、全くの無意味です。

 

「ロジカル性が求められる」企業に対して「行動力だけはあります」と答えても、何も響きません。

なので企業側の求める人物像に合わせた長所を答えるようにしましょう。

 

自己PRとイコールでもOK

長所は自己PRや強みとイコールでもOKです。

それぞれ別のことを言ってしまうと、「一体何が強みなんだ?」と逆効果になってしまいます。

実際に僕自身も面接では、長所や自己PR、強みはどの質問が来ても一貫して同じことを言っていました。

 

なので長所や自己PR、強みのいずれかを聞かれたとしても、一貫性を持って答えられるようにしましょう。

意味合い的には基本的には同じなので問題ないでしょう。

関連記事
転職活動での自己PRの書き方と伝え方【マッチ度が重要です】

 

転職面接での長所の例文

実際に僕自身が転職の面接で話した長所の例文について紹介していきますね。

チャレンジ精神
何事も「迷ったらまずはやってみる」を心掛けて行動してきました。〇〇に関しては、〇〇でのアポや〇〇作成、〇〇に関しては、〇〇連携や〇〇を作成した積極的なアプローチ、マネジメントに関しては、〇〇の実施や〇〇施策など他の人がやらない様々な取り組みを行って参りました。様々な取り組みを結果が出るまで諦めず継続的に行い、〇〇では昨年対比〇〇%の売上実績を残してきました。

コツコツ地道な努力
私は学生時代の部活動や、現職で〇〇職への昇格など、日々コツコツ地道に努力し続けることによって成果を出してきました。現職ではアポ〇〇件/日、企業への提案〇〇件/週、企業訪問〇〇件/週と人一倍地道にコツコツ行動し続けてきた結果、〇〇の成果を出すことができました。人一倍の行動量とコツコツ地道に努力し続けられる私の持ち味を貴社でも存分に発揮できると存じております。

 

転職面接での長所OK例とNG例一覧

上記のように実際に面接で話した長所例について紹介してきました。

長所にも言っていい長所と言ってはいけない長所があるのはご存知ですか?

それぞれについて例文を踏まえて、解説していきますね。

 

長所OK例

・仮設思考ができることです

・差別化を意識した行動ができます

・協調性を持って物事に取り組めます

・何事も果敢に挑戦するチャレンジ精神です

長所OK例としては、誰でも言えるようなありきたりな内容でなければOKです。

 

誰でも言えるようなと言ったら誤解を招くかもしれませんが、仕事において必要不可欠な特徴を述べてはいけません。

仕事に不可欠な要素プラスαの内容を長所では言えるようにしましょう。

 

長所NG例

・優しい性格が持ち味です

・真面目に物事に取り組めます

・責任感を持って仕事に取り組めます

・コミュニケーション能力が高いです

長所のNG例としては、仕事を進めていく上では必要不可欠な要素ですね。

 

どの企業においても絶対に必要とされる内容は答えないようにしましょう。

真面目にとか責任感を持つとかは、あって当たり前の話です。

真面目に仕事に取り組んでくれない人とか採用したくもありませんよね。

 

あと、コミュニケーション能力が高いってのは抽象的すぎます。

コミュニケーション能力にも「聞く力」「聴く力」「話す力」のように要素分解できます。

コミュニケーション能力の何が強みなのかを答えられるようにしましょう。

 

転職面接での短所の伝え方と例文

ここまで長所について解説してきました。

ここからは転職の面接における短所の伝え方と例文について解説していきますね。

 

転職面接での短所の伝え方のポイント

短所にもいくつかの伝え方のポイントがあるのはご存知でしょうか?

以下が転職の面接における短所の伝え方のポイントです。

・企業の求める人物像に当てはまる短所を言わない

・結論→どのように改善しているか

それでは順に解説していきますね。

 

企業の求める人物像に当てはまる短所を言わない

企業の求める人物像に真っ向から否定しているようなものです。

具体的には、「私は企業の求める人物像を兼ね備えていません」と言っているようなものですね。

 

企業の求める人物像の内容を短所で言ってしまうと、確実にお見送りになってしまいます。

なので短所に関しては、なるべく企業の人物像に当てはまらない内容を伝えるようにしましょう。

 

結論→どのように改善しているか

短所は長所と異なり、エピソードはそれほど必要ありません。

エピソードが必要ない分、短所をどのように改善しているかを答えられるようにしましょう。

 

「〇〇が短所であると考えており、普段の業務から〇〇のような行動をとり、〇〇を意識して取り組んでいます」

のように短所を現状どのように改善しているのかを具体的に示せるようにしましょう。

短所を言うだけ言って、何も改善していませんと答えるのは一番ダメです。

 

転職面接での短所の例文

転職の面接で実際に言った短所の例文を紹介していきますね。

勢い余って行動してしまう
私は挑戦心が強いあまり、勢い余って行動してしまうことがあります。この短所を改善する為にも、普段の業務から行動をする前にメリットとデメリットをそれぞれ考えた上で、行動すべきか判断し、行動するように心がけています。

他人に流されやすい
もう一つの短所としては、優しい性格が故に他人に流されやすいことが挙げられます。今後はより一層自分で決断する場面が増えてくると思いますので、自分自身で持った意志や意見に関しては、確固たる根拠を持って相手を説得もしくは交渉するように心がけています。

 

転職面接での短所OK例とNG例一覧

長所と同様に短所にも言っていい短所と言ってはいけない短所があります。

それでは転職の面接での短所OK例とNG例について解説していきますね。

 

短所OK例

・優柔不断なところがあります

・意志が強すぎるところがあります

・他人の意見に流されやすいことです

・少々せっかちになってしまうことです

短所のOK例は仕事上、なくてもなんとかなる内容です。

短所もプラスαであればいいなという内容であればそこまでマイナスな印象は持たれないでしょう。

 

OK例だとしても短所だけ言って終わってはいけません。

どう改善しているのかを具体的に話せるように準備しておきましょう。

 

短所NG例

・協調性がありません

・思考力が浅いことです

・人と話すのが苦手です

・時間を守れないことが多いです

 

仕事上これは絶対にダメだろうという内容はNGです。

例えば上記の例で言うと、人と話すのが苦手とか時間を守れないとかですね。

仕事は必ず人と関わるので、人と話すのが苦手であれば協業して仕事を進めていくことができません。

 

また時間を守れないのはもってのほかです。

どの仕事も納期は必ず存在しますので、時間を守れないのは社会人としてNGです。

関連記事
仕事ができない
仕事ができない人の特徴10選【辞めたいなら今すぐ辞めよう】

 

転職面接で面接官が長所や短所を聞く意図

ここまで長所と短所について解説してきました。

悩んでる人
実際に面接で面接官が求職者に対して長所と短所を聞く具体的な理由は何なのでしょうか。

 

以下が転職面接で面接官が長所や短所を聞く意図です。

・求職者の人柄や性格を確認

・自分をしっかりと理解できてるかの確認

それでは順に解説していきますね。

 

求職者の人柄や性格を確認

面接という限られた時間の中で、求職者のことを把握しなければいけません。

そんな中で求職者の人柄や特徴を最も表しているのが長所と短所でしょう。

長所と短所を聞くことで、求職者の人となりや思考等が見えてきます。

 

また、求職者の人柄や性格を確認した上で、自社で活躍できるかどうかも確認しています。

求職者が答えた長所や短所が自社の業務や社風への適性が高ければ、入社後に活躍するイメージを明確に描くことができます。

 

加えて入社後のミスマッチも起こりにくいため、入社後の長期的な活躍が期待できるからですね。

関連記事
面接の質問
【転職の面接対策】18個の質問一覧と回答例【これだけ押さえればOK】

 

自分をしっかりと理解できてるかの確認

長所と短所をヒアリングすることで、求職者が自分をしっかりと理解できてるかの確認します。

 

自分自身をしっかりと棚卸しして、「自分の長所は何で、短所は何なのか」を客観的に捉えられる人。

上記のような人は、面接官から「自分で考えて自分で行動できる人」と高評価を受けることができます。

 

また、面接で長所だけではなくて短所も聞くことで、「自分自身のネガティブな側面にしっかりと向き合い、克服する努力ができるかも確認しています。

関連記事
向いてる仕事の見つけ方【転職したいけど適職が分からない方へ】

 

転職面接で伝える長所・短所がどうしても浮かばない時は?

転職の面接で伝えるための長所と短所がどうしても浮かばない時はどうすべきでしょうか?

個人的な考えとしては、以下の3つに取り組んでみることが良いかなと思います。

・会社の同期や友人に聞いてみよう

・改めて自己分析をしてみよう

・転職エージェントに相談してみよう

それでは順に解説していきますね。

 

会社の同期や友人に聞いてみよう

会社の同期にはちょっと聞きづらいと思いますが、友人とかに自分の特徴を聞いてみましょう。

聞くのも良いですし、過去に言われたことがあることを長所や短所にしてもOKです。

 

他社から言われたことは、自分が思っているよりも適当な特徴であることが多いので、面接でもズレがほぼ発生しません。

僕自身も短所に関しては、これまで他人に言われたことを参考にしてみました。

 

改めて自己分析をしてみよう

長所と短所がわからないようであれば改めて自己分析をしてみましょう。

自己分析をすることによって、過去の経験や実績から共通する価値観を見出すことができます。

価値観を見出すことに加えて、将来のキャリアビジョンや向いている仕事も明確になるので一石三鳥でしょう。

 

自己分析に関しては、「やりたいことの見つけ方」という本が非常に参考になりました。

この本は自己理解のプロである八木さんが導き出したやりたいこと・向いていることを導くために編み出した方法が具体的に記載されています。

オリラジの中田さんも大絶賛している一冊なので、ぜひトライしてみてください。

 

転職エージェントに相談してみよう

長所と短所が思い浮かばなければ、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントには、長所と短所に関するアドバイスであったり、企業側の特徴から言うべきもしくは言わないでおくべき長所と短所も伝授してくれます。

関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】

 

面接での回答に困るようであれば、ぜひ転職エージェントを活用してみましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

-転職/第二新卒, 転職の面接攻略, 転職ノウハウ
-,

© 2021 TsumuBlog