転職/第二新卒 転職の面接攻略 転職ノウハウ

転職理由でスキルアップはあり?【答え方やまとめるコツも徹底解説】

悩んでる人
「転職理由でスキルアップって実際ありなのかな?」「現職での不満を払拭したいけど、高感度の上がるスキルアップの言い方とかあるのかな?」「無事スキルアップできるように転職活動成功させたいな!」

 

転職活動で第一志望に行きたいと思っているあなた。

本記事では、転職活動での転職理由でスキルアップはありかどうかについて徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職理由でスキルアップはあり?

転職理由でスキルアップはアリなのでしょうか?

結論から言うと、転職でスキルアップはありです。

むしろ転職理由でスキルアップは非常におすすめです。

 

転職理由でスキルアップがおすすめな理由は以下の2点です。

・転職理由が前向き

・積極性や意欲が高いと見られる

それでは順に解説していきますね。

 

転職理由が前向き

転職理由がスキルアップだと、非常に前向きな印象だと捉えられます。

「転職によって自分自身の〇〇のスキルを磨いていきたい」

という求職者に対して、後ろ向きな印象は抱きませんよね。

 

スキルアップの気持ちがあれば当然業務に対しても前向きに取り組んでくれるので、会社に利益をもたらせてくれる可能性は高いです。

なので転職理由がスキルアップは非常におすすめなんですね。

関連記事
向いてる仕事の見つけ方【転職したいけど適職が分からない方へ】

 

積極性や意欲が高いと見られる

もう一つは、積極性や意欲が高いと見られることです。

転職理由がスキルアップであると、上記にも記載の通り業務に対して前向きな気持ちで取り組んでくれます。

 

また、スキルアップと言うワードから、「意欲的に取り組んでくれる」や「業務に対して積極的に取り組んでくれる」などの印象を抱くために、面接でスキルアップの転職理由を伝えるのはおすすめです。

企業側も、仕事を通じて自分の能力を高めていきたいかそうでないかでいうと確実に前者を求めますよね。

スキルアップに限らず、前向きで意欲的な転職理由は面接でもってこいです。

 

スキルアップは抽象的な言葉

ですが一つ注意点があります。

スキルアップは抽象的な言葉なので、企業によってはマイナスイメージを持たれる可能性があります。

 

マイナスイメージと言うと、「思考が浅い」とか「具体的にやりたいことが見えてこない」などですね。

そうした事態を避けるためにも、スキルアップよりもさらに具体的なワードを言いましょう。

 

例えばの例でいうと、営業だと、

「無形商材を扱った企画提案営業を行い、企画提案力や課題解決力を高めていきたい」

のような具体的な回答をすればOKです。

スキルアップは非常に幅広いので、どのようなスキルを向上させていきたいかまで考えていきましょう。

 

転職の志望動機の書き方・伝え方については、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事
転職の志望動機の書き方・伝え方【例文と攻略方法も徹底解説】

 

転職理由でスキルアップを言う際の3ステップ

続いて転職理由でスキルアップを言う際の3つのステップについてご紹介しますね。

3つのステップについては以下の手順で考えます。

①現職での仕事上における不満を洗い出す

②将来どういう風になりたいかを明確にする

③現在と将来のギャップを埋める内容にする

それでは順に解説していきますね。

 

①現職での仕事上における不満を洗い出す

まずは現職での仕事上における不満を洗い出しましょう。

洗い出すといっても、「残業が多い」や「福利厚生が気に食わない」とかそんなことではないです。

 

「年功序列の制度」「業務の手法」「トップダウン」

上記のような自分自身の業務上における不満を洗い出しましょう。

 

不満を洗い出したら、ある程度転職の軸が定まってくると思います。

転職活動は現職での不満を払拭するために行うためだからですね。

 

仕事辞めたい…向いてないと思うのは甘えではないので仕事を変えましょう。

関連記事
仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?【甘えじゃない】

 

②将来どういう風になりたいかを明確にする

現職での業務上の不満を洗い出したら、将来どういう風になりたいを明確にしましょう。

例えばですが、

「若いうちから裁量権を持って働き、早々と昇格したい」

「自分自身のスキルを高めてその道のプロフェッショナルになりたい」

上記のような内容でOKです。

今現職で業務上の不満があるということは、何かしら将来的になりたい像があるはずなので、それを明確にしていきましょう。

 

③現在と将来のギャップを埋める内容にする

現状の不満と自分自身の将来像(なりたい像)を明確にしたら次の作業です。

現状と将来とのギャップを埋める内容を考えていきましょう。

 

一つ簡単な例を出すと、

現状:年功序列

将来:若いうちから稼いで出世したい

上記のような現状と将来を考えます。

この現状と将来の間のギャップを埋めることが、転職活動においては非常に重要です。

 

なのでこの現状と将来のギャップを埋めるためにはどうすべきかを考えましょう。

上記であれば、スキルアップとして「実力主義の環境で働きたい」がベストです。

実力主義の環境で働きたいのであれば、意気込みとしては前向きですし、「自分の実力を高めていく=スキルアップ」にも繋がりますよね。

 

面接官が転職理由でチェックしているポイント

面接官は転職理由をどういう視点からチェックしているのでしょうか。

面接官が求職者に転職理由を求める主な理由は以下の3つです。

・自社との相性

・同じ理由で退職されないか

・転職理由に対してアクションを起こしたか

それでは順に解説していきますね。

 

自社との相性

まず、転職理由をヒアリングして自社との相性を確認します。

 

自社では「できるだけ残業を抑制するように取り組んでいる」としましょう。

この場合、いくらスキルアップしたいと言っても、「残業はどれだけしてもいいから自分の実力を上げていきたい」だとちょっと働き方がずれてきますよね。

会社によっては、働き方が全く異なってくる会社もあったりするので、自社との相性はしっかりと見ています。

 

同じ理由で退職されないか

面接で転職理由を聞かれた時の正しい書き方・伝え方【2軸で考えよう】の記事でも解説していますが、同じ理由で退職されないかもチェックしています。

企業側にとっては、早期退職は大きな損失となってしまいます。

 

そのため、転職理由が他責思考や、理由が抽象的な場合は早期退職をどうしても懸念してしまいます。

早期退職するかもとちょっとでも思われてしまうとNGが出ます。

 

転職理由に対してアクションを起こしたか

最後は転職理由に対して、社内でアクションを起こしたかどうかです。

転職理由が実は社内でアクションを起こせば解決できたであれば転職する必要はないですよね。

 

社内でアクションを起こさずに転職活動をしていると、安易に転職活動をしていると思われてしまいます。

何も社内でアクションを起こさず辞めてしまうと、マイナスイメージが大きいので、この点も注意しておきましょう。

 

転職理由が転職活動において超重要な理由としては、転職の面接で聞かれる転職理由は超重要です【回答法を徹底解説】で詳しく解説しています。

 

スキルアップを踏まえた転職理由をまとめる際のコツ3選

最後になりますが、スキルアップを踏まえた転職理由をまとめる際のコツ3選について解説していきます。

・ネガティブ→ポジティブへの変換

・退職理由と志望動機に一貫性を持たせる

・企業先の求める人物像と照らし合わせる

それでは順に解説していきいますね。

 

ネガティブ→ポジティブへの変換

転職理由はネガティブ内容からポジティブ内容に変更をしましょう。

スキルアップが目的であれば、ネガティブな内容にはならないと思いますが、けっこう多いので気をつけましょう。

企業側もポジティブ思考の人材しか求めていないはずです。

 

ネガティブ内容からポジティブ内容に変更する方法については、転職の面接で退職理由が思いつかない時の対処法【思考転換すること】で詳しく解説しています。

 

退職理由と志望動機に一貫性を持たせる

退職理由=志望動機の形にして話しましょう。

退職理由:現職に対する不満

志望動機:現職に対する不満を払拭する企業・業務

ですので、ここが一致しないことには、転職の軸はブレブレです。

なので退職理由と志望動機に一貫性を持たせることに注力して転職活動を進めましょう。

 

志望動機に関する記事はこちら

関連記事
転職活動での履歴書の志望動機の書き方【2つのポイントが重要】
関連記事
未経験職種・業界へ転職する時の志望動機の伝え方【例文付き】

 

退職理由に関する記事はこちら

関連記事
将来性
転職理由が「会社の将来性が心配」な場合の答え方【例文あり】
関連記事
本音
転職理由は本音?建前?どちらがいいの?【ランキングも掲載】

 

企業先の求める人物像と照らし合わせる

企業先の求める人物像と照らし合わせを行いましょう。

いくら自分自身が、実力主義の環境に身を置いて出世していきたいという気持ちがあっても、企業先が、野心あふれる人物を求めていないとすると確実にお見送りになってしまいます。

 

スキルアップが目的である場合は、ほとんどの企業が歓迎ですが、例外もありますので、企業先の求める人物像をしっかりと把握して転職活動に臨みましょう。

 

スキルアップ目的であれば転職エージェントを利用しよう

ネクタイ

転職エージェントが保有する非公開求人は、企業のレベルが高く、スキルアップしたい求職者にはもってこいです。

また、エージェントによっては、ベンチャー企業を多く保有しているエージェントも中にはあります。

関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】

 

スキルアップであれば、大手よりはベンチャーがおすすめなので、転職エージェントに登録して転職活動を進めてみましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

-転職/第二新卒, 転職の面接攻略, 転職ノウハウ
-, ,

© 2021 TsumuBlog