転職/第二新卒 転職の履歴書/職務経歴書 転職ノウハウ

転職活動での履歴書の証明写真は写真館で撮るべき理由【超重要です】

悩んでる人
「転職活動での履歴書に添付する証明写真ってそこまで合否に影響ないんでしょ?」「転職で合否に影響ないなら履歴書の証明写真は写真機で撮影すればOKかな?」「転職活動は成功させたいけど、履歴書の証明写真にはお金を使いたくないな。。」

 

転職活動で第一志望に行きたいと思っているあなた。

本記事では、転職活動での履歴書の証明写真の撮影方法について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職活動での履歴書の証明写真は写真館で撮るべき理由

皆さん転職活動での履歴書に添付する証明写真はどのようにして撮影しているでしょうか。

まさか証明写真機や自撮りとかで撮影していませんよね?

 

結論から言うと、転職での履歴書の証明写真は写真館で撮るべきです。

理由は以下の通りです。

・証明写真で第一印象の全てが決まる

・他のどの方法よりもクオリティが高い

・なんだかんだで書類選考通過率が高くなる

それでは順に解説していきますね。

 

証明写真で第一印象の全てが決まる

履歴書の証明写真は第一印象としてめちゃくちゃ重要です。

証明写真だけで応募者の第一印象が決まるといっても過言ではありません。

そんな証明写真、たかが証明写真と思えども魂を込めて撮影してください。

 

一番最初の印象は最後の選考まで響きます。

また写真による採用担当に与える影響は非常に大きいものがありますので、証明写真は必ず写真館で撮影するようにしましょう。

関連記事
転職エージェントで書類選考が通らない理由【裏技体験談も公開】

 

他のどの方法よりもクオリティが高い

「写真館で撮影する写真なんて、証明写真機とそこまで大差ないでしょ?」

と思う方もいるかと思いますが、実際はクオリティが半端なく違います。

 

僕自身も一度写真館で撮影して、その直後に証明写真機で撮影したことがあります。

2つの写真を比べてみましたが、圧倒的に美しくかっこよく見えたのが写真館で撮影した証明写真。

比べてみたらその違いが一目瞭然です。

 

なんだかんだで書類選考通過率が高くなる

「証明写真の撮影方法が違うだけで書類選考にはそこまで影響しないでしょ?」

と考える人も多いかもしれませんが、実はけっこう書類選考通過率が変わってきます。

 

これは僕の実体験に過ぎませんが、前回の転職活動は証明写真機で撮影した写真を用いたら書類選考通過率が2〜3割でした。

ですが今回の転職活動では写真館で撮影してもらった証明写真を使ったら書類選考通過率がなんと5割以上。

証明写真だけが影響を及ぼしたとはちょっと語弊がありますが、少なからず書類選考通過率に関わっている可能性が大いにあります。

関連記事
転職エージェントの内定率【転職サイト比較と成功のコツ公開】

 

ちなみに僕自身が今回の転職活動で利用した転職エージェントは、以下の記事の20代におすすめの転職エージェントで詳しく記載しています。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職における履歴書の証明写真の守るべきルール

履歴書の写真は写真館で撮影すべきと述べてきましたが、ここでは撮影の際の守るべきルールについて解説していきます。

以下の内容は撮影の際はきっちり守りましょう。

・規定サイズは縦40mm×横30mm

・撮影時期は3ヶ月以内

・無帽、目線有りでの撮影

・背景色は白・グレー・青が無難

・口を閉じたまま口角を上げる

・正面を向いて目線を合わせる

・スーツ、ネクタイを着用

・前髪が目にかからない

・髪の毛を染めない、寝癖を無くす

それでは順に解説していきますね。

 

規定サイズは縦40mm×横30mm

履歴書の証明写真のサイズは縦40mm×横30mmです。

枠に対して小さすぎるや逆に枠からはみ出て大きすぎる状態で添付しないようにしましょう。

写真館や証明写真機では履歴書のサイズ指定ができますので、必ず「履歴書用」で撮影しましょう。

 

撮影時期は3ヶ月以内

「最近の写真が手元にないから、けっこう前に撮影した写真でいいかな」

って思って過去の写真を使うのはNGです。

 

自分ではわからないかもしれませんが、髪型や顔の形、顔の印象など他人から見ると大きく変わっています。

なので一つの目安として3ヶ月以内に撮影した証明写真を使いましょう。

 

無帽、目線有りでの撮影

帽子やサングラスをして写真撮影を行うのはもってのほかです。

普段から眼鏡をかけている人はそのままでOKですが、上記のようなオプション的なものは避けましょう。

 

背景色は白・グレー・青が無難

写真館と証明写真機では背景は色々選択できます。

その中でも無難な白・グレ・青のいずれかを選択するのが無難でしょう。

 

迷った時は白色がいいですが、個人的には青色がおすすめですね。

青色だと表情がすっきり見えますし、爽やかな印象を与えることができます。

 

口を閉じたまま口角を上げる

ここ間違う人が多いですが、証明写真は真顔&歯を見せるはNGです。

真顔だとどうしても暗い印象になってしまいますので口角を上げて微笑む程度で撮影しましょう。

また、撮影の際はなるべく歯を見せないようにしましょう。

 

正面を向いて目線を合わせる

証明写真で撮影の際は必ず正面を向いてください。

正面を向いていないと、逆に浮いてしまい「こいつ大丈夫か?」って思ってしまいます。

証明写真では独自性はアピールしなくても大丈夫なので無難な角度で撮影しましょう。

 

スーツ、ネクタイを着用

スーツとネクタイは必ず着用してください。

証明写真を私服やスウェット等で撮影する人がけっこういますがNGです。

転職活動もビジネスの一環と思ってスーツで撮影するのが無難です。

 

前髪が目にかからない

前髪が目にかかってしまうと、表情がわかり辛く印象が良くないです。

明るい印象を持たせるためにはできればおでこを出したほうがいいですね。

暗い印象を持ってしまうので、前髪は上げるもしくは目にかからない程度に切って撮影をしましょう。

 

髪の毛を染めない、寝癖を無くす

髪の毛は染めず、黒色で撮影しましょう。

また、寝癖も厳禁です。

 

採用担当にだらしないイメージを持たれてしまっては、出だしから失敗です。

なので髪の毛等の細かい部分からできるだけマイナスポイントを少なくしましょう。

 

撮り方別転職に使う履歴書写真のメリットとデメリット

証明写真の撮影方法には以下の2種類があるのはみなさんご存知でしょうか。

・写真館で撮影する

・証明写真機で撮影する

※自撮り撮影は絶対にやめてください。クオリティが低いかつ確実にバレます。

それぞれのメリットとデメリットについて解説していきますね。

 

写真館撮影

自分自身も一番おすすめする撮影方法です。

写真館で撮影するメリットとデメリットは以下の通りです。

 

写真館撮影のメリット

写真館撮影のメリットは以下の通りです。

・驚くほど画質がいい

写真館で撮影すると驚くほど画質がいいですね。

見栄えも明るさも非常に良く、第一印象完璧です。

画質に関しては、証明写真機で撮影した写真よりもはるかに良いです。

 

・第一印象が完璧

上記にも記載しましたが、第一印象も完璧です。

一番自信のある写真に仕上がりますので、自信を持って提出できます。

履歴書において第一印象を決めるのは証明写真ですので、第一印象が完璧であればスタートダッシュ成功です。

 

写真館撮影のデメリット

写真館撮影のデメリットは以下の通りです。

・お金が一番かかる

写真館はクオリティが高いゆえにお金が一番かかります。

写真館次第ですが、1500〜5000円くらいの値段になりますね。

僕自身は2000円でなんとか撮影してもらいましたがそれでも証明写真機に比べると高いですよね。

 

・予約しなければならない

写真館は予約なしでは撮影できません。

写真館に行く前に、事前に予約はしておきましょう。

めんどくさいですが、書類で落とされるか通過するかを考えると後者の方が絶対にいいですよね。

 

証明写真機撮影

お金をあまり使いたくない人にとってはおすすめです。

証明写真機で撮影するメリットとデメリットは以下の通りです。

 

証明写真機撮影のメリット

証明写真機撮影のメリットは以下です。

・比較的安価で撮影できる

写真館で撮影するよりは安価な価格で撮影することができます。

証明写真に2000円以上も出したくないという方は、証明写真機での撮影がおすすめです。

 

・ある程度のクオリティ

最近の証明写真機はある程度のクオリティは担保されるようになってきています。

美肌効果や明るさ調整もあり、自分なりにアレンジできます。

ですが、写真館での撮影に比べると少し劣るかなという感じです。

 

証明写真機撮影のデメリット

証明写真機撮影のデメリットは以下です。

・若干お金がかかる

証明写真機は若干のお金がかかります。

一回撮影するのに大体800〜1000円ほどでしょうか。

写真館での撮影よりは安いですが、外食1食分持っていかれるのは痛いですよね。

 

・撮り直しで追加料金が発生する

証明写真機は1回につき2回まで撮影できます。

もし2回の撮影で満足いかない場合は、追加でお金を投じる必要があります。

なので撮り直しの場合は、追加で料金が必要になってきます。

 

・写真館よりはクオリティが落ちる

これは当たり前ですが、いくら自分なりにアレンジできるとはいえ、写真館での撮影よりはクオリティは劣ります。

自分自身も写真館で撮影した写真と比べてみましたが、クオリティが全く違いました。

 

転職での履歴書の写真における服装や髪形の注意点

写真撮影時に気にするべき、服装や髪型の注意点をご紹介します。

 

服装の注意点

履歴書の証明写真撮影で着るべき服装は、男女問わずスーツが基本中の基本です。

シャツのシワが寄らないように背筋を伸ばして撮影しましょう。

 

男性の場合は、黒か紺系のスーツが無難ですね。

Yシャツは無地の白シャツ、かつネクタイは派手すぎないにすると非常に好印象です。

 

女性の場合も、男性同様、黒か紺のスーツを着用するのが無難でしょう。

スーツの下は白のブラウスもしくはシンプルなデザインのカットソーが好印象ですね。

 

髪型、メイクの注意点

男性の場合は、ワックスできちんと整えましょう。

寝癖をそのままにしておくのはNGです。

女性の場合は、寝ぐせなどに注意し、清潔感を意識したナチュラルメイクを心がけて施しましょう。

 

そのほか転職活動における履歴書に関する注意点等に関しては、以下の記事にて詳しく解説しています。

関連記事
転職活動での履歴書の手書きは時代遅れ【パソコン作成一択】
関連記事
転職での履歴書の学歴・職歴欄の正しい書き方と例文

 

転職活動における履歴書と職務経歴書の書き方については、転職の履歴書・職務経歴書の書き方マニュアル【通過率3割上がる】で詳しく解説しています。

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

-転職/第二新卒, 転職の履歴書/職務経歴書, 転職ノウハウ
-,

© 2021 TsumuBlog