転職/第二新卒 転職の履歴書/職務経歴書 転職ノウハウ

転職の履歴書・職務経歴書の書き方マニュアル【通過率3割上がる】

悩んでる人
「転職活動の履歴書の書き方について知りたいな!」「転職活動でどのような点に注意して履歴書を書けば書類選考通過率が上がるのかな?」「転職活動なんとか成功して第一志望から内定もらいたいな!」

 

転職活動で第一志望に行きたいと思っているあなた。

本記事では、転職活動での履歴書の書き方について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職の履歴書の書き方マニュアル〜見本〜

まずは転職活動における履歴書の書き方について徹底解説していきます。

履歴書は転職活動で、自分自身をアピールする重要な書類なので、丁寧に作成していきましょう。

関連記事
転職エージェントで書類選考が通らない理由【裏技体験談も公開】

 

転職活動で使う履歴書のフォーマット

転職活動で使う履歴書のフォーマットってさまざまな種類があって、どれにすればいいかよく分かりませんよね。

個人的におすすめなのが、JIS規格の履歴書です。

JIS規格の履歴書に関しては、doda(デューダ)のサイトに掲載されている履歴書を使いました。

こちらのJIS規格の履歴書は、最も一般的な形式の履歴書なので、迷った際はJIS規格の履歴書を用いれば問題ないでしょう。

 

僕が実際に転職活動で用いた履歴書をご紹介しますね。ぜひ参考にしてみてください。

 

転職での履歴書は手書き?パソコン作成?

「転職活動の履歴書って手書きで出せばいいんだっけ?それともパソコン作成で出せばいいんだっけ?」

ということで手書きかパソコンどちらで提出するかはけっこう迷われる人も多いかと思います。

 

結論ですが、パソコン作成が一番おすすめです。

履歴書作成はパソコン作成がおすすめな理由については、転職活動での履歴書の手書きは時代遅れ【パソコン作成一択】で詳しく解説しています。

 

転職の履歴書の書き方マニュアル〜記入〜

ここから本題ですが、転職活動での履歴書の書き方について項目別に解説していきますね。

JIS規格の履歴書の項目としては以下になります。

・年月日
・ふりがな・氏名
・生年月日
・証明写真
・ふりがな・現住所
・連絡先
・学歴・職歴欄
・免許・資格
・趣味・特技など
・通勤時間
・扶養家族
・配偶者・配偶者の扶養有無
・本人希望記入欄

それでは順に解説していきますね。

 

年月日

年月日は、「令和○年○月○日現在」という感じで和暦表記で書きましょう。

また、「年月日=作成日」なので、書類を提出する日に合わせましょう。

 

ふりがな・氏名

氏名では、苗字と名前の間を一文字開けて記載しましょう。

ふりがなも同様です。

 

文字は中央揃えがいいですね。

また、「男・女」のいずれかに○をつけましょう。

 

生年月日

「平成〇〇年○月○日生」という感じで和暦表記で書きましょう。

「満〇〇歳」は今現在の年齢を記載しましょう。

 

証明写真

証明写真は縦4cm×横3cmの履歴書用の大きさが好ましいでしょう。

また証明写真に関しては、写真館で撮影するのがおすすめです。

 

履歴書の証明写真に関しては、転職活動での履歴書の証明写真は写真館で撮るべき理由【超重要です】で詳しく解説しています。

 

ふりがな・現住所

現住所は住所とマンション・アパート名の間を一文字開けた方がいいですね。

また数字は半角もしくは全角いずれかで揃えましょう。半角の方が見栄えはいいですね。

ふりがなについては、数字以外を抜粋して記載しましょう。

 

1点注意点があります。

PDFにしたときに、住所が長いと枠からはみ出してしまう可能性があるので、PDF化したら記載内容を一度確認するようにしましょう

 

近々引っ越しをする予定なのですが、住所欄はどちらを記載すべき?

住所欄は、応募時の住所を記載してください。
選考途中で住所が変わった場合は、その都度エージェントや企業側に伝えるようにしましょう。
依頼があれば、履歴書の住所欄を修正して再提出しましょう。

 

連絡先

連絡先は、私用携帯の電話番号とよく使うメールアドレスを記載しましょう。

電話番号はハイフン付きで記入しましょう。

 

現住所欄の下の枠については、現住所と連絡先が異なる場合のみ記載しましょう。

同じであれば「同上」のワードのみの記入でOKです。

 

学歴・職歴欄

学歴・職歴欄は履歴書の中でも最も大切な部分なので、丁寧に記載していきましょう。

記入する際の主なポイントは以下ですね。

・高校入学から記入する

・職歴は会社名+事業所+部署名を記入する

・簡単に業務内容も記入する

・退職は「一身上の都合により退職」を記入する

上記のような内容です。

 

その他、履歴書の学歴・職歴欄の書き方については、転職での履歴書の学歴・職歴欄の正しい書き方と例文で詳しく解説しています。

 

転職で聞かれる「最終学歴」とはいつの学歴?

最終学歴は最後に卒業した高校もしくは大学です。
中退は最終学歴からは外れます。

 

卒業・退職後の学校・企業名が変わった場合はどう書けばよい?

学校名や企業名が変わった場合は、以下のように記入してください。
〇〇株式会社(旧〇〇株式会社)

 

資格学校や職業訓練校に通っていたことでアピールできる?

正直そこまでアピールできるとは言えません。
学校に行っていたとはいえ、実務上は経験がないとみなされるからです。
中途は新卒と異なって、実務上での業務経験があるかどうかが重要視されます。

 

免許・資格

免許・資格に関しては、当たり前ですが正式名称で記入するようにしましょう。

また資格・免許名と取得の間を一文字あけるようにしてください。

年月は、和暦の半角数字で記入しましょう。

 

資格を持っていない場合、履歴書の資格欄は空欄でいい?

資格を持っていない場合は、「特に無し」と記載しましょう。
変に講習とかアピールしても、実務上で繋がりがなければ意味ありません。

 

趣味・特技など

趣味・特技などの欄は、正直書いても書かなくてもいいです。

書くとしたら以下のような内容が好ましいでしょう。

・簡単な志望動機

・特筆した経験

 

志望動機に関しては、転職活動での履歴書の志望動機の書き方【2つのポイントが重要】の記事を参考に書いてみてください。

 

また特筆した経験に関しは、学生時代に取り組んできたことでもいいです。

学生時代に取り組んだ部活など、面接では聞かれそうにないけど、実は自慢できる内容を記入すると良いでしょう。

 

趣味・特技が特にない場合、空欄でいいですか?

特にない場合は、空欄でも問題ありません。
企業側もそこまで重要視してみていません。

 

通勤時間

通勤時間は「0時間」でOKです。

ここは特に内容を詳しくみられないので大丈夫です。

 

扶養家族

扶養家族も家族がいないのであれば0人、いれば人数分を書きましょう。

扶養に関しては、入社時の書類に関わってくるので間違えずに書きましょう。

 

配偶者・配偶者の扶養有無

配偶者・配偶者の扶養有無どちらかに○をつけましょう。

配偶者・配偶者の扶養有無も、入社時の書類に関わってくるので間違えずに書きましょう。

 

本人希望記入欄

特別な理由がない限りは、「貴社規定に従います。」でOKです。

特別な理由に関しては、待遇や勤務地等が挙げられます。

記入例としては、「〇〇県勤務を希望致します。」といった具合です。

 

転職の職務経歴書の書き方マニュアル

続いて転職の職務経歴書の書き方について徹底解説していきます。

転職においては、履歴書も重要書類の一つですが、職務経歴書は履歴書よりも重要な書類です。

関連記事
転職がうまくいかないと感じる20代の原因と対策を徹底解説

 

これまで業務経験や実績、生かせるスキルなどより具体的な内容を記載するからですね。

面接も基本的には職務経歴書の内容に沿って進んでいきます。

 

転職における職務経歴書の書き方については、転職での職務経歴書の書き方と例文【書類選考通過率3割上がる】で詳しく解説しています。

履歴書・職務経歴書を送付・持参する時のポイントについても、記事後半で詳しく解説していますので、しっかりと読んで書類選考通過率をアップさせましょう。

 

書類選考通過率アップなら転職エージェントに登録しよう

ネクタイ

TSUMUの記事を参考に書いても3割は書類選考通過率がアップします。

さらに書類選考通過率をアップさせたい場合は、転職エージェントに登録しましょう。

関連記事
転職エージェントの内定率【転職サイト比較と成功のコツ公開】

 

転職エージェントに登録することで以下のメリットがあります。

関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】
関連記事
転職エージェントを使わないメリットとデメリットを徹底解説

 

 

TSUMUも4つほどの転職エージェントを活用して転職を成功させました。

以下の記事をご覧になって、転職エージェントに登録して転職活動を成功させましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

また、転職エージェントに関する記事に関しては以下の記事も参考に一読してみてください。

転職エージェントを利用すべき理由が、めちゃめちゃわかります。

関連記事
転職エージェントは複数利用すべき理由を暴露【機会損失になります】
関連記事
転職エージェント担当者との面談とは?【有効活用のためのコツを伝授】
関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

-転職/第二新卒, 転職の履歴書/職務経歴書, 転職ノウハウ
-, ,

© 2021 TsumuBlog