転職/第二新卒 転職の面接攻略 転職ノウハウ

転職の最終面接ですべき逆質問例5選【俯瞰して考えよう】

悩んでる人
「転職の最終面接ではどんな逆質問をすればいいんだろう?」「最終面接では一次面接や二次面接と同じような内容のことを逆質問していいのかな?」「最終面接なんとか乗り切って内定勝ち取りたいな!」

 

転職活動で第一志望に行きたいと思っているあなた。

本記事では、転職の最終面接ですべき逆質問について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職の最終面接ですべき逆質問例5選

転職の最終面接ですべき逆質問とはいったい何なのでしょうか?

逆質問とはいえども、最終面接の一番最後の質疑応答なので、油断してはいけません。

意外と重要なんだよということを頭の片隅に入れておいてください。

 

以下の5つが最終面接ですべき逆質問です。

①応募企業の今後の事業の方向性

②査定評価指標の考え方

③会社のHPを見ての疑問

④国内外の拠点進出計画

⑤会社としての採用方針

それでは順に解説していきますね。

 

①応募企業の今後の事業の方向性

「貴社の今後の事業の方向性として、〇〇事業をメインに拡大していく方向でございますでしょうか?それとも〇〇事業を拡大していく方向でございますでしょうか?差し支えない範囲で教えていただけると幸いです。」

上記のような聞き方で逆質問を行っていきます。

狙い:今後の事業の方向性を知り、自分自身のやりたいこととマッチしているかどうかを把握するだけでなく、将来的な事業拡大見込みを予測する

 

最終面接は基本的に会社の上層部の方々です。

上層部の方々は会社の経営方針や事業方針を司る役割を担っていますので、人事担当や所属部長への逆質問よりは、的確な回答が返ってくることが多いです。

また、将来のキャリアビジョン等の会社の将来について考えられていると思われるため、面接でも高評価となる逆質問です。

 

②査定評価指標の考え方

「貴社の査定評価指標としては、売り上げ額メインで評価すると考えているのですがいかがでしょうか?その他貴社の査定評価指標の考え方をご教授いただけると幸いです。」

上記のような聞き方で逆質問を行っていきます。

質問の狙い:査定評価指標の考え方を知ることで、入社後どういった部分に注力して取り組めば良いかがわかる

 

質問例は主に営業職志望での質問例になりますが、評価指標の考え方で、プロセス重視なのか結果重視なのかはどの職種にも共通する内容なので、聞いて損はないですね。

上記の質問をすることで、応募企業での評価制度に対する不満を払拭することができます。

 

また、会社の評価制度を知ることで、どの部分に注力して仕事に取り組むべきかが明確になります。

例えばですが、「結果が全て」という査定評価制度の会社でプロセス重視で頑張っていても、何も報われませんよね。

上記のように、「会社と自分の評価制度に対する認識違い」を避けるためにも、評価指標の考え方についての逆質問はすべきです。

 

③会社のHPを見ての疑問

「貴社のHPを拝見致しまして、顧客に〇〇程度の規模感の会社が多いという印象を持ったのですが、具体的な理由をご教授頂いてもよろしいでしょうか?」

「貴社のHPを拝見致しまして、カリキュラムは〇〇メインであるという認識なのですが、今後も〇〇メインで事業拡大していく予定で御座いますでしょうか?」

「貴社のHPを拝見致しまして、〇〇事業と〇〇事業をメインにされているということなのですが、今後注力していく事業はやはり〇〇事業の方でしょうか?」

上記のような聞き方で逆質問を行っていきます。

質問の狙い:疑問点解消だけでなく、今後の会社の方針を踏まえて「貴社のことをしっかりと下調べさせてもらってますよ」という意欲を伝える

 

会社のHPを見て疑問に思ったことを、マクロな視点でぶつけていくのも一つの逆質問のコツです。

HPに記載済みの内容を聞くのはNGですが、HPに記載されている内容から、その具体的な理由を聞くのは全然OKです。

 

④国内外の拠点進出計画

「貴社は現在国内〇〇拠点をメインに活動されているとのことですが、今後海外進出等もお考えではございますでしょうか?」

上記のような聞き方で逆質問を行っていきます。

質問の狙い:会社の今後の拡大規模を知るとともに、グローバルに働けるかどうかをチェックする

 

国内の拠点拡大を行っていくのであれば、会社の規模拡大は大方予想がつくため、業績が良いことが読み取れます。

また海外進出をヒアリングすることによって、海外志向の方はグローバルに働く環境があることを確認することができます。

企業側からすると、グローバルな視点で物事を考えることができるとみなされ、海外進出を目論んでいる企業にとっては印象良いです。

 

⑤会社としての採用方針

「これまでの面接を受けてきて、貴社はスキルよりは人柄を重要視した採用活動を行っていると感じたのですが、これほど人柄を重要視している理由は何なのでしょうか?」

上記のような聞き方で逆質問を行っていきます。

質問の狙い:応募先が人柄重視なのか能力重視なのかどちらを重要視して採用しているのかを確認し、応募先の社風等を読み取る

 

企業によっては、能力重視で採用活動を行っていたり、人柄重視で採用を行っていたりなど様々です。

特に少数精鋭の企業ではどちらかと言うと人柄重視で採用活動を行っていたりします。

人柄重視の企業で内定が出たら、人間関係には問題なく就業できるだろうと思って頂いてOKです。

 

採用方針に直結する転職の面接における長所と短所に関しては、転職面接での長所と短所の伝え方と例文【ありのままの自分でOK】で詳しく解説しています。

 

転職の最終面接でNGな逆質問例

転職最終面接でNGな逆質問例について解説していきます。

以下の2つに関しては、基本的に質問しない方がいいでしょう。

・質問は特にございません

・一次面接、二次面接で聞いたこと

それでは順に解説していきますね。

 

質問は特にございません

これを言ってしまうと、企業側がどれだけあなたを欲していても確実にお見送りになります。

なぜなら応募企業への意欲や熱意が全くないとみなされるからです。

 

さすがにまだ入社もしていない企業に対して、興味があれば疑問点が浮かんでこないわけありませんよね。

「質問は特lに御座いません」は「貴社に興味がないですよ」と言っているようなものです。

なので「質問は特にございません」は禁句としましょう。

 

一次面接、二次面接で聞いたこと

一次面接や二次面接で聞いたことは、基本的には聞かないようにしましょう。

面接官も社内で面接での情報共有を行っています。

細かいところで言うと、求職者からされた質問等を把握して共有している面接官もいたりします。

 

なので、一次面接、二次面接で聞いたことは基本的には聞かないようにしましょう。

一次面接、二次面接で聞いたことのさらなる深堀りはOKです。

 

転職の最終面接で企業側が確認するポイント

転職の最終面接で企業側が確認するポイントは以下の通りです。

・企業への関心の高さ

・将来的なビジョン

それでは順に解説していきますね。

 

企業への関心の高さ

最終面接では、人柄よりは会社への意欲や熱意が見られます。

これは選考によって企業側が見るべきポイントが異なってくるからですね。

 

基本的には、

一次面接:人柄

二次面接:スキル・経験

最終面接:キャリアビジョンや意欲

といった具合です。

最終面接では、特にキャリアビジョンや会社に対する意欲や熱意が見られますので、その点に意識していきましょう。

 

転職の最終面接で受かるための5つの掟については、転職の最終面接で受かるための5つの掟【事前準備が功を奏する】で詳しく解説しています。

 

将来的なビジョン

最終面接では、役員等の上層部が面接するため、基本的には将来的なことの質問がメインです。

これは面接官が「将来この会社を担ってくれる人材であるか」を確認しています。

 

一次面接や二次面接では過去や現在のことをヒアリングされましたが、最終面接ではこれまでのことよりも将来的なことメインで聞かれます。

なので、逆質問に通ずるところもありますが、現在〜未来の範囲を意識して面接に臨みましょう。

 

転職の最終面接に関しては、転職の最終面接が「ほぼ合格」は間違い【合格率は50%です】で詳しく解説しています。

 

転職の最終面接で逆質問をする際のポイント

転職の最終面接で逆質問をする際のポイントは以下の2点です。

・会社の経営に関する質問をする

・事業の方針に関する質問をする

それでは順に解説していきますね。

 

会社の経営に関する質問をする

最終面接の面接官は基本的に役員などの企業の上層部の方々です。

なので、会社の経営に関する質問に関しては、これまで以上により的確な回答が返ってくるはずです。

 

また、最終面接では、現在〜将来のことについて重点的に質疑応答を行いますので、

将来×会社の経営について質問できれば、長期的な視点があるということで高評価につながるでしょう。

 

事業の方針に関する質問をする

会社の経営に被ってくるところはあるかと思いますが、事業の方針に関する質問もした方がいいでしょう。

上層部の方々は会社の経営方針や事業方針を司る役割を担っていますので、人事担当や所属部長への逆質問よりは、的確な回答が返ってくることが多いです。

 

また、将来のキャリアビジョン等の会社の将来について考えられていると思われるため、面接でも高評価となる逆質問です。

 

転職の最終面接で逆質問をする際の注意点

転職の最終面接で逆質問をする際は以下の注意点に気をつけて逆質問をしましょう。

・「差し支えない範囲で」を言う

・メモする時は許可を取ってからする

それでは順に解説していきますね。

 

「差し支えない範囲で」を言う

現在〜将来のことについて逆質問をする時。

会社の事業方針や新規事業について逆質問をすることが多くなるかと思いますが、1点だけ注意をしてください。

「差し支えない範囲で」を補足として言いましょう。

 

いくら上層部といえども、将来の事業方針については社外秘のことだってあったりします。

そんな社外秘のことはいくら熱意のある求職者だったとしても言えませんよね。

なのでそうした客観的視点を持って逆質問をしましょう。

 

メモする時は許可を取ってからする

2つ目はメモをする時は、許可をとってからメモを取ることです。

面接の場では話せても、社外に情報を持っていかれるとまずい情報だってあります。

 

企業先の上層部も人間ではあるので、たまに失言することもあったりします。

そんなリスクを考慮して、メモする時は、事前に許可を取ってからしようという話です。

 

転職の最終面接における逆質問の準備

転職の最終面接における逆質問の準備は以下の2つです。

・企業のHPを熟読する

・逆質問は最低5つは用意する

それでは順に解説していきますね。

 

企業のHPを熟読する

最終面接の前には企業のHPを熟読しましょう。

企業のHPを熟読した上で、それでも分からないことがある場合は、質問するといった具合です。

 

企業のHPを熟読して、HPに関する質問をすれば、「うちの会社についてよく調べているな」と高評価となります。

いずれにせよ、入社後を想定して企業のHPを熟読することは徹底しましょう。

 

企業のHPを熟読することで志望動機にも繋がってくることもあります。

志望動機の伝え方については、転職活動での履歴書の志望動機の書き方【2つのポイントが重要】で詳しく解説しています。

 

逆質問は最低5つは用意する

どのサイトにも「2〜3個の質問は最低準備、、」と記載されています。

ですが正直なこと言うと、逆質問の用意が2〜3個では少ないです。

なぜなら面接中において、企業側からの質問や説明で解決する質問内容が出てくる可能性があるからです。

 

上記のように「逆質問が潰れる可能性」を踏まえると、最低5つは逆質問を準備しておくべきです。

5つ手元に残っていれば、その中から3つほど逆質問をするのがベストですね。

関連記事
実際に聞いた転職の面接での逆質問例10選【地頭力を見られます】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

-転職/第二新卒, 転職の面接攻略, 転職ノウハウ
-,

© 2021 TsumuBlog