転職/第二新卒 転職ノウハウ 転職基礎知識

転職失敗を後悔する理由は?成功する人と失敗する人の違いも伝授

後悔
悩んでる人
「転職で失敗する理由って何が多いんだろう?」「転職で成功する人と失敗する人の違いって何なのかな?」「同じような失敗をしないためにも、なんとか転職成功させたいな!」

本記事では上記のようなお悩みについて解決できるよう詳しく伝授します。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」です。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職を失敗しないためのノウハウに関しては以下の記事をご覧ください。

関連記事
転職を失敗する典型例と成功のコツを伝授【情報収集が命運を握ります】

 

転職失敗を後悔する理由は?

「転職失敗してしまった…。」と転職失敗を後悔する理由とは一体何なんでしょうか?

今回は転職失敗と後悔する理由を3つ挙げて解説していきますね。

・職場の雰囲気が合っていない

・仕事内容が自分に合っていない

・待遇や福利厚生、就業規則が説明と違う

それでは順に解説していきますね。

 

職場の雰囲気が合っていない

転職先に出勤したものの、「なんだこれ、職場の雰囲気が全然合わないな」と思ったら多分転職失敗です。

職場の雰囲気等は、事前になどで調べることができますから、合っていないようであれば多分情報収集不足です。

 

雰囲気はけっこう大事で、バリバリ仕事をする雰囲気と温厚な雰囲気とでは全く変わってきますよね。

自分に合った職場の雰囲気でないとけっこう辛いものです。

関連記事
転職を失敗する典型例と成功のコツを伝授【情報収集が命運を握ります】

 

仕事内容が自分に合っていない

仕事やってみたけど、「この仕事まじで合ってないわ、、」と早々に思ってしまうと多分転職失敗です。

人それぞれで仕事の向き不向きというものが必ずあるわけですがから、不向きを選んでしまうとそりゃ失敗になるでしょう。

関連記事
20代での転職におすすめの職種9選【未経験でもOK】

 

仕事が向いていないと後悔したら、職場の方に部署移動願いを出すなどして安易に再び転職しないようにしましょう。

関連記事
転職のベストなタイミングはいつか?【プランニングが超重要】

 

仕事辞めたい…向いてないと思うのは甘えではないので仕事を変えましょう。

関連記事
仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?【甘えじゃない】

 

待遇や福利厚生、就業規則が説明と違う

求人内容や説明時に見たり聞いたりした待遇や福利厚生、就業規則が実際と違うとこれも多分転職失敗です。

俗にいうブラック企業への転職ですね。

 

ここは事前に徹底的な情報収集で調べられますので、安易に勢いで転職先を決めてしまうとこのような事態になってしまいます。

関連記事
転職での内定保留は可能なのか?【リスクも付きまといます】
関連記事
転職で年収が下がる人と上がる人の特徴【ジョブ型雇用を意識】

 

転職で成功する人と失敗する人の特徴と違い【失敗理由を避けよう】

ここまで転職で失敗したと後悔する理由を述べてきましたが、実際転職で成功する人と失敗する人の大きな違いは何なんでしょうか?

 

転職で失敗する人の特徴

転職で失敗する人の特徴は以下です。

・ネガティブ感情で転職を始める

・自分に合っていない職種に応募してしまう

・転職先の情報収集を怠ってしまう

・転職先が決まらず妥協してしまう

それでは順に解説していきますね。

 

ネガティブ感情で転職を始める

転職でよく失敗する人の特徴としてはネガティブ感情で転職を始める人です。

「上司と全然合わないから転職しようかな」

「仕事が辛すぎて仕事に行きたくないから辞めようかな」

上記のような感情がネガティブ感情に当てはまります。

 

ネガティブ感情を持って転職活動を始めると、ひたすらマイナス思考になってしまうので、面接でも「逃げている」と思われてしまい、転職で失敗します。

関連記事
転職活動の不安の解消方法を徹底解説【二人三脚で進めよう】

 

自分に合っていない職種に応募してしまう

自己分析をおろそかにしてしまうと、自分に合っていない職種に応募してしまうことになり、結果的に転職失敗となるケースが多いです。

 

人それぞれ絶対に向き不向きはあるわけなので、不向きを選んでしまうと、苦痛でしかいないでしょう。

あまり直感で職種を決めないことですね。

関連記事
生産管理
生産管理の仕事はきつい?【経験者が語る仕事の実態を公開】

 

転職先の情報収集を怠ってしまう

転職先の情報収集を怠ってしまうと、転職後に色々と後悔します。

「職場の雰囲気が違った」や「給料めっちゃ低いんだけど」など。

 

転職先の情報収集を怠ってしまうと、転職後に理想と現実のギャップに苦しむ人も多く、転職で失敗したと感じる人は多いようです。

関連記事
転職を後悔してしまう3つの理由と乗り越え方【現状打破しかない】

 

転職エージェントとの面談に関しては最近は電話面談が主流になってきました。

つまりは情報収集もより簡単になってきました。

関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

ですが登録前にはしっかりと準備をしておきましょう。

関連記事
信用できない転職エージェントの特徴とその理由【対処法も公開】

 

転職先が決まらず妥協してしまう

転職先が決まらず妥協してしまうと失敗になる確率が非常に高いです。

そもそも妥協は転職目的から逸れてしまっていますからね。

 

「転職先がなかなか決まらない」と安易な考えで妥協するのはやめましょう。

関連記事
転職の内定承諾後に辞退はOKなのか?【結論:法的には問題ない】

 

転職で成功する人の特徴

転職で成功する人の特徴は以下です。

・ポジティブ感情で転職を始める

・徹底的に自己分析をしている

・徹底的に転職先の情報収集をしている

・転職エージェントを利用している

それでは順に解説していきますね。

 

ポジティブ感情で転職を始める

転職で成功する人はポジティブ感情で転職を始める人が多いです。

「より自分の思考や性格に合った職種に挑戦したい」

「自分の目標から逆算して〇〇業界に転職すべきだと思った」

 

上記のようなポジティブ感情で転職を始めるのは成功への正しい道のりです。

転職は不満や不安が動機として多いですが、成功する人はあくまでもポジティブ感情で動き始めています。

 

徹底的に自己分析をしている

転職はミスマッチを避けたいところですから、自己分析を徹底的に行っていればミスマッチを避けることができます。

ミスマッチを避ける=マッチした転職先を見つける

なので、自己分析を徹底的に行っている人は転職で成功する人が多いです。

 

徹底的に転職先の情報収集をしている

転職で成功する人は、徹底的に転職先の情報収集をしてから転職先を決めています。

企業のことを何も知らないで入社するってめちゃめちゃ不安じゃないですか?

 

不安要素を解消するためにも、転職先の情報収集を徹底的に行うことが転職成功への正しい道順です。

 

転職エージェントを利用している

転職で成功する人はほとんどの人が一人で転職活動をしていません。

関連記事
転職エージェントを使わないメリットとデメリットを徹底解説

 

転職には必ず客観的視点が必要なので、転職エージェントを利用している人が転職成功している印象がとても強いです。

実際に僕もリクルートエージェントを利用して転職を成功させました。

関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職を失敗させない対策3選

ここまで転職で失敗する人と成功する人の特徴と違いについて解説してきました。

転職を失敗させないためには、「転職で成功する人」の真似をすることにつきます。

・転職理由の再考

・自己分析を徹底的に行う

・転職エージェントを利用

それでは順に解説していきますね。

 

転職理由の再考

転職理由を今一度考えてみましょう。

転職理由はポジティブな感情でいくのが正攻法です。

 

企業側も転職理由は面接の中でも、最も関心を持ってヒアリングするポイントなので、面接官の心に響くような転職理由を持って転職活動に臨みましょう。

関連記事
迷う理由
20代が転職に迷う理由と決断方法【転職成功の体験談あり】

 

自己分析を徹底的に行う

自己分析を徹底して行いましょう。

自己分析は転職活動の方向性決定で大いに役立ちます。

 

自己分析を行うことで、自分の仕事の目的ややりたい仕事が明確になるので、転職活動開始前にやっておくべきです。

関連記事
転職の自己分析
【転職】自己分析のやり方4選「自己分析を制するものは転職を制す」

 

転職エージェントを利用

転職を失敗させないためには、転職エージェントの利用です。

「自分一人で転職活動を行うか、転職のプロに頼んで協力してもらうか」

誰がみても後者が転職に成功する確率は高いですよね。

関連記事
転職エージェントの内定率【転職サイト比較と成功のコツ公開】

 

転職エージェントは登録利用全て無料なおかつ5分程度で登録できるので、この機会に二人三脚で転職活動を進めましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職で失敗してジョブホッパーにならないために

転職で失敗してしまうと、次の転職までの期間も早くなってしまい、俗にいう「ジョブホッパー」になってしまう恐れがあります。

 

「ジョブホッパー」にならないためにも、転職で成功する人の真似を徹底して行い、正しい思考法と正しい転職対策を実施して転職を成功させましょう。

関連記事
ジョブホッパー
転職を繰り返すジョブホッパーの末路とは...【目的を明確にすればOK】

-転職/第二新卒, 転職ノウハウ, 転職基礎知識
-

© 2021 TsumuBlog