転職/第二新卒 転職サイト・転職エージェント

マイナビエージェントの評判と口コミ徹底解説【20代にはおすすめです】

悩んでる人
転職活動でマイナビエージェント使おうと思ってるんだけど評判とかってどうなんだろう?マイナビエージェントは若手向けのイメージがあるんだけどう本当はどうなんだろう?マイナビエージェントを使って無事転職成功させたいな!

上記のような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

・マイナビエージェントの良い評判と悪い評判がわかる

・マイナビエージェントの良い口コミと悪い口コミがわかる

・マイナビエージェントを利用するのに適した年代層がわかる

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

これまで第二新卒の転職含めて転職歴2回。コロナ禍の転職活動ではわずか1ヶ月間で5社内定獲得し、未上場企業から東証一部上場企業に転職成功の経験があります。

 

マイナビエージェントの良い評判と悪い評判

マイナビエージェントは、リクルートエージェントやdoda(デューダ)同様、国内最大手の転職エージェントです。

そんなマイナビエージェントの評判についてまずはご紹介していきます。

 

良い評判:担当者の対応が良い

マイナビエージェントは担当者の対応が良いと評判です。

実際に僕自身も2回目の転職活動時は担当者が熱心にサポートしてくださって無事に転職が決まりました。

 

良い評判:大手で安心感がある

マイナビエージェントは大手企業の媒体ということもあり安心感があります。

安心感がある分、まずは最初に登録してみようという求職者が多いですね。

 

悪い評判:担当者の良し悪しがある

僕が過去経験したのと同じような内容ですね。

担当者によって面談当初とある程度期間が経った後では、温度感が全然変わってきます。

 

悪い評判:求人数が少ない

求人数はやはりリクルートエージェント等よりは少ないかもですね。

最初にいくつか紹介されて、後々紹介されないこともしばしばです。

 

マイナビエージェントの良い口コミと悪い口コミ

マイナビエージェントの良い口コミと悪い口コミについてご紹介していきます。

 

良い口コミ:親身に対応してくれる

転職を考えていた時に、インターネットの評判を聞いて転職をサポートしていただきました。最大手に比べて求職者の数が少なく、その分、丁寧にサポートしていただけるという評判でしたが、まさにその通りでした。こちらの希望を親身になって考えてくださり、さらに担当の方の判断で確認しきれないほどの転職案をだしてくださりました。一人で考えこむ、ということがほとんどなく、まさに二人三脚。他社の意見を聞くことができるのが、こんなにも心強いものだとは、使用する前には考えもせず、とても助かりました。

引用:みん評(https://minhyo.jp/mynavi-agent)

 

他に登録していたエージェントさんがイマイチだったので登録していました。求人数こそ劣りますが、無駄に情報量が多くなく混乱することなくじっくり応募できました。また、面接前や面談後には多すぎると思うけど電話をくださりとても助かりました。

引用:みん評(https://minhyo.jp/mynavi-agent)

 

悪い口コミ:担当者によりけり

今回初めて利用して不満が多かったので調べてみたら、口コミでは担当の熱意が大きすぎて逆に窮屈だというものが多かったので、多分ハズレの担当だったのだと思う。以下、今回の不満点です。

引用:みん評(https://minhyo.jp/mynavi-agent)

 

転職は初めてでしたのでエージェントを使うことにしましたが担当者が良くなかったのか結果個人的には悪い印象を持ちました。まず登録をし、担当者アドバイザーと面談をしたのですが、初対面から妙に馴れ馴れしくて不快でした。こちらのほうが年齢的にも若かったとはいえタメ口で話されることが多く、あまりいい気はしなかったです。

引用:みん評(https://minhyo.jp/mynavi-agent)

 

実際にマイナビエージェントを使ってみた感想

僕自身過去2回の転職活動いずれもマイナビエージェントを利用しました。

そのうち2回目の転職活動ではマイナビエージェント経由で大手ITベンチャー企業に転職することができました。

実際に使ってみた感想としては率直に以下です。

 

1回目利用時

・ベンチャー系の求人が多かった

・担当者からの連絡があまりなかった

・注力企業だけ異常に熱心だった

求人としてはベンチャー企業が多かったです。

その中でも特におすすめの求人をピックアップして最初に紹介してくれました。

 

最初の面談時の印象は非常に良かったですね。

ですが日が経つにつれて次第に連絡が来なくなり、若干不安になった経験があります。

ですが注力企業との面接前は熱心に情報提供していただけました。

 

2回目利用時

・ベンチャーから大手まで幅広かった

・担当者がこまめに連絡を取ってくれた

・注力企業はかなり細かく情報提供いただいた

2回目利用時はベンチャー企業の中でも名が通っている企業が多かった印象があります。

担当者も1回目よりはこまめに連絡を取ってくださり、サポートが手厚いなと感じました。

 

また、1回目同様注力企業に関しては非常に細かいところまで情報提供していただけました。

手厚いサポートもあり、無事大手企業から内定を頂けました。

>>マイナビエージェントへの無料登録はこちら

 

マイナビエージェントを利用するメリット

マイナビエージェントを利用するメリットについては以下が該当します。

・知名度が高いので安心して利用できる

・ベンチャー系企業が多いので20代におすすめ

・志望度が高い企業を受ける際の情報提供量が凄い

・企業担当と話する場を設けて頂ける

それでは順に解説しますね。

 

知名度が高いので安心して利用できる

皆さんご存知の通り知名度が非常に高いです。

転職市場ではリクルートエージェントが一番知名度が高いかもですが、就活ではマイナビが一番知名度が高いというように転職市場でも知名度が高いです。

 

知名度が高けりゃ安心感がありますよね。

安心感があれば、まずは登録してみようという気にもなるかと思います。

 

ベンチャー系企業が多いので20代におすすめ

マイナビエージェントは、リクルートエージェントやdoda(デューダ)に比べてベンチャー系企業の求人が多いです。

実際1回目も2回目も最初の求人紹介の際は、ベンチャー系企業の紹介が非常に多かった記憶があります。

 

ベンチャー企業の求人が多い、つまりは20代で成長したいという転職希望者にはおすすめです。

もちろんのことベンチャー企業だけではなく大手企業も中にはあります。

 

志望度が高い企業を受ける際の情報提供量が凄い

マイナビエージェントならではの特徴かもしれません。

志望度が高い企業かつ書類選考が通ったらサポートが一気に手厚くなります。

そのおかげもあって2回目の転職活動では大手ITベンチャー企業から内定を頂けました。

 

面接前ですと、過去された質問だけでなく、面接官の人柄や会社の求める人物像、特に注意すべきポイントなど事細かに教えて頂けま

した。

正直志望度が高い企業における情報提供量に関しては他の転職エージェントよりは群を抜いています。

 

企業担当と話する場を設けて頂ける

本来はキャリアアドバイザーと呼ばれる求職者担当の方とお話するのがメインです。

ですがマイナビエージェントであると、最終面接前などは企業側の担当者とも話ができます。

 

企業側の内部事情をより熟知しているのが企業側の担当者であり、企業側の担当者と話す機会はそうそうないはずですね。

なのでマイナビエージェントならではのメリットになります。

 

マイナビエージェントを利用する際の注意点

マイナビエージェントを利用する際の注意点としては以下の2点が挙げられます。

・キャリアアドバイザーの対応に差がある

・求人数が思ったよりも少ない可能性がある

順に解説していきますね。

 

キャリアアドバイザーの対応に差がある

どの転職エージェントも共通しているかもです。

もちろんのことマイナビエージェントもキャリアアドバイザーの対応に差があることも事実です。

 

僕自身の経験上、1回目はあまり対応が良くなかったですが、2回目は非常に対応が良かったです。

まあ対応も担当者によりけりといったところですかね。

エージェントごとで担当者の対応が違うというのは少し違ってきます。

 

求人数が思ったよりも少ない可能性がある

マイナビエージェントは求人数が思ったよりも少ないかもです。

最初に紹介してくれる求人数はある程度数があります。

 

ですが2回目以降の求人紹介となると、途端に数が減りますのでこの点は注意ですね。

求人数が少ない分、ある程度の求人の質は担保されているので、少ない数をものにしようという感じです。

 

マイナビエージェントの登録方法と内定までの流れ

ではここからはマイナビエージェントを利用した際の登録〜内定までの流れを解説します。

登録〜内定までの流れを知っていれば進めやすいのは間違いないです。

手順としては以下の手順で進めていくのが基本です。

 

1.マイナビエージェントから会員登録

まずはマイナビエージェントから会員登録を行いましょう。

転職希望時期や希望勤務地など自身の希望条件を記入します。

 

記入情報は、後日変わっても全然構わないので、一旦今の現状を記入しましょう。

※会員登録は完全無料です。

 

2.初回面談日程の調整

会員登録が完了したら、マイナビエージェントの担当者から電話がきます。

電話の内容としては、現状ヒアリングと電話面談日程調整ですね。

電話で日程決められないようであれば、後日メールにてやりとりをしましょう。

 

日程が決まったら後日担当のキャリアアドバイザーから連絡がきます。

その際に挨拶をして、面談時間と面談場所を決めます。

 

3.面談

以前はオフィスに出向いて面談が多かったですが、現在は昨今の情勢もあり電話面談がメインですね。

キャリアアドバイザーより連絡があるので面談を実施しましょう。

 

面談内容としては、現状ヒアリング、希望転職先、適職診断、求人紹介というような内容です。

面談では相互の認識齟齬が生じないように、本音で話すのがベストです。

 

4.求人紹介

面談が一通り終わると、求人紹介に移ります。

求人紹介は面談時に紹介されたり、面談後マイナビエージェントのマイページに公開されます。

 

基本的には後日マイナビエージェントのマイページに表示されるのがメインですので、希望の求人があったら応募してみましょう。

1社内定を得るのにだいたい23社応募が必要ですが、スケジュールの兼ね合いもあるため最初は大体5〜6社応募でいいです。

 

5.書類添削・面接対策

求人紹介が終わると、求人に応募するための書類添削が行われます。

つまりは、求人に応募する前段階において履歴書と職務経歴書を書き終えていなければいけません。

 

履歴書と職務経歴書を書き終えたら、キャリアアドバイザーに添削してもらいましょう。

書類選考が通過した企業に関しては、次に面接の段階に進みます。

転職エージェントを利用していれば、面接の日程を複数日提示すれば、勝手に調整してくれます。

 

日程調整が終わったら実際に面接対策ですね。

面接の練習は自身で行って頂きますが、対策としては想定質問がメインです。

担当のキャリアアドバイザーから想定質問と企業内部情報の連絡が来るので、来た内容を元に面接対策を行いましょう。

 

6.応募企業と面接

面接対策を行って、いざ応募企業と面接です。

面接が終わったら、担当のキャリアアドバイザーに1本連絡を入れましょう。

 

転職エージェントを利用していればお礼の連絡などは必要ありません。

全て担当のキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

7.内定後の退職サポート

面接が終わって担当のキャリアアドバイザーから内定の連絡が来ます。

なので担当のキャリアアドバイザーに内定承諾の意思を伝えましょう。

 

内定承諾の意思を伝えたら、現職に対して退職交渉を行いましょう。

退職交渉に関しても、担当のキャリアアドバイザーからアドバイスがもらえます。

 

マイナビエージェントと併用すべき転職エージェント

ズバリ以下大手転職エージェントでしょう。

大手の転職エージェントは、これまで多数の転職支援実績もあります。

かつなんと言っても他の転職エージェントよりも求人数が圧倒的に多いのが特徴です。

 

マイナビエージェントはどちらかというと求人数は少ない方ですので、他の大手エージェントも併用して活用することで求人数も担保されます。

上記マイナビエージェント以外の転職エージェントに関しては以下の記事をご覧ください。

 

 

マイナビエージェントに関するQ&A

マイナビエージェントに関するよくある質問を以下にまとめてみました。

それでは順に解説していきますね。

 

利用の際はどのくらい費用がかかりますか?

マイナビエージェントの利用者には費用は全くかかりません。

完全無料で登録〜内定・退職サポートまで全て行ってくれます。

転職エージェントは成果報酬型のビジネスかつ企業間同士のやりとりなので、金銭面で求職者が負担することは全くありません。

 

面接対策ではどんなことをしてくれますか?

マイナビエージェントとの面接対策としては、主に以下のことをしてくれます。

・企業の内部情報や面接官の公開

・過去された質問の情報公開

・面接における注意点や言うべき点を教えてくれる

・企業担当者と話すことができる

・求職者側からの質疑応答

 

紹介された求人に応募しなければいけないんですか?

紹介された求人に絶対応募しなければいけないわけではありません。

あくまでも求人紹介なので、応募するかしないかは求職者次第です。

自分の希望する求人だけに応募しましょう。

 

マイナビエージェントはどの年齢層に強いですか?

年齢層は問わないですが、20代〜30代前半の年齢層には特に強いです。

大手よりは中小企業やベンチャー企業が多いこと、かつ担当のキャリアアドバイザーが若手主体であることからも特に20代の求職者にはおすすめです。

 

対応の悪いキャリアアドバイザーに当たったらどうすべきですか?

もし仮に対応の悪いキャリアアドバイザーに当たった場合は、担当変更の旨を伝えればOKです。

変更依頼の際は、担当のキャリアアドバイザーに伝えるのは避けましょう。

方法としては担当のキャリアアドバイザーの上司や、事務局側に伝えることですね。

担当変更の旨を伝えれば変更してくれます。

 

まとめ

マイナビエージェントは求人数は少ないものの、志望企業に対してのサポートが非常に手厚く、量よりも質を重視する転職エージェントですね。

また、求人の質も高いものがありますので、短期間で最小の努力で転職活動を済ませたい、かつ20代の若手の求職者はマイナビエージェントの利用をおすすめします。

>>マイナビエージェントへの無料登録はこちら

 

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

-転職/第二新卒, 転職サイト・転職エージェント
-, ,

© 2021 TsumuBlog