つみたてNISA

つみたてNISAの非課税期間は最長20年【その後の運用法も伝授】

悩んでる人
「つみたてNISAの非課税の期間ってどれくらいなんだろう?」「つみたてNISAの非課税期間中、いつ売るのがベストなんだろう?」「つみたてNISAの非課税期間が終わったらどうすべき?」

 

将来的に長期積立投資で資産構築していきたいと思っているあなた。

本記事では、つみたてNISAの非課税期間について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

つみたてNISAの非課税期間は最長20年

2018年1月からスタートしたつみたてNISA。

つみたてNISAはにはいくつかのルールがあります。

・投資スタイルは「積立投資」

・非課税投資枠は年間40万円

・非課税期間は最長20年

・対象商品は厳選された銘柄

それでは順に解説していきますね。

 

投資スタイルは「積立投資」

つみたてNISAの投資スタイルは「積立投資」です。

積立投資とは、定期的に継続して投資をする手法のことですね。

 

毎月や毎日など積立頻度は金融機関によって異なりますが基本的には毎月でしょう。

積立投資をすることで、景気の好不況の波に左右されない資産運用が可能です。

関連記事
【初心者必見】つみたてNISAのメリット・デメリットを徹底解説

 

非課税投資枠は年間40万円

つみたてNISAの非課税投資枠は年間40万円です。

1回当たりの買付金額は、原則として40万円を1年当たりの買付回数で割った金額となります。

 

例えばですが、毎月定期的に買い付けを行う場合には、毎月の上限が33,333円となります。

毎月の上限額は33,333円/月ですが、実際の投資金額はそれ以下で個別で設定することができます。

 

非課税期間は最長20年

つみたてNISAの非課税期間は投資した年から最長20年間です。

つみたてNISAをする上での一番のメリットですね。

上限の40万円の投資を20年間毎年続けると、MAX800万円まで非課税の優遇を受けながら投資することができます。

これは非常にありがたいですね。

非課税のメリットを存分に活かしましょう。

関連記事
つみたてNISAの節税効果を徹底解説【早く始めるほど得します】

 

ちなみに非課税が20年間もありながら、20年間ひたすら複利効果も得ることができます。

関連記事
つみたてNISAの複利効果は人類最大の発明【将来安泰です】

 

対象商品は厳選された銘柄

つみたてNISAでは、ETF(上場株式投資信託)と公募株式投資信託で特定要件を満たしたもののみが投資対象となります。

安定的な資産形成を目指すために、厳選された銘柄にしか投資できないということですね。

 

これは投資初心者にとっても非常に心強いです。

対象の商品はそれぞれの証券や金融庁のサイトで公開されています。

 

つみたてNISAの非課税期間が終わったらどうするべき?

20年間の非課税期間が終わったら当然売却して現金化するはずです。

だって20年以上続けると、利益分に対して税金がかかってしまいますもんね。

 

そんなつみたてNISAの非課税期間20年が終わったらあとは一体どうすべきなのでしょうか?

運用方法としては以下の3パターンが挙げられます。

①課税口座で引き続き運用

②売却して現金化

③再度つみたてNISA枠を利用

それでは順に解説していきますね。

 

①課税口座で引き続き運用

これまで20年間継続的に保有した投資商品を引き続き運用したいという方。

特定口座や一般口座で運用を継続することができます。

 

上記の口座はいずれも課税口座ですが、つみたてNISAの口座からの払い出しには特別な手続きの必要はありません。

口座を移した場合ですが、それまでの非課税期間中の利益については課税されません。

そこはご安心ください。

 

課税額に関しては、口座を移してからどれだけ増えたかで課税額が決まってきます。

例えばですが、もともとの資産が200万円でつみたてNISAで180万円に減ったとしましょう。

マイナス20万なので当然のこと課税はされません。

 

ですが、口座を移してから資産額が200万円になったとしましょう。

元からの資産額に戻っただけですが、口座を移してから20万円増えていますので、この20万円に対しては課税されます。

この点に関しては注意して運用をしてくださいね。

 

②売却して現金化

20年の満期を迎えたつみたてNISAの運用については、「売却して現金化」が一番簡単でメリットがあるでしょう。

ちなみにですが売却は20年後ではなくとも、15年後とかでも売却は可能です。

 

20年は非課税のメリットを最大限に利用したらの期間ですので、仮の期間として置いています。

一般的につみたてNISAは長期運用を前提として作られた制度です。

 

かつ20年間は税金が一切かからないので、つみたてNISAを始めるのであれば20年間はしっかりと持っておいた方がいいです。

20年間しっかりと持った上での売却をおすすめします。

 

③再度つみたてNISA枠を利用

つみたてNISAには残念ながら非課税期間を延長するロールオーバーができません。

その代わり、新たにつみたてNISAで積立投資を始めることは可能です。

20年間の運用で得た利益を現金化して、それを元手に新しくつみたてNISAを始めるのもありですね。

 

新しく始める場合も運用ルールはこれまで同様です。

年間の投資限度額は40万円で、非課税期間は最長20年となります。

お金に余裕があるのであれば、再度つみたてNISAでの運用もいいですね。

関連記事
つみたてNISAの非課税枠40万円を使い切る3つの方法を伝授

 

つみたてNISAの非課税期間20年積み立てるとどうなる?

実際につみたてNISAの非課税期間20年まるまる積み立てるとどうなるのでしょうか?

毎月限度額の33,333円/月を20年間、年利5%で運用した時のシミュレーションが以下です。

7,999,920円の投資額に対して資産は13,700,985円になりました。

つまりは5,701,065円の利益となりました。

 

世界経済は乱高下を繰り返しながらもしっかりと成長しています。

なので長期的に積立しておくことでトータルで資産が2倍弱になるというメリットがあります。

 

ちなみにつみたてNISAは非課税なので税金が一切かかりません。

課税口座で購入した投資信託だと20%の税金がかかるので1,140,213円の税金がかかってしまいます。

税金がかかるかかからないかで100万円以上の差が出てくるなんて絶対に非課税の方がいいですよね。

 

つみたてNISAの非課税期間中の売り時はいつがベスト?

結論ジャスト20年ですね。

20年間の非課税期間のメリットを存分に利用することが大前提です。

 

20年を超えてしまってもプラスで課税されるだけなので超えるのは基本的にはNGです。

逆に20年以内に売却してしまうと、非課税期間のメリットを生かすことができません。

 

また短期間に売却してしまうと損失となるリスクもあります。

したがって非課税期間の最長20年後に売るのがベストですね。

 

つみたてNISAの元本割れが不安なあなたへ【非課税期間を活用】

つみたてNISAは投資商品なのでもちろんのこと元本割れのリスクもあります。

ですが上記にも述べた通り、世界経済は乱高下を繰り返しながらもしっかりと成長しています。

 

つみたてNISAの長期運用投資を利用することができれば基本的には元本割れのリスクは低いでしょう。

とはいえ初めてつみたてNISAをする方にとっては少なからず元本割れが不安だという方もいます。

 

元本割れが不安だというあなたに以下のアドバイスをします。

・「継続は力なり」を信じる

・どうしても不安ならファンド(バランス型)

・資金を運用しないこともリスク

それでは順に解説していきますね。

 

「継続は力なり」を信じる

長期運用投資は継続してナンボです。

途中で大幅な株価の暴落があろうとも、途中で辞めないメンタルの強さも大事です。

 

短期的な視点よりも長期的な視点で価格を見ていくようにしましょう。

つみたてNISAでは投資信託を「ドル・コスト平均法」を使って買い付けをすることができます。

 

なので長い目で投資し続けられると、つみたてNISAのメリットの恩恵が得られます。

あなたもぜひ「継続は力なり」を信じて投資を初めてみましょう。

 

どうしても不安ならファンド(バランス型)

投資が初めてでどうしても不安だ。

そんな方にはバランス型のファンドがおすすめです。

 

バランス型のファンドは、投資のプロによって複数の投資先が組み合わされている商品です。

国内株式や外国株式などに投資する投資信託を何本も買ったりしなくてOKです。

1本買うだけで複数の投資信託を買ったような効果を得ることができます。

 

バランス型ファンドの中には、国内や先進国、新興国など数多くの投資先を1本で投資してくれる商品もあります。

投資したいけど、何に投資をすればいいのか全くわからないという方にはおすすめです。

 

資金を運用しないこともリスク

正直銀行預金だけしていては、将来安泰とはなりません。

つまりは資産運用しないこともリスクになり得ます。

 

現在日本の銀行の一般的な利息は0.001%ほどです。

100万円を20年預けても100円しか増えません。

これめちゃめちゃきついですよね。リスクの塊です。

 

長期運用で何かあった時のために、つみたてNISAで投資をしておくだけで安心感半端ないです。

つみたてNISAで増やせた分の機会損失をしてしまわないようにという気持ちで資産運用しましょう。

 

-つみたてNISA
-, ,

© 2021 TsumuBlog