つみたてNISA

つみたてNISAの節税効果を徹底解説【早く始めるほど得します】

悩んでる人
「つみたてNISAの節税効果ってどれくらいあるんだろう?」「つみたてNISAとiDeCoで節税に強いのはどっち?」「つみたてNISAって節税のために確定申告の必要もあるのかな?」

 

将来的に長期積立投資で資産構築していきたいと思っているあなた。

本記事では、つみたてNISAの節税効果について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

つみたてNISAの節税効果を徹底解説

近年投資初心者に注目を浴びているつみたてNISA。

つみたてNISAは非課税で有名ですが、一体どれほど節税効果があるのでしょうか?

 

通常の投資では、利益分に対して20.315%の税金がかかります。

20%って結構大きいですよね。

 

以下例ですが、年間で30万の利益が出たとしましょう。

税金:60,945円

手取り額:239,055円

税金:0円

手取り額:30万円

なんと年間30万円の利益が出ただけでも約6万円の手取り額の差異が発生してきます。

これが20年間も積み重なると大変なことになりますよね。

 

6万円×20年=120万円

120万円が手元に入ってくるのと来ないとでは全然異なります。

家具全て買い換えられますね。

 

短期的に見るとそこまでかもですが、長期的に見ると節税効果は大きいものです。

また、つみたてNISAには長期投資にもってこいの複利効果もあります。

関連記事
つみたてNISAの複利効果は人類最大の発明【将来安泰です】

 

つみたてNISAとiDeCoで節税に強いのはどっち?

節税しながら資産構築ができると注目のつみたてNISAとiDeCo。

では一体節税効果が強いのはどちらなのでしょうか?

4つの比較項目を用いて比較していきたいと思います。

 

比較1:いくらから始められる?

投資初心者であればできるだけ少額で始めたいですよね。

取り扱う証券会社によりますが、最低投資金額は以下の具合です。

つみたてNISA:100円〜

iDeco:5000円〜

という感じでつみたてNISAの方が始やすさでは優っています。

 

100円から始められるというのは非常にありがたいですよね。

100円以降であれば1円単位で積立金額を設定することができます。

 

比較2:年間投資限度額はいくら?

つみたてNISAもiDecoも1年間に投資できる上限金額は決まっています。

つみたてNISA:年間40万円×20年間

iDeco:年間14.4万円〜81.6万円×60歳まで

 

つみたてNISAは投資した分を途中で引き出すことができますが、iDecoは途中で引き出せません。

iDecoはどちらかというと老後のための資産構築ですね。

老後前と後に分けてつみたてNISAとiDecoを併用している人も多いようです。

 

比較3:投資できる商品は?

つみたてNISAとiDeCoでは、投資できる商品が異なります。

つみたてNISA:金融庁が定めた厳しい条件をクリアした投資信託

iDeco:投資信託だけでなく、預金、保険など多種多様な投資商品

つみたてNISAは、ETFを含む投資信託からしか選べません。

 

ですが金融庁が定めた厳しい条件をクリアした商品のみが対象となっていますので損失のリスクはかなり低いです。

iDecoは多種多様な投資商品から選ぶことができるので、自身のリスク許容度に合わせて商品を組み合わせることができます。

 

比較4:資金の引き出しは自由にできる?

上記にも記載しましたが、資金の引き出しの自由度が異なります。

つみたてNISA:いつでも好きな時に引き出せる

iDeco:原則60歳まで引き出すことができない

 

つみたてNISAは購入した商品を売却して得た利益をいつでも引き出すことができます。

しかしiDecoは一度入金したら60歳まで引き出すことができません。

 

資金に余裕がなくて、でも投資しておきたいという方はつみたてNISAがおすすめです。

逆に資金はあってかつ資産構築をしたいという方はiDecoがいいかもですね。

 

 

ここまでつみたてNISAとiDecoの比較をしてきました。

では一体どちらが節税効果が高いのでしょうか?

 

つみたてNISAとiDecoの非課税対象の範囲は以下の通りです。

つみたてNISA:投資から得た利益のみ

iDeco:運用益と積み立てる掛金の金額

 

つみたてNISAは投資から得た利益のみだけなので計算は簡単でしょう。

100万円投資して20万円の利益が出たら20万円分が非課税になります。

 

iDecoに関しては、課税所得からiDecoへの賭け金全てが非課税になります。

例えば年収が400万円だとすると、そこから30万円をiDecoに積み立てるとしましょう。

その30万円分が非課税になるので課税対象の年収額は370万円になります。

 

つまりは課税対象となる所得が減少するので、ちょっと得したなという感じです。

掛金が非課税になりますが、運用で得た利益はつみたてNISAよりは劣るのでどちらも一長一短はあります。

 

まとめると以下です。

・掛金は課税となるが、投資で得た利益分は非課税

・運用利回りは平均5%

・掛金は非課税かつ投資で得た利益も非課税

・運用利回りは平均3〜4%

 

つみたてNISAを選ぶかiDecoを選ぶかは、利益を増やすか税金を減らすかどちらを優先させるかで変わってきます。

資金に余裕がある方は両方で資金運用することをおすすめします。

関連記事
【初心者必見】つみたてNISAのメリット・デメリットを徹底解説

 

つみたてNISAの証券口座による確定申告有無

結論から申し上げると、

証券口座によって確定申告の要否は異なります。

 

つみたてNISAの証券口座には、

・一般口座

・特定口座(源泉徴収あり)

・特定口座(源泉徴収なし)

・つみたてNISA口座

の種類があります。

 

これらの口座は、投資の利益にかかる税金の扱い方がそれぞれ異なります。

それぞれについて簡単に解説しますね。

 

一般口座

自分で1年間の売買損益を計算して確定申告を行います。

確定申告を行って納税するまで手続きをする必要があります。

 

特定口座(源泉徴収あり)

証券会社が年間の取引報告書を作成してくれます。

さらには売買損益・税金の計算を行ったうえで、税金を自動的に売却代金から差し引きます。

つまり確定申告は原則不要になります。

 

特定口座(源泉徴収なし)

証券会社が年間の取引報告書を作成してくれます。

しかし納税までは行いません。

証券会社から届く年間取引報告書を参考に自分で確定申告をして納税する必要があります。

 

つみたてNISA口座

投資の利益にかかる税金が非課税になります。

非課税なので確定申告も不要になります。

 

ということでここまで口座別に確定申告の要不要を解説してきました。

つみたてNISA口座は確定申告が不要ということですね。

 

つみたてNISAの節税関連以外によくある質問

つみたてNISAの節税関連以外によくある質問について以下にまとめました。

つみたてNISAを始める前にぜひ参考にしてみてください。

 

NISAとの違いは?

・新規に投資できる期間

・年間投資上限額

・投資商品

・投資方法

上記4点に違いがあります。

 

具体的に解説すると以下になります。

〜新規に投資できる期間〜

NISA    :2014年〜2023年の10年間

つみたてNISA:2018年〜2037年の20年間

 

〜年間投資上限額〜

NISA    :120万円

つみたてNISA:40万円

 

〜投資商品〜

NISA    :国内外の個別株式、投資信託、REIT、ETF等

つみたてNISA:金融庁が定めた一定基準を満たす投資信託・ETF

 

〜投資方法〜

NISA    :一括投資or積立投資

つみたてNISA:分散投資オンリー

 

利用限度額はどのくらい? 

1年間の利用限度額は40万円までです。

月別で表すと33,333円となります。

関連記事
つみたてNISAの非課税枠40万円を使い切る3つの方法を伝授

 

非課税期間はどれくらい?

非課税となる期間は最大20年間です。

関連記事
つみたてNISAの非課税期間は最長20年【その後の運用法も伝授】

 

非課税期間が終了するとどうなる?

売却を選択しない場合、積み立てた資産は課税口座(特定口座or一般口座)に移管されます。

その後の売買損益については課税されることになります。

 

つみたてNISAでの対象商品は?

金融庁が定めた長期・積立・分散投資に適した一定基準を満たす投資信託・ETFです。

 

2020年時点では、

インデックス型の投資信託:155本

アクティブ型の投資信託:18本

ETF:7本

の180本ほどがラインナップされています。

ちなみに投資信託の購入手数料は無料です。

 

すでにNISA口座がある場合、つみたてNISAを始めるには?

NISA口座は、年に1回つみたてNISA口座に切替えることができます。

NISA口座のある金融機関に問い合わせて口座区分の変更届を出せば口座変更ができます。ただしその年内はつみたてNISA口座に切り替えられないので注意しましょう。

 

例えばですが、2020年2月にNISAで取引をした方が、3月につみたてNISA口座に変更しようとします。

その場合は、実際に口座が変更されるのは、2021年1月からになります。

 

少額から投資でき、かつ、税制優遇のメリットを長期間にわたり受けることができます。

ぜひこの機会につみたてNISAを活用して資産構築を始めてみましょう。

-つみたてNISA
-, ,

© 2021 TsumuBlog