ビジネスマインド 仕事を辞めたい 転職/第二新卒

仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?【甘えじゃない】

悩んでる人
「仕事辞めたいんだけど、向いてない仕事は続けるべき?」「仕事向いてないし、仕事辞めたいのは甘えなのかな?」「今の仕事向いてないし、自分に合った仕事を見つけたいな!」

 

仕事辞めたいし、仕事向いてないと思っているあなた。

本記事では、仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべきかどうかについて徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?

結論向いてないと感じたら仕事を変えるべきです。

 

そのまま向いてないと思う仕事を続けたらどうなるか?

ひたすら「仕事辞めたい」と思ってしまうのみです。

 

これじゃあモチベーションがそもそももたないですね。

向いてない仕事を辞めたいと思うのは、甘えではありません。

 

人間誰しも向き不向きはある

甘えじゃない理由は、人間誰しも向き不向きがあるからです。

全てが全て完璧にできる人なんていません。

もはや人間じゃないですね。

 

人間誰しも得意なこともある傍ら、不得意なこともあります。

有名人はこの向き不向きをうまく利用して活躍しています。

 

つまりは向いている分野に特化して取り組んできたからですね。

向いてないと思う仕事を無理やりする必要は全くありません。

 

向いてる仕事を見つけるのが解決策

つまりは仕事を辞めたいと思ったら、向いてる仕事を見つけるのが解決策です。

向いてる仕事に就くことができれば、人間恐ろしい威力を発揮します。

関連記事
20代での転職におすすめの職種9選【未経験でもOK】

 

仕事で実績を出している人は継続的に努力を重ねてきたこともありますが、実際は向いてる仕事を見つけてそれに特化してきたから

成果が出たんですね。

関連記事
向いてる仕事の見つけ方【転職したいけど適職が分からない方へ】

 

実際に僕自身も新卒で入社した大手企業ではバックオフィス業務でした。

バックオフィス業務では、苦手作業が多すぎて仕事できない雑魚キャラ。

仕事向いてないと判断した僕は、仕事を辞めて第二新卒で営業職にキャリアチェンジ。

 

テレアポも飛び込み営業も全く苦じゃなかった僕は、良い感じに成果を出せるようになっていきました。

気付けば入社してから半年ちょいで支店長に昇格できました。

という感じで職種を変えるだけで、仕事の出来がガラッと変わります。

 

ちなみに転職に関しては、転職エージェントのリクルートエージェントdodaマイナビエージェントを利用して転職活動を行いました。

それぞれの特徴に関しては以下の記事にてまとめています。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

仕事辞めたい…向いてないと思ってしまうきっかけ

仕事辞めたい…向いてないと思ってしまうビジネスマンはたくさんいます。

では一体どのようなきっかけで仕事辞めたい…向いてないと思ってしまうのでしょうか?

 

以下の5つが仕事辞めたい…向いてないと思ってしまうきっかけの代表例です。

・やりがいを全く感じない

・毎日上司から指摘が入る

・些細なミスばかりしてしまう

・同僚や部下に追い越されてしまう

・周囲の人よりも仕事が遅いと感じる

それでは順に解説していきますね。

 

やりがいを全く感じない

「この仕事何のためにやっているんだろう」

と疑問に思ってしまったタイミングで仕事辞めたいと思ってしまいます。

正直仕事に対してやりがいを全く感じないと、続ける意味ないですよね。

 

やりがいを全く感じず、仕事に精を出せないまま続けていると、

仕事でのミスが多くなり、挙句には、

「この仕事私には向いてないな。。」

と思ってしまいます。

という感じで、やりがいを全く感じないと思うのが一つのきっかけです。

関連記事
smart
仕事の目標が思いつかない時の原因と対処法【SMARTを利用しよう】

 

毎日上司から指摘が入る

毎日上司から指摘が入ると非常に辛いですよね。

たまにの頻度であれば仕方ないですが、これが毎日続くと、

「私ってこの仕事向いてないのかな…仕事辞めたいな」

と思ってしまいます。

 

上司から指摘が入る=ミスがある

つまりはミスがめちゃめちゃ多いと思ってしまうからですね。

いつまで経ってもミスが減らないと、仕事向いてないと感じてしまいます。

関連記事
ストレスで仕事を辞めたい...場合は転職すべき理由を暴露

 

些細なミスばかりしてしまう

上司からの指摘に関連してですが、些細なミスばかりしてしまうことも一つのきっかけです。

「何回も確認したのに提出や送付した後にミスに気づく」

こんなことありませんか?

 

正直こんな些細なミスが続くと仕事向いてないと感じるかもしれません。

バックオフィス系は資料作成や書類作成が多いので多くなってしまうかもです。

 

上記のように些細なミスが続くタイミングが仕事向いてないと考えてしまうきっかけになります。

関連記事
仕事が辛い
仕事が辛いのは当たり前?「我慢が美徳」の認識は捨てるべき

 

同僚や部下に追い越されてしまう

仕事で成果がでず、部下や同僚に追い越されてしまう経験ありませんか?

「努力しているのに部下や同僚に追い越されてしまう」

上記のような経験をしてしまうと、仕事辞めたいと思ってしまいます。

 

つまりは努力が報われないと、仕事向いてないと感じてしまうからですね。

一度このような経験をしただけでは、向いてないとは判断し難いです。

 

ですが、何度か同じような経験をしたタイミングで、仕事変えたほうが良いかもと思ってしまいます。

関連記事
仕事がうまくいかない時期は入社後半年間【転職も視野に入れてOK】

 

周囲の人よりも仕事が遅いと感じる

これも一つ仕事が向いてないと思ってしまうきっかけです。

 

他人と同じ業務で自分の方が仕事の進み具合が遅いと、

「なんで仕事が遅いんだろう…仕事向いてないのかな」

と感じてしまいます。

関連記事
仕事が終わらない原因と対処法【ストレス軽減できます】

 

挙句に仕事が遅い状態が続いてしまうと、仕事辞めたいと思ってしまいます。

関連記事
仕事ができない
仕事ができない人の特徴10選【辞めたいなら今すぐ辞めよう】

 

仕事辞めたい…向いてる向いてないを判断する方法

アルプス

仕事辞めたい…向いてないと判断したら仕事を変えるべきだと話をしてきました。

では一体どのようにして仕事が向いているか向いてないかを判断すべきなのでしょうか?

 

僕自身の経験から、以下の5つが向いてる向いてない仕事を判断する方法です。

・適職診断をやってみる

・仕事で成果が出ているかを確認

・苦手作業の業務に占める割合を確認

・得意作業の業務に占める割合を確認

・今の仕事にやりがいを感じているかを確認

それでは順に解説していきますね。

 

適職診断をやってみる

どうすればいいかわからない場合は適職診断をやってみましょう。

適職診断は以下のサイトで診断可能です。

適職診断をすることによって、自分自身がどのような性格なのか、どのような仕事に向いているのかがわかります。

 

僕自身も第二新卒の時は適職診断を複数やって、共通する内容を選定した結果、営業職が向いているという結果になりました。

これが実は当たったんですね。

めちゃくちゃ参考になりました。

 

仕事で成果が出ているかを確認

仕事で成果が出ているか出ていないかを確認しましょう。

 

営業職だと定量的な評価制度なのでわかりやすいですね。

同職種の社員と比べて上位なのか下位なのかを調べてみましょう。

 

ですがバックオフィス系などの定性的な評価の仕事はわかりづらいかもです。

そのようなケースでは以下の指標を元に判断してみましょう。

・仕事におけるミスの頻度はどうか

・上司からの評価はどのような評価か

・定時時間内で仕事を終わらすことができるか

上記のような指標をもとに、仕事での成果を判断してみましょう。

 

苦手作業の業務に占める割合を確認

一連の業務の中での苦手作業の割合を確認してみましょう。

苦手作業が大半を占める仕事であれば、仕事を変えるべきです。

 

僕自身の例で言うと、新卒で入社した大手企業では、

・管理業務全般

・常にデスクワーク

・片手に収まらないマルチタスク

という感じでほぼ全ての業務が苦手でした。

つまり雑魚でした。

 

得意作業の業務に占める割合を確認

一連の業務の中で得意作業の割合を確認してみましょう。

苦手作業の割合と被るところもありますが、得意作業が少なければ仕事を変えるべきです。

 

上記に記載の通り、僕自身は得意作業がほぼなかったのでキャリアチェンジに踏み切りました。

あるとしても、資料作成ぐらいでした。

 

逆に得意作業が多いようであればそのままの仕事でOKです。

置かれた場所で咲きなさいの考えでいきましょう。

 

今の仕事にやりがいを感じているかを確認

仕事に対してやりがいがあるかも重要です。

やりがいが無いようであれば、ビジネスマンとしての成長は止まってしまいます。

 

「この仕事、何のためにやっているのか全く分かんねえな、、」

つまりは仕事辞めたいという感情につながってしまうわけですね。

 

仕事もただ単にお金を稼ぐためだけでは、モチベーション維持が難しいです。

向いてる仕事に対してやりがいを持って取り組むべきですね。

 

仕事辞めたい…向いてないと思った時の対処法

ネクタイ

仕事の向き不向きを判断する方法を紹介してきました。

僕自身の経験を通じて、仕事辞めたい…向いてないと思った時の対処法として、

王道の方法を手順に沿って伝授していきます。

 

どうすべきか迷ったら以下の方法でやってみましょう。

①自己分析や適職診断をしてみる

②自分の得意分野を活かせる仕事を調べる

③転職エージェントに登録して転職活動を行う

それでは順に解説していきますね。

 

①自己分析や適職診断をしてみる

まずは自分をしっかりと知ることです。

自己分析や適職診断で自分の向き不向きを確認してみましょう。

 

自己分析に関しては、以下の記事を参考に取り組んでみてください。

関連記事
転職の自己分析
【転職】自己分析のやり方4選「自己分析を制するものは転職を制す」

 

また、適職診断に関しては上記でも紹介しましたが、以下のサイトでいくつか取り組んでみましょう。

 

②自分の得意分野を活かせる仕事を調べる

自分の価値観や向き不向きの作業などが分かったら次の段階です。

自分の得意分野を活かせる仕事を調べてみましょう。

管理業務が得意・・・生産管理、経理、人事労務、総務 等

ビジネス業務が得意・・・営業、コンサルタント、調達 等

地道な作業が得意・・・システム開発、現場作業、ライター 等

上記のような感じです。

 

それぞれの仕事で業務特徴があるので、自分の向いている作業を当てはめてみましょう。

自分の向いている作業が多ければ、向いている職種となります。

 

③転職エージェントに登録して転職活動を行う

自分に向いている仕事がだいたい分かったら最後のステップです。

転職エージェントに登録して転職活動を開始しましょう。

 

転職エージェントに関しては以下の記事にて詳しく解説しています。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選
関連記事
転職エージェント担当者との面談とは?【有効活用のためのコツを伝授】
関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】

 

このご時世、転職エージェントを使わない手はないです。

「転職エージェントを利用している企業=人材投資できる業績好調な企業」ですからね。

 

転職エージェントに登録すれば、非公開求人を紹介してもらえるだけでなく、

・キャリアカウンセリングで向いている仕事を紹介してくれる

・履歴書や職務経歴書の添削、希望すれば面接対策までしてくれる

上記のようなメリットがあるかつ無料なので、迷ったら登録してみましょう。

 

仕事辞めたい…向いてない場合は転職を視野に入れよう

仕事辞めたいと思ったら、転職を視野に入れましょう。

でもまずは社内で部署移動の検討です。

社内で部署移動できれば転職する必要はありません。

 

もし仮に社内で部署移動が難しければ、転職を検討しましょう。

自分自身は社内での部署移動が難しかったので転職しました。

まあ転職理由はこれだけじゃないんですが、転職して良かったなと改めて思ってます。

 

自分に向いている仕事はこの世に必ずあるはずです。

仕事辞めたい…向いてない場合は部署移動もしくは転職することをおすすめします。

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

-ビジネスマインド, 仕事を辞めたい, 転職/第二新卒
-, , , ,

© 2021 TsumuBlog