転職/第二新卒 転職サイト・転職エージェント

パソナキャリアの評判と口コミを解説【安定感のあるエージェント】

悩んでる人
転職活動でパソナキャリア使おうと思ってるんだけど評判ってどうなんだろう?パソナキャリアって総合的に優れているイメージがあるんだけど実際何が強みなんだろう?パソナキャリアを使って無事転職成功させたいな!

上記のような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

・パソナキャリアの良い評判と悪い評判がわかる

・パソナキャリアの良い口コミと悪い口コミがわかる

・パソナキャリアを利用するメリットと注意点がわかる

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

これまで第二新卒の転職含めて転職歴2回。コロナ禍の転職活動ではわずか1ヶ月間で5社内定獲得し、未上場企業から東証一部上場企業に転職成功の経験があります。

 

パソナキャリアの良い評判と悪い評判

パソナキャリアは、リクルートエージェントやdoda(デューダ)同様、国内最大手の転職エージェントです。

そんなパソナキャリアの評判についてまずはご紹介していきます。

 

良い評判:対応が親身で細やか

パソナキャリアのキャリアアドバイザーの対応が親身でサポートが充実しているのは有名ですね。

僕自身も利用しましたが、非常に丁寧な対応だなと感心しました。

 

良い評判:全体的に評判がいい

パソナキャリアで悪い評判ってあまり聞かないですね。

強いて言えば求人数が少し少ないとかその辺りでしょうか。

 

悪い評判:担当者が複数いる

求職者担当と企業担当両方から連絡が来るのでやむなしです。

複数人といえども主に上記二種の担当者からしか連絡が来ません。

 

悪い評判:求人数が少ない

求人数が少ないのが1つのネックかもしれませんね。

少ないとはいえども他の大手転職エージェントには引けを取らない求人数は保有しています。

 

パソナキャリアの良い口コミと悪い口コミ

ここまでパソナキャリアの評判について解説してきました。

ここからはパソナキャリアの口コミについて紹介していきます。

 

良い口コミ:サポートが親身で丁寧

第二新卒での転職は不安でいっぱいでしたが、担当者からの手厚いサポートがあったため無事、いきたい業界の企業へ内定が取れました。
求人数も豊富なので求人の選択肢も多く、スムーズに転職できた方だと思います。

引用:みん評(https://minhyo.jp/pasona-career?page=3)

 

初めの面談は親身になって話を聞いてくださり、アドバイスもしてくれました。
履歴書の内容を読んで追記したほうが良い事項も教えてくれたのが良かったです。

引用:みん評(https://minhyo.jp/pasona-career?page=3)

 

良い評判:長期にわたってサポートしてくれる

ここに登録し、その間に前職の仕事が忙しすぎて転職活動がだらだらと間延びしてしまったりして1年近く立ちましたが、定期的にメールを頂けてフォローしてくれます。 他のエージェントでは、最初の登録と数件の案件紹介が終えた後、連絡が途絶える所もありますが、ここは長期にわたり面倒見てくださいました。そういった意味では安心感を覚えます。

引用:みん評(https://minhyo.jp/pasona-career?page=1)

 

悪い口コミ:サポートが少ない

紹介してくれる求人は多いが、サポートがまったくなく、書類選考がまったく通らなかった。ネットでよく書かれている書類の添削すらなく、システムを介してひたすら求人紹介と応募を繰り返すだけ。書類選考落ちが続いたら、「○○様に合う求人が見つかりましたらご連絡します」とメールが来たのち、まったく連絡が来なくなる。

引用:みん評(https://minhyo.jp/pasona-career?page=1)

 

悪い口コミ:求人数が少ない

ご担当者様にはある程度要望に沿った求人をいただきましたた。ただ、既に他社に紹介されていたり、いざ受けてみたら別の子会社の選考に変えられたり、決して高品質な求人というものではありませんでした。
エージェントはまだ親身であったものの、最悪なのは、企業担当。どの会社もとにかく上から目線。それなのに提供する情報と事実が食い違っていたりと、嫌な気分になることの方が多かった。

引用:みん評(https://minhyo.jp/pasona-career?page=2)

 

マイページを確認したら覚えの無い辞退履歴があり、担当者からの説明もなにもありませんでした。
紹介求人も希望とかけはなれたものばかりで、応募したいと思える求人はごくわずかでした。

引用:みん評(https://minhyo.jp/pasona-career?page=3)

 

実際にパソナキャリアを使ってみた感想

僕自身パソナキャリアは2回目の転職活動時に利用しました。

その時の使ってみた感想を情報提供できればと思っております。

 

率直な感想としては、可もなく不可もなく、ただし担当者は良かったです。

使ってみたパソナキャリアの特徴としては以下になります。

・対応が親切できめ細かい

・求人は大手からベンチャーまで様々

・思ったよりも求人数が多かった

上記の通りです。

 

担当者の対応は良かったですね。他の転職エージェントも使っていたので流れ的には困っていませんでしたが、求人は的を得ていたものばかりでした。

求人数も想像以上に多かったので、けっこう応募しましたね。

 

結果的にはマイナビエージェントから応募した企業に決めましたが、パソナキャリアで応募した企業からも内定をいただきました。

そこまで営業っぽい押しもないので、どれを使うのか迷っていたら登録はしておいても全然いいと思います。

職種別、キャリア別で担当のキャリアアドバイザーが異なってくるので対応範囲は非常に幅広いですね。

>>パソナキャリアへの無料登録はこちら

 

パソナキャリアを利用するメリット

パソナキャリアを利用するメリットについては以下が該当します。

・転職活動の基本がわかる

・応募できる求人数が多い

・アドバイザーのサポートが手厚い

・どの年代層にも対応できる

それでは順に解説しますね。

 

転職活動の基本がわかる

パソナキャリアは良くも悪くもスタンダードです。

悪いところは特になく、他と違った対応とかも目立ってないので、転職活動の基本的な流れを知りたいとか、一般的な方法で転職活動を進めたいという方にはおすすめです。

 

上記の理由もあってか、業界最大手のリクルートエージェントより先に登録する求職者も多いです。

僕はけっこう最後の方に登録しましたが。

 

応募できる求人数が多い

使ってみて、意外と応募できる求人数が多かったです。

しかも大手からベンチャーまでかなり幅広かった印象があります。

 

非公開求人数としては、リクルートエージェントやdodaよりも数字上劣りますが、劣っている感を全く感じませんでした。

求人数が多かったのは非常に満足できる点でしたね。

 

アドバイザーのサポートが手厚い

アドバイザーのサポートが手厚いのも1つの特徴です。

現状ヒアリングから求人紹介、内定承諾まで非常にサポートが手厚かった印象があります。

 

特に面接の事前対策においては、企業の面接官の情報や過去された質問などありきたりではありますが、細かく情報提供いただいたので非常に助かりました。

また、適宜お電話で進捗フォローとかもしていただいたので非常に助かった記憶があります。

 

どの年代層にも対応できる

パソナキャリアはどの年代層にも対応できるのも1つの特徴ですね。

職種別、キャリア別で担当のキャリアアドバイザーが分かれていますので、自身の状況に特化したキャリアアドバイザーと二人三脚で進めていくことができます。

 

僕が転職活動した時は20代向けのどちらかというとベンチャー系の求人が多かったですが、幅広い年代層に利用されているのが特徴的ですね。

 

パソナキャリアを利用する際の注意点

パソナキャリアを利用する際の注意点としては以下の2点が挙げられます。

・専門性が高い職種のサポートが受けづらい

・たまに希望に合わない求人を紹介されることもある

順に解説していきますね。

 

専門性が高い職種のサポートが受けづらい

上記にも記載しましたが、パソナキャリアは良くも悪くもスタンダードです。

なので専門性が高い職種のサポートが受けづらいことも事実です。

 

専門性が高いというと、主に技術系の職種ですね。

そこまで極端にこだわりがなければ大丈夫だとは思いますが。

 

たまに希望に合わない求人を紹介されることもある

キャリアアドバイザーも求職者に寄り添う気持ちは大きいですが、数字を追っていることもありたまに希望に合わない求人を紹介されます。

 

こちら側から指定しても、「この部分も参考に最初は幅広くみていきましょう」ということで求人紹介をされます。

あまりにも希望しない求人が多いようであれば、担当のキャリアアドバイザーにお伝えしましょう。

 

パソナキャリアへの登録方法と内定までの流れ

パソナキャリアに登録した際の登録方法~内定までの流れを具体的に解説します。

登録~内定までの一通りの流れを知っていれば進めやすいのは間違いないですね。

手順としては以下の手順で進めていきます。

 

1.パソナキャリアHPから会員登録

まずはパソナキャリアから会員登録を行いましょう。

希望勤務地や希望職種など自身の現状での希望条件を記入します。

 

記入情報は、後日変わってしまっても大丈夫なので、一旦今の現状を記入しましょう。

※会員登録は完全無料です。

 

2.初回面談日程の調整

会員登録が完了したら、パソナキャリアの担当者から電話がきます。

電話の内容としては、一旦現状のヒアリングと電話面談日程調整ですね。

 

電話面談の日程が決まったら、一旦初回面談日程調整は完了です。

 

3.面談

以前はエージェントのオフィスに出向いて面談が多かったですが、現在は昨今の情勢もあり電話面談がメインです。

キャリアアドバイザーから電話がありますので面談を実施しましょう。

 

面談内容としては、現状ヒアリング、希望業種・職種、求人紹介というような内容です。

面談では相互の認識齟齬が生じないように、本音で話すのがベストです。

 

4.求人紹介

面談が一通り終わると、後日求人紹介に移ります。

求人紹介は面談時に紹介されたり、面談後パソナキャリアのマイページに公開されます。

 

基本的には後日パソナキャリアのマイページに表示されるのがメインですので、希望の求人があったら応募してみましょう。

1社内定を得るのにだいたい22〜23社応募が必要ですが、スケジュールの兼ね合いもあるので最初は大体5~6社応募でいいです。

 

5.書類添削・面接対策

履歴書と職務経歴書を書き終えたら、キャリアアドバイザーに添削してもらいましょう。

書類選考が通過した企業に関しては、次に一次面接の段階に進みます。

 

パソナキャリアを利用していれば、面接の日程はこちら側から複数日提示すれば調整してくれます。

面接の日程調整が終わったら実際に面接対策ですね。

 

面接の練習は基本的に自身で行って頂きますが、対策としては想定質問がメインです。

担当のキャリアアドバイザーから想定質問と面接官等の企業内部情報の連絡が来るので、来た内容を元に面接対策を実施しましょう。

 

6.応募企業と面接

面接対策を行って、いざ応募先の企業と面接です。

面接が終わったら、担当のキャリアアドバイザーに一報入れましょう。

 

パソナキャリアを利用していれば面接先の企業に直接こちらからお礼の連絡などは必要ありません。

全て担当のキャリアアドバイザーが代理で行ってくれます。

 

7.内定後の退職サポート

面接が終わって担当のキャリアアドバイザーから内定の連絡が来たら、内定承諾の意思を伝えましょう。

内定承諾の意思を伝えたら、次に現職に対して退職交渉を行いましょう。

 

退職交渉に関しても、担当のキャリアアドバイザーからアドバイスを頂けますので参考に進めましょう。

 

パソナキャリアと併用すべき転職エージェント

ズバリ以下大手転職エージェントでしょう。

 

大手の転職エージェントは、これまで多数の転職支援実績があります。

かつ他の転職エージェントよりも求人数が圧倒的に多いのが特徴ですね。

 

パソナキャリアはどちらかというと保有の求人数は少ない方ですので、他の大手エージェントも併用して活用することで求人数も担保されます。

上記パソナキャリア以外の転職エージェントに関しては以下の記事をご覧ください。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

パソナキャリアに関するQ&A

パソナキャリアに関するよくある質問を以下にまとめてみました。

それでは順に解説していきますね。

 

利用の際はどのくらい費用がかかりますか?

パソナキャリア利用者には費用は全くかかりません。

完全無料で登録~内定・退職サポートまで全て行ってくれます。

転職エージェントは成果報酬型のビジネスかつ企業間同士のやりとりですので、金銭面で求職者が負担することは全くありません。

 

面接対策ではどんなことをしてくれますか?

パソナキャリアとの面接対策としては、主に以下のことをしてくれます。

・過去された質問や面接官情報の公開

・面接における注意点や伝えるべき点を教えてくれる

・キャリアアドバイザーから企業側へのフォロー

・求職者側からの質疑応答

 

紹介された求人に応募しなければいけないんですか?

「紹介された求人に絶対応募しなければいけない」というわけではありません。

あくまでも求人の紹介だけなので、応募するか否かは求職者の判断次第です。

自分の希望する求人だけに応募するのがベストですね。

 

パソナキャリアはどの年齢層に強いですか?

年齢層は問わず、幅広い年代層に利用されているのが特徴的です。

求人も大手からベンチャー企業までかなり幅広かった印象があります。

なので迷ったら登録がおすすめです。

 

対応の悪いキャリアアドバイザーに当たったらどうすべきですか?

パソナキャリアではないと思いますが、対応の悪いキャリアアドバイザーに当たった場合。

上記の場合は担当変更の旨を伝えればOKです。

変更依頼の際は、担当のキャリアアドバイザーに直接伝えるのはできるだけ避けましょう。

方法としては、担当のキャリアアドバイザーの上司や事務局側に伝えることです。

担当変更の旨を伝えれば変更してくれます。

 

まとめ

パソナキャリアは総合力の高い転職エージェントです。

あらゆる年代層に対応していますので、20代だけでなく30代や40代の求職者も利用することをおすすめします。

求人の質も良さげなので他の転職エージェントと併用しての利用がおすすめですね。

>>パソナキャリアへの無料登録はこちら

 

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

-転職/第二新卒, 転職サイト・転職エージェント
-, ,

© 2021 TsumuBlog