転職/第二新卒 転職の面接攻略 転職ノウハウ

転職理由が「会社の将来性が心配」な場合の答え方【例文あり】

将来性
悩んでる人
「転職の理由が会社の将来性が心配ならどう答えるべきかな?」「転職の理由で会社の将来性が心配って言ってもいいのかな?ネガティブに捉えられないかな?」

本記事では上記のようなお悩みについて伝授します。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動徹底ガイドについてはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

転職無双したTSUMUおすすめの転職サイト・転職エージェントはこちら

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職理由が「会社の将来性が心配」な場合の解答例

会社の将来性が心配で転職に踏み切る人も多いですよね。

そんな中で「会社の将来性が心配」な場合は面接でどう伝えるべきか、なかなか思いつかないと思いますよね。

 

以下が「会社の将来性が心配」な場合の解答例です。

現職では新規プロジェクトの主担当として抜擢頂き、自己学習や外部の研修に参加したりなどしっかりと準備をした上でプロジェクトを進行させようと考えていました。ですが所属会社の事業縮小に伴い、予定していたプロジェクトが終了となってしまいました。プロジェクトに向けて積み重ねてきたスキルや経験を生かすべく、今回貴社に応募させていただきました。

上記の通りです。

 

「会社の将来性が心配」な面を前面に押し出すのはNGですね。

安定しか求めていないと面接官に思われてしまうからです。会社の将来性以外に転職しようと思った理由も、プラスで答えることが一番良いですね。

関連記事
本音
転職理由は本音?建前?どちらがいいの?【ランキングも掲載】

 

会社の将来性を転職理由で話す時の回答のコツ

・ネガティブ→ポジティブに変換

・これまでの経験やスキルを生かす前提で話す

・自身のキャリアプランから逆算した答え方をする

それでは順に解説していきますね。

 

ネガティブ→ポジティブに変換

これはもう鉄則ですね。

ネガティブのままだと、確実に面接で落とされます。

 

ネガティブな例としては以下でしょう。

「会社の将来性が不安になったので転職に踏み切りました。」

これだとネガティブな内容だけで終わっているので、具体的な本音が見えてきません。

 

上記のネガティブな内容に加えて、「これまでの経験を生かした仕事をしたい」などのポジティブな要素を後に付けると圧倒的に説得力が増します。

ネガティブな内容は本音で伝える+ポジティブな内容で「会社の将来性が心配」な転職理由を答えましょう。

関連記事
思いつかない
転職の面接で退職理由が思いつかない時の対処法【思考転換すること】

 

これまでの経験やスキルを生かす前提で話す

上記にも一例で記載しましたが、これまでの経験やスキルを生かす前提で話すのが定番です。

ポジティブ要素の追加には、これまでの経験やスキルを生かしたいと答えるのが一番いいでしょう。

なぜなら「現状では生かせない自身の知識やスキルを生かす場を求めている」と熱意が伝わるからです。

 

現状では生かせないケースは、「予定していたプロジェクトが中止」となった場合。

業績不振により再開の目処が立たなかった場合には、もちろんのこと自分でなんとかしようにも、自身の知識やスキルを生かす場がありません。

このような場合に、これまでの経験やスキルを生かしたい話ができます。

 

転職理由でスキルアップを伝えたいと思っている方は、転職理由でスキルアップはあり?【答え方やまとめるコツも徹底解説】の記事も参考にしてみてください。

 

自身のキャリアプランから逆算した答え方をする

自分が次の職場に望んでいることが、自身のキャリアプランから逆算した時に一貫性がないと多分厳しいです。

自身のキャリアプランは必ず聞かれますので、キャリアプランから逆算して相違ない回答をしましょう。

 

「将来的にマネジメントをして事業部を牽引したい」と話すが、次の職場では「営業力を磨いて今後も営業マンとしての力を極めていきたい」だと将来像とちょっとずれているような気がします。

正直答え方にもよりますが、できれば一貫性のある答え方をすべきです。

 

会社の将来性を転職理由で話す時の注意すべきポイント

いっぽんの木

・将来性が心配の根拠は妥当か

・自分のキャリアプランに沿っているか

・志望先の企業にも当てはまらないか

それでは順に解説していきますね。

 

将来性が心配の根拠は妥当か

将来性が心配だからという理由を答えようにも妥当性が求められます。

あまりにも安易な将来性の心配だと面接官から疑いの目で見られますからね。

 

安易な例:上司がパワハラチックで会社の将来が不安になりました。

妥当な例:業績不振によりプロジェクトが終了、会社の将来性が不安になりました。

 

安易な例としては、社外の影響による内容ではなく、社内でなおかつなんとかすれば解決できる例です。

安易な例だと将来性が心配の根拠としては成り立たちません。

なので、将来性が心配なのは、何が理由で心配なのかを具体的に答えましょう。

 

自分のキャリアプランに沿っているか

上記にも記載しましたが、自身のキャリアプランから逆算して答えることです。

今の現状だけに目を向けて転職理由を答えている人が正直多く、自分自身としては何がしたいのかよく分からない人が多いです。

 

面接官も「正直やりたいことがないなら転職するなよ」と思うわけですよ。

会社の将来性が不安だからでは、転職理由としてはかなり不十分です。

 

なので、会社の将来性に加えて、自身のキャリアプランも答える必要があります。

転職理由が転職活動において超重要な理由としては、転職の面接で聞かれる転職理由は超重要です【回答法を徹底解説】で詳しく解説しています。

 

志望先の企業にも当てはまらないか

転職したのにも関わらず、企業先が業績不振。

企業や業界研究をしていない人にはよくある話です。

 

転職先が業績不振であれば、はっきり言って転職した意味がありませんからね。

転職先を選定する前に、業界の動向と企業の製品の伸びしろ等を確認しておきましょう。

関連記事
面接で転職理由を聞かれた時の正しい書き方・伝え方【2軸で考えよう】

 

面接時の転職理由で面接官が見ているポイント

・また同じ理由で退職しないか

・自身の現状を他責にしていないか

・自分で状況を打破する努力をしたか

それでは順に解説していきますね。

 

また同じ理由で退職しないか

一番重要視しているポイントです。

転職してまた同じ理由で転職されると、企業側からするとたまったもんじゃないですからね。

 

企業としてはどこも長期的に戦力として育てていきたいはずです。

そんな中で、また同じ理由で早期退職されてしまっては、採用コストの面で大幅赤字です。

人材を採用することもビジネスっちゃビジネスなので、「長期的に戦力として活躍してくれるか」を重点的に見ています。

 

自身の現状を他責にしていないか

転職の理由を他責にしていないかも面接官が見ているポイントの一つです。

会社の業績が悪いからという理由だけで転職していると、多分他責思考だなと思います。

 

会社に対する不満ばかり話していても、自分で何も解決しようとしていない限りは、そのような人と働きたくないと面接官に思われてしまいます。

会社に対する現状の不満を踏まえて、「本当に自分に原因がなかったのか」を考えましょう。

 

自分で状況を打破する努力をしたか

仕事をしていれば、自分の思い通りにいかないこともたくさんあります。

そんなケースで自分として何かアクションをおこなって、現状を改善する努力をしたのかも見ています。

 

現状の会社の将来に対する不安に対して、自分自身で改善しようとアクションを起こしたのかどうか。

転職に至るまでの行動と結果も面接官はチェックしています。

 

転職理由をうまく伝えられないなら転職のプロに頼もう

転職理由がうまく伝えられなかったり、会社の将来性が不安なら、

転職エージェントに相談してみましょう。

 

転職エージェントに登録すると、転職市場を熟知している転職のプロが転職にあたってのアドバイスをしてくれます。

関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】

 

ポジショントーク関係なしに、転職エージェントは使わない手はないでしょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

-転職/第二新卒, 転職の面接攻略, 転職ノウハウ
-,

© 2021 TsumuBlog