転職/第二新卒 転職サイト・転職エージェント

リクルートエージェントの評判と口コミ【使ってみた感想も公開】

悩んでる人
転職活動でリクルートエージェント使おうと思ってるんだけど評判とかどうなんだろう?リクルートエージェントは悪い評判とかあるけど、本当に大丈夫なのかな?リクルートエージェントを使って無事転職成功させたいな!

上記のような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

・リクルートエージェントの良い評判と悪い評判がわかる

・リクルートエージェントの良い口コミと悪い口コミがわかる

・リクルートエージェントを利用した際の転職の進め方がわかる

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

これまで第二新卒の転職含めて転職歴2回。コロナ禍の転職活動ではわずか1ヶ月間で5社内定獲得し、未上場企業から東証一部上場企業に転職成功の経験があります。

 

リクルートエージェントの良い評判と悪い評判

リクルートエージェントは皆さんご存知の通り、国内最大手の転職エージェントです。

そんな国内最大手のリクルートエージェントに関しての評判をご紹介していきます。

 

良い評判:キャリアアドバイザーの質が高い

リクルートエージェントはキャリアアドバイザーの質が高いのが一つの特徴ですね。

求職者との面談を通じて求職者に最適な選択を頂くためのアドバイスがはっきりとしているのがいい評判です。

 

良い評判:求人数が多い

リクルートエージェントといえば業界最大級の非公開求人数でしょう。

実際の評判も求人数が多く助かったと言う声も多かったです。

 

悪い評判:ビジネス優先

まあ会社として大きいのでなんともいえないですが、ビジネス優先の部分は多少なりともありそうですね。

キャリアアドバイザーも自分の数字に追われているし、対顧客との信頼関係もありますので、BtoBを優先しがちです。

 

悪い評判:担当の良し悪しがある

担当者によっては悪い担当者もいるそうです。

担当者が悪いようであれば、担当者を変えてもらう方法もあるので最悪のケースであれば担当者変更依頼をしましょう。

 

リクルートエージェントの良い口コミと悪い口コミ

ここまでリクルートエージェントの良い評判と悪い評判を解説してきました。

では口コミの方は一体どうなのでしょうか?詳しくみていきたいと思います。

 

良い口コミ:他エージェントにはない求人を保有している

いくつかのエージェントに登録した後、所持求人件数が最大との事で、他エージェントでは持っていない案件があるかもしれないと考え最後にこちらに登録しました。結果的には予想通りで、他社では紹介の無かった求人の案内があり、応募もしました。また、幅広い求人のリクエストを出した事もあり、今まで紹介された事が無い様な案件も数多く紹介され、さすがのリクルートエージェントと言った所でした。各種サポートに付きましては可もなく不可もなくと言った所でした。

引用:みん評(https://minhyo.jp/r-agent)

 

良い口コミ:キャリアアドバイザーの対応がいい

【業界最大手、圧倒的な求人数】という口コミを参考に登録致しました。転職エージェントは、4社登録しておりますがその中でも一番レスポンスが早く大手企業〜中小企業まで幅広く紹介して頂き求人数も4社の中で一番多いと感じてます。転職活動を進めていく中での流れやノウハウ、書類添削など細かく指導してくださったのはよかったです【今すぐにでも転職したい!】【初めての転職で不安】と思ってる方にはかなりおすすめです。

引用:みん評(https://minhyo.jp/r-agent)

 

悪い口コミ:営業感が強い

初めて利用しました。リクルートエージェントにした理由は特になく、とりあえずで登録しました。すぐに担当の方が決まり、最初は履歴書や職務経歴書の添削など丁寧に寄り添ってくださいました。ここまではとても好印象でした。その後、電話での面談で過去の経歴や希望の職種・条件を伝え、後日求人を送ってくださいますが、勤務地も職種も希望を無視された内容で驚きました。数打てば当たるといったところでしょうか。リクルートエージェントを通して内定を決めさせたいという、営業感がひしひしと伝わります。

引用:みん評(https://minhyo.jp/r-agent)

 

悪い口コミ:手当たり次第に求人を紹介してくる

内容はひたすら応募し続けるゲーム。自分に見合っていない職も大量にお勧めに出てくる。とある会社にエージェント紹介経由の内定を頂いたときの意思決定の期限が2日から3日とせっかち。他の会社の面接を複数残しているが、「内定をここにするのか、しないなら取り下げる。どっち?」とせかしてくる。早く成果としての報酬を貰いたい気持ちが伝わってきて、利用者よりも利益を優先させるスタンスが悪印象であった。

引用:みん評(https://minhyo.jp/r-agent)

 

実際にリクルートエージェントを使ってみた感想

僕自身は過去2回の転職活動いずれもリクルートエージェントを活用しました。

そのうち最初の1回目ではリクルートエージェント経由で転職先が決まりました。

 

使ってみた感想としては、担当者によりけりといったところですね。

1回目の担当者は非常に親切にこまめにフォローして頂いたので、とても助かった記憶があります。

ただ2回目の利用の際には、1回目ほどはこまめなフォローはなく、面接対策などもメール1本送ってくるだけで終わるなど少し残念な対応でした。

 

ただ2回とも非公開求人に関しては質が高かった記憶もありますし、自分の希望に合った求人を紹介してくれました。

>>リクルートエージェントへの無料登録はこちら

 

リクルートエージェントを利用するメリット

リクルートエージェントを利用するメリットとしては以下のメリットが考えられます。

・知名度が高いので安心して利用できる

・求人数が国内No.1で様々な求人に応募できる

・キャリアアドバイザーのサポートが手厚い

順に解説していきますね。

 

知名度が高いので安心して利用できる

なんといってもリクルートエージェントは業界最大手なので知らない人はいないでしょう。

それくらい知名度が高いので安心して利用することができるのは一つのメリットですね。

 

迷ったらよく分からない転職エージェントを利用するよりは大手で知名度のある転職エージェントの利用をおすすめします。

 

求人数が国内No.1で様々な求人に応募できる

リクルートエージェントは上記評判と口コミでも記載がありましたが、求人数が圧倒的に多いです。

 

なので自分自身の選択肢をより広げていきたいのであれば、リクルートエージェントの利用がおすすめです。

求人数が多いことにより、選択肢も増えたとえ失敗したとしてもやり直せるチャンスはいくらでもあります。

 

キャリアアドバイザーのサポートが手厚い

キャリアアドバイザーのサポートが手厚いことも1つのメリットですね。

 

リクルートエージェントは優秀なキャリアアドバイザーが多いので、上記の点は非常に安心できます。

実際僕自身も過去リクルートエージェントを利用してサポートが非常に手厚いなと感じました。

 

リクルートエージェントを利用する際の注意点

反対にリクルートエージェントを利用する際の注意点については以下の2つになります。

・キャリアアドバイザーの対応に差がある

・希望条件に合わない求人を紹介されることもある

それでは順に解説していきますね。

 

キャリアアドバイザーの対応に差がある

上記リクルートエージェントの評判と口コミにもあるように、キャリアアドバイザーによって対応に差がある可能性があります。

僕も実際に2回利用したことがありますが、1回目は対応がよかったが、2回目の担当者は対応がそこまで良くなかったと実体験としてあります。

 

あまりにも対応が悪いようであれば、キャリアアドバイザーの担当変更を伝えることをおすすめします。

 

希望条件に合わない求人を紹介されることもある

求人数が多い反面、希望にそぐわない求人を紹介されることもあります。

担当のキャリアアドバイザーの見方もありますが、正直求職者が面談時にちゃんと要望を伝えていないからと言う理由もあります。

合わない求人が紹介されたとしても、その時点で担当のキャリアアドバイザーに自分の意向を再度伝えましょう。

 

リクルートエージェントの登録方法と内定までの流れ

ではここからはリクルートエージェントに実際に登録してから内定までの流れを解説します。

どうせなら登録から内定までの流れを知っておいた方が進めやすいでしょう。

手順としては非常にシンプルなので以下の手順で進めていくのが基本です。

 

1.リクルートエージェントサイトから会員登録

まずはリクルートエージェントから初回会員登録を行いましょう。

転職希望時期や希望勤務地など自身の希望を記入していきます。

 

記入内容は後日変わっても全然構いませんので、一旦今の現状を記入しましょう。

※会員登録は完全無料です。

 

2.初回面談日程の調整

会員登録が完了したら、リクルートエージェント事務局から電話がきます。

電話の内容としては、現状ヒアリングと面談日程調整ですね。

 

電話で日程決められないようであればメールにてやりとりをしましょう。

日程が決まったら後日担当のキャリアアドバイザーから連絡がきます。

その際に挨拶をして、面談時間と面談場所を決めます。

 

3.面談

以前はオフィスに出向いて面談が多かったですが、現在は電話面談がメインです。

キャリアアドバイザーより連絡があるので面談しましょう。

 

面談内容としては、現状ヒアリング、希望転職先、適職診断、求人紹介というような内容です。

面談では相互の認識齟齬が生じないように、本音で話しましょう。

 

4.求人紹介

面談が一通り終わると、求人紹介に移ります。

求人紹介は面談時に紹介されたり、面談後リクルートエージェントのマイページに公開されます。

 

基本的には後日リクルートエージェントのマイページに表示されるのがメインですので、希望の求人があったら応募してみましょう。

1社内定を得るのにだいたい23社応募が必要ですが、スケジュールの兼ね合いもあるので最初は大体5〜6社応募でいいです。

 

5.書類添削・面接対策

求人紹介が終わると、求人に応募するための書類添削が行われます。

つまりは求人に応募する前段階で履歴書と職務経歴書を書き終えていなければいけません。

 

履歴書と職務経歴書を書き終えたら、キャリアアドバイザーに添削してもらいましょう。

書類選考が通過した企業は次に面接の段階に進みます。

 

転職エージェントを利用していれば、面接の日程はこちら側から複数日提示すれば、勝手に調整してくれます。

日程調整が終わったら実際に面接対策ですね。

 

面接の練習は自身で行って頂きますが、対策としては想定質問がメインです。

担当のキャリアアドバイザーから想定質問と企業内部情報の連絡が来るので、来た内容を元に面接対策を行いましょう。

 

6.応募企業と面接

面接対策を行って、いざ応募企業と面接です。

面接が終わったら、担当のキャリアアドバイザーに連絡を入れましょう。

 

転職エージェントを利用していればお礼の連絡などは必要ありません。

全て担当のキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

7.内定後の退職サポート

面接が終わって担当のキャリアアドバイザーから内定の連絡が来ます。

なので担当のキャリアアドバイザーに内定承諾の意思を伝えましょう。

 

内定承諾の意思を伝えたら、現職に対して退職交渉を行いましょう。

退職交渉に関しても、担当のキャリアアドバイザーからアドバイスがもらえます。

 

リクルートエージェントと併用すべき転職エージェント

ネクタイ

ズバリ以下大手転職エージェントでしょう。

大手の転職エージェントであれば、これまで転職支援を多数してきた実績もありますし、なんと言っても他の転職エージェントよりも求人数が圧倒的に多いです。

求人数に関しては多ければ多いほど自ら転職できるチャンスは広がります。

 

また、各転職エージェントによっては保有している求人が異なってきますので、なんなら複数の転職エージェントを活用していった方がいいです。

上記リクルートエージェント以外の転職エージェントに関しては以下の記事をご覧ください。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

リクルートエージェントに関するQ&A

ビル群

リクルートエージェントに関するよくある質問を以下にまとめてみました。

それでは順に解説していきますね。

 

利用の際はどのくらい費用がかかりますか?

利用者には費用は全くかかりません。

完全無料で登録〜内定・退職サポートまで全て行ってくれます。

転職エージェントは成果報酬型のビジネスかつ企業間同士のやりとりなので、金銭面で求職者が負担することは全くありません。

 

面接対策ではどんなことをしてくれますか?

面接対策としては、主に以下のことをしてくれます。

・企業の内部情報や面接官の公開

・過去された質問情報の公開

・面接における注意点やアピールすべき点を教えてくれる

・希望すれば面接ロールプレイング

・求職者側からの質疑応答

 

紹介された求人に応募しなければいけないんですか?

紹介された求人に絶対応募しなければいけないわけではありません。

あくまでも求人紹介なので、応募するかしないかは求職者次第です。

自分の希望する求人だけに応募しましょう。

 

リクナビNEXTとの違いは何ですか?

大きく分けると以下のような特徴の違いがあります。

リクルートエージェント:転職のプロのサポートがある、非公開求人がある

リクナビNEXT:転職のプロのサポートがない、非公開求人がない

リクナビNEXTは自分自身で求人探しから内定まで一人で行いたい人にはおすすめです。ただ求人の良し悪しの差が激しい面もありますので、求人の選び方には注意しましょう。

転職活動は基本的には転職エージェントを利用することをおすすめします。

 

リクルートエージェントはどの年齢層に強いですか?

年齢層は問わないですが、20代〜30代の年齢層には特に強いです。

40代以降となるとハイキャリア層になってきますので、同じリクルートが運営しているキャリアカーバーに登録して転職サポートしてもらうのがいいでしょう。

 

悪いキャリアアドバイザーに当たったらどうすべきですか?

もし仮に悪いキャリアアドバイザーに当たった場合は、担当変更の旨を伝えましょう。

担当のキャリアアドバイザーに伝えるのではなく、担当のキャリアアドバイザーの上司や、事務局側に伝えましょう。

担当変更の旨を伝えれば変更してくれます。

 

まとめ

今回はリクルートエージェントの評判と口コミについて解説してきました。

僕自身も過去2回利用したように、リクルートエージェントは転職活動の第一歩として登録する転職エージェントです。

なのでどの転職エージェントに登録しようかなと迷っている方はまずはリクルートエージェントに登録しましょう。

>>リクルートエージェントへの無料登録はこちら

 

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

 

 

-転職/第二新卒, 転職サイト・転職エージェント
-, ,

© 2021 TsumuBlog