転職/第二新卒 転職ノウハウ 転職基礎知識

向いてる仕事の見つけ方【転職したいけど適職が分からない方へ】

悩んでる人
「転職したいけど、向いてる仕事が分からないしどうしよう。」「向いてる仕事が分からないけど転職すべきなのかな?」「向いてる仕事が分からないけど、見つかったら転職したいな。」

転職したいけど、向いてる仕事が分からないと思っているあなた。

本記事では、転職したいけど適職が分からない方へ向いてる仕事の見つけ方について徹底解説。

 

自己紹介

Tsumu
・Tsumu 会社員×副業ブロガー
・大手→ベンチャー 入社半年で支店長→上場ITベンチャー
・「引きこもるかつ強みを生かす」
がモットー
・「引きこもりつつ自由な暮らしを手に入れる」をテーマに情報発信 

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年で累計200記事以上執筆。会社員の傍ら副業ブロガーとして活動し、毎月ブログ収益6桁を継続しています。

 

20代の転職活動完全ガイドはこちら

関連記事
20代の転職活動徹底ガイド【大手出身が無双した方法を公開】

 

向いてる仕事の見つけ方【転職したいけど適職が分からない方へ】

転職したいけど、自分に向いている仕事が分からずに踏みとどまっている方。

向いてる仕事を見つけるためには、いくつかの手段を試してみることが重要です。

 

自己分析や適職診断など複数の手段を同時平行で行い、そこで出てきた共通項。

これが自分自身の価値観となります。

 

向いてる仕事を見つけるためには価値観は非常に重要になってきますので、仕事内容を知ることとともに価値観も洗い出してみましょう。

価値観の洗い出しや、向いてる仕事の見つけ方については以下の方法が良さげです。

・自己分析をしてみる

・さまざまな業界や職種を知る

・転職サイトの適職診断を受けてみる

・「能力」から向いてる仕事を見つける

・「志向」から向いてる仕事を見つける

・苦手なことや嫌いなことから逆算して考える

それでは順に解説していきますね。

 

自己分析をしてみる

まずは自己分析をしてみましょう。

 

自己分析をすることで自分自身の価値観が明確になります。

価値観が明確になると、自分の価値観に適した職種を見つけることができます。

 

自己分析に関しては以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
転職の自己分析
【転職】自己分析のやり方4選「自己分析を制するものは転職を制す」

 

また、自己分析に関しては以下の本が非常に参考になりました。

Kindle版

単行本版

 

自己分析=自己理解と捉えてOKです。

やりたいことの見つけ方について、複数のステップで見つけていくことができる本です。

自分自身に当てはまる価値観が明確になりますので、適職探しには最適です。

関連記事
20代での転職におすすめの職種9選【未経験でもOK】

 

さまざまな業界や職種を知る

自分を知ることも大事ですが、そもそもの業界や職種を知ることも大事です。

業界や職種を知らないと、自分自身の価値観が分かっても適職に辿り着くことができません。

 

記事後半でも解説していますが、世の中には数え切れないほどの仕事があります。

そのような数多の仕事の中で、自分に合った仕事は必ずあるはずです。

 

業界や職種については以下の書籍を参考にしてみてください。

一生ものなので一度購入しておけば永遠に使えます。

Kindle版

単行本版

 

転職サイトの適職診断を受けてみる

転職サイトの適職診断をいくつか受けてみることです。

適職診断を複数受けて、それぞれでてできた価値観や特徴において共通する部分があると思います。

 

その共通する部分が自分自身の長所であり強みでもあります。

つまりは自分自身の価値観ですね。

 

適職診断については以下のサイトを参考にしてみてください。

実際に僕自身も転職活動の時は、適職診断の内容も考慮して職種選びをしました。

 

「能力」から向いてる仕事を見つける

自分自身の持っている能力から仕事を見つけていきましょう。

自分自身の能力に関しては、

・ナレッジ(知識)

・スキル(技能)

・コンピテンシー(成果を出す行動の特性)

上記の有無が重要になってきます。

 

簡単に説明すると、その業種や職種で必要とされる知識や技能を身に付けているかどうかです。

また、その仕事の現場で求められる専門的な知識のことです。

これまでの社会人経験から、どのようなスキルや知識が身についたのかを洗い出しましょう。

 

大体は同じ職種に転職することが多いですが、

数字を管理する能力や他者との協業を得意としていた僕自身は、

管理系職種→営業職

のように親和性があれば職種を変えて転職することだって可能です。

 

上記のような視点で自分の仕事を見つけていきましょう。

関連記事
仕事辞めたい…向いてない仕事は続けるべき?【甘えじゃない】

 

「志向」から向いてる仕事を見つける

志向はその業種や職種が好きかどうかについてです。

能力がなかったとしても、モチベーションやエネルギーが高ければ、高い成果を発揮することができます。

 

自分の志向を見つけるためには、上記に示した自己分析や読書によって価値観を洗い出していきましょう。

その洗い出した価値観に合った仕事が、自分の志向に向いている仕事です。

 

僕自身の例ですが、

「他者との競争において高い成果を発揮できる」

「外交的で自ら積極的にアクションできる」

上記のような志向があったので、営業職が向いてる仕事と考え、

 

管理系職種→営業職

に転職しました。

 

僕自身も管理系職種では雑魚キャラでした。

しかし営業職に転職してからはこれが当たったのか、転職して入社半年で支店長まで上り詰めました。

という感じで志向もけっこう重要な指標になってきます。

 

苦手なことや嫌いなことから逆算して考える

最後に苦手なことや嫌いなことから逆算して考えてみましょう。

つまりは苦手なことや嫌いなことが少ない仕事と真逆の仕事を選ぶということです。

 

僕自身の例で言うと、

・デスクワークが苦手

・目に見える成果がないのが苦手

・管理業務全般が苦手

上記のような感じでした。

 

これに当てはまらない仕事で考えていった結果、営業職に辿り着きました。

という感じで営業職が向いている仕事だと考えて転職しました。

関連記事
仕事がうまくいかない人の12つの原因と特徴【5つの解決方法も伝授】

 

転職で選ぶべき仕事【向いてる仕事が分からない場合】

向いてる仕事の見つけ方がわかったところで、世の中にある仕事にはどのような仕事があるのか、またどのような人がどのような仕事に向いているのかも知っておく必要があります。

以下に性格別に転職で選ぶべき仕事を紹介していきますね。

 

【真面目な人】転職で選ぶべき仕事

・研究職

・公務員

・消防士

・弁護士

・銀行員

・事務職

・介護福祉士

・ITエンジニア

・ホテルスタッフ

 

【受け身な人】転職で選ぶべき仕事

・受付

・事務職

・消防士

・警察官

・公務員

・新聞配達

・引越し業者

・プログラマー

・カウンセラー

・ライン作業員

 

【大雑把な人】転職で選ぶべき仕事

・営業職

・音楽家

・芸術家

・料理人

・ライン作業員

・Webライター

・自営業

・宅配ドライバー

・引越し業者

・店舗の店員

 

【右脳派の人】転職で選ぶべき仕事

・編集者

・ディレクター

・マーケティング

・商品開発

・設計開発

・Youtuber

・デザイナー

・ライター

・建築士

・発明家

・ITエンジニア

 

【左脳派の人】転職で選ぶべき仕事

・コンサルタント

・プログラマー

・Webライター

・研究者

・公務員

・科学者

・医者

・解説者

・弁護士

・データサイエンティスト

 

【人見知りの人】転職で選ぶべき仕事

・プログラマー

・事務職

・研究者

・科学者

・ライター

・在宅業

・引越し業者

・ライン作業員

・デザイナー

・警備員

・トラック運転手

 

【完璧主義の人】転職で選ぶべき仕事

・ITエンジニア

・プログラマー

・マーケティング

・事務職

・公務員

・弁護士

・会計士

・翻訳通訳

・職人

・研究者

 

【管理が苦手な人】転職で選ぶべき仕事

・営業職

・コンサルタント

・ライン作業者

・店舗店員

・ホテルマン

・デザイナー

・Webライター

・物販

・清掃員

・トラック運転手

 

【協調性がある人】転職で選ぶべき仕事

・生産管理

・施工管理

・ITエンジニア

・設計職

・営業職

・警察官

・消防士

・飲食業

・人事総務

 

【一人作業が得意な人】転職で選ぶべき仕事

・プログラマー

・事務職

・研究者

・科学者

・ライター

・在宅業

・引越し業者

・ライン作業員

・デザイナー

・警備員

・トラック運転手

 

【人と接するのが得意な人】転職で選ぶべき仕事

・生産管理

・施工管理

・設計職

・営業職

・飲食業

・販売職

・受付

・接客業

・人事総務

 

自分に向いてる仕事が分からない人の特徴

ここまで転職で選ぶべき仕事について解説してきました。

では自分に向いてる仕事が分からない人の特徴にはどのような特徴があるのでしょうか?

 

以下の3つが自分に向いてる仕事が分からない人の特徴です。

・業務経験が少なすぎる

・自己分析が全くできていない

・そもそも仕事の種類が分からない

それでは順に解説していきますね。

 

業務経験が少なすぎる

業務経験が少ないと、そもそも今やっている業務についてもよく分かっていません。

つまりは仕事について知識不足なわけですね。

知識不足で経験が浅い分、仕事のイメージも全然掴めません。

 

業務経験が少なすぎる人にはあるあるでしょう。

これに関しては、現職での業務経験をもう少し積むことをおすすめします。

関連記事
生産管理
生産管理の仕事はきつい?【経験者が語る仕事の実態を公開】

 

自己分析が全くできていない

自己分析が全くできていない人は、自分について全然知らない人です。

世の中の仕事について知らない人は多いです。

しかし自分について知らないのはかなり恥ずかしいと思ってください。

 

自分の性格や特徴について分からないとそりゃ向いてる仕事もわかりません。

まずは自分を知ることから始めてください。

関連記事
転職の自己分析
【転職】自己分析のやり方4選「自己分析を制するものは転職を制す」

 

そもそも仕事の種類が分からない

仕事の種類が分からないと、どの仕事が向いているかの判断ができません。

「自分の性格や特徴は分かったんだけど、一体何に向いているんだろう」

 

ここから先に進むには、自分で世の中にある仕事を調べる必要があります。

世の中にある仕事に関しては、こちらの本を参考にしてみてください。

Kindle版

単行本版

 

向いてる仕事が分からない場合は転職エージェントに相談

ネクタイ

「転職したいけど、どうしても向いてる仕事が分からない、、」

そんな時は転職エージェントに相談してみましょう。

関連記事
20代の転職で役立った転職エージェント【おすすめ4社厳選】
関連記事
【徹底比較】本当におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

 

転職エージェントに相談することで以下のメリット・デメリットがあります。

関連記事
転職エージェントを利用するメリットを徹底解説【裏技も公開】
関連記事
転職エージェントを使わないメリットとデメリットを徹底解説

 

キャリアカウンセリングについては以下の記事にて詳しく解説しています。

ぜひ転職エージェントをうまく活用して、向いてる仕事に転職しましょう。

関連記事
転職エージェント担当者との面談とは?【有効活用のためのコツを伝授】
関連記事
転職エージェントとの電話面談は受けるべき【内容とメリットも公開】

 

-転職/第二新卒, 転職ノウハウ, 転職基礎知識
-, ,

© 2021 TsumuBlog